目次へ戻る

ボルボの高性能ブランド発! 高級PHEVクーペポールスター1最新情報

ボルボの高性能ブランド発! 高級PHEVクーペポールスター1最新情報

ボルボ発、高性能ブランド、ポールスター。ブランド初のオリジナルモデル『ポールスター1』が登場しました。今回はこのポールスター1について、最新情報をお届けします。 EV航続距離・スペック・価格などをまとめています。


ボルボの高性能ブランド、ポールスター

ボルボカーズ ホーカン・サムエルソンCEO

「ポールスター」。この名前を聞いたことがありますか。

ポールスターは、ボルボカーズ傘下でEV専門メーカーとして独立したブランドの名前です。もともと、ポールスターは、レーシングチームから始まりました。

2015年7月にボルボカーズの傘下に入り、近年ではボルボの高性能車やソフトウェア、パーツの開発などを手掛けていました。

2017年6月、ボルボはポールスターを独立させ電動車両に特化したブランドとすることを発表、さらにボルボブランドの電動車両の共同開発もおこなっていくとしています。

ポールスターは、10月17日、市販第1号車となる高性能プラグインハイブリッド車(PHEV)『ポールスター1(ワン)』を中国・上海で世界初公開しました。

本記事ではこのポールスター1と、今後発売を控えているポールスター2、ポールスター3についてまとめています。

ポールスターは、2021年までに5台のEVを発売予定

ポールスター1とポールスターのトーマス・インゲンラートCEO

ポールスターが独立した背景として、各国の環境規制の強化や、VWによるディーゼル不正問題などを受け電動車両の普及促進に向けた動きが加速があります。

ボルボの本体、吉利ホールディングスのお膝元である中国でも、自動車メーカーに対し電気自動車(EV)をはじめとする新エネルギー車の生産・販売を2019年より全体の10%、2020年には12%とするよう政府が号令をかけており、ボルボはポールスターとのタッグでいち早く電動化の動きに対応します。

ボルボは2019年より全車両を電動化、2021年までには5台のEVを発売するとしています。

ポールスター1、発売は2019年!価格は2000万円!?

気になるポールスター1の発売時期ですが、ポールスター1は2019年中旬頃に導入される計画です。
価格は2000万円程度と予想されています。

高価なスポーツカーであるためか、生産台数は最大で年間500台程度とされています。

ポールスター1は、2+2シートのレイアウトを持ったオーセンティックな大型2ドアクーペです。

ボルボと共用する「SPA」アーキテクチャーを用いながらも50%をポールスターオリジナルとし、ボディはすべてカーボンファイバーを採用しました。

230kgの軽量化を実現しバッテリー搭載による重量増を抑えるとともに、グランドツーリングカーとしての性能を高めています。

また、特筆すべきはEV航続距離。

モーターのみで150㎞走行が可能です。ボルボによれば、現存のハイブリッド車の中で最長だということです。

デザインは、その佇まい、ディティールともにボルボの面影を色濃く残している。エクステリアではヘッドライトの“トールハンマー”LEDや、リアのコンビネーションランプ、インテリアでは大型ディスプレイを中心にウッドを有機的に配した特徴的なレイアウトなど、さながら「S90クーペ」と言ったところ。ポールスターのCEO、トーマス・インゲンラート氏は現在のボルボデザインの立役者である、と言えば納得が行くか。

ルーフは全面ガラスになっており開放感は抜群。フロントガラスに近い部分には、ポールスターエンブレムが配されており、小洒落たアクセントになっている。

肝心のパワートレインは、ポールスターが「エレクトリック・パフォーマンス・ハイブリッド」と呼ぶプラグインハイブリッドシステムを搭載。大容量電池とモーターの組み合わせにより、最高出力600hp、最大トルク1000Nmという凄まじいハイパワーの持ち主ながら、モーターのみで最長150kmを走行することが可能。ボルボ曰く、現存のハイブリッド車の中で最長のEV航続距離だという。

大本命はポールスター2か

ポールスターのエンブレム

一方で、完全EVである『ポールスター2』が、2019年末までに生産を開始することも発表されています。

明確な台数計画は現段階で示されていませんが、「ポールスター1よりも多くの台数を生産する」としており、これが普及を目的とした「本命」であると予想されます。


ポールスター3が既に控えている!?

投入時期は未定ですが、続く第3弾となる『ポールスター3』も控えていることが明らかになっています。

現在、デザインの最終段階にあるそうで、ポールスター2よりも大型のSUVタイプの完全EV。

生産台数、価格はポールスター1とポールスター2の間に位置づけられることになるそうです。

最後に

今回は、ボルボの新しいブランドである、ポールスターの、「ポールスター1」「ポールスター2」「ポールスター3」について最新情報を解説しました。

ポールスター1は2000万円程度、という雲の上のような存在ですが、ポールスター2などは、お値段3桁台になるのでは…。と期待をしつつ、引き続き追っていきたいと思います。

【10月19日更新】東京モーターショー2017 予想されてる出展車両一覧!

https://matome.response.jp/articles/661

最新のEV車に触れるなら、東京モーターショー2017がオススメです!

関連するキーワード


ボルボ

関連する投稿


【最新情報】ボルボ V60新型 初公開は2月21日!!

【最新情報】ボルボ V60新型 初公開は2月21日!!

スウェーデンのボルボV60とは、スウェーデンの自動車メーカーボルボカーズが製造するステーションワゴンです。このボルボV60がフルモデルチェンジを経て2月21日に初公開予定です。V60、フルモデルチェンジは2010年に発売されて以来、初めてのことで、期待が高まります。PHEVモデルも発売予定!?の新型V60に迫ります。


ボルボ XC40を買うべき5つの理由

ボルボ XC40を買うべき5つの理由

ボルボ・ジャパンは、新型コンパクトSUV「XC40 T5 AWD R-デザイン 1st エディション」を300台限定で日本市場に導入、1月26日から予約注文の受付を開始しました。そこで、この日本でも人気のある北欧ブランド発のコンパクトSUVを買うべき理由をまとめてみました。国産SUVを検討中の方は必見です。


【北米SUVオブザイヤー決定】JCOTYに続きボルボ XC60 新型が受賞

【北米SUVオブザイヤー決定】JCOTYに続きボルボ XC60 新型が受賞

北米カーオブザイヤー主催団体は1月15日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2018において、「2018北米SUVオブザイヤー」を新型ボルボ『XC60』に授与すると発表しました。


カーオブザイヤー受賞車、ボルボXC60はどこが評価されたのか?

カーオブザイヤー受賞車、ボルボXC60はどこが評価されたのか?

第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」は、12月11日の最終選考において、ボルボ「XC60」が選ばれました。そこで、改めてボルボ「XC60」がどんな車で、なぜ国産車を押しのけてイヤーカーになったのかを検証してみることにしました。


ボルボ 最小クロスオーバーSUV 新型XC40!発売は2018年か 価格・スペック他

ボルボ 最小クロスオーバーSUV 新型XC40!発売は2018年か 価格・スペック他

ボルボの最小クロスオーバーSUVとされる、XC40の情報が続々と上がってきています。日本カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたXC60は、XC40の兄貴分にあたります。今後大注目間違いなしのXC40について最新情報をお届けいたします!


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。