目次へ戻る

VW SUVティグアン新型 フルモデルチェンジで燃費・価格・評価は

VW SUVティグアン新型 フルモデルチェンジで燃費・価格・評価は

VWのティグアンが約8年ぶりにフルモデルチェンジを行い、2017年1月より販売開始しています。日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーにも選出されているティグアン、改めて燃費・評価・口コミ・価格・中古価格などについてまとめています。


フォルクスワーゲンのSUV ティグアン新型が登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトSUV、新型『ティグアン』を2017年1月より発売しています。

フルモデルチェンジはおよそ8年ぶりになります。

新型ティグアンの特徴としては、フォルクスワーゲンの新世代モジュラープラットフォーム「MQB」をSUVシリーズとして初採用したことです。

また、モバイルオンラインサービス「Volkswagen Car-Net」を全車標準装備、上位グレードには、インターネット接続によりナビゲーション検索性能、案内精度、快適性を大幅に高めるテレマティクス機能「Guide & Inform」も標準装備しています。

キャッチフレーズとして掲げている「つながるSUV」としての新しい価値を備えています。

VW ティグアン新型 基本情報

VW ティグアン新型 基本スペック

 
【フォルクスワーゲン ティグアン新型】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,500×1,840×1,675(ホイールベース:2,675mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,540kg
燃費JC08モード:16.3km/L
エンジンタイプCZE
エンジン種類直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)
総排気量1,399cc
最高出力(kW<PS>/rpm)110(150)/5,000‐6,000
最大トルク(N・m<kgf・m>/rpm)250(25.5)/1,500‐3,500
タンク容量 60L
※ティグアン Tiguan TSI Comfortline参照

ボディサイズは、全長4500mm(従来型比+70mm)、全幅1840~1860mm(同+30~50mm)、全高1675mm(同-35mm)と、先代モデルに比べて全長と全幅を拡大しました。

一方で全高は低く抑えています。

VW ティグアン新型 燃費

ティグアン新型の燃費ですが、前のモデルに比べて約10パーセントも改善に成功しています。

理由は、パワートレインに、気筒休止システム「ACT」に加え、スタート&ストップシステムとブレーキエネルギー回生システムを備えた1.4リットルTSIエンジンと6速DSGを採用したためです。

これにより、快適な運転を楽しむことができます。

VW ティグアン新型 外装・エクステリア

VW ティグアン Rライン

前モデルに比べて全長と全幅を拡大し、全高は低く抑えるとともにホイールベースを70mm延長したことから、よりスタイリッシュでスポーティなプロポーションへ進化しました。

VW ティグアン Rライン

どっしりとした風格を感じます。

このスポーティーでダイナミックなデザインは“ニューエモーショナルデザイン”と呼ばれ、VW伝統の水平基調に則り、彫刻のような鋭いエッジを持ったサイドのキャラクターラインや、前後のLEDライトによって形作られています。

VW ティグアン Rライン

VW ティグアン新型 内装・インテリア

VWティグアンTSI Highline

標準仕様のインテリアはブラックで統一されています。

「スポーティさと落ち着いたエレガントさを融合する一方、新色のサフラノオレンジが加わったオプションのレザーシートは、モダンさと高級感で華やかさを演出している」とティグアンの関係者は話していました。

また、使い勝手も向上。

前後180mmスライドできるリアシートによって、ラゲッジスペースは615リットルを確保しています。パワーテールゲートは足の動作で簡単にゲートをオープンできるようになり、さらに便利になりました。

VWティグアンTSI Highline

VWティグアンTSI Highline

VW ティグアン新型 グレード別価格

ティグアン新型には、3つのグレードが用意されています。

■TSI Comfortline ¥3,600,000

■TSI Highline ¥4,332,000

■TSI R-Line ¥4,632,000


エントリーモデルはTSI Comfortline。

先進テクノロジーを試したいのならTSI Highline。スポーティモデルがTSI R-Lineです。

VW ティグアン新型 中古価格

ティグアン、中古価格はいくらくらいになるのでしょうか。

調べてみたところ、ティグアンのH29年式の中古価格は約370万円~450万円ほどでした。
ですので、中古価格で購入することにあまりメリットはないかもしれません。

VW ティグアン新型 評価・口コミ・試乗感想は

ティグアンの実際の評価はどうなのでしょうか。

調べてみました。

今回の試乗コースは都内だった。流れた幹線道路、路地、アップダウンなど限られた時間だったが、1.4リットルターボ+6速DSGは「ドライビングプロファイル」の“ノーマル”でも十分にスムースな走りをみせた。他方で“スポーツ”を試すとエンジン回転をより高く使い息の長い加速が味わえ、これは遠出、高速走行時に有効なはず。ステアリングフィールのなめらかさや、18インチタイヤ(銘柄はピレリ・スコーピオン・ヴェルデだった)ながらゆったりとカドの立たない乗り味など、走りの快適性も最新のVWらしい。

もちろん、市街地走行の燃費ではゴルフにかなうはずもないが、ロングツアラーとしての価値、実力は大したものである。わが家のように犬と暮らす愛犬家にもお薦めのクロスオーバーSUVである。VW最新の先進安全装備がテンコ盛りされている点も大きな魅力。

ロングツアラーとしての魅力や安全性能の高さなどが評価されていました。
また、走りも快適とのことです。

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーにも選出されているティグアン!!

VW ティグアン ハイライン

ティグアン新型について本記事でまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーにも選ばれているティグアン。更なる展開が楽しみですね。

【速報】10ベストカーが決定 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー

https://matome.response.jp/articles/992

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーが11月8日に発表されました。ティグアンも10ベストカーに選出されています。

日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車発表!今年は何が…?

https://matome.response.jp/articles/975

2017-2018のカーオブザイヤーに輝くのは一体どんな車なのでしょうか。

関連するキーワード


VW ティグアン SUV

関連する投稿


トヨタのハリアーが6月にマイチェン!ターボ車を新設定・試乗感想は?

トヨタのハリアーが6月にマイチェン!ターボ車を新設定・試乗感想は?

トヨタのクロスオーバーSUV、ハリアーが6月にマイナーチェンジを経て新たに発売されました。マイチェンで、2.0L直噴ターボエンジン8AR-FTS型を搭載したターボ車を新設定。また、Toyota Safety Sense Pを標準装備するなど進化を遂げています。今回はこの新型ハリアーについてまとめています。


トヨタ 新型RAV4が日本復活!?デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が日本復活!?デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年に噂されているフルモデルチェンジを機に、日本での販売が復活する可能性が出てきました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。


シトロエンのC3 性能・価格・評価他 C3の魅力大公開

シトロエンのC3 性能・価格・評価他 C3の魅力大公開

シトロエンのC3が発売されました。シトロエンらしさを忘れない人間味のあるフォルムと動きが健在しているC3。改めてC3についての性能や魅力についてまとめています。


マツダの軽SUV!フレアクロスオーバーの燃費、評価、価格は?

マツダの軽SUV!フレアクロスオーバーの燃費、評価、価格は?

マツダから軽自動車のクロカンでトップを走るスズキ ハスラーのOEM供給車種で販売されているマツダ フレアクロスオーバのスペック、燃費、新車価格、中古車価格やユーザー評価などに関する情報をまとめて掲載しています。


マツダ新型CX-5 評価・中古価格・価格・燃費・内装・試乗感想 他

マツダ新型CX-5 評価・中古価格・価格・燃費・内装・試乗感想 他

マツダのクロスオーバーSUV、新型CX-5。フルモデルチェンジを経て、2代目が2017年2月より販売開始しました。i-ACTIVSENCEの技術を標準装備・SKYACTIVエンジンを採用している新型CX-5。本記事では、CX-5の 評価・価格・中古価格・スペック・内装・試乗感想・燃費などについてまとめています。


最新の投稿


マツダ アクセラスポーツの情報一覧!価格やスペック評価を完全網羅!

マツダ アクセラスポーツの情報一覧!価格やスペック評価を完全網羅!

マツダ独自の技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)」とデザインコンセプト「魂動(こどう)」を採用したCセグメントハッチバックのマツダアクセラスポーツ。アクセラはセダンもありますが今回はスポーツの方にスポットを当てて、基本スペックや価格、ユーザーの口コミ評価などを合わせて詳しくご紹介していきます。


日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

日本初!カバンサイズに折りたたみ可能な電動スクーターが誕生!!

自動車で行くほどではないけど、歩くのはちょっと遠い…という距離の移動など気軽なチョイ乗りで活用できる折りたたみ電動原付スクーター『Airwheel Z5』。日本初の折り畳み可能なコンパクト原付スクーターを詳しく紹介していきたいと思います!!


マツダの人気コンパクト、デミオ!スペック、価格、評価など一挙掲載!

マツダの人気コンパクト、デミオ!スペック、価格、評価など一挙掲載!

人を魅了するデザインと質感を持ち、さらに軽やかで素晴らしい走行性能で大人気のマツダデミオ。一体どのような車でなぜ人気なのか、スペックや新車・中古車価格、燃費性能やユーザーの口コミ評価までじっくりと見ていきたいと思いますので、デミオが気になる方は是非参考にしてみてください。


マツダ アテンザセダンの評価や中古車価格は?他スペック、燃費など網羅!

マツダ アテンザセダンの評価や中古車価格は?他スペック、燃費など網羅!

2002年に発売が開始されたマツダのアテンザ。2度のフルモデルチェンジを経て現行モデルに至ります。アテンザのボディタイプにはセダンとワゴン(スポーツワゴン)の2種類が設定されています。本記事ではアテンザセダンの方に注目し、スペックや価格、ユーザー評価まで様々な視点から魅力をお伝えしていきます。


トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエース一部改良!発売は12月1日から

トヨタのハイエースが生誕50周年を迎えました。そしてハイエースおよびレジアスエースを一部改良、12月1日から販売開始予定です。今回の一部改良で、どういった点が変更になるのでしょうか。改めて見ていきたいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング