目次へ戻る

VW SUVティグアン新型 フルモデルチェンジで燃費・価格・評価は

VW SUVティグアン新型 フルモデルチェンジで燃費・価格・評価は

VWのティグアンが約8年ぶりにフルモデルチェンジを行い、2017年1月より販売開始しています。日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーにも選出されているティグアン、改めて燃費・評価・口コミ・価格・中古価格などについてまとめています。


フォルクスワーゲンのSUV ティグアン新型が登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトSUV、新型『ティグアン』を2017年1月より発売しています。

フルモデルチェンジはおよそ8年ぶりになります。

新型ティグアンの特徴としては、フォルクスワーゲンの新世代モジュラープラットフォーム「MQB」をSUVシリーズとして初採用したことです。

また、モバイルオンラインサービス「Volkswagen Car-Net」を全車標準装備、上位グレードには、インターネット接続によりナビゲーション検索性能、案内精度、快適性を大幅に高めるテレマティクス機能「Guide & Inform」も標準装備しています。

キャッチフレーズとして掲げている「つながるSUV」としての新しい価値を備えています。

VW ティグアン新型 基本情報

VW ティグアン新型 基本スペック

 
【フォルクスワーゲン ティグアン新型】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,500×1,840×1,675(ホイールベース:2,675mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,540kg
燃費JC08モード:16.3km/L
エンジンタイプCZE
エンジン種類直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)
総排気量1,399cc
最高出力(kW<PS>/rpm)110(150)/5,000‐6,000
最大トルク(N・m<kgf・m>/rpm)250(25.5)/1,500‐3,500
タンク容量 60L
※ティグアン Tiguan TSI Comfortline参照

ボディサイズは、全長4500mm(従来型比+70mm)、全幅1840~1860mm(同+30~50mm)、全高1675mm(同-35mm)と、先代モデルに比べて全長と全幅を拡大しました。

一方で全高は低く抑えています。

VW ティグアン新型 燃費

ティグアン新型の燃費ですが、前のモデルに比べて約10パーセントも改善に成功しています。

理由は、パワートレインに、気筒休止システム「ACT」に加え、スタート&ストップシステムとブレーキエネルギー回生システムを備えた1.4リットルTSIエンジンと6速DSGを採用したためです。

これにより、快適な運転を楽しむことができます。

VW ティグアン新型 外装・エクステリア

VW ティグアン Rライン

前モデルに比べて全長と全幅を拡大し、全高は低く抑えるとともにホイールベースを70mm延長したことから、よりスタイリッシュでスポーティなプロポーションへ進化しました。

VW ティグアン Rライン

どっしりとした風格を感じます。

このスポーティーでダイナミックなデザインは“ニューエモーショナルデザイン”と呼ばれ、VW伝統の水平基調に則り、彫刻のような鋭いエッジを持ったサイドのキャラクターラインや、前後のLEDライトによって形作られています。

VW ティグアン Rライン

VW ティグアン新型 内装・インテリア

VWティグアンTSI Highline

標準仕様のインテリアはブラックで統一されています。

「スポーティさと落ち着いたエレガントさを融合する一方、新色のサフラノオレンジが加わったオプションのレザーシートは、モダンさと高級感で華やかさを演出している」とティグアンの関係者は話していました。

また、使い勝手も向上。

前後180mmスライドできるリアシートによって、ラゲッジスペースは615リットルを確保しています。パワーテールゲートは足の動作で簡単にゲートをオープンできるようになり、さらに便利になりました。

VWティグアンTSI Highline

VWティグアンTSI Highline

VW ティグアン新型 グレード別価格

ティグアン新型には、3つのグレードが用意されています。

■TSI Comfortline ¥3,600,000

■TSI Highline ¥4,332,000

■TSI R-Line ¥4,632,000


エントリーモデルはTSI Comfortline。

先進テクノロジーを試したいのならTSI Highline。スポーティモデルがTSI R-Lineです。

VW ティグアン新型 中古価格

ティグアン、中古価格はいくらくらいになるのでしょうか。

調べてみたところ、ティグアンのH29年式の中古価格は約370万円~450万円ほどでした。
ですので、中古価格で購入することにあまりメリットはないかもしれません。

VW ティグアン新型 評価・口コミ・試乗感想は

ティグアンの実際の評価はどうなのでしょうか。

調べてみました。

今回の試乗コースは都内だった。流れた幹線道路、路地、アップダウンなど限られた時間だったが、1.4リットルターボ+6速DSGは「ドライビングプロファイル」の“ノーマル”でも十分にスムースな走りをみせた。他方で“スポーツ”を試すとエンジン回転をより高く使い息の長い加速が味わえ、これは遠出、高速走行時に有効なはず。ステアリングフィールのなめらかさや、18インチタイヤ(銘柄はピレリ・スコーピオン・ヴェルデだった)ながらゆったりとカドの立たない乗り味など、走りの快適性も最新のVWらしい。

もちろん、市街地走行の燃費ではゴルフにかなうはずもないが、ロングツアラーとしての価値、実力は大したものである。わが家のように犬と暮らす愛犬家にもお薦めのクロスオーバーSUVである。VW最新の先進安全装備がテンコ盛りされている点も大きな魅力。

ロングツアラーとしての魅力や安全性能の高さなどが評価されていました。
また、走りも快適とのことです。

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーにも選出されているティグアン!!

VW ティグアン ハイライン

ティグアン新型について本記事でまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーにも選ばれているティグアン。更なる展開が楽しみですね。

【速報】10ベストカーが決定 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー

https://matome.response.jp/articles/992

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーが11月8日に発表されました。ティグアンも10ベストカーに選出されています。

日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車発表!今年は何が…?

https://matome.response.jp/articles/975

2017-2018のカーオブザイヤーに輝くのは一体どんな車なのでしょうか。

関連するキーワード


VW ティグアン SUV

関連する投稿


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント。発売が楽しみな一台ではないでしょうか。今回改めてスバルのアセントについて情報をまとめています。日本での発売はあるの?価格はいくら?など。素朴な疑問と、それに対する回答を載せています。【2月20日更新】


欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ジャズ X ロード』を初公開すると発表しました。気になる最新情報をいち早くお届けいたします。


スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキから1988年に発売され、「ライトクロカン」ブームの火付け役となったロングセラーSUV『エスクード』。このエスクードの改良モデルをスクープしました。エスクードはワールドプレミアが迫っており、これが最後のプロトタイプのようです。2018年ジムニー新型も発売されると噂されるスズキ。2018年スズキから目が離せません。


ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ホンダの人気SUV「ヴェゼル」が2月16日にマイナーチェンジし発売されました。 ホンダセンシング全車標準装備や、内外装もリファインされて商品価値が増しSUVの売上首位奪還も期待されます。とても魅力的なマイナーチェンジ内容でしたが、密かに期待していて搭載されなかった3つの機能・ポイントについてご紹介します。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。