目次へ戻る

VW SUVティグアン新型 フルモデルチェンジで燃費・価格・評価は

VW SUVティグアン新型 フルモデルチェンジで燃費・価格・評価は

VWのティグアンが約8年ぶりにフルモデルチェンジを行い、2017年1月より販売開始しています。日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーにも選出されているティグアン、改めて燃費・評価・口コミ・価格・中古価格などについてまとめています。


フォルクスワーゲンのSUV ティグアン新型が登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトSUV、新型『ティグアン』を2017年1月より発売しています。

フルモデルチェンジはおよそ8年ぶりになります。

新型ティグアンの特徴としては、フォルクスワーゲンの新世代モジュラープラットフォーム「MQB」をSUVシリーズとして初採用したことです。

また、モバイルオンラインサービス「Volkswagen Car-Net」を全車標準装備、上位グレードには、インターネット接続によりナビゲーション検索性能、案内精度、快適性を大幅に高めるテレマティクス機能「Guide & Inform」も標準装備しています。

キャッチフレーズとして掲げている「つながるSUV」としての新しい価値を備えています。

VW ティグアン新型 基本情報

VW ティグアン新型 基本スペック

 
【フォルクスワーゲン ティグアン新型】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,500×1,840×1,675(ホイールベース:2,675mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,540kg
燃費JC08モード:16.3km/L
エンジンタイプCZE
エンジン種類直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)
総排気量1,399cc
最高出力(kW<PS>/rpm)110(150)/5,000‐6,000
最大トルク(N・m<kgf・m>/rpm)250(25.5)/1,500‐3,500
タンク容量 60L
※ティグアン Tiguan TSI Comfortline参照

ボディサイズは、全長4500mm(従来型比+70mm)、全幅1840~1860mm(同+30~50mm)、全高1675mm(同-35mm)と、先代モデルに比べて全長と全幅を拡大しました。

一方で全高は低く抑えています。

VW ティグアン新型 燃費

ティグアン新型の燃費ですが、前のモデルに比べて約10パーセントも改善に成功しています。

理由は、パワートレインに、気筒休止システム「ACT」に加え、スタート&ストップシステムとブレーキエネルギー回生システムを備えた1.4リットルTSIエンジンと6速DSGを採用したためです。

これにより、快適な運転を楽しむことができます。

VW ティグアン新型 外装・エクステリア

VW ティグアン Rライン

前モデルに比べて全長と全幅を拡大し、全高は低く抑えるとともにホイールベースを70mm延長したことから、よりスタイリッシュでスポーティなプロポーションへ進化しました。

VW ティグアン Rライン

どっしりとした風格を感じます。

このスポーティーでダイナミックなデザインは“ニューエモーショナルデザイン”と呼ばれ、VW伝統の水平基調に則り、彫刻のような鋭いエッジを持ったサイドのキャラクターラインや、前後のLEDライトによって形作られています。

VW ティグアン Rライン

VW ティグアン新型 内装・インテリア

VWティグアンTSI Highline

標準仕様のインテリアはブラックで統一されています。

「スポーティさと落ち着いたエレガントさを融合する一方、新色のサフラノオレンジが加わったオプションのレザーシートは、モダンさと高級感で華やかさを演出している」とティグアンの関係者は話していました。

また、使い勝手も向上。

前後180mmスライドできるリアシートによって、ラゲッジスペースは615リットルを確保しています。パワーテールゲートは足の動作で簡単にゲートをオープンできるようになり、さらに便利になりました。

VWティグアンTSI Highline

VWティグアンTSI Highline

VW ティグアン新型 グレード別価格

ティグアン新型には、3つのグレードが用意されています。

■TSI Comfortline ¥3,600,000

■TSI Highline ¥4,332,000

■TSI R-Line ¥4,632,000


エントリーモデルはTSI Comfortline。

先進テクノロジーを試したいのならTSI Highline。スポーティモデルがTSI R-Lineです。

VW ティグアン新型 中古価格

ティグアン、中古価格はいくらくらいになるのでしょうか。

調べてみたところ、ティグアンのH29年式の中古価格は約370万円~450万円ほどでした。
ですので、中古価格で購入することにあまりメリットはないかもしれません。

VW ティグアン新型 評価・口コミ・試乗感想は

ティグアンの実際の評価はどうなのでしょうか。

調べてみました。

今回の試乗コースは都内だった。流れた幹線道路、路地、アップダウンなど限られた時間だったが、1.4リットルターボ+6速DSGは「ドライビングプロファイル」の“ノーマル”でも十分にスムースな走りをみせた。他方で“スポーツ”を試すとエンジン回転をより高く使い息の長い加速が味わえ、これは遠出、高速走行時に有効なはず。ステアリングフィールのなめらかさや、18インチタイヤ(銘柄はピレリ・スコーピオン・ヴェルデだった)ながらゆったりとカドの立たない乗り味など、走りの快適性も最新のVWらしい。

もちろん、市街地走行の燃費ではゴルフにかなうはずもないが、ロングツアラーとしての価値、実力は大したものである。わが家のように犬と暮らす愛犬家にもお薦めのクロスオーバーSUVである。VW最新の先進安全装備がテンコ盛りされている点も大きな魅力。

ロングツアラーとしての魅力や安全性能の高さなどが評価されていました。
また、走りも快適とのことです。

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカーにも選出されているティグアン!!

VW ティグアン ハイライン

ティグアン新型について本記事でまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーにも選ばれているティグアン。更なる展開が楽しみですね。

【速報】10ベストカーが決定 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー

https://matome.response.jp/articles/992

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーが11月8日に発表されました。ティグアンも10ベストカーに選出されています。

日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車発表!今年は何が…?

https://matome.response.jp/articles/975

2017-2018のカーオブザイヤーに輝くのは一体どんな車なのでしょうか。

関連するキーワード


VW車種情報 ティグアン SUV

関連する投稿


フィアット500Xがビッグマイチェン!!発表は2018年内か?

フィアット500Xがビッグマイチェン!!発表は2018年内か?

フィアット500Xをのコンパクト・クロスオーバーSUV『500X』改良新型プロトタイプを激写しました。MINI『クロスオーバー』に対抗すべく、フロントマスクを刷新する模様です。


スバル 新型フォレスター発売は7月19日より!HVモデル初登場!MT&ターボはある?

スバル 新型フォレスター発売は7月19日より!HVモデル初登場!MT&ターボはある?

スバルラインアップの中でも人気の高いSUV・フォレスターがフルモデルチェンジを経て2018年夏~秋ごろ発売されます。本記事ではフォレスター新型の最新情報をお届けいたします。スペック・ボディサイズ・変更点・ハイブリッド仕様・MT、ターボ設定の有無・新車価格予想・発売日他。


三菱 アウトランダーPHEVを9月より欧州発売!2019モデル最新情報

三菱 アウトランダーPHEVを9月より欧州発売!2019モデル最新情報

三菱自動車は6月15日、『アウトランダーPHEV』の2019年モデルを9月から、欧州市場に投入すると発表しています。本記事では、改めてアウトランダーPHEVについてまとめています。


三菱のSUVアウトランダー スペック 価格 燃費 試乗記他詳細情報

三菱のSUVアウトランダー スペック 価格 燃費 試乗記他詳細情報

アウトランダーとは、三菱が手掛けるミッドサイズSUVです。2005年に初代アウトランダーが発売されて以来、三菱の人気車種の1つです。本記事では、アウトランダーについて改めて情報をまとめました。スペック・ボディサイズ・新車価格他。


スバルの新型SUVアセント 第一号車を納車!!気になる日本発売は?

スバルの新型SUVアセント 第一号車を納車!!気になる日本発売は?

SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは6月15日、新型SUVのスバル『アセント』の第一号車を顧客に納車した、と発表しました。日本でも注目されているアセント。最新情報をお届けいたします。そして気になる日本発売はあるのでしょうか。


最新の投稿


ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

Audi(アウディ)が6月に発表した「Q8」の高性能モデル、「RS Q8」がスクープされました。パワートレインにランボルギーニ「ウルス」のと共通のエンジンを備えると見られている、「RS Q8」。本記事では「RS Q8」の最新情報をご紹介します。


出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

トヨタ自動車は、最高級乗用車(ショーファーカー)『センチュリー』を21年ぶりにフルモデルチェンジし、6月22日より販売を開始しました。貴方は、センチュリーのこと、どれだけ知っていますか?


8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

ボルボカーズは6月20日、新型ボルボ『S60』を発表しました。S60のフルモデルチェンジは実に8年ぶりのこととなります。PHVも設定され、刷新されたS60新型についてまとめています。


W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

FIFAワールドカップロシア初戦、大迫勇也選手がコロンビア戦で1得点をあげたことにかけた電光掲示板(道路情報板 )の交通標語が話題を呼んでいます。当記事では熊本県警が発信するワールドカップにちなんだ電光掲示板の標語と、過去の流行に絡めた電光掲示板の表示も合わせてご紹介します。