目次へ戻る

10ベストカーにも選出!新型N-BOXカスタム最新情報!価格・試乗感想

10ベストカーにも選出!新型N-BOXカスタム最新情報!価格・試乗感想

9月にフルモデルチェンジを行い、売れ行きも好調・今波に乗っている軽トールワゴン。それがホンダの新型N-BOX/N-BOXカスタムです。N-BOXのドレスアップモデルであるN-BOXカスタム。試乗感想やスペック、燃費性能、また人気カラーTOP3の記載。本記事では改めて新型N-BOXカスタムについてまとめています。


2017年9月より販売開始!新型N-BOXカスタム

ホンダの大人気軽トールワゴン、N-BOXとN-BOXカスタム。フルモデルチェンジを行い、2017年9月より販売開始しています。

N-BOXカスタムは、N-BOXをドレスアップし、標準装備やフロントフェイスを変更した車です。

N-BOXよりN-BOXカスタムが人気???


ホンダの公式サイトによれば、2017年9月1日に発売した「N-BOX」の、発売後約1ヵ月での累計受注台数は、10月4日現在で52,000台を超える好調な立ち上がりになったとのこと。(販売計画:15,000台/月)

そして、気になる購入比率は、N-BOXカスタムが56%、そしてN-BOXが44%という結果に。カスタムの方が人気が高いようです。

ホンダのN-BOXカスタム新型!日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーに選出

新型をN-BOX/N-BOXカスタムは両車ともに2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされ、10ベストカーにも選ばれています。

今年のイヤーカーに輝く車はいったい何になるのか。楽しみですね。

日本カー・オブ・ザ・イヤー ノミネート車発表!今年は何が…?

https://matome.response.jp/articles/975

もうすぐ日本カーオブザイヤーです。2017-2018のカーオブザイヤーに輝くのは一体どんな車なのか?追っていきたいと思います!

【速報】10ベストカーが決定 2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー

https://matome.response.jp/articles/992

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー、10ベストカーが11月8日に発表されました。10ベストカーにはN-BOXシリーズもノミネートされています。

人気カラーTOP3! N-BOXカスタムの売れ筋!人気カラーは

N-BOXカスタムを購入しようと思った後、悩むのはズバリどのカラーにするかというところではないでしょうか。

思わず悩んでしまう、という方向けに売れ筋・人気カラーをまとめました。

N-BOX カスタム人気カラーTOP3

 
N-BOX カスタム人気カラーまとめ
1位プレミアムホワイト・パールII(39%)
2位クリスタルブラック・パール(28%)
3位プレミアムベルベットパープル・パール(9%)

N-BOX カスタム人気カラー(2トーンカラー)TOP3

右がN-BOXカスタム ミラノレッド&ブラック

 
N-BOX カスタム人気カラー(2トーンカラー)まとめ
1位プレミアムホワイト・パールII&ブラック(59%)
2位ミラノレッド&ブラック(22%)
3位ブリリアントスポーティブルー・メタリック&ブラック(9%)

やはりホワイト、次いでブラックの人気が高いようですね。

2トーンカラーのミラノレッド&ブラックは、N-BOXカスタムの男らしいフロントフェイスによく映える鮮やかな赤が特徴です。

N-BOXカスタムの魅力とは?試乗感想から見るN-BOXカスタム

LEDフルヘッドライトで快適なドライブ

新型では9灯式(!)LEDフルヘッドライトの採用で、機能とデザインが融合。オートレベリング、オートライトの機能付きだから便利だし、(他車にも)快適だろう。顔つきはライバル車に較べてギラつきは控えめだが、クラムシェル状のボンネットの厚みやワイド感を出したバンパー形状が効いて、強さ感、押し出しはなかなか。

押し出し感、とあるようにいかつい、男らしいフェイスが売りのN-BOXカスタム。

この顔にピンときたら、カスタムがオススメです。

高速道路メインならターボがオススメ

ターボの走りは、標準車のノンターボ以上にしっかりとする。ターボの装着タイヤは15インチ(標準車は14インチ)で、標準車との足の設定の違いは、タイヤサイズの差分対に処した程度だそう。とはいえ、路面との確かなコンタクト、安定してスムースなステアリングフィール、重厚感すら感じる乗り味など、ハイト系だからこそ望みたい心強い設定になっている。タイヤノイズも気にならない小ささに丸めてあり、快適性が高い。ターボ(64ps/104Nm)のが発揮してくれる動力性能は、低速から高速領域まで無理なく余裕な感じ。軽を意識させないというか、リッタークラスのコンパクトカーにもほとんど遜色のない走りを実現している。

軽自動車の弱点のひとつである力不足についてはターボエンジンを選ぶことで解決ができるが、自然吸気エンジンが非力過ぎるわけではないところも悩ましい部分。そして高回転ではちょっとノイジーになるところもあり、あえてターボを選ぶ必然性を感じないのである。ただ、燃費の悪化もあまりないので、坂道の多い地区、高速道路を使う機会の多い方はターボのほうがマッチングがいいだろう。

ターボの走りは、コンパクトカー並みの性能だとか。

軽自動車とはいえ、走りも楽しみたいという方は、ターボ仕様がオススメかもしれませんね。

N-BOXカスタム 基本情報

新型 N-BOXカスタム 基本スペック

 
【新型N-BOX カスタム】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,790(4WDは1,815)mm(ホイールベース:2,520mm)
最大乗車定員4名
車両重量900~1,020kg
燃費JC08モード:23.0~27.0km/L
エンジンタイプS07B
エンジン種類水冷直列3気筒横置
総排気量0.658 L
最高出力(kW[PS]/rpm)43[58]/7,300~47[64]/6,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)65[6.6]/4,800~104[10.6]/2,600
タンク容量 25~27L
駆動方式FF・4WD
トランスミッション無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)

新型 N-BOXカスタム グレード別価格

■N-BOX Custom G・EX ターボ Honda SENSING
スタイル・装備どちらにもこだわったホンダがオススメしているモデルです。
〈FF〉1,949,400円
〈4WD〉2,080,080円

■N-BOX Custom G・L ターボ Honda SENSING
走りに特化したターボ仕様です。
〈FF〉1,895,400円
〈4WD〉2,026,080円

■N-BOX Custom G・EX Honda SENSING
快適装備を充実させたモデルです。
〈FF〉1,752,840円
〈4WD〉1,883,520円


■N-BOX Custom G・L Honda SENSING
ベースモデルです。
〈FF〉1,698,840円
〈4WD〉1,829,520円

N-BOXカスタム、価格は約170万円~208万円です。

※N-BOXは、約138万円~188万円です。

最後に

今回は、人気の軽トールワゴン、新型N-BOXカスタムについてご紹介しました。

販売当初から勢いのある新型N-BOXカスタム、気になる方は是非一度ご自分の目で確かめてくださいね。

関連する投稿


欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ジャズ X ロード』を初公開すると発表しました。気になる最新情報をいち早くお届けいたします。


ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ホンダの人気SUV「ヴェゼル」が2月16日にマイナーチェンジし発売されました。 ホンダセンシング全車標準装備や、内外装もリファインされて商品価値が増しSUVの売上首位奪還も期待されます。とても魅力的なマイナーチェンジ内容でしたが、密かに期待していて搭載されなかった3つの機能・ポイントについてご紹介します。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


【2月16日発売】ホンダの人気SUVヴェゼルがマイチェン!どこが変わる??

【2月16日発売】ホンダの人気SUVヴェゼルがマイチェン!どこが変わる??

ホンダの人気SUV・ヴェゼルがマイナーチェンジをおこない、2月16日に発売するとの情報を入手しました。ホンダのSUV、新型ヴェゼルの最新情報をお届けいたします。


ホンダの新型シビック タイプR 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの新型シビック タイプR 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの顔ともいえるシビック。7年ぶりに2017年9月より日本で販売開始されました。日本市場での発売は約7年ぶりで待ちわびていた人も多かったのではないでしょうか。3タイプ発売されているシビック新型、「タイプR」「セダン」「ハッチバック」のうち本記事ではタイプRについて改めて性能やレビュー、価格を見ていきたいと思います。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。