目次へ戻る

日産 新型キックスが米国市場に参戦!SUVのキックスって知ってる?

日産 新型キックスが米国市場に参戦!SUVのキックスって知ってる?

みなさんは、キックス、という車の名前をご存知ですか。このキックスとは、日産が主に南米市場や中国市場で販売しているSUVです。11月29日、開催しているロサンゼルスモーターショー2017にて、新たに米国市場への導入が決まりました。今後日本での発売はあるのか?気になるキックスについて見ていきたいと思います。


日産の新型キックス、米国市場に導入決定!2018年春予定

日産は11月29日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2017において、『キックス』を米国市場に導入すると発表しました。

ちなみに、2018年春あたりに導入される予定です。

この、キックスという車、みなさんはご存知でしたか。本記事ではキックスについて見ていきたいと思います。

日産 キックス ってどんな車?

キックスは、日産がブラジルなどの南米向けに開発した、コンパクトなクロスオーバーSUV車です。

世界80か国以上に投入を予定しており、今後は南米に続いて、米国市場に拡大展開される予定です。


実はキックスは、過去に日本でも販売されていました。

しかし、過去に発売されていた旧キックスは軽SUVであったことと、英語表記が「KIX」であったのに対し、キックスは「KICKS」というつづりであるため、別の車とも言った方が良いかもしれません。

日産のキックス

キックスは、2016年のリオデジャネイロオリンピック・リオデジャネイロパラリンピックの聖火リレーにて初披露されました。

その後、ブラジルにて販売開始しています。

2017年には上海モーターショーにて中国初公開され、同年5月に中国での販売を開始しています。

プラットフォームには、ノートと同じ、Vプラットフォームを採用。エンジンは改良のHR16DEを搭載しています。

日産 キックス エクステリア(外装)

日産キックスの外観には、日産の最新デザイン言語を採用。

日産を象徴するVモーショングリルやブーメラン型のヘッドランプ&テールランプを装備しています。

ウインドウがフロントからサイドにかけて巻き込んだバイザーのように見える、フローティングルーフも特徴的ですね。

日産 キックス サイズ感

・全長4,300mm
・全幅1,800mm
・全高1,600mm

このサイズは、ジュークよりは小さく、エクストレイルよりは大きいサイズとなります。

日産 キックス インテリア(内装)

インテリアはクーペのようなルーフラインにも関わらず、後部座席ではクラストップの広さを実現しまました。

広い荷室空間も備えています。また、ダッシュボードには、スマートフォン連動型のインフォテインメントが装備されており、7インチのフルカラーディスプレイを中央に配置しました。

日産 キックス 日本発売・日本復活はあるのか?

残念ながら、今のところは日本への導入は明言されていません。

また、日産には、日本で販売されている小型SUV・ジュークと、ジュークよりもサイズアップしたエクストレイルという2つのSUVが販売されているため、難しいかもしれないです。

一方で、キックスのジュークよりも大きく、エクストレイルよりも小さいというサイズ感や、ジュークやエクストレイルとも違ったデザイン性、何より日本でのSUV人気の高騰など、今後日本で発売される可能性は十分にあると言えます。

おまけ 日産の米国市場におけるクロスオーバー車

ローグスポーツ

日産の米国市場におけるクロスオーバー車のラインナップには、キックスのほかに『ジューク』、『ローグスポーツ』(欧州名:『キャシュカイ』)、『ローグ』(日本名:『エクストレイル』)、『ムラーノ』などがあります。

キックスは、このクロスオーバー車のモデルレンジを拡充します。

ローグ

ムラーノ

最後に

本記事では、日産の新型キックスについてご紹介してきましたがいかがでしたか。

日本への導入はされるのか、今後の情報に期待しましょう。

また、日産のSUVが気になるという方は、下記記事も併せてご覧ください。

関連するキーワード


日産 車種情報

関連する投稿


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


【7月16日発表】日産 スカイライン 新型 最新情報 発売日 価格

【7月16日発表】日産 スカイライン 新型 最新情報 発売日 価格

7月16日、日本国内でも発表された日産『スカイライン』改良新型は、プロパイロット2.0を搭載した3.5リットルV6ハイブリッドエンジン(VQ35HR)そして、3.0リットルV6ツインターボエンジン(VR30DDTT)を搭載した2モデルがベースとなるということで注目を集めています。価格、発売日など最新情報をまとめています。


日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUVジューク新型 発売は9月3日

日産のクロスオーバーSUV、ジューク新型が9月3日にデビューすることが決まりました。まだ全容は公開されてはいませんが、ジューク新型のヘッドライト画像が2枚公開されています。本記事ではジューク新型の最新情報についてご紹介いたします。


2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

軽自動車のジャンルでは、現在ではN-BOXを始めとするより背が高くてスライドドアを装備するハイトワゴンがブームとなっています。しかし、日産が新型デイズを発表したこと、またホンダがこの夏に発売する新型N-WGNの情報を公開したことで、今、にわかにトールワゴンに注目が集まっています。そこで、今回は新型デイズを中心に、日産、ダイハツ、スズキの軽トールワゴンの「良いとこ」をご紹介します。新型N-WGNの情報もありますよ!


日産の高級セダン シーマの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場は?

日産の高級セダン シーマの燃費、基本スペック一覧|中古価格の相場は?

発売後30周年を迎えた日産の最高級セダン「シーマ」は発売時から「シーマ現象」という言葉が生まれるほどに愛された車で、現在まで最高級セダンとして不動の地位を築いています。シーマがこれほど愛される理由とは何なのでしょうか。今回は気になる高級車シーマについてご紹介していきます。購入を検討している方はぜひ参考にしてください。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。