目次へ戻る

せっかちなイメージそのまま?クラクションを鳴らし過ぎる都道府県。上位は…

せっかちなイメージそのまま?クラクションを鳴らし過ぎる都道府県。上位は…

こちらの記事では、2016年の6月15日から30日の16日間、JAFのホームページ内で実施された交通マナーに関するアンケート結果、「不要なクラクションを鳴らす車が多いと思うか」という設問に焦点をあてて、ランキング化しています。また、クラクションに関連する道路交通法や、不要なクラクションの危険性も紹介したいと思います。


【JAF調べ】不要なクラクションを鳴らす車が多いと思う都道府県

JAFが2016年6月に行った交通マナーに関する意識の調査にて行われた10の設問のうち、「不要なクラクションを鳴らす車が多いと思うか」という問いに焦点をあててランキング化しました。

果たしてどの都道府県がワーストの称号をもらってしまうのでしょうか…?

やっぱり?…上位は関西。1位2位と上位独占

JAFのマナーに関する意識調査、10個の設問のうちの1つ、「不要なクラクションを鳴らす車が多いと思うか。」という質問。

この問いに対し「思う」・「やや思う」と答えた都道府県、第一位は大阪でした。
大阪に住んでいる43.7%の人は不要なクラクションを鳴らす人が多いと感じているようです。
2位に京都(42.5%)、3位に福岡(37.1%)が続きます。

「せっかち」というイメージが強い関西ですが、大阪・京都と並び嬉しくない結果となりました。



こちらはワースト15位までのランキングをグラフにしたものです。

この調査では、JAFで行った他の調査のワーストにランクインしていない都市部の都道府県が多くランクインし、全体平均を上回る13の都道府県の内、7都府県が関東と関西で占められ1都3県は全てランクインするという結果になっています。

一方同質問に対して、まったく思わない・あまり思わないと回答した上位10の都道府県は、下記となります。

山形、島根、新潟、秋田に関しては同県に住んでいる8割以上の人が、全く思わない・あまり思わないと回答しているという回答結果とりました。

上位と下位の傾向を見比べると、やはり都市部などの人口が多い都道府県が下位にあつまる傾向となっています。

しかし、1位2位の大阪・京都は全体平均を10ポイント以上も上回る結果となってしまいました。


その他、JAFが行った運転マナーに関する調査は他にもありますので以下ご覧ください。

JAF運転マナーに関する記事一覧

JAFの運転マナーに関する調査について、運転マナーの悪い都道府県、ウィンカーを出さない都道府県や「ながらスマホ」の危険性、信号のない横断歩道での一時停止などをランキング化し、その他紹介などを取り入れたものです。

不要なクラクションは違反・罰則の対象に…?

みなさんはどんな時にクラクションを鳴らしますか?

クラクションを鳴らすべき状況と、鳴らしてはいけない状況などはもちろん運転免許の取得時に習うことですが、正確に答えてくださいと言われると、自信を持って回答できないという人も少なくは無いでしょう。

むやみやたらに音を鳴らすなんて行為はもちろん罰則の対象ですが、普段何気なくやってしまってる行為も罰則の対象になってしまいます。

そもそもクラクションはほとんど鳴らしてはいけない

そもそも、クラクションを鳴らしていい場面は極々限られています。

下記は道路交通法第54条の抜粋です。

第五十四条 車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ。)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。
一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。
2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。
(罰則 第一項については第百二十条第一項第八号、同条第二項 第二項については第百二十一条第一項第六号)

クラクションを鳴らしていい場面は、
・上り坂の頂上で標識にて指定された場所
・見通しの悪い交差点や曲がり角
・山地部の標識で指定された区間の見通しの悪い交差点や、曲がり角、上り坂の頂上
・危険を避けるためやむを得ない時

に限られているのです。

・知り合いに会った時など挨拶の変わりに
・前の車が遅かったり、青信号に気づかなかった時の合図

などの場面はみなさんもクラクションを鳴らしてしまった経験があるのではないでしょうか?

実はこれらは目的外使用のため不要なクラクション、クラクションの乱用に該当し、道路交通法違反となり、2万円以下の罰金や、科料に処する可能性があるのです。

逆に、警笛区間など鳴らさなければいけない場所でクラクションを鳴らさなかった場合には5万円以下の罰金が科せられます。

なぜクラクションの利用は制限されるのか?

知り合いに会った時や前の車が遅い場合、ほかに気づかせるものがないとクラクションを鳴らしたくなる気持ちは、わからなくありませんが、クラクションの使用制限は何故厳しいのでしょうか?

その理由としては
・むやみやたらにクラクションを使用すると本当に危険な時などにその存在感が薄れてしまう。
・クラクションの音が鳴らされることによって運転者の注意が散漫してしまう。

この理由には納得です…。

頻繁にクラクションの音が聞こえるようであれば、気に掛けることも減り、危険な状況か否か判断が付かなくなりますし、防げる事故も防げなくなってしまいます。

また、運転中に「何があったんだろう?」と一瞬でも音がした方を見てしまい、その一瞬が命取りに…なんてこともあり得ます。

不要なクラクションの多用は自分の危険にも…

上記説明した通り、不要なクラクションを鳴らす車が多いということは、単なる運転マナーの悪さを表すだけでなく、事故に繋がる危険もあることを表しています。

ワーストランキング上位になってしまった都道府県も、入っていない県も、運転マナーの向上に努め、思いやりをもって運転をしたいですね。

関連する投稿


【注意必須】覆面パトカーの見分け方!多い車種や特徴を細部に渡って紹介

【注意必須】覆面パトカーの見分け方!多い車種や特徴を細部に渡って紹介

覆面パトカーの車種や特徴、様々な見分け方を紹介しています。交通ルールを守る大切さを改めて確認し、これから年末年始に向けてのドライブや帰省、旅行といった楽しいひと時にトラブルが起きないように心がけましょう。


「危険性帯有者」罰則強化|あおり運転も対象に。被害経験は約9割…。

「危険性帯有者」罰則強化|あおり運転も対象に。被害経験は約9割…。

警察庁から全国の警察に「あおり運転」に対し罰則を強化する新対応が発表されました。こちらの記事では新対応に伴う罰則強化に関連する情報と、あおり運転への対処として高まるドライブレコーダー需要に関する調査結果、そしておすすめのドライブレコーダーや対策方法を合わせて掲載しています。


【信号のない横断歩道】3年連続 9割超のルール無視。違反時の罰則は?

【信号のない横断歩道】3年連続 9割超のルール無視。違反時の罰則は?

2017年6月より、JAFが「信号機のない横断歩道における実態アンケート調査」を実施していました。「横断歩道」に関する道交法・ルールを再度知っていただくと共に、関連するデータ等を記事にしています。2016年から2018年8月の全国の信号の無い横断歩道での一時停止率についても掲載しています。


【表で解説】スピード違反。超過速度毎の点数と罰金額は?逮捕事例も

【表で解説】スピード違反。超過速度毎の点数と罰金額は?逮捕事例も

日ごろ、車やバイクを運転する方は気を付けなくてはいけないのが「スピード違反」。スピード違反は最も取締りされる件数が多い交通違反の1つとなっています。もし、スピード違反で捕まってしまった場合の点数は何点?罰金はいくら?何キロオーバーしたら免停になる?などの疑問点を詳しく説明していきたいと思います。


免停になる違反点数と停止期間、講習の内容 総まとめ!

免停になる違反点数と停止期間、講習の内容 総まとめ!

何かしらの交通違反を犯してしまい、点数が加算されると免許停止となってしまいます。免許停止となる点数は?免停期間は?免停講習はどのようなことするのか?など免停に対して良くある疑問を分かりやすくまとめて掲載しています。。免停になってしまった場合どうなるのかをこちらの記事でご紹介したいと思います。


最新の投稿


【最新版】2019年以降発売が予測されるポルシェの新型車&モデルチェンジ情報

【最新版】2019年以降発売が予測されるポルシェの新型車&モデルチェンジ情報

2019年以降に発売が予測・期待されているポルシェの新型車&新車&モデルチェンジ情報をまとめています。あなたの気になる車はあるでしょうか。ポルシェが好きな方、必見です!


フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリが現在開発を進めていると噂される、同ブランド初のクロスオーバーSUV、『Purosangue』(プロサングエ)のテスト車両が目撃されています。それに伴って、兄弟サイトのSpyder7では予想CGを入手しました。本記事では発売が待たれるプロサングエの最新情報をお届けいたします。


日産のカルロス・ゴーン会長 複数の重大な不正により、解任へ

日産のカルロス・ゴーン会長 複数の重大な不正により、解任へ

日産自動車は19日、同社のカルロス・ゴーン代表取締役会長らによる重大な不正行為があったと発表しています。本記事ではカルロス・ゴーン会長に関する記事ほじか、日産の記事をまとめています。


メルセデスベンツ Sクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ Sクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデス・ベンツの最高級Sクラス。貴方はそのSクラスにどんなボディタイプがあるのかご存知でしょうか。本記事ではメルセデスベンツの現行Sクラスをボディタイプ別にまとめています。クルマ選びの参考にしてみてくださいね。


【今こそ乗ってほしい】日本の現行オープンカーをメーカー別にまとめてみた

【今こそ乗ってほしい】日本の現行オープンカーをメーカー別にまとめてみた

なぜか、ルーフが開閉するだけで心躍る。そんなオープンカー。別にオープンカーじゃなくてもいいけれど、オープンカーにはオープンカーの魅力がありますよね。今こそいろんな人に日本のオープンカーを知っていただきたい!本記事はそんな気持ちを込めて国産オープンカーをご紹介!