目次へ戻る

待望の小型4ドアクーペ!BMW2シリーズグランクーペが2018年発表!?

待望の小型4ドアクーペ!BMW2シリーズグランクーペが2018年発表!?

クルマの大型化が進んでいく中、BMWも同様で旧3シリーズのサイズと現行1シリーズのサイズがあまり変わらなくなり、BMWの小型セダンを望んでいる方も多いと思われます。1シリーズセダンは中国専用モデルで落胆されていた方に朗報です。BMW2シリーズグランクーペのスパイショットが目撃され近い将来発表されるとの噂が!


BMWのグランクーペモデル

スナッパーロックブルー、タンザナイトブルーのBMW4シリーズグランクーペ

BMW4シリーズグランクーペ、BMW6シリーズグランクーペ

BMWは現在2ドアモデルのクーペ、4ドアモデルのセダン、ツーリング、4ドアセダンの空間を広げたグランツーリスモ、オープンモデルのカブリオレのラインナップに加えて2ドアのフォルム、デザインの美しさ、4ドアセダンの利便性を併せ持ったグランクーペモデルを用意しています。

その他SAVモデルのXシリーズもあります。

グランクーペは現行はBMW4シリーズグランクーペ、BMW6シリーズグランクーペの2車種がラインナップされています。

BMW4シリーズの販売比率は日本では5割近くがグランクーペで残りがクーペ、カブリオレとグランクーペは売れており街中でも見かける機会が多いですね。
私もデザインと利便性のバランスに惹かれてBMW4シリーズグランクーペを購入しており現在所有しております。

BMWのオフ会でも4シリーズはグランクーペの比率がかなり多いです。

BMW 4シリーズグランクーペ、限定モデル「インスタイルスポーツ」を発売…694万円より | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/01/22/305074.html

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『4シリーズグランクーペ』に、スタイリッシュかつスポーティな魅力を高めた特別仕様車「インスタイルスポーツ」3モデルを設定し、300台限定で販売を開始した。

BMW 6シリーズ グランクーペ、スタイリッシュな創立100周年記念モデルを発売 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2016/11/08/285034.html

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW『6シリーズ グラン クーペ』に限定モデル「セレブレーションエディション エクスクルーシブスポーツ」を設定し、全国合計33台の台数限定で11月19日より発売する。

「BMWグランクーペ」の未来形を提示する「BMW i ビジョン ダイナミクス」

未来系のグランクーペモデルとしては、2017年のフランクフルト・モーターショーで、BMWが注力している電気自動車ブランド「i」シリーズの最新コンセプトモデル「BMW i ビジョンダイナミクス」が発表されましたが、こちらはBMW4ドアクーペの「グランクーペ」未来形を提示するコンセプトカーになります。

コンセプトカーだけあってなかなか未来的なデザインに感じます。個人的にも結構カッコいいと思います。
コンセプトモデルなので市販時には無難なデザインになる可能性もありますがこのデザインなら「i3」「i8」に続く第3の「i」として発売すれば結構売れるんじゃないでしょうか。

【フランクフルトモーターショー2017】BMW i ビジョンダイナミクス…第3の i は4ドアクーペEV | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/09/13/299716.html

BMWグループは9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、EVコンセプトカーのBMW『i ビジョン・ダイナミクス』を初公開した。

BMW2シリーズのラインナップ

「BMW2シリーズ」は2013年10月に「1シリーズクーペ」の後継モデルとして新たに設定されました。
現行ラインナップは、クーペ、カブリオレ、M2クーペ、売れ筋のアクティブツアラー、グランツアラーとなっており、LCIで内外装に改良が加えられております。

アクティブツアラー、グランツアラーは国産ミニバンからの乗り換えの受け皿として非常に需要が高いですね。FFですが十分に駆け抜ける喜びを味わえる素敵な仕上がりとなっています。

BMW 2シリーズ クーペ/カブリオレ/M2クーペ、内外装を一新…503万円より | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/08/29/299068.html

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、内外装を一新するとともに装備を充実させた新型『2シリーズ クーペ/カブリオレ』および『M2クーペ』を8月29日より発売した。

BMW 2シリーズ・アクティブツアラー / グランツアラー 改良新型、新世代エンジン搭載 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/01/12/304646.html

BMWは1月10日、『2シリーズ・アクティブツアラー』、『2シリーズ・グラン ツアラー』の改良新型モデルを欧州で発表した。

最小のMモデル「BMW M2」

2016年に発売されたBMW M2クーペですが、最軽量、最小Mモデルということで走らせて気持ちよくないはずがないですね。
「2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー」エモーショナル部門賞も受賞しています。
概ねモータージャーナリストの試乗記事も好評です。

私もM2は試乗して凄く欲しくなりました。2ドアじゃなかったら無理してでも買ってしまったかもしれないです。
M2の試乗記事のリンクは以下に載せておきます。一応私の試乗記事も最後にそっと付け足しておきますのでよろしければご覧ください。

【BMW M2クーペ 試乗】日本のために作られたような“ジャストな”スポーツクーペ…諸星陽一 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2016/06/22/277338.html

BMWの『2シリーズクーペ』にスペシャルチューンドモデルの『M2』が追加された。連綿と続くMシリーズのなかで現在もっとも小さなモデルとなる。

【BMW M2クーペ 試乗】シフトダウンの音を聞くだけで、心が洗われる…岩貞るみこ | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/01/07/287988.html

小さなボディに骨太な意志。ぐっとくる面構え。クーペゆえの大きめなドアを開けるとずしりと重く、乗り込んで締めると完全に下界と空気が遮断される。

気になるクルマ【BMW i8】【BMW M2】2台まとめて試乗してきました^^【後編・M2試乗編】

http://bmw.jpn.org/bmw/bmw-i8-m2-test-drive-2

こんばんは! evening_skyです。 前編のi8試乗編つづいて今回は後編のM2試乗編です。 i8の試乗後の余韻にひたる間もなく直ぐにM2試乗させてもらいました^^ M2のスペックはこんな感じです。 全長×全幅×全高:4468×1854...

BMW 2シリーズ グランクーペの噂

昨年の夏頃新型FFプラットフォーム「UKL」を採用したBMW2シリーズグランクーペと思われるスパイショットが目撃されており、ワールドプレミアはだいぶ先の2021年と予想されていました。

BMWの新型FFコンパクトは「2シリーズ グランクーペ」…2021年登場 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/09/30/300454.html

BMWが現在開発している、新型4ドアクーペ『2シリーズ グランクーペ』の市販型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。メルセデスベンツ同様に、コンパクトモデルのラインナップを拡大する戦略が見えてくる。

発売時期が早まって2018年後半10月頃に発表!?

今回新たに、「BMW2シリーズグランクーペ」の生産型プロトタイプがノルウェーの山間部で目撃されました。
さらに2020年以降の登場が噂されていた2シリーズグランクーペですが、リスケジュールが行われて2018年後半の具体的に10月頃の発表となる可能性が高まっているそうです。
実際の発売は2019年日本導入はその後としても楽しみです。
その他、パワートレインなど詳しい情報は、以下のレスポンス記事をご覧ください
M2グランクーペの噂もありますが、Mモデルは出なくても、「M Performance」モデルのxDriveを出してくれればこの軽量マシンにハイパワーエンジンが搭載されたM140iがでてくれれば個人的には満足です。M2とくらべて価格も手が届きやすくなりますし。

BMW 2シリーズ にも4ドアクーペ!48Vマイルドハイブリッドも | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/02/05/305686.html

BMW『2シリーズ』に新たに加わる4ドアクーペ、『2シリーズグランクーペ』生産型プロトタイプをノルウェーの山間部でカメラが捉えた。

まとめ

全体的にクルマの大型化が進んでいく中、BMWも同様で旧3シリーズ(E46)のサイズと現行1シリーズ(F20)のサイズがあまり変わらなくなり、BMWの小型セダンを望んでいる方も多いと思われます。

日本の道路事情では特に横幅が1800mmを超えてくると厳しいですが、最近は超えていないモデルのほうが少なくなりました。

中国専用モデルのBMW1シリーズセダンはコンパクトなセダンで、日本の道路事情にピッタリなサイズですが、日本導入はなさそうで残念に感じておりましたが今回、BMW2シリーズグランクーペのスパイショットが目撃され近い将来発表される可能性があるとのことで非常にテンションが上がってきました。

この2シリーズグランクーペも中国専用モデルにならないことを祈りたいです。
ということで個人的にはこのBMW2シリーズグランクーペが発売されて日本導入されたとしたら十分に次期愛車候補になるかと思います。

非常に楽しみですね!

関連するキーワード


BMW 車種情報 クーペ

関連する投稿


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

BMWグループは6月25日、ドイツ・ミュンヘンで開幕した「#NEXT GEN」で、コンセプトカーのBMW『ヴィジョンMネクスト』(BMW Vision M NEXT)を初公開しました。ヴィジョンMネクストとはいったいどのような車になるのでしょうか。


BMWのM8新型日本上陸!価格は2230万円から 最新情報まとめ

BMWのM8新型日本上陸!価格は2230万円から 最新情報まとめ

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、高性能モデル「Mシリーズ」のフラッグシップ新型『M8』の受注を6月25日より開始しました。 12月以降に順次納車を行うとのことです。いったいどんなスペック・仕上がりになっているのでしょうか。


BMW 7シリーズ改良新型 価格は約1090万円から

BMW 7シリーズ改良新型 価格は約1090万円から

BMWは6月24日、一部改良した『7シリーズ』の販売開始しました。外観デザインを変更した他にも、V型12気筒エンジン搭載モデルの設定、高速渋滞時ハンズフリー機能を採用したのが特徴です。最新情報をまとめています。


BMWのSUV X7新型 価格・スペック・パワートレインほか

BMWのSUV X7新型 価格・スペック・パワートレインほか

BMWは6月24日、新型SUV『X7』の販売を開始しました。本記事では価格やスペックなど、最新情報をまとめています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。