トップへ戻る

待望の小型4ドアクーペ!BMW2シリーズグランクーペが2018年発表!?

待望の小型4ドアクーペ!BMW2シリーズグランクーペが2018年発表!?

クルマの大型化が進んでいく中、BMWも同様で旧3シリーズのサイズと現行1シリーズのサイズがあまり変わらなくなり、BMWの小型セダンを望んでいる方も多いと思われます。1シリーズセダンは中国専用モデルで落胆されていた方に朗報です。BMW2シリーズグランクーペのスパイショットが目撃され近い将来発表されるとの噂が!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


BMWのグランクーペモデル

スナッパーロックブルー、タンザナイトブルーのBMW4シリーズグランクーペ

BMW4シリーズグランクーペ、BMW6シリーズグランクーペ

BMWは現在2ドアモデルのクーペ、4ドアモデルのセダン、ツーリング、4ドアセダンの空間を広げたグランツーリスモ、オープンモデルのカブリオレのラインナップに加えて2ドアのフォルム、デザインの美しさ、4ドアセダンの利便性を併せ持ったグランクーペモデルを用意しています。

その他SAVモデルのXシリーズもあります。

グランクーペは現行はBMW4シリーズグランクーペ、BMW6シリーズグランクーペの2車種がラインナップされています。

BMW4シリーズの販売比率は日本では5割近くがグランクーペで残りがクーペ、カブリオレとグランクーペは売れており街中でも見かける機会が多いですね。
私もデザインと利便性のバランスに惹かれてBMW4シリーズグランクーペを購入しており現在所有しております。

BMWのオフ会でも4シリーズはグランクーペの比率がかなり多いです。

BMW 4シリーズグランクーペ、限定モデル「インスタイルスポーツ」を発売…694万円より | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/01/22/305074.html

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『4シリーズグランクーペ』に、スタイリッシュかつスポーティな魅力を高めた特別仕様車「インスタイルスポーツ」3モデルを設定し、300台限定で販売を開始した。

BMW 6シリーズ グランクーペ、スタイリッシュな創立100周年記念モデルを発売 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2016/11/08/285034.html

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW『6シリーズ グラン クーペ』に限定モデル「セレブレーションエディション エクスクルーシブスポーツ」を設定し、全国合計33台の台数限定で11月19日より発売する。

「BMWグランクーペ」の未来形を提示する「BMW i ビジョン ダイナミクス」

未来系のグランクーペモデルとしては、2017年のフランクフルト・モーターショーで、BMWが注力している電気自動車ブランド「i」シリーズの最新コンセプトモデル「BMW i ビジョンダイナミクス」が発表されましたが、こちらはBMW4ドアクーペの「グランクーペ」未来形を提示するコンセプトカーになります。

コンセプトカーだけあってなかなか未来的なデザインに感じます。個人的にも結構カッコいいと思います。
コンセプトモデルなので市販時には無難なデザインになる可能性もありますがこのデザインなら「i3」「i8」に続く第3の「i」として発売すれば結構売れるんじゃないでしょうか。

【フランクフルトモーターショー2017】BMW i ビジョンダイナミクス…第3の i は4ドアクーペEV | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/09/13/299716.html

BMWグループは9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、EVコンセプトカーのBMW『i ビジョン・ダイナミクス』を初公開した。

BMW2シリーズのラインナップ

「BMW2シリーズ」は2013年10月に「1シリーズクーペ」の後継モデルとして新たに設定されました。
現行ラインナップは、クーペ、カブリオレ、M2クーペ、売れ筋のアクティブツアラー、グランツアラーとなっており、LCIで内外装に改良が加えられております。

アクティブツアラー、グランツアラーは国産ミニバンからの乗り換えの受け皿として非常に需要が高いですね。FFですが十分に駆け抜ける喜びを味わえる素敵な仕上がりとなっています。

BMW 2シリーズ クーペ/カブリオレ/M2クーペ、内外装を一新…503万円より | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/08/29/299068.html

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、内外装を一新するとともに装備を充実させた新型『2シリーズ クーペ/カブリオレ』および『M2クーペ』を8月29日より発売した。

BMW 2シリーズ・アクティブツアラー / グランツアラー 改良新型、新世代エンジン搭載 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/01/12/304646.html

BMWは1月10日、『2シリーズ・アクティブツアラー』、『2シリーズ・グラン ツアラー』の改良新型モデルを欧州で発表した。

最小のMモデル「BMW M2」

2016年に発売されたBMW M2クーペですが、最軽量、最小Mモデルということで走らせて気持ちよくないはずがないですね。
「2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー」エモーショナル部門賞も受賞しています。
概ねモータージャーナリストの試乗記事も好評です。

私もM2は試乗して凄く欲しくなりました。2ドアじゃなかったら無理してでも買ってしまったかもしれないです。
M2の試乗記事のリンクは以下に載せておきます。一応私の試乗記事も最後にそっと付け足しておきますのでよろしければご覧ください。

【BMW M2クーペ 試乗】日本のために作られたような“ジャストな”スポーツクーペ…諸星陽一 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2016/06/22/277338.html

BMWの『2シリーズクーペ』にスペシャルチューンドモデルの『M2』が追加された。連綿と続くMシリーズのなかで現在もっとも小さなモデルとなる。

【BMW M2クーペ 試乗】シフトダウンの音を聞くだけで、心が洗われる…岩貞るみこ | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/01/07/287988.html

小さなボディに骨太な意志。ぐっとくる面構え。クーペゆえの大きめなドアを開けるとずしりと重く、乗り込んで締めると完全に下界と空気が遮断される。

気になるクルマ【BMW i8】【BMW M2】2台まとめて試乗してきました^^【後編・M2試乗編】

http://bmw.jpn.org/bmw/bmw-i8-m2-test-drive-2

こんばんは! evening_skyです。 前編のi8試乗編つづいて今回は後編のM2試乗編です。 i8の試乗後の余韻にひたる間もなく直ぐにM2試乗させてもらいました^^ M2のスペックはこんな感じです。 全長×全幅×全高:4468×1854...

BMW 2シリーズ グランクーペの噂

昨年の夏頃新型FFプラットフォーム「UKL」を採用したBMW2シリーズグランクーペと思われるスパイショットが目撃されており、ワールドプレミアはだいぶ先の2021年と予想されていました。

BMWの新型FFコンパクトは「2シリーズ グランクーペ」…2021年登場 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/09/30/300454.html

BMWが現在開発している、新型4ドアクーペ『2シリーズ グランクーペ』の市販型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。メルセデスベンツ同様に、コンパクトモデルのラインナップを拡大する戦略が見えてくる。

発売時期が早まって2018年後半10月頃に発表!?

今回新たに、「BMW2シリーズグランクーペ」の生産型プロトタイプがノルウェーの山間部で目撃されました。
さらに2020年以降の登場が噂されていた2シリーズグランクーペですが、リスケジュールが行われて2018年後半の具体的に10月頃の発表となる可能性が高まっているそうです。
実際の発売は2019年日本導入はその後としても楽しみです。
その他、パワートレインなど詳しい情報は、以下のレスポンス記事をご覧ください
M2グランクーペの噂もありますが、Mモデルは出なくても、「M Performance」モデルのxDriveを出してくれればこの軽量マシンにハイパワーエンジンが搭載されたM140iがでてくれれば個人的には満足です。M2とくらべて価格も手が届きやすくなりますし。

BMW 2シリーズ にも4ドアクーペ!48Vマイルドハイブリッドも | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/02/05/305686.html

BMW『2シリーズ』に新たに加わる4ドアクーペ、『2シリーズグランクーペ』生産型プロトタイプをノルウェーの山間部でカメラが捉えた。

まとめ

全体的にクルマの大型化が進んでいく中、BMWも同様で旧3シリーズ(E46)のサイズと現行1シリーズ(F20)のサイズがあまり変わらなくなり、BMWの小型セダンを望んでいる方も多いと思われます。

日本の道路事情では特に横幅が1800mmを超えてくると厳しいですが、最近は超えていないモデルのほうが少なくなりました。

中国専用モデルのBMW1シリーズセダンはコンパクトなセダンで、日本の道路事情にピッタリなサイズですが、日本導入はなさそうで残念に感じておりましたが今回、BMW2シリーズグランクーペのスパイショットが目撃され近い将来発表される可能性があるとのことで非常にテンションが上がってきました。

この2シリーズグランクーペも中国専用モデルにならないことを祈りたいです。
ということで個人的にはこのBMW2シリーズグランクーペが発売されて日本導入されたとしたら十分に次期愛車候補になるかと思います。

非常に楽しみですね!

関連するキーワード


BMW 車種情報 クーペ

関連する投稿


次で最後?!珠玉スポーツのトヨタ 86、将来価値高騰しそうなその魅力

次で最後?!珠玉スポーツのトヨタ 86、将来価値高騰しそうなその魅力

街で見かけるとつい目で追ってしまう… クーペタイプの車に憧れるそんな皆さんなら、2ドアクーペとして常識外れの大ヒットを記録したトヨタ 86には、その人気を裏付ける確かな魅力が詰まっていることはきっとお分かりのはず。この記事では、改めて現行86の魅力、次期モデルの詳細やその将来、新車と中古車価格までまとめていきます。今すぐ86に乗りたくなってしまうかも!


BMW M5|Mシリーズ並外れたスポーティな車のスペック、価格は?

BMW M5|Mシリーズ並外れたスポーティな車のスペック、価格は?

BMW特有のスポーティセダンの代表格のMシリーズのM5のご紹介です。日常での走行からサーキット走行までこなせるスポーティセダンと言ってよいと思います。その上安全面にも十分な配慮がこなされたM5の紹介をします。


BMWとは?メーカーの概要から人気モデルや最新情報

BMWとは?メーカーの概要から人気モデルや最新情報

車好きが好む輸入車として、BMWを挙げる方もおられるでしょう。魅力あるセダンやSUVがラインナップされているだけでなく、Mシリーズのようにスポーティな走りが楽しめるグレードがあります。ラグジュアリーな車が好きな方から、走りを楽しみたい方まで満足できるモデルが豊富です。日本でも販売台数が多いBMWですが、どのようなブランドで人気の理由は何でしょうか?ブランドの概要から人気モデルまで詳しくご紹介します。


【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

SUV全盛の世の中ですが、やはり、美しいデザインを持つクルマと言えば、クーペです。クーペには、クーペにしか持ち得ない華やかさがあります。世界中の美しいクーペを、一緒に見ていきましょう!


クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

車の形状を語源とする「クーペ」は、セダンと似ているようで異なる車です。とはいえ、実際には両者がどのように異なっているのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。クーペとセダンの違いは、ドアの数や運転性能、デザインの方向性などによって見分けられます。そこで今回は、クーペとセダンの違いや特徴、国内で販売されているおすすめのクーペ4選について解説します。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。