トップへ戻る

待望の小型4ドアクーペ!BMW2シリーズグランクーペが2018年発表!?

待望の小型4ドアクーペ!BMW2シリーズグランクーペが2018年発表!?

クルマの大型化が進んでいく中、BMWも同様で旧3シリーズのサイズと現行1シリーズのサイズがあまり変わらなくなり、BMWの小型セダンを望んでいる方も多いと思われます。1シリーズセダンは中国専用モデルで落胆されていた方に朗報です。BMW2シリーズグランクーペのスパイショットが目撃され近い将来発表されるとの噂が!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


BMWのグランクーペモデル

スナッパーロックブルー、タンザナイトブルーのBMW4シリーズグランクーペ

BMW4シリーズグランクーペ、BMW6シリーズグランクーペ

BMWは現在2ドアモデルのクーペ、4ドアモデルのセダン、ツーリング、4ドアセダンの空間を広げたグランツーリスモ、オープンモデルのカブリオレのラインナップに加えて2ドアのフォルム、デザインの美しさ、4ドアセダンの利便性を併せ持ったグランクーペモデルを用意しています。

その他SAVモデルのXシリーズもあります。

グランクーペは現行はBMW4シリーズグランクーペ、BMW6シリーズグランクーペの2車種がラインナップされています。

BMW4シリーズの販売比率は日本では5割近くがグランクーペで残りがクーペ、カブリオレとグランクーペは売れており街中でも見かける機会が多いですね。
私もデザインと利便性のバランスに惹かれてBMW4シリーズグランクーペを購入しており現在所有しております。

BMWのオフ会でも4シリーズはグランクーペの比率がかなり多いです。

BMW 4シリーズグランクーペ、限定モデル「インスタイルスポーツ」を発売…694万円より | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/01/22/305074.html

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、『4シリーズグランクーペ』に、スタイリッシュかつスポーティな魅力を高めた特別仕様車「インスタイルスポーツ」3モデルを設定し、300台限定で販売を開始した。

BMW 6シリーズ グランクーペ、スタイリッシュな創立100周年記念モデルを発売 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2016/11/08/285034.html

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW『6シリーズ グラン クーペ』に限定モデル「セレブレーションエディション エクスクルーシブスポーツ」を設定し、全国合計33台の台数限定で11月19日より発売する。

「BMWグランクーペ」の未来形を提示する「BMW i ビジョン ダイナミクス」

未来系のグランクーペモデルとしては、2017年のフランクフルト・モーターショーで、BMWが注力している電気自動車ブランド「i」シリーズの最新コンセプトモデル「BMW i ビジョンダイナミクス」が発表されましたが、こちらはBMW4ドアクーペの「グランクーペ」未来形を提示するコンセプトカーになります。

コンセプトカーだけあってなかなか未来的なデザインに感じます。個人的にも結構カッコいいと思います。
コンセプトモデルなので市販時には無難なデザインになる可能性もありますがこのデザインなら「i3」「i8」に続く第3の「i」として発売すれば結構売れるんじゃないでしょうか。

【フランクフルトモーターショー2017】BMW i ビジョンダイナミクス…第3の i は4ドアクーペEV | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/09/13/299716.html

BMWグループは9月12日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー2017において、EVコンセプトカーのBMW『i ビジョン・ダイナミクス』を初公開した。

BMW2シリーズのラインナップ

「BMW2シリーズ」は2013年10月に「1シリーズクーペ」の後継モデルとして新たに設定されました。
現行ラインナップは、クーペ、カブリオレ、M2クーペ、売れ筋のアクティブツアラー、グランツアラーとなっており、LCIで内外装に改良が加えられております。

アクティブツアラー、グランツアラーは国産ミニバンからの乗り換えの受け皿として非常に需要が高いですね。FFですが十分に駆け抜ける喜びを味わえる素敵な仕上がりとなっています。

BMW 2シリーズ クーペ/カブリオレ/M2クーペ、内外装を一新…503万円より | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/08/29/299068.html

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、内外装を一新するとともに装備を充実させた新型『2シリーズ クーペ/カブリオレ』および『M2クーペ』を8月29日より発売した。

BMW 2シリーズ・アクティブツアラー / グランツアラー 改良新型、新世代エンジン搭載 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/01/12/304646.html

BMWは1月10日、『2シリーズ・アクティブツアラー』、『2シリーズ・グラン ツアラー』の改良新型モデルを欧州で発表した。

最小のMモデル「BMW M2」

2016年に発売されたBMW M2クーペですが、最軽量、最小Mモデルということで走らせて気持ちよくないはずがないですね。
「2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー」エモーショナル部門賞も受賞しています。
概ねモータージャーナリストの試乗記事も好評です。

私もM2は試乗して凄く欲しくなりました。2ドアじゃなかったら無理してでも買ってしまったかもしれないです。
M2の試乗記事のリンクは以下に載せておきます。一応私の試乗記事も最後にそっと付け足しておきますのでよろしければご覧ください。

【BMW M2クーペ 試乗】日本のために作られたような“ジャストな”スポーツクーペ…諸星陽一 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2016/06/22/277338.html

BMWの『2シリーズクーペ』にスペシャルチューンドモデルの『M2』が追加された。連綿と続くMシリーズのなかで現在もっとも小さなモデルとなる。

【BMW M2クーペ 試乗】シフトダウンの音を聞くだけで、心が洗われる…岩貞るみこ | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/01/07/287988.html

小さなボディに骨太な意志。ぐっとくる面構え。クーペゆえの大きめなドアを開けるとずしりと重く、乗り込んで締めると完全に下界と空気が遮断される。

気になるクルマ【BMW i8】【BMW M2】2台まとめて試乗してきました^^【後編・M2試乗編】

http://bmw.jpn.org/bmw/bmw-i8-m2-test-drive-2

こんばんは! evening_skyです。 前編のi8試乗編つづいて今回は後編のM2試乗編です。 i8の試乗後の余韻にひたる間もなく直ぐにM2試乗させてもらいました^^ M2のスペックはこんな感じです。 全長×全幅×全高:4468×1854...

BMW 2シリーズ グランクーペの噂

昨年の夏頃新型FFプラットフォーム「UKL」を採用したBMW2シリーズグランクーペと思われるスパイショットが目撃されており、ワールドプレミアはだいぶ先の2021年と予想されていました。

BMWの新型FFコンパクトは「2シリーズ グランクーペ」…2021年登場 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/09/30/300454.html

BMWが現在開発している、新型4ドアクーペ『2シリーズ グランクーペ』の市販型プロトタイプを、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。メルセデスベンツ同様に、コンパクトモデルのラインナップを拡大する戦略が見えてくる。

発売時期が早まって2018年後半10月頃に発表!?

今回新たに、「BMW2シリーズグランクーペ」の生産型プロトタイプがノルウェーの山間部で目撃されました。
さらに2020年以降の登場が噂されていた2シリーズグランクーペですが、リスケジュールが行われて2018年後半の具体的に10月頃の発表となる可能性が高まっているそうです。
実際の発売は2019年日本導入はその後としても楽しみです。
その他、パワートレインなど詳しい情報は、以下のレスポンス記事をご覧ください
M2グランクーペの噂もありますが、Mモデルは出なくても、「M Performance」モデルのxDriveを出してくれればこの軽量マシンにハイパワーエンジンが搭載されたM140iがでてくれれば個人的には満足です。M2とくらべて価格も手が届きやすくなりますし。

BMW 2シリーズ にも4ドアクーペ!48Vマイルドハイブリッドも | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/02/05/305686.html

BMW『2シリーズ』に新たに加わる4ドアクーペ、『2シリーズグランクーペ』生産型プロトタイプをノルウェーの山間部でカメラが捉えた。

まとめ

全体的にクルマの大型化が進んでいく中、BMWも同様で旧3シリーズ(E46)のサイズと現行1シリーズ(F20)のサイズがあまり変わらなくなり、BMWの小型セダンを望んでいる方も多いと思われます。

日本の道路事情では特に横幅が1800mmを超えてくると厳しいですが、最近は超えていないモデルのほうが少なくなりました。

中国専用モデルのBMW1シリーズセダンはコンパクトなセダンで、日本の道路事情にピッタリなサイズですが、日本導入はなさそうで残念に感じておりましたが今回、BMW2シリーズグランクーペのスパイショットが目撃され近い将来発表される可能性があるとのことで非常にテンションが上がってきました。

この2シリーズグランクーペも中国専用モデルにならないことを祈りたいです。
ということで個人的にはこのBMW2シリーズグランクーペが発売されて日本導入されたとしたら十分に次期愛車候補になるかと思います。

非常に楽しみですね!

関連するキーワード


BMW 車種情報 クーペ

関連する投稿


【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

SUV全盛の世の中ですが、やはり、美しいデザインを持つクルマと言えば、クーペです。クーペには、クーペにしか持ち得ない華やかさがあります。世界中の美しいクーペを、一緒に見ていきましょう!


クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

車の形状を語源とする「クーペ」は、セダンと似ているようで異なる車です。とはいえ、実際には両者がどのように異なっているのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。クーペとセダンの違いは、ドアの数や運転性能、デザインの方向性などによって見分けられます。そこで今回は、クーペとセダンの違いや特徴、国内で販売されているおすすめのクーペ4選について解説します。


【ただの外車じゃつまらない】最新輸入車 個性派3選!

【ただの外車じゃつまらない】最新輸入車 個性派3選!

日本は国産車の人気が高く、輸入車はまだまだニッチな存在といえるかも。それでも世界中の様々に魅力的な車たちを国内にいながらにして楽しめるのは、実はかなり幸せなことですよね。そこで今回は、フランス、ドイツ、アメリカの最新輸入車の中でも、個性際立つ独自の魅力にあふれたモデルを紹介していきます。きっと輸入車が気になってくること間違いなしです。


【今こそ買いたい】最新クーペ3選!妖艶な世界を体験するなら今だ

【今こそ買いたい】最新クーペ3選!妖艶な世界を体験するなら今だ

悪路を毎日通らないのにSUVを買ったり、毎日7人を乗せるわけではないのにミニバンを買ったりするより、たくさん種類のある自動車の中でもグラマラスな外観が持ち味のクーペを愛車にしてみれば、新たな世界が開けるかもしれませんよ。この記事では、今おすすめしたい最新のクーペを3台ご紹介していきます。使い勝手をちょっぴり我慢する見返りに、最高のクーペライフが待っているはずです。


100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

街中や駐車場で輸入車を見かけると、「一体どんなお金持ちが乗っているんだろう」なんて思うことはありませんか。実は輸入車は、新車価格がかなり高いモデルでも、いざ中古車になると急激にお手頃になるものなのです。周囲の羨望の眼差しを集めてしまいそうな格安中古の外車の選び方を、3パターンでまとめてみました。


最新の投稿


【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

車が欲しいと思った時、マイカーローンで購入する人は多いですよね。しかしながらローンは価格に金利を上乗せした状態で支払うため損ではないかという意見も。ローンを利用してでも購入すべき時はある?そもそもローンを利用すると、どれくらい余分に支払わなければいけないの?今回は気になるカーローンの特徴と注意事項についても解説します。


おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

今や、世の中のクルマのほとんどがオートマ車になってしまいました。でも、まだまだマニュアル車も様々なモデルが発売されています。 運転を奥深く、知的なゲームにしてしまう、おすすめのマニュアル車をご紹介いたします!


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

エンジンオイル交換を安く済ませるため、自分で交換したいという方のために、エンジンオイルの種類、粘度、規格についてと選び方についてを紹介しています。さらに粘度別のおすすめのオイルもご紹介します。エンジンオイルを賢く選びたいという方はぜひ本記事をご覧ください。