【東京オートサロン2018 コンパニオン画像】過激度No.1は毎年恒例の…?

【東京オートサロン2018 コンパニオン画像】過激度No.1は毎年恒例の…?

2018年1月12日~14日の3日間に渡り開催された東京オートサロン2018。毎年開催される同ショーですがコンパニオンの過激さで有名でもあります。本記事では毎年コスチュームの過激さが恒例となっている、ごんた屋とAIWAのコンパニオン画像と、両巨頭に勝るとも劣らなかったGORDONのコンパ二オンの画像を掲載しています。


【今年もアツかった…】東京オートサロン2018 華麗なコンパニオンたち

2018年1月12日(金)~の3日間に渡り幕張メッセにて開催された東京オートサロン2018。

来場者数も2015年から4年連続で30万人以上を超えており、2018年も31万9030人が会場となる幕張メッセまで足を運びました。

車好きな方であればもちろん知っているカスタムカーの祭典とされるイベントですが、会場、展示車両に華を添える「コンパニオン」の過激さでも有名なイベントです。

なんと、過激度が高いことで有名なブースはコンパニオンが登場する1時間も前から”入り待ち”の状態となってしまうほど。

上記の画像は、毎年過激なコスチュームで話題・注目を集める「AIWA」のブース前。

コンパニオンが登場してからブースに向かおうものなら、このように前に割って入るのは難しく、前列の撮影者たちが捌けるのを待っていようものならコンパニオンの撮影タイムが終わってしまう程なのです。

このように中々まともに撮影させてもらえない状況となる…。

しかし、ここまで人が集るのは良くも悪くも注目されている証。

そこで本記事では、毎年スケスケで過激なファッション、コスチュームが話題を呼ぶ「AIWA」と、ギリギリを攻め続ける「ごんた屋」の2大巨頭のコンパニオン画像と、両巨頭に勝るとも劣らなかった「GORDON」のコンパニオンの3ブースに絞り掲載、紹介致します。

【東京オートサロン2018】今年も魅せます!コンパニオン画像集!!

https://matome.response.jp/articles/1176

東京オートサロン2018のコンパニオン画像一覧はこちらから!!

【過激MAX】2018東京オートサロンで押さえたいAIWAとごんた屋って?

https://matome.response.jp/articles/1030

AIWAとごんた屋の紹介、及び過去の両ブースのコンパニオン画像はこちらから!!

【東京オートサロン2018】今年も透明度が高かった…。AIWAのコンパニオン画像

まずは冒頭でも触れたAIWAのコンパニオンからのご紹介。

埼玉県草加市にある株式会社アイワ(同AIWAブース)は、自動車用の塗料や工具などを扱う会社となっています。

昨年に引き続き、このように透けています。。

ちなみに2017年のAIWAのコスチュームは…

さらに…2016年は

以上、東京オートサロン2018のAIWAのコンパニオン画像の紹介でした。

2016年より3年連続でのスケルトン(?)コスチューム。
来年はどのようなコスチュームを見せてくれるかも気になるところです。

【東京オートサロン2018】今年もギリギリまで攻めた…。ごんた屋のコンパニオン画像

続いては、AIWAと並び毎年過激なコスチュームで話題を集める「ごんた屋」のコンパニオン。

株式会社 ごんた屋は、京都府木津川市にある、主にLED加工・パーツ販売や電子ユニット生産を行っている会社です。

東京オートサロンには2008年より毎年出展しています。
そんな「ごんた屋」の2018年コンパニオン画像はこちらです。

ご覧頂いたとおり、2018年もギリギリ路線を攻め続けるごんた屋のコンパニオン。

2019年も同様にギリギリか否か。注目しましょう。(1年も先ですが)

【東京オートサロン2018】今年は相当ハイレベル…!?GORDONのコンパニオン画像

最後の紹介は、AIWA、ごんた屋の両巨頭に負けじと注目度、過激度が高かった「GORDON」のコンパニオンのご紹介。

GORDONエンタープライズ株式会社(同GORDONブース)は、群馬県前橋市にあるトライクのデザイナーズブランドで、トライク・パーツの製造、開発を行う会社です。

東京オートサロン2018のGORDONブースのコンパニオン。

そのスカートに意味はあるのか?と問いたくなる程の丈ですが注目度は相当に高く、コンパニオンの登場、ポールダンス披露の際はかなりの人だかりに。

来年以降も大いに期待したいコンパニオンの方々でした。

最後に

以上、東京オートサロン2018において、注目度(露出度?)の高かった3ブースのコンパニオンの方々の画像を紹介させて頂きました。

モーターショーやオートサロン等で、コンパニオンを撮影する際は、周りへの配慮、コンパニオンの方々への配慮を怠らずに撮影するようにしましょうね。

今まで車に興味があまり無かった方でも、オートサロンのようなイベントを通じ車に興味を持っていただければ嬉しく思います。

関連する投稿


【東京オートサロン2019】これぞ華!カワイイ コンパニオン画像まとめ3

【東京オートサロン2019】これぞ華!カワイイ コンパニオン画像まとめ3

本記事ではオートサロン2019のコンパニオン画像まとめ第3弾をお送りします。


【東京オートサロン2019】これぞ華!カワイイ コンパニオン画像まとめ2

【東京オートサロン2019】これぞ華!カワイイ コンパニオン画像まとめ2

みなさんは車の展示会やイベントが好きですか?参加したことはありますか?車はもちろん好きだけど、そんな自分の好きな車の隣に美女がいるともっとテンションが上がりますよね。そんなわけで本記事ではオートサロン2019のコンパニオン画像まとめ第二弾をお送りします。


【東京オートサロン2019】これぞ華!カワイイ コンパニオン画像まとめ

【東京オートサロン2019】これぞ華!カワイイ コンパニオン画像まとめ

みなさんは車の展示会やイベントが好きですか?参加したことはありますか?車はもちろん好きだけど、そんな自分の好きな車の隣に美女がいるともっとテンションが上がりますよね。そんなわけで本記事ではオートサロン2019のコンパニオン画像をまとめています。


【東京オートサロン2019】マツダ3(アクセラ)最新情報 名称はマツダ3で統一?

【東京オートサロン2019】マツダ3(アクセラ)最新情報 名称はマツダ3で統一?

東京オートサロン2019に、新型マツダ3(アクセラ)北米仕様モデルが展示されていました。新型マツダ3は遅くとも3月までに、まず米国で販売を始める計画で、その後日本を含む世界へ展開するとしています。そんなマツダ3の気になりすぎる!?最新情報をまとめています。


【東京オートサロン2019】大量!カスタマイズされたジムニーまとめ

【東京オートサロン2019】大量!カスタマイズされたジムニーまとめ

あそこもここもむこうもジムニー。東京オートサロン2019では、様々なブースにてカスタマイズされたジムニーが展示されていましたね。本記事ではそんな熱い視線を集めたジムニーをまとめています。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。