目次へ戻る

三菱新型SUV「エクリプスクロス」購入時 迷ったら4WDを選べば後悔なし!

三菱新型SUV「エクリプスクロス」購入時 迷ったら4WDを選べば後悔なし!

予約注文が開始された三菱新型SUV「エクリプスクロス」ですが、予約受注が1月末で3000台を超えました。三菱の救世主となるモデルと言えるかもしれません。こちらの記事では、エクリプスクロスの予約注文時、2WD・4WDどちらを選択すべきかについてと、エクリプスクロスのライバル車種との違いについて掲載しています。


はじめに

三菱の新型SUV「エクリプス クロス」ですが、三菱のSUVラインナップでいうと「RVR」「アウトランダー/PHEV」の中間に位置するモデルで、トヨタ「C-HR」、ホンダ「ヴェゼル」などと競合するモデルです。

欧州やオーストラリアでは既に販売されており、日本発売では3月の発売を予定していますが、昨年12月22日から既に予約注文が開始されていまして私も注目しておりましたが1月末で予約注文が3000台を超えたそうです。
2016年に燃費不正問題が発覚してから元気の無かった三菱の救世主となるモデルになるかもしれません。

発売前なのでまだ試乗はできませんが、予約注文する際に少しでも参考になれば幸いです。

日本では東京モーターショー2017で初展示

私も東京モーターショー2017は行ってきまして三菱のブースで唯一写真を撮ったのがこのエクリプスクロスでした。

つい写真を取りたくなってしまうような流行りのクーペフォルムのSUVということでとてもスタイリッシュでカッコよかったです。
この「エクリプスクロス」ですがデザイン的には最新の流れのいいとこ取りしたようなデザインで正直なところそこまで個性的とはいえないかもしれませんが、三菱車としてかなり頑張ったデザインだと思います。

東京モーターショーの三菱ブースでは「エクリプスクロス」の展示車に一番人が集まっているように感じました。

【東京モーターショー2017】三菱 エクリプスクロス…日本仕様、いよいよ初公開 [詳細画像] | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/10/26/301604.html

『エクリプスクロス』は、三菱の新たな方向性を斬新なクーペタイプのデザインで表現した新世代SUVの第1弾。今年のジュネーブモーターショーで初公開され、欧州では受注を開始しているが、右ハンドル・日本仕様のお披露目は今回のショーが初となる。

三菱 エクリプスクロスのラインナップや価格は?

「エクリプスクロス」の販売グレードに関して、まだ装備やスペックは不明ですが、「M」、「G」、「Gplus」の3グレードでそれぞれ2WDモデル、4WDモデルのガソリン車が用意されるようです。

気になる価格ですが約260万円から310万円の間での販売となるようです。

SUVモデルと相性がいいディーゼルモデルは当面販売予定は無さそうです。

「エクリプスクロス」のCM動画

エクリプスクロスのCM、プロモーション動画ですが、かなり気合が入っておりカッコいいです。

なんちゃってSUVではなく硬派なSUVというイメージを醸し出している良動画に感じます

このCMを見たら気になってしまう方も多いのではないでしょうか

CMやプロモーションの力の入れようからも「エクリプスクロス」の三菱自動車としての期待度を感じます

エクリプスクロス 選ぶなら、価格重視で2WD?走破性で4WD?

街乗り中心で、価格が最も重要ということであれば2WDモデルでいいかもしれませんが、予算的に可能なのであれば4WDモデルを選んだ方が後悔することが無いと思います。

理由としては、電子制御4WDにAYC(アクティブ・ヨー・コントロール)制御を追加した車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」を搭載して本格的な走りが実現可能という点です。

AYCは、リアホイール左右に適切なトルクを送り込む技術で、ランエボの生産中止とともに封印されていた技術ですが、エクリプス・クロスにて復活する技術です。

三菱好きやクルマ好きの方々の心をくすぐる機能ですね。

価格的には2WDモデルと比べ10~20万円の差は出ますが、オプションをいくつか削ってでも路面コンディションに関わらず安定した走りを実現してくれる4WDを選べば後悔することはないと思います。

三菱 エクリプスクロス、4WD技術にクーペの世界観を融合…オンロード指向強く | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/12/15/303810.html

三菱がこれまで培い継承してきた4WDシステムとその技術、そこにスタイリッシュクーペの世界観を持ち込み作り上げたのが、三菱にとって国内で久々のニューモデルとなる『エクリプスクロス』だ。

三菱 エクリプスクロスのライバルは?

トヨタ C-HR

「エクリプスクロス」を選ぶ際に比較検討される車種として挙がるのはまずはトヨタの「C-HR」ではないでしょうか。

昨年発売された「C-HR」は個性派SUVモデルとして売れに売れ、2017年の年間で見てもSUVの販売台数にて1位を獲得する人気車種で、街で見かける頻度もかなり多くなった気がします。

個人的にここまでのヒットとなるとは思いませんでしたが、若者のクルマ離れが言われ久しい昨今ですが、「C-HR」のような個性的、攻めたデザインのクルマが売れるということを考えると、このクラスのSUVが、若者だけに留まらず市場全体の”クルマ離れ”を解決するきっかけになるのではないかと思うほど。

ということで「C-HR」は強力なライバル車となりますが、目新しさや街に溢れてない、悪路も問題なく走破できる本格的なSUVといった面で差別化もでき、それなりに戦えるのではないかと感じます。

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

https://matome.response.jp/articles/587

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【1月26日更新】

【トヨタ C-HR 試乗】デザインはいいけれど、使い勝手はどうなのよ?…岩貞るみこ | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/01/23/288989.html?from=dangling

デザイン重視で作られた『C-HR』。しかも、ハイブリッドシステムの重量で重心が低く、安定感のある乗り心地で(それに比べて1.2リットルターボは4WDだけど軽快な走り)、ハンドルへの反応がものすごく素直でスムーズで、17インチタイヤでもコツコツ感がなくてしなやかで…

ホンダ ヴェゼル

元祖個性SUVといえばホンダ「ヴェゼル」ですが、こちらは2018年2月中順にマイナーチェンジが予定されており、先行公開の画像を見るとエクステリアも、よりリファインされています。

とはいえ「ヴェゼル」はマイナーチェンジで、一方のエクリプスクロスは新型車。

且つ、本格的なSUVという面で戦えるのではと感じてます。

三菱 エクリプスクロス 開発陣の思い

新型エクリプスクロスの具体的なターゲットユーザーは、「個性派重視層」だそうです。

エクリプスクロスの開発では「デザインを最優先」しつつも「SUVとして持っている本質も譲れない」ということでかなり苦労されたのではないでしょうか。

議論して出た答えが、
「競合車と比べてみて一歩先の遠くまで、違ったところまで安心して行けるというクルマでなければならない」とのことで、乗ってみれば答えがわかるといったところでしょうか。

発売され、試乗車が入った際には是非一度乗ってみたいと思います。

「一歩先の遠くまで行けなければ」三菱 エクリプスクロス 開発への想い…オートモーティブワールド2018 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2017/12/15/303767.html

三菱自動車の新型SUV『エクリプスクロス』の販売が、欧州を皮切りにスタートした。エクリプスクロスは三菱自動車にとって久しぶりの新型車というだけではなく、欧米や日本を始め80か国に投入される世界戦略車としての重要な役割も担っている。

まとめ

ランエボも販売終了し、三菱で唯一元気なイメージは「アウトランダーPHEV」くらいでしたが、今回発売される待望の新型SUV「エクリプスクロス」は、三菱にとってまさに試金石となる一台と言えるでしょう。

グローバルで1月末時点で販売実績4000台超え、日本でも予約受注が1月末で3000台超えと上々の滑り出しとなっています。

ラリーで培った技術を詰め込んできた三菱待望の新型SUV「エクリプスクロス」、3月の販売・納車開始が楽しみですね。

関連する投稿


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント。発売が楽しみな一台ではないでしょうか。今回改めてスバルのアセントについて情報をまとめています。日本での発売はあるの?価格はいくら?など。素朴な疑問と、それに対する回答を載せています。【2月20日更新】


欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ジャズ X ロード』を初公開すると発表しました。気になる最新情報をいち早くお届けいたします。


スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキから1988年に発売され、「ライトクロカン」ブームの火付け役となったロングセラーSUV『エスクード』。このエスクードの改良モデルをスクープしました。エスクードはワールドプレミアが迫っており、これが最後のプロトタイプのようです。2018年ジムニー新型も発売されると噂されるスズキ。2018年スズキから目が離せません。


ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ホンダの人気SUV「ヴェゼル」が2月16日にマイナーチェンジし発売されました。 ホンダセンシング全車標準装備や、内外装もリファインされて商品価値が増しSUVの売上首位奪還も期待されます。とても魅力的なマイナーチェンジ内容でしたが、密かに期待していて搭載されなかった3つの機能・ポイントについてご紹介します。


最新の投稿


日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

飛ぶ鳥を落とす勢いの日産・ノートe-POWER。スゴイと聞くけど何がいったいスゴイわけ?そんなあなたに改めて日産ノートe-POWERの仕組みをお伝えします。本記事を読めば、ノートe-POWERが欲しくなってしまうこと間違いなしです!基本情報・スペック・燃費・e-POWERの仕組み・試乗評価・価格・中古価格・走行性能他。


ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

あなたの愛車、ブレーキパッド交換はしていますか?ブレーキを踏むたびに摩耗するブレーキパッドは定期的に交換が必要です。交換費用・交換にかかる時間・交換すべき目安をご紹介します。


【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

2016年6月1日から、道路交通法が改正され自転車に対する取締りが厳しくなりました。3年以内に違反切符による取締りまたは交通事故を2回以上犯した場合は、「自転車運転者講習」を受けなければいけません。本記事では自転車運転者講習を受けなければいけない14種類の違反をご紹介します。


レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサスの最小クロスオーバー、UXがついに3月に行われるジュネーブモーターショー2018にてワールドプレミア。世界初公開されます。気になるUXの最新情報について見ていきましょう。


交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通事故や交通違反を起こしてしまった際の「罰金」と「反則金」。その2つの違いは何なのか、通称「赤キップ」と「青キップ」の違いについてや、反則金の支払い義務や、支払いをしなかった場合、拒否した場合はどうなるのか?等、事故、違反時の行政罰、刑事罰に関連する情報をわかりやすく説明しています。