トップへ戻る

レクサスの最高級セダン LS(エルエス)スペック 燃費 試乗評価 性能 新車価格 中古価格

レクサスの最高級セダン LS(エルエス)スペック 燃費 試乗評価 性能 新車価格 中古価格

レクサスLSは、トヨタが展開する高級車ブランド「レクサス」のセダンです。2018年現在で販売されているのは5代目モデルになります。本記事では、レクサスの最高級セダン・LSのスペック 燃費 試乗評価 性能 新車価格 中古価格についてひも解きます。LSの購入を迷っている人はぜひ、本記事を読んでみてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レクサスの最高級セダン レクサスLS(エルエス)基本情報

レクサスLSは、トヨタが展開する高級車ブランド「レクサス」のセダンです。

2018年現在、販売されているのは5代目モデルです。

本記事では、レクサスの最高級セダン・LSのスペック 燃費 試乗評価 性能 新車価格 中古価格について改めて見ていきます。

LSが気になっているという方はぜひ、参考にしてみてくださいね。

レクサスLS(エルエス)とは

レクサスLSは、レクサスから販売されているレクサスのフラッグシップセダンです。

初代は1989年に登場し、現行モデルは5代目になります。

現行LSは、2017年のデトロイトモーターショー2017にて初公開されました。

日本では、ガソリン車のLS500と、ハイブリッド車のLS500hの2モデルが用意されていて、それぞれ、標準仕様、「I Package」、「F SPORT」、「version L」、「EXECUTIVE」の5種類の仕様から選ぶことが可能になっています。

名前の由来は「Luxury Sedan」の頭文字の略称からきています。

レクサス LS(エルエス) 基本スペック(ボディサイズ・燃費・エンジン)

 
【レクサス LS500h AWD】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,235×1,900×1,460(ホイールベース:3,125mm)
最大乗車定員5名
車両重量2,280~2,390kg
燃費JC08モード:15.6~14.4km/L
エンジン種類V型6気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)220kW(299PS) /6,600rpm
最大トルク(N・m/rpm)356N·m (36.3kgf·m) /5,100rpm
タンク容量 82L
駆動方式AWD
トランスミッションマルチステージハイブリッドトランスミッション (電気式無段変速機)

レクサス LS(エルエス) 試乗評価・感想・レビュー

試乗記【レクサスLS ターボ】

今回、やっとその機会が訪れ、公道での試乗となったわけだ。ターボエンジンの型式は「V35A-FTS」と呼ばれるタイプで、このLSが初採用となる。最高出力は422馬力、最大トルクは600Nmと強大。ミッションは10速のATが組み合わされる。長きにわたりV8自然吸気エンジンを搭載してきたLSとV6ターボとのマッチングはどうか? 試乗のポイントはこの1点に絞れるとも言える。

答えは「よし」だ。V6ターボになったことによって、LSのよさは失われていない。いや従来のLSのよさに加えて、さらなる魅力を増したとも言える。LSに求められるラグジュアリー性はもちろん、新たにLSにプラスしようとしているパーソナル性、つまりドライバーズカーとしての魅力を増大するのに大いに役立っている。

トルクの立ち上がりは低速から力強い。最大トルクは1600回転で発生4800回転までフラットに維持される。そこに10速のATが組み合わされる。アクセルをゆっくり踏んでいくと、まるでCVTのように間断なくスムーズに加速を続ける。100km/h時のエンジン回転数はわずか1600回転だ。「まるでモーターのようなフィーリング」かつては褒め言葉にならなかったこの言葉だが、現代のプレミアムエンジンにとっては最高の褒め言葉となるだろう。

試乗記【レクサス LS500h】

都内の一般道ではさすがに大きさを感じる。朝の通勤ラッシュ時ではとくにそうなる。このクラスになると、すいている車線を探すような頑張りはしなくなるもの、どっしり構えて前を目指すしかないし、ちょこまか動くのは似合わない。芝公園の首都高速料金所は、ちょっとドキドキものだったが、首都高に入ってしまえばそれほど大きさを感じることはなかった。

ハイブリッド4WDでワインディングを走ったが、これがけっこう気持ちいい。いや、けっこうレベルを超えてスポーティですらある。とくに伊豆スカイラインのような道幅がある程度確保され、通行量も少ないワインディングではその魅力はさらに増す。

後席メインのショーファードリブンという使い方はもちろん、ドライバーズカーとしての要素も十分に備えているのが新型LSであるといって間違いない。

試乗記【レクサス LS500h FSPORT】

「F SPORT」は、大人のスポーツセダンを目指し、走行性能を高めるとともに、内外装に専用装備を充実させた。

F SPORT専用のスピンドルグリルは、新たな意匠によりスポーツイメージを追求、グリルモールは漆黒メッキを施しアグレッシブな印象を与えている。

走行性能面では、レクサスダイナミックハンドリングシステムに、アクティブスタビライザーを協調制御させることで、様々な路面に対してボディを安定させ、タイヤの接地を向上。駆動力を効率よく路面に伝えることができる。

レクサス LS(エルエス) 新車価格

レクサスLSの新車価格はガソリン車なのか、ハイブリッド車なのか、また、モデルにより異なります。

価格帯は下記の通りです。

■LS500
980万円~1540万円

■LS500h(ハイブリッド車)
1120万円~1640万円

レクサス LS(エルエス) 中古車価格

LSが欲しい、でも1000万円~も出せない。

そんな方には中古車がオススメです。LSの相場はいったいどれくらいの価格なのでしょうか。調べてみました。

現行モデル(2017年~)は、中古でも値段が張り、1200万円~というものがほとんどでした。

一方で、型落ちしたLSの価格帯を調べてみたところ、状態やモデルにもよりますが、960万円~1600万円ほどになります。

型落ちした4代目モデルであれば、新車価格で購入するよりもお得に購入できるものもありますので、気になる方はぜひ一度検討してみることをオススメします。

最後に

本記事では、レクサスのフラッグシップセダン、LSの基本情報についてお届けいたしました。LSは、レクサスのフラッグシップセダンというだけあって、外装・内装はもちろん、性能にも妥協をしない一台です。

レクサスの最近のニュースとしては、ES新型が日本導入されるという発表や、UXの発売、そしてLQの発売も示唆されていますね。

LS以外にも、レクサスブランドの新型車情報が気になるという方は下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


トヨタの北米戦略車「アバロン」ってどんな車?日本でも購入は可能?

トヨタの北米戦略車「アバロン」ってどんな車?日本でも購入は可能?

トヨタが北米を中心に販売している高級セダン「アバロン」。2021年モデルがアナウンスされました。今回はこのアバロンについてどんな車なのかをご紹介していきます。


【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

コンパクトなセダンが欲しい、そうお思いのあなた!マツダ3がおすすめです!ライバルのカローラとも比較して見ていきましょう。


マツダ6|マツダのフラッグシップに相応しい品格が魅力!中古車情報も

マツダ6|マツダのフラッグシップに相応しい品格が魅力!中古車情報も

マツダのフラッグシップシリーズとしてセダンやワゴンなどを展開しているマツダ6。今回はマツダ6の特徴や魅力などについてご紹介します。またセダンモデル、ワゴンモデルそれぞれの特徴や、旧モデルにあたるアテンザに関しても併せて紹介します。価格や中古車市場価格などについても触れるのでぜひ参考にしてみてください。


ホンダ グレイス|セダンの魅力を高めたコンパクトモデル!中古車情報も

ホンダ グレイス|セダンの魅力を高めたコンパクトモデル!中古車情報も

低燃費でコンパクトカーのよさとセダンのよさを両立させたのがコンパクトセダンのグレイス。すでに販売は終了していますが、洗練された魅力が詰まったモデルとなっていました。扱いやすいセダンを探している方にぴったりだったのがグレイスです。この記事では、グレイスの特徴や中古車情報などを詳しくご紹介します。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。