目次へ戻る

技術の日産!自動ブレーキ「エマージェンシーブレーキ」

技術の日産!自動ブレーキ「エマージェンシーブレーキ」

日産は、2015年までに同社の製造する車両に関わる国内の死亡・重傷者数を1995年から半減させ、最終的には実質ゼロを目指す「Vision ZERO」という目標を掲げています。 その実現に向けて普及に努めているのが自動ブレーキシステム「エマージェンシーブレーキ」です。


日産車の関わる死亡者ゼロを目指す「Vision ZERO」

日産では、2015年までに同社の製造する車両に関わる国内の死亡・重傷者数を1995年から半減させ、最終的には実質ゼロを目指す「Vision ZERO」という目標を掲げ、「セーフティ・シールド」とよぶコンセプトの元で安全技術の開発と採用に取り組んできています。

事故を未然に防ぐ「予防安全」技術について、日産では「アラウンドビューモニター」や「車線逸脱警報(LDW)」「車線逸脱防止支援システム(LDP)」など世界で初めて商品化した技術は多数あります。

技術企画部 佐藤学 部長は「ぶつからないクルマをいかにして実現するか、360度全方位にさまざまな危険を遠ざける技術を開発し、他社に先駆けて採用してきた」と語っています。

現在、日産が特に力を入れているのが危険を事前に察知して衝突を回避/被害を軽減する「エマージェンシーブレーキ」の採用拡大で、すでに日本で発売しているほぼ全カテゴリーの車種にエマージェンシーブレーキが搭載されています。

エマージェンシーブレーキの仕組みと特徴

「エマージェンシーブレーキ」は、バックミラー上部に取り付けてあるカメラで撮影した映像を処理することによって、前方の障害物を検知する仕組みです。

エマージェンシーブレーキは他社の自動ブレーキシステムに比べて非常にシンプルなデバイス構成となっているため、低コストで導入でき普及の拡大に繋がっています。

例えばエクストレイルでは「踏み間違い衝突防止アシスト」「車線逸脱警報(LDW)」「進入禁止標識検知」などを含んだ「エマージェンシーブレーキパッケージ」を税込み約7万9920円とリーズナブルな価格設定で追加することができます。

エマージェンシーブレーキはどのように動作するのか

エマージェンシーブレーキは衝突の恐れがあるとシステムが判断した場合は、まずディスプレイ表示とブザーによるアラートを表示します。

それでも回避操作がない場合には、自動で緊急ブレーキをかけて衝突を回避、または衝突時の被害を最小限に留めるという動作を行います。

エマージェンシーブレーキの仕組み

エマージェンシーブレーキは単眼カメラのみによるシンプルなシステムで安全機能を組みこんでいます。

ステレオカメラを用いるスバルの「アイサイト(EyeSight)」や、カメラとミリ波レーダーを併用するトヨタの「セーフティセンス(C)」など他社の自動ブレーキシステムに比べるとシンプルな構成となっています。

これは、映像処理性能の向上により、単眼カメラのみでも前方障害物の検知と距離測定が可能になったため実現しました。

エマージェンシーブレーキの性能

エマージェンシーブレーキでは、単眼カメラのみでも前方障害物の検知と距離測定が可能になっており、60-70m先の物体を認識できます。大人だけでなく小学生程度の子どもで認識し、アラートを出します。

エマージェンシーブレーキは、およそ10-80km/hの範囲で作動しますが、約30km/h以下での走行であれば衝突を回避することが可能です。

一方で、約60km/h以上で走行している場合は、停止車両や歩行者に作動はしない仕組みになっています。

さらなる安全に向けて

Vision ZEROの次なる目標としては、日産車が関わる死亡・重傷者数を2020年までに現状(2015年)のさらに半減、つまり1995年比4分の1にまで減らすことを目標としています。

エマージェンシーブレーキの標準化だけではなく前走車との急速な接近に対してアクセルペダルを押し戻す「ディスタンスコントロールアシスト」や、感知対象物の捕捉特性に優れるミリ波レーダーを利用して2台先の車両挙動を察知する「前方衝突予測警報(PFCW)」などの新技術を積極的に採用して、この目標達成に向けて取り組んでいくそうです。

エマージェンシーブレーキ搭載車種

セレナ

ノート

ジューク

フーガ

スカイライン

ティアナ

リーフ

関連する投稿


日産のフーガが仕様向上!?発売は11月28日から

日産のフーガが仕様向上!?発売は11月28日から

日産は、高級4ドアセダンのフーガを仕様向上して11月28日より販売開始すると発表しました。どんな点が変更になったのか、改めてフーガについて見ていきたいと思います。


【9月度新車販売ランキング】N-BOX圧勝の裏で何が起きているのか

【9月度新車販売ランキング】N-BOX圧勝の裏で何が起きているのか

N-BOXの大ヒットが伝えられる2017年9月度の自販連と軽自協が発表した販売速報から、N-BOX以外の車種の浮き沈みを、前年比にスポットをあててみました。N-BOX圧勝の裏で何が起きているのか、年末商戦を迎える新車販売を読み解きます。


航続距離400km!日産 新型リーフ 最新情報まとめ!価格・スペックは?

航続距離400km!日産 新型リーフ 最新情報まとめ!価格・スペックは?

【10/3更新】2017年9月6日に初公開された日産の電気自動車(EV)新型リーフ。その中身はどのようなスペック、内外装なのでしょうか?そして気になる価格は?フルモデルチェンジとなる今回の新型リーフの最新情報をまとめて掲載しています。


日産の直4ターボエンジン「VC-T」とは?詳しく解説!

日産の直4ターボエンジン「VC-T」とは?詳しく解説!

2016年9月に開催されたパリモーターショーで世界初公開された日産(インフィニティ)の直列4気筒ターボエンジン「VC-T」。こちらの記事ではVC-Tエンジンがどのような仕組みか、どういった特徴なのか?詳しく解説しています。


【コンパクトSUV徹底比較】ヴェゼルとジューク!どっちが好み?

【コンパクトSUV徹底比較】ヴェゼルとジューク!どっちが好み?

国内で大人気のコンパクトSUVは今、各メーカーが様々なタイプのコンパクトSUVの開発に力を入れています。特にトヨタや日産、ホンダなどが販売したコンパクトSUVは特に人気が高く売れ行きも好調です。今回はその中からホンダ ヴェゼルと日産ジュークを徹底的に比較していきたいと思います。


最新の投稿


【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

【アンケート】観覧車。1人で乗るのはアリ?ナシ?

読者の皆様が「遊園地 × 車」から連想される乗り物は何ですか?ゴーカート?それともジェットコースターでしょうか?こちらの記事はニュースカフェで過去に行われた、観覧車に1人で乗るのはアリかナシか?というアンケート結果と、1人観覧車にオススメの情報を掲載しています。


ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダ シビック最新情報!受注は1万2000台!納車は年明け??試乗評価他

ホンダの最強カー、シビック。新型シビックが2017年の9月に発売して話題になりましたね。シビックの売れ行きが好調すぎて、納車は2018年の夏ごろになるなど大人気のシビック。今回は今わかっている新型シビックにまつわる最新トピックスをまとめてお届けいたします。


子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

子育て世代におすすめ!スライドドア搭載のコンパクトカー6種

スライドドアはミニバンだけ…。なんて思っている人いませんか?今では軽自動車~コンパクトカーに至るまで、スライドドアが搭載されている車種は幅広いです。値段も大抵は200万以下、スライドドアでユーティリティが高くて…。今回はそんなオススメのコンパクトカーのスペック&価格を一挙ご紹介いたします。


レクサスLS新型発売! LS500 LS500h 最新情報完全網羅

レクサスLS新型発売! LS500 LS500h 最新情報完全網羅

新型レクサスLSが10月19日より発売されました。まさにレクサスの中のレクサスともいえるレクサスLSがフルモデルチェンジして登場です。最高級フラッグシップセダンであるレクサスLS新型の、基本情報・スペック・価格・ハイブリッド・燃費ほかレクサスLS新型の気になる情報について見ていきます。【11月20日更新】


日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カーオブザイヤーの大本命!?新型N-BOXの試乗評価・価格・性能

日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018にもノミネート・10ベストカーにも選出されているホンダの新型N-BOX(エヌボックス)…。各所で賞を受賞しているその理由とは…。今回は改めてN-BOXの魅力に迫ります。フルモデルチェンジしたN-BOXの性能・試乗評価・燃費・評判・評価など。気になる情報満載です。