目次へ戻る

【全力待機】スバルが新型ホットハッチを計画中!スバルのホットハッチまとめ

【全力待機】スバルが新型ホットハッチを計画中!スバルのホットハッチまとめ

スバルが、欧州Bセグメントの新型ハッチバックを開発しているという情報を、カーナリズムの兄弟サイトSpyder7が入手しました。また2020年WRC(世界ラリー選手権)復帰へ向けた調整に入っている可能性があるとのことです。本記事では改めてスバルのホットハッチを振り返ります。


スバルが新型ホットハッチを計画中!

スバル インプレッサ WRC (2007年)

スバルが、欧州Bセグメントの新型ハッチバックを開発しているという情報を、スクープサイトSpyder7が入手しました。

また2020年WRC(世界ラリー選手権)復帰へ向けた調整に入っている可能性があるとも報じています。

メーカー関係者によれば、同ブランドはWRC撤退以降、欧州のプレゼンス低下に悩んでいるそう。

そこでWRC復帰を果たしたトヨタ『ヤリス』を標的に、自身もWRC復帰を狙っているようです。

スバルは、WRCにおいて1990年代に、トヨタ、三菱と並んで上位を争っていた。しかし1999年にトヨタが撤退して以降、2005年には三菱が、2008年にはスバルが撤退をし、2009年から2016年までは国産車の参戦はなかった。

しかし2017年にトヨタが復帰し、優勝するなど盛り上がりを見せている。2019年は全14戦が行われるが、開催を申請していた日本は残念ながら見送りとなっている。しかし、WRC日本ラウンド招致委員会は、オリンピックイヤーでもある2020年日本開催へ向けて活動しており、実現の可能性は十分ある。スバルはそこに照準を合わせ、新型を投入する可能性が高い。

スバルのホットハッチ新型の予想CGはこれだ

スバルが新型ハッチバックをWRCに投入する!?(予想CG)

Spyder7スクープ班では、新型ハッチバックの予想CGを制作しました。

『VIZIVパフォーマンス』からインスパイアされたヘッドライトに、ロー&ワイドボディシルエットで迫力あるデザインを採用。

サイドなど細部はスバル最新のデザインを盛り込んでいます。

パワートレインは、新型『レヴォーグ』に搭載予定の1.8リットル水平対向4気筒直噴ターボエンジンをハイチューンすると見られます。

発売は2019年内か?

開発が順調に進めば、新型ハッチバック誕生は2019年内となると言われています。

【改めて知りたい】スバルのホットハッチ

そもそもホットハッチってなあに?

ホットハッチ(Hot Hatch )とは乗用車の区分の一種です。

ヨーロッパ(特にフランス・イタリア)では比較的人気があり、北米ではスポーツコンパクトと呼ばれています。

しかしながら、厳密な定義はなく、簡単に言えば「実用性の高い2ボックス車に、スポーツカーに近い走行性能を備えたハッチバック」というものを指すようです。

スバル ヴィヴィオRX-R(1990年代)

ヴィヴィオは、1992年~1998年にかけて富士重工業(現:スバル)が生産・販売していたハッチバックタイプの軽自動車です。

その中で、RX-RはDOHCエンジンを搭載、MTのみをラインアップしたホットモデルでした。ヴィヴィオの「RX-R」は「超高密度スポーツ集積マシーン」のキャッチコピーが与えられていました。

スバル インプレッサWRX STI(2000年代)

2007年の10月に発売されたのが、このインプレッサ WRXSTIです。

エクステリアは、大きく張り出しエッジを効かせた前後フェンダーが採用され、独自の存在感を放っていました。

また、WRX STIとして初めて標準インプレッサシリーズとは別の専用ボディとなり、車両型式も専用となっています。

2010年の年次改良にともない、表示車名が「スバル インプレッサ WRX STI」から「スバル WRX STI」に省略変更されました。

そのため、以降は「WRX STI」はインプレッサシリーズから独立したシリーズになっています。

【参考】スバル WRXSTI

最後に

スバルの新型ホットハッチ計画についてご紹介いたしました。

ホットハッチは、日本ではあまり人気がない、とか下火、なんて言われることもありますが、とはいえスイフトスポーツや、ホンダのシビックタイプRなど、ホットハッチは各メーカーから発売されていますし、選択肢も思うより幅広いです。

スバルの新型ホットハッチにも期待ですね!

関連するキーワード


スバル 車種情報

関連する投稿


スバル レヴォーグ 改良新型を発売!価格は約286万円から

スバル レヴォーグ 改良新型を発売!価格は約286万円から

SUBARU(スバル)は、『レヴォーグ』改良モデルを5月7日に発表、6月27日より発売するとしています。


スバルのWRX S4/STI 改良新型を発売!よりスポーティーに進化

スバルのWRX S4/STI 改良新型を発売!よりスポーティーに進化

スバルは、WRX S4/STI 改良新型を発売すると発表しました。 発売日は6月27日です。


スバル エクシーガ|中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

スバル エクシーガ|中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

スバルの「エクシーガ」の中古価格や性能、評判などをまとめてみました。 これから「エクシーガ」の購入を検討されている方は、是非参考にしてください。


【インプレッサ/WRX】DCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)|機構や特徴を解説

【インプレッサ/WRX】DCCD(ドライバーズコントロールセンターデフ)|機構や特徴を解説

スバル インプレッサ WRX STIに搭載されるDCCDの役割や使い方から機構や各世代の違い、故障トラブルなどについてまとめました。 また今回の記事を読んで興味を持った方はチャレンジできるように後付け方法も記載していきます。


スバルのヴィヴィオの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで総まとめ!

スバルのヴィヴィオの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで総まとめ!

スバルの軽自動車で有名な「ヴィヴィオ」の歴史や中古価格、燃費や評価などをまとめていきます。セカンドカーにもう1台とお考えの方はぜひ参考にしてください。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。