目次へ戻る

【全力待機】スバルが新型ホットハッチを計画中!スバルのホットハッチまとめ

【全力待機】スバルが新型ホットハッチを計画中!スバルのホットハッチまとめ

スバルが、欧州Bセグメントの新型ハッチバックを開発しているという情報を、カーナリズムの兄弟サイトSpyder7が入手しました。また2020年WRC(世界ラリー選手権)復帰へ向けた調整に入っている可能性があるとのことです。本記事では改めてスバルのホットハッチを振り返ります。


スバルが新型ホットハッチを計画中!

スバル インプレッサ WRC (2007年)

スバルが、欧州Bセグメントの新型ハッチバックを開発しているという情報を、スクープサイトSpyder7が入手しました。

また2020年WRC(世界ラリー選手権)復帰へ向けた調整に入っている可能性があるとも報じています。

メーカー関係者によれば、同ブランドはWRC撤退以降、欧州のプレゼンス低下に悩んでいるそう。

そこでWRC復帰を果たしたトヨタ『ヤリス』を標的に、自身もWRC復帰を狙っているようです。

スバルは、WRCにおいて1990年代に、トヨタ、三菱と並んで上位を争っていた。しかし1999年にトヨタが撤退して以降、2005年には三菱が、2008年にはスバルが撤退をし、2009年から2016年までは国産車の参戦はなかった。

しかし2017年にトヨタが復帰し、優勝するなど盛り上がりを見せている。2019年は全14戦が行われるが、開催を申請していた日本は残念ながら見送りとなっている。しかし、WRC日本ラウンド招致委員会は、オリンピックイヤーでもある2020年日本開催へ向けて活動しており、実現の可能性は十分ある。スバルはそこに照準を合わせ、新型を投入する可能性が高い。

スバルのホットハッチ新型の予想CGはこれだ

スバルが新型ハッチバックをWRCに投入する!?(予想CG)

Spyder7スクープ班では、新型ハッチバックの予想CGを制作しました。

『VIZIVパフォーマンス』からインスパイアされたヘッドライトに、ロー&ワイドボディシルエットで迫力あるデザインを採用。

サイドなど細部はスバル最新のデザインを盛り込んでいます。

パワートレインは、新型『レヴォーグ』に搭載予定の1.8リットル水平対向4気筒直噴ターボエンジンをハイチューンすると見られます。

発売は2019年内か?

開発が順調に進めば、新型ハッチバック誕生は2019年内となると言われています。

【改めて知りたい】スバルのホットハッチ

そもそもホットハッチってなあに?

ホットハッチ(Hot Hatch )とは乗用車の区分の一種です。

ヨーロッパ(特にフランス・イタリア)では比較的人気があり、北米ではスポーツコンパクトと呼ばれています。

しかしながら、厳密な定義はなく、簡単に言えば「実用性の高い2ボックス車に、スポーツカーに近い走行性能を備えたハッチバック」というものを指すようです。

スバル ヴィヴィオRX-R(1990年代)

ヴィヴィオは、1992年~1998年にかけて富士重工業(現:スバル)が生産・販売していたハッチバックタイプの軽自動車です。

その中で、RX-RはDOHCエンジンを搭載、MTのみをラインアップしたホットモデルでした。ヴィヴィオの「RX-R」は「超高密度スポーツ集積マシーン」のキャッチコピーが与えられていました。

スバル インプレッサWRX STI(2000年代)

2007年の10月に発売されたのが、このインプレッサ WRXSTIです。

エクステリアは、大きく張り出しエッジを効かせた前後フェンダーが採用され、独自の存在感を放っていました。

また、WRX STIとして初めて標準インプレッサシリーズとは別の専用ボディとなり、車両型式も専用となっています。

2010年の年次改良にともない、表示車名が「スバル インプレッサ WRX STI」から「スバル WRX STI」に省略変更されました。

そのため、以降は「WRX STI」はインプレッサシリーズから独立したシリーズになっています。

【参考】スバル WRXSTI

最後に

スバルの新型ホットハッチ計画についてご紹介いたしました。

ホットハッチは、日本ではあまり人気がない、とか下火、なんて言われることもありますが、とはいえスイフトスポーツや、ホンダのシビックタイプRなど、ホットハッチは各メーカーから発売されていますし、選択肢も思うより幅広いです。

スバルの新型ホットハッチにも期待ですね!

関連するキーワード


スバル 車種情報

関連する投稿


【今こそ乗りたい】日本の現行クーペをメーカー別にまとめてみた

【今こそ乗りたい】日本の現行クーペをメーカー別にまとめてみた

クーペ。それは心をときめかせる車。スタイリッシュで、走りそうで、とってもカッコイイ!とはいえ、大人数を乗せるにはミニバンが便利だし、イマドキのトレンドはSUV、金銭的に軽ワゴンかなあ…。待って!!それはもったいない。今こそいろんな人に日本のクーペを知っていただきたい!本記事はそんな気持ちを込めて国産クーペをご紹介!


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【11月15日更新】


【2018年版】スバルが発売している現行SUV一覧 XVにフォレスター

【2018年版】スバルが発売している現行SUV一覧 XVにフォレスター

日本には数多くのSUV車がありますね。どんなSUV車があるのかわからない!そんな方のために、本記事ではスバルのSUV車についてまとめています!貴方の気になる一台はありますか。


日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車27台が発表!栄冠はどのクルマに!?

日本カー・オブ・ザ・イヤーのノミネート車27台が発表!栄冠はどのクルマに!?

今年一番のクルマを決める「第39回2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート車が31日に発表されました。国産、輸入車16ブランド、合計27台がラインアップされました。また、本命視していたスズキ『ジムニー』が辞退して混戦模様になりそうです。詳しく見ていきましょう!


スバルレヴォーグ次期型最新情報 初のフルモデルチェンジで2019年登場か

スバルレヴォーグ次期型最新情報 初のフルモデルチェンジで2019年登場か

スバルのステーションワゴン、『レヴォーグ』。発売から4年が経過し、いよいよ初となるフルモデルチェンジが迫ってきています。本記事ではそんなレヴォーグ次期型に関する最新情報をまとめています。


最新の投稿


今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

バイク用語では見聞きすることのあるキャブレターという言葉も、20代の方にとってはなかなか親しみづらい言葉なのではないでしょうか。今回は、実は今もなお熱烈な支持者に愛され続けているキャブレターの仕組みから、調整やセッティング、オーバーホールの方法を解説していきます。これを読めばキャブレターの知識に関しては完璧です。


LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

愛車のヘッドライト、もっと明るいヘッドライトに変えたいと思ったことはありませんか?こちらの記事では、LEDヘッドライトとハロゲンライト、HID等との違いから、明るさの基準と選び方、車検への影響の有無と、人気・おすすめのLEDヘッドライトの紹介、ヘッドライトの交換方法、取付け方についてを説明しています。


ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダは、「ステップワゴンやN-BOX+」など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。 対象車種は「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」「N-BOX+」「N-BOX+カスタム」の4モデル59万3815台になります 詳しく見ていきましょう。


【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4の最新情報をまとめてご紹介します。


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【11月21日更新】