目次へ戻る

【全力待機】スバルが新型ホットハッチを計画中!スバルのホットハッチまとめ

【全力待機】スバルが新型ホットハッチを計画中!スバルのホットハッチまとめ

スバルが、欧州Bセグメントの新型ハッチバックを開発しているという情報を、カーナリズムの兄弟サイトSpyder7が入手しました。また2020年WRC(世界ラリー選手権)復帰へ向けた調整に入っている可能性があるとのことです。本記事では改めてスバルのホットハッチを振り返ります。


スバルが新型ホットハッチを計画中!

スバル インプレッサ WRC (2007年)

スバルが、欧州Bセグメントの新型ハッチバックを開発しているという情報を、スクープサイトSpyder7が入手しました。

また2020年WRC(世界ラリー選手権)復帰へ向けた調整に入っている可能性があるとも報じています。

メーカー関係者によれば、同ブランドはWRC撤退以降、欧州のプレゼンス低下に悩んでいるそう。

そこでWRC復帰を果たしたトヨタ『ヤリス』を標的に、自身もWRC復帰を狙っているようです。

スバルは、WRCにおいて1990年代に、トヨタ、三菱と並んで上位を争っていた。しかし1999年にトヨタが撤退して以降、2005年には三菱が、2008年にはスバルが撤退をし、2009年から2016年までは国産車の参戦はなかった。

しかし2017年にトヨタが復帰し、優勝するなど盛り上がりを見せている。2019年は全14戦が行われるが、開催を申請していた日本は残念ながら見送りとなっている。しかし、WRC日本ラウンド招致委員会は、オリンピックイヤーでもある2020年日本開催へ向けて活動しており、実現の可能性は十分ある。スバルはそこに照準を合わせ、新型を投入する可能性が高い。

スバルのホットハッチ新型の予想CGはこれだ

スバルが新型ハッチバックをWRCに投入する!?(予想CG)

Spyder7スクープ班では、新型ハッチバックの予想CGを制作しました。

『VIZIVパフォーマンス』からインスパイアされたヘッドライトに、ロー&ワイドボディシルエットで迫力あるデザインを採用。

サイドなど細部はスバル最新のデザインを盛り込んでいます。

パワートレインは、新型『レヴォーグ』に搭載予定の1.8リットル水平対向4気筒直噴ターボエンジンをハイチューンすると見られます。

発売は2019年内か?

開発が順調に進めば、新型ハッチバック誕生は2019年内となると言われています。

【改めて知りたい】スバルのホットハッチ

そもそもホットハッチってなあに?

ホットハッチ(Hot Hatch )とは乗用車の区分の一種です。

ヨーロッパ(特にフランス・イタリア)では比較的人気があり、北米ではスポーツコンパクトと呼ばれています。

しかしながら、厳密な定義はなく、簡単に言えば「実用性の高い2ボックス車に、スポーツカーに近い走行性能を備えたハッチバック」というものを指すようです。

スバル ヴィヴィオRX-R(1990年代)

ヴィヴィオは、1992年~1998年にかけて富士重工業(現:スバル)が生産・販売していたハッチバックタイプの軽自動車です。

その中で、RX-RはDOHCエンジンを搭載、MTのみをラインアップしたホットモデルでした。ヴィヴィオの「RX-R」は「超高密度スポーツ集積マシーン」のキャッチコピーが与えられていました。

スバル インプレッサWRX STI(2000年代)

2007年の10月に発売されたのが、このインプレッサ WRXSTIです。

エクステリアは、大きく張り出しエッジを効かせた前後フェンダーが採用され、独自の存在感を放っていました。

また、WRX STIとして初めて標準インプレッサシリーズとは別の専用ボディとなり、車両型式も専用となっています。

2010年の年次改良にともない、表示車名が「スバル インプレッサ WRX STI」から「スバル WRX STI」に省略変更されました。

そのため、以降は「WRX STI」はインプレッサシリーズから独立したシリーズになっています。

【参考】スバル WRXSTI

最後に

スバルの新型ホットハッチ計画についてご紹介いたしました。

ホットハッチは、日本ではあまり人気がない、とか下火、なんて言われることもありますが、とはいえスイフトスポーツや、ホンダのシビックタイプRなど、ホットハッチは各メーカーから発売されていますし、選択肢も思うより幅広いです。

スバルの新型ホットハッチにも期待ですね!

関連するキーワード


スバル 車種情報

関連する投稿


スバルのクロスオーバーSUV レガシィアウトバック!中古価格・燃費・サイズ

スバルのクロスオーバーSUV レガシィアウトバック!中古価格・燃費・サイズ

レガシィアウトバックは、スバルが発売しているレガシィの派生モデルです。レガシィツーリングワゴンをベースにした、ステーションワゴンとSUVの中間の自動車(クロスオーバーSUV)になっています。本記事では、レガシィアウトバックの価格・中古価格・燃費・ボディサイズ・評判についてもまとめています。


【ジュネーブモーターショー2019】初公開!スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト

【ジュネーブモーターショー2019】初公開!スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト

SUBARU(スバル)は、5日からスイス・ジュネーブで始まったジュネーブモーターショー2019で、コンセプトカー『SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT』(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)を世界初公開しました。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【2月20日更新】


【ジュネーブモーターショー2019】スバル 新型2ドアクーペ アドレナリンコンセプト!

【ジュネーブモーターショー2019】スバル 新型2ドアクーペ アドレナリンコンセプト!

スバルは、3月5日から開催されるジュネーブモーターショー2019で、コンセプトカー、スバル『VIZIV ADRENALINE CONCEPT(ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)』を世界初公開すると発表しています。


スバルの新型レガシィ(日本名:レガシィB4) 最新情報まとめ

スバルの新型レガシィ(日本名:レガシィB4) 最新情報まとめ

SUBARU(スバル)の米国部門は2月7日、米国で開幕したシカゴモーターショー2019において、新型『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』に相当)を初公開しました。新型レガシィはいったいどのような車になっているのでしょうか。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

ルノーはジュネーブモーターショー2019において、新型『クリオ』(Renault Clio。日本名:『ルーテシア』に相当)にスポーティーな「R.S.(ルノースポール)ライン」を設定すると発表しています。


【どれも欲しい】 アオシマ カプセルトイ、新型ジムニー&ハスラー 発売

【どれも欲しい】 アオシマ カプセルトイ、新型ジムニー&ハスラー 発売

青島文化教材社は、カプセルトイシリーズの新製品として、「1/64 新型ジムニー JB64」を4月に、「1/64 ハスラー」を5月より発売します。精巧につくられたこのトイはまさにジムニー!まさしくハスラー!一度は買いたくなってしまう?そんなジムニー&ハスラーの画像をまとめました。


レンジローバーイヴォーク|燃費から新型情報、中古価格などを徹底解説

レンジローバーイヴォーク|燃費から新型情報、中古価格などを徹底解説

四輪駆動車ブランド・ランドローバーのエントリーモデルにはイヴォークがお勧めです。2012年より初代モデルが販売され、まもなくフルモデルチェンジが行われるこのタイミングで、新旧の魅力について迫りたいと思います。


トヨタ イスト|燃費や中古価格、評価・口コミを一覧で掲載

トヨタ イスト|燃費や中古価格、評価・口コミを一覧で掲載

トヨタの「イスト」について歴代モデルの性能や燃費、中古価格などをまとめてみました。これから「イスト」に乗り換えようかとお考えの方には、参考になると思うので是非ご覧ください。


フォルクスワーゲン シロッコ|中古車価格から燃費・スペック・評価一覧

フォルクスワーゲン シロッコ|中古車価格から燃費・スペック・評価一覧

フォルクスワーゲンのクーペ型車「シロッコ」の中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。「シロッコ」をお探しの方は是非参考にしてみてください。