目次へ戻る

ルノーのコンパクト!ルーテシア(クリオ)の詳細情報

ルノーのコンパクト!ルーテシア(クリオ)の詳細情報

クリオ(Clio)は、フランスの自動車製造会社ルノー(Renault)の生産する小型乗用車です。1990年に発売され、日本でもルーテシアの名称で発売されています。現行モデルは4代目で2012年に発売されました。2017年にはマイナーチェンジが行われています。そんなルーテシア(クリオ)について本記事ではまとめています。いったいどのような車なのでしょうか。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ルノーのコンパクト!ルーテシア(クリオ)の詳細情報

ルノーのルーテシアとは

クリオ(Clio)は、フランスの自動車製造会社ルノー(Renault)の生産する小型乗用車です。1990年に発売され、日本でもルーテシアの名称で発売されています。現行モデルは4代目で2012年に発売されました。2017年にはマイナーチェンジが行われています。

ルーテシアは、ハッチバックとステーションワゴンタイプの2つのボディタイプがあり、装備内容の違いにより「ACTIF(アクティフ、注文生産)」「ZEN(ゼン、日本語の禅に由来)」「INTENS(インテンス)」の3グレードにわかれています。

ルノーのコンパクト!ルーテシア(クリオ) 次期型はもうすぐ?

ルノーの欧州Bセグメント・ハッチバック『クリオ』(日本名:ルーテシア)次期型の開発車両を、カメラが捉えた。スタイル刷新に新エンジンなど、6年振りのフルモデルチェンジとなる第5世代は、話題のモデルとなりそうだ。

次期型では、ルノー日産の「CFM」プラットフォーム最新バージョンが採用され、大幅に商品力を高める。

捉えた開発車両のカモフラージュは厳重だが、現行モデルよりリアウィンドウが寝かされており、クーペ感が強いイメージになる。鋭い薄型ヘッドライトを持ち、ルノーのEVコンセプト『SYMBIOZ』(シンビオズ)からインスパイアされた新型『メガーヌ』とも共通するフロントマスクになると噂されている。

室内では、大型ディプレイを備えるインフォテイメントシステムを搭載し、デジタルクラスタが採用される可能性も高い。自動運転技術では、「レベル2」が確実視されている。

パワートレインはバリエーションが豊富だ。既存の0.9リットルTCeエンジンは、新開発1リットルエンジンに置き換えられる他、メルセデスと共同開発した1.3リットル直列4気筒ターボエンジン「M282型」のルノー版が予想される。さらに0-100km/h加速7秒以内の1.6リットルターボチャージャー、マイルドハイブリッドモデル、EVもラインアップが期待されている。

ルノーのコンパクト!ルーテシア(クリオ) スペック

 
【ルノー ルーテシア ZENETC】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,095×1,750×1,445mm(ホイールベース:2,600mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,220kg
エンジン種類ターボチャージャー付筒内直接噴射直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力 kW(ps)/rpm(EEC)87kW(118ps*1)/5,000rpm
最大トルク N・m(kgm)/rpm(EEC)205N・m(20.9kgm*1)/2,000rpm
タンク容量 45L
駆動方式前輪駆動(FF)
トランスミッション6速エフィシエント デュアル クラッチ
※1参考値です

ルノーのコンパクト!ルーテシア(クリオ)エクステリア画像

ルノーのコンパクト!ルーテシア(クリオ) インテリア画像

ルノーのコンパクト!ルーテシア(クリオ)試乗記・評価・感想

「EDC」と名づけられた6速DCTは、フォルクスワーゲンやホンダのそれとフィーリングがかなり異なっている。いったんクラッチが結合されると、変速するまではクラッチ開放制御などを一切行わず、直結したまま。イメージとしてはATの置き換えではなくMTの置き換えのような感じだ。変速以外の余計な制御がほとんど入らないため、エンジンと駆動輪の結合感が高いことを好む顧客にとっては魅力的な変速機だろう。半面、低ギア段ではエンジンのオンオフにともなうスナッチ(前後の揺れ)がクラッチを繋げっぱなしにしたMTと同じくらいはっきり出るため、アクセルワークの技量が高くない顧客、トルクコンバーター式ATのようなスムーズネスを求める顧客にはあまり向かないように思われた。

総じて改良型ルーテシアは、アイドリングストップ装備のぶんだけ都市走行への適応度は増したものの、依然としてやや粗削りな傾向があり、郊外走行で本領を発揮するという性格づけに大きな変化はなかった。山岳路でのドライブフィールやシート設計、郊外燃費に優れるといった旧型の美点が継承されているという前提に立てば、ツーリング志向の強い顧客にとっては魅力的な1台と言えるだろう。

クルマを走らせていてもっとも気持ち良く感じるのが、最大トルクを発生する2000rpm付近のトルク感。エンジンのトルクがググッと盛り上がる力感にあふれたフィーリングが伝わってくる。まるでディーゼルエンジンのような力強さがある。とくに登り坂のようなところでは、このトルク感がクルマに頼もしさを与えてくれる。

ルノーのコンパクト!ルーテシア(クリオ) 価格

■ルーテシアインテンス 234万円
■ルーテシアZEN EDC 219万円
■ルーテシアZEN MT 204万円
■ルーテシアACTIF 199万円

グレード別の価格はそれぞれ上記のようになっています。

最後に

本記事では、ルノーのルーテシアについてご紹介しました。

もっとルノーが気になるという方は下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

新車販売台数ランキング!この記事では、2019年の販売台数を元に、SUVをはじめとして、その他のボディタイプ別のランキングもご紹介します。(※ランキングの情報は全国軽自動車協会連合会と日本自動車販売協会連合会の情報を参照しています)(2020年更新しました)


トヨタのパッソは軽じゃないK スペック・価格・試乗記・性能まとめ

トヨタのパッソは軽じゃないK スペック・価格・試乗記・性能まとめ

パッソはトヨタが発売しているハッチバックタイプのコンパクトカーです。初代モデルは2004年に登場し、現行モデルは2016年に登場した3代目モデルになります。2018年10月にマイナーチェンジを行いました。本記事ではそんなパッソについてまとめています。(※2020年7月更新しました)


コンパクトカーおすすめの人気車種5選!選ぶならコレだ!

コンパクトカーおすすめの人気車種5選!選ぶならコレだ!

コンパクトカーは国内市場で特に人気がある分野ですよね。小回りが利いて運転しやすい。狭い道も多い日本国内では重宝されます。 そこで、今回はコンパクトカーを徹底調査し、国産車・外車の中からおすすめ5選を選りすぐってお届けしていきます。


【最新版】コンパクトカーおすすめ・人気ランキング TOP10

【最新版】コンパクトカーおすすめ・人気ランキング TOP10

使い勝手が良く、私たちの身近な車、それがコンパクトカーです。今回は売れ筋・人気のおすすめコンパクトカーランキングTOP10をご紹介します。新車価格や中古車価格、特徴、内装画像についてもまとめています。ランキングは自販連の2019年4月~9月の販売台数を元に作成しています。


【2020年度版】日産のコンパクトカー~新車・中古価格もご紹介~

【2020年度版】日産のコンパクトカー~新車・中古価格もご紹介~

日産のコンパクトカーはノートが主流ですが、それ以前にティーダという車種が存在しました。これらの車種が無かったら今の日産のコンパクトカールネッサンスは存在しないといってもよいでしょう。今回は、日産のコンパクトカーについてお話します。


最新の投稿


エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの洗浄は、細かい部品がたくさんあり難しそうですよね。しかし、注意点さえ知っていればご自身で洗浄することが可能となります。また、大事な愛車を傷つけたくないという方はカーショップなどで依頼することも一つの方法としてあります。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報を随時更新しています。


【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

2020年上半期も多くのSUVが登場しました。苦戦が続く新車販売の中でも、このSUVだけは絶好調でした。今回はそんな2020年上半期に新登場したSUVを国産車と外車からご紹介します。そして、これから発売予定の注目モデルも合わせてご紹介します!


【今さら聞けない】8ナンバーとは?

【今さら聞けない】8ナンバーとは?

車の話をしている時に8ナンバーって聞いたことありませんか?詳しくは知らない・初めて聞いたという方。本記事で一緒に8ナンバーについて見ていきましょう。