目次へ戻る

ルノー トゥインゴ に改良新型が登場!どこが変わった?最新情報まとめ

ルノー トゥインゴ に改良新型が登場!どこが変わった?最新情報まとめ

ルノーは、改良新型『トゥインゴ』(Renault Twingo)を欧州で発表しました。現行の3世代目トゥインゴは2014年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2014でワールドプレミアされています。デビューからおよそ5年が経過し、現行トゥインゴが初の大幅改良を受けています。


ルノー トゥインゴ に改良新型が登場!どこが変わった?最新情報まとめ

ルノーは、改良新型『トゥインゴ』(Renault Twingo)を欧州で発表しました。現行の3世代目トゥインゴは2014年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2014でワールドプレミアされています。

デビューからおよそ5年が経過し、現行トゥインゴが初の大幅改良を受けています。

ルノー トゥインゴ改良新型 フロントマスクを刷新

改良新型のエクステリアは、フロントマスクを中心に変更されました。

新デザインのバンパーやグリル、ヘッドライトなどを採用し、表情を一新することに成功しています。

また、ヘッドライトには、新型『メガーヌ』など最新ルノー車に共通するCシェイプのLEDデイタイムランニングライトが組み込ました。

リアは、内蔵レンズをCシェイプとしたテールランプやバンパーが新しくなっています。

ルノー トゥインゴ改良新型 ボディサイズ

改良新型のボディサイズは、全長3614mm、全幅1646mm、全高1544mm、ホイールベース2492mm。

全長はおよそ25mm長くなり、全高は10mm低められています。

ボディカラーには、イエロー、レッド、ブラック、ホワイトなどがラインナップされています。

ルノー トゥインゴ改良新型 エンジンがパワーアップ!

RR(リアエンジン・リアドライブ)方式は、改良新型でも健在。

これは、ルノーとダイムラーの提携の成果のひとつ。トゥインゴの車台は、メルセデスベンツ傘下のスマートブランドの『フォーツー』『フォーフォー』と共用されており、トゥインゴもAセグメント車としては珍しいRRレイアウトを引き続き採用します。

また、改良新型ではエンジンも性能向上しました。

改良新型では、リアに積まれるエンジンを強化した。改良新型には、2種類のガソリンエンジンを設定する。排気量998ccの3気筒自然吸気エンジンは、最大出力75hp/6250rpm、最大トルク9.7kgm/4000rpmを獲得する。従来の70hp、9.3kgmに対して、5hp、0.4kgm強化された。トランスミッションは5速MTを組み合わせる。

898ccの3気筒ターボエンジンは、最大出力93hp/5500rpm、最大トルク13.8kgm/2500rpmを引き出す。最大トルクは従来通りだが、最大出力は3hp引き上げられた。トランスミッションは5速MTと6速ATが用意される。

ルノー トゥインゴ改良新型 最新コネクティビティを採用

改良新型トゥインゴには、ルノーの車載コネクティビティ、「EASY CONNECT」の最新バージョンが採用されることになりました。

新しいマルチメディアシステムには、7インチの高解像度タッチスクリーンモニターが装備され、ユーザーフレンドリーなインターフェースと、ショートカットメニューによる使いやすさが追求されており、機能を切り替える時に、必要な操作数を減らすことに成功。

EASY CONNECTは今後、順次アップグレードが行われるとのことです。

改良新型には、Apple「CarPlay」とグーグル「Android Auto」が標準装備され、スマートフォンとの連携を実現。

ナビゲーションや音楽などのアプリも利用可能に。ハンズフリー通話は、デュアルマイクのフィルター機能を使用して、音質が改善されました。オーディオも、スピーカーに2つのツイーターを追加することにより、音質を引き上げています。

また、TomTomのアップグレードされたコネクテッドナビゲーションも利用可能に。「Google Places」のデータベースを使用すると、より簡単で効果的な目的地検索が行え、ユーザーは自分のアプリやサービスを、無線で簡単にアップデートできるように。「MY Renault」スマートフォンアプリは、ルノーのディーラーとユーザーを結び、各種サービスを提供します。

関連するキーワード


ルノー 車種情報

関連する投稿


ルノー キャプチャー 新型 PHV初設定!蓄電容量は?

ルノー キャプチャー 新型 PHV初設定!蓄電容量は?

ルノーは7月3日、新型『キャプチャー』(Renault CAPTUR)を欧州で発表しました。 今回、PHVが初設定となります。ルノーのキャプチャー新型の最新情報をまとめています。


ルノー クロスオーバーSUV キャプチャー┃スペックや燃費、限定車の紹介等一覧

ルノー クロスオーバーSUV キャプチャー┃スペックや燃費、限定車の紹介等一覧

「キャプチャー」という言葉の原義は、捕まえる、捕らえる、分捕るだそうです。こんな、含みのある言葉を車名に付けるなんて「やっぱりフランスの人はエスプリが効いているなぁ」と感心している方もいるかもしれませんね。今回はそんなルノー キャプチャーの魅力を紹介していきます。


ルノーのMPVカングー フルモデルチェンジ!次期型はEV・PHEVも!?

ルノーのMPVカングー フルモデルチェンジ!次期型はEV・PHEVも!?

ルノーのMPV、カングーが13年ぶりにフルモデルチェンジします。 本記事では、カングー新型の最新情報と最新画像をまとめています。


日本で買えるフランス車メーカー 一覧|代表車種と合わせて紹介!

日本で買えるフランス車メーカー 一覧|代表車種と合わせて紹介!

こちらの記事では、日本国内で購入が可能なフランス車のメーカーをそれぞれのメーカー毎の代表車種と合わせて特徴などを合わせて紹介しています。シトロエンやルノー車などのデザインが気になっているという方は是非チェックしてみてください。


【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

ルノーはジュネーブモーターショー2019において、新型『クリオ』(Renault Clio。日本名:『ルーテシア』に相当)にスポーティーな「R.S.(ルノースポール)ライン」を設定すると発表しています。


最新の投稿


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

スポーツカーで有名な「デ・トマソ パンテーラ」の歴史や各モデルの特徴や紹介、そして燃費や中古価格、評価などをまとめてみました。憧れのクルマに関心のある方は是非ご覧ください。