目次へ戻る

ランドローバー レンジローバースポーツ 欧州にて新開発エンジン設定

ランドローバー レンジローバースポーツ 欧州にて新開発エンジン設定

ランドローバーは2月13日、『レンジローバー スポーツ』(Land Rover Range Rover Sport)に新開発の直列6気筒エンジン+48Vマイルドハイブリッドを搭載する高性能グレード、「HST」を欧州で発表しました。このHSTはどのようなスペックになっているのでしょうか。


ランドローバー レンジローバースポーツ 欧州にて新開発エンジン設定

ランドローバーは2月13日、『レンジローバー スポーツ』(Land Rover Range Rover Sport)に新開発の直列6気筒エンジン+48Vマイルドハイブリッドを搭載する高性能グレード、「HST」を欧州で発表しました。

このHSTはどのようなスペックになっているのでしょうか。

ランドローバー 2020年には全車種にHVほかを設定!

ランドローバーは2017年秋、2020年以降に全車種に電動パワートレインを設定すると発表しています。

パワートレインに、EVをはじめ、PHV、ハイブリッド車(マイルドハイブリッドを含む)を用意していく計画です。

レンジローバー スポーツのマイルドハイブリッドは、この計画に沿って登場したモデルになります。

ランドローバー レンジローバースポーツHST最新情報

レンジローバー スポーツのマイルドハイブリッドパワートレイン搭載車は、HSTと名付けられました。

ジャガー・ランドローバーが新開発したエンジンは、3.0リットル直列6気筒ガソリン「インジニウム」で、電動スーパーチャージャーを採用しました。

電動スーパーチャージャーは、ラグのないレスポンスの良さが特徴で、最大出力400ps、最大トルク56.1kgmを発生します。

このエンジンが、従来のV型6気筒ガソリンエンジンを置き換えています。

この直列6気筒エンジンには、48Vのマイルドハイブリッドシステムを採用しました。

減速時のエネルギーを48Vのバッテリーに蓄え、加速時にモーターに電力を供給し、加速のアシストを行います。

トランスミッションは8速AT。動力性能は0~100km/h加速が6.2秒、最高速は225km/hに到達。

また、欧州複合モード燃費は10.75km/リットル、CO2排出量は213g/kmと公表されています。

内外装は専用デザイン

HSTのインテリアには、カーボンファイバートリムを採用しました。

16方向に調整可能なダイナミックフロントシートが装備されたほか、HSTバッジ付きのスエードクロスで、カラーパターンも一新。

ステアリングホイールとシフトレバー、パドルシフトなどは、サテンクローム仕上げです。

HSTは高性能グレードらしく、ボンネット、フロントグリル、サイドエアベントなどが専用デザイン。

テールゲートには専用のエンブレムが装着されました。

ボディカラーは、サントリーニブラック、フジホワイト、インダスシルバー、フィレンツェレッド、カルパチアグレーの5色で、2種類のアルミホイールデザインが選択可能です。

オプションで、グレーのアルマイト加工が用意され、赤いブレーキキャリパーが装着されます。

最新コネクティビティを採用

車載コネクティビティの面では、最新のインフォテインメントシステム「Touch Pro Duo」や、4Gの通信機能や離れた場所から車の各機能を確認・操作できる「リモートプレミアム」を導入。

主要データ(速度、ギアポジション、ナビゲーションの指示やオフロード情報など)をフロントガラス上に表示するヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)や、簡単な手の操作でパノラミックサンルーフのブラインド開閉が可能なジェスチャー・ルーフブラインドなども用意されます。

安全性能も充実

先進運転支援システム(ADAS)はより充実します。

オプションのアダプティブクルーズコントロールには、ステアリングアシスト機能が付く。

このシステムでは、アダプティブクルーズコントロールの作動中、車両が車線中央を維持するよう、ステアリングホイールの操作を支援。

また、この技術では、車線の白線を検出してくれ、車線変更やブレーキ時には、システムが停止するとのこと。

また、高速域に対応した緊急自動ブレーキも採用。障害物を検出した場合にブレーキをかけることによって、衝突のリスクを軽減します。

アダプティブクルーズコントロール、ステアリングアシスト機能付きアダプティブクルーズコントロールの両方に対応しています。

また、オフロード走行を支援する「テレインレスポンス」の最新版も装備。

「エコ」モードを追加し、「コンフォート」「エコ」「草/砂利/雪」「泥/わだち」「砂地」「岩場」の6種類のモードから、走行モードが選択可能になります。

最後に

本記事では、ランドローバーの人気車種、レンジローバースポーツの新グレードについてご紹介しました。

レンジローバースポーツについてもっと知りたいという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


いつかは乗りたい!憧れのアメ車SUVの魅力や人気の中古車教えます

いつかは乗りたい!憧れのアメ車SUVの魅力や人気の中古車教えます

街中をさっそうと走り抜ける大型のカッコいいアメ車SUVの魅力について解説しているページです。アメ車SUVの魅力や人気車種・メーカー、あるいは中古のアメ車SUVの選び方や人気のカスタムカーまで幅広く役立ち情報をご紹介しています。国産好きもアメ車SUVに興味がある方も是非ご覧ください。


【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

レクサスは、SUVのNXを一部改良し、5月6日より販売を開始すると発表しました。価格や、改良点など気になる情報をまとめています。


実力派のスバル レガシィアウトバック|特徴や価格、スペックは?

実力派のスバル レガシィアウトバック|特徴や価格、スペックは?

スバル レガシィアウトバックは、人気のクロスオーバーSUVです。しかし、その歴史は古く、SUVとしての性能はかなり高く、実力派であると言えます。今回は歴代のレガシィアウトバックから最新モデルまで、特徴やスペック、中古価格などをご紹介していきます。


「e-BOXER」追加でさらに人気のスバルXV|スペックや燃費・価格・評価一覧

「e-BOXER」追加でさらに人気のスバルXV|スペックや燃費・価格・評価一覧

人気のクロスオーバーSUVである、スバルXV。2018年10月にハイブリッドシステム「e-BOXER」も追加され、さらなる人気を博すスバルXVの特徴やスペック、価格、そして気になる燃費を紹介します。


【4月10日発売】トヨタの新型RAV4発売!最新情報まとめ

【4月10日発売】トヨタの新型RAV4発売!最新情報まとめ

4月10日本日、トヨタの新型RAV4が発売になりました。本記事では気になる最新情報をまとめています。新車価格、試乗記、エクステリア・インテリア画像、オフロードを象徴した「アドベンチャー」設定情報ほか【随時更新】


最新の投稿


日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSXを受け、初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングとはどんなものでしょうか。具体的な意味と使用時の効果について、気になる値段を調べてワックスの上手な方法やコーティングの効果や耐久性における詳しい分析について調べてみます。メンテナンスの手入れの方法など、ポリマーコーティングの良さを見ていきます。


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

1999年にダイハツから発売された軽ワンボックス「アトレー ワゴン」。 同社の「アトレー」をベースとして誕生しました。 イタリアのデザイナーによる内外装デザインと大人4人と荷物を余裕を持って収容できる車内空間はモデルチェンジ後の現在でも健在です。 当記事では、アトレーワゴンの燃費や評判、中古価格などを掲載しています。


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。