目次へ戻る

ポジションランプの保安基準|LEDや青、オレンジは車検に通る?交換方法も

ポジションランプの保安基準|LEDや青、オレンジは車検に通る?交換方法も

本記事ではポジションランプに関する知りたい情報をまとめています。保安基準にのっとったポジションランプの選び方や、LEDのポジションランプの注意点、自分で車をカスタマイズしたいと思い始めたらまず第一にやりたい……ともいえるポジションランプの取り換え方までを一挙紹介!


ポジションランプとは

ポジションランプとは車幅灯(しゃふくとう・しゃはばとう)のことでスモールランプと呼ばれたりもしています。

ポジションランプとはヘッドライトを点けるほど暗くないときに点けるライトで、一般的な自動車のライトは2段階あり1段階目でこのポジションランプが点灯する場合が多いです。

保安基準を満たすものを選ぶ

ポジションランプには保安基準が設けられており、この基準を満たさないと車検に通らない他、道路を走行してはいけません。

ポジションランプにかかわらず保安基準を守らないと事故を引き起こす恐れがあるため、保安基準を満たしているかの確認はとても大切です。

ポジションランプは車のカスタマイズをはじめるにあたって手を付けやすい部分ではありますが、まずは保安基準をしっかり理解してから、カスタマイズの部品などを購入することをお勧めします。

ポジションランプの保安基準

保安基準とは正式には道路運送車両の保安基準といいます。(以下、保安基準)

これは車の技術的な要件の基本となる法令です。保安基準では、車の構造や装置などが定められた基準を満たした車しか行動を走行させてはいけないと定めており、各自で行う車の点検や車検などでもこの保安基準を満たす車なのかをしっかり照らし合わせて実施するように定められています。

ポジションランプにも明るさや色、大きさや個数、位置などたくさんの保安基準がありますがそこまでややこしいものではないです。

明るさ・色の基準

明るさには光源と光度の基準があります。

光度とは点状の光源からある方向へ放射される光の明るさを表す物理量で、光束を光源を中心とする立体角による微分として表されるもので、 光度はヒトの感じる量を表す心理物理量の一つです。明るさの基準は最も重要な基準でポジションライトが暗すぎるとあたりの視界が悪くなり衝突事故や人身事故にもつながりかねないためしっかり確認することが大切です。

明るさの基準も色の基準も車の製造年月日により基準が変わっているため、ご自身の所有している車の製造年月日を確認することも大切です。

・光源
 平成17年12月31日以前に製造された車 5W以上
 平成18年1月1日以降に製造された車 5W以上~30W以下

・光度
 300 cd以下

・色
 平成17年12月31日以前に製造された車 白色、淡黄色、燈色
 平成18年1月1日以降に製造された車 白色

位置・個数・大きさの基準

次に位置、個数、大きさの基準についてです。

位置については規定を満たした位置にポジションランプを付けていないと他の基準を守っていても視界が悪くなり事故を引き起こす可能性を引き上げてしまうことになります。

個数については、いくら明るさの基準を守っていたとしても大量につけてしまったりすると明るくなりすぎて対向車など視界をくらましてしまう可能性もあります。

大きさも個数と同じで明るさや他の保安基準を満たしていたとしても大きすぎるとまぶしすぎて相手や自分の目をくらますこととなり、小さすぎても視界が悪くなり事故を引き起こす可能性を引き上げてしまうことになります。

・位置
 ①高さの基準
 平成8年1月31日以前に製造された車 ランプの中心の高さが地上より2m以下
 平成17年12月31日以前に製造された車 ランプの上縁の高さが地上より2.1m以下
 平成18年1月1日以降に製造された車 ランプの上縁の高さが地上より2.1m以下
                   ランプの下縁の高さが地上より3.5m以下
 ②横の基準
 すべての車が対象 最外側から4m以内

・個数
 平成17年12月31日以前に製造された車 規格無し
 平成18年1月1日以降に製造された車 2~4個(左右対称に取り付けること)

・大きさ
 15m²

LEDポジションランプの注意点

ポジションランプをLEDポジションランプに変えようと思っている方に注意していただきたいことは色です。LEDポジションランプの色の表記はK(ケルビン)で示されています。そのためケルビンで色の判断をしなければならないのです。

色選び

ケルビンの数値として、低い数値だと赤っぽくなり数値が上がるにつれて白っぽくなり、それ以上数値が上がっていくとどんどん青っぽくなっていきます。

保安基準としては平成18年以降の車からは白が基準です。よって白色にみえるケルビンのポジションランプを選ばなければなりません。おおよそですが白色に見えるケルビンの範囲は3000Kから6500Kと言われています。

あとは好みの問題ですが、黄色っぽい暖かい色が好みの方は3000Kに近いものを選ぶと良いでしょうし、真っ白が言い方は5500Kあたりのものを選ぶと良いでしょうし、青っぽく冷たい色が好みの方は6500Kに近いものを選ぶといいと思いますが、6500Kになると車検時、検査官によっては青色と判断される可能性がありますのでご注意くださいね。

LEDの発熱対策

LEDランプの消費電力は低いことで知られていますが、狭いカバーの中で高光度のLEDポジションランプを設置することで熱が逃げにくくこもってしまうため、ポジションランプの寿命を縮めてしまうことにもつながります。

この対策としては、LEDポジションランプを選ぶときに安いものをと言って選ばずに、熱対策としてヒートシンクと呼ばれるものが付いているものを購入することをお勧めします。

車検に通るポジションランプを選ぼう

これまでにお話ししてきたように、保安基準を満たさないと車検を通ることは不可能です。よって自分の車のポジションランプの色や明るさ、大きさや位置などをしっかり確認しましょう。特にLEDポジションランプだと色の規定に気を付けないといけないこともお話ししました。

ここではポジションランプを交換する際に注意していただきたい規格について説明します。

多くの国産車は「T10」規格

多くの国産自動車のメーターやスモールなどに用いられるランプの規格は「T10」です。

ポジションランプを選ぶ際はその車にあった規格のポジションランプを購入しないと付け替えることはできません。ですので、適当に買ってしまうと規格が合わず無駄な買い物になってしまわないように購入する前に一度規格の確認をすることをお勧めします。

規格の確認が出来たらその規格に合ったポジションランプの中で保安基準を満たすものを購入しましょう。

ポジションランプを交換してみよう!

保安基準やポジションランプの選び方が分かったところで早速交換してみましょう。

初めてでも簡単にカスタマイズできる!

ポジションランプの交換は初心者のかたにもおすすめの部分と言われています。

交換方法も簡単ですし、なにより交換する前と後では違いがはっきり分かることから、カスタマイズした感がとてもありカスタマイズの楽しさを感じてもらえると思います。

ポジションランプの交換方法

まず、ボンネットを開きましょう。

車内にあるボンネットオープンレバーを最後まで引いて、ボンネットが開く音がしたら、離します。そしてポジションランプを引っ張り出します。

ポジションランプは引っ張ることで、取り外せます。そして新たな交換するポジションランプをはめ込むだけで簡単につけられます。

どうしてもわからないという時には、車の取扱説明書を参照してくださいね。

これで交換は完了です。

この時に軍手を用いると便利です。

まとめ

ポジションランプの保安基準はお分かりになりましたでしょうか。

保安基準を守らないとせっかくのカスタマイズも無駄になってしまいます。LEDのポジションランプに変更される方も特に色に注意しましょう。

ポジションランプのカスタマイズは比較的簡単に行えるため、カスタマイズをするのがはじめてな方もチャレンジしてみては?

関連するキーワード


メンテナンス カスタム

関連する投稿


【今こそ知りたい】ガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

【今こそ知りたい】ガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

カーコーティングの中でも硬いガラス質の皮膜でボディを多い、キズに強いと言われている「ガラスコーティグ」。本記事ではガラスコーティングとは何かといった疑問から、ガラスコーティングのメリット、ポリマーコーティングやワックスとの違い、コーティング後の洗車方法や注意点、おすすめのコーティング剤についてを紹介しています。


ワイパーブレードのおすすめ厳選 5商品|交換時期・寿命や外し方も紹介

ワイパーブレードのおすすめ厳選 5商品|交換時期・寿命や外し方も紹介

雨の日のドライブにワイパーを使っても、スジになっていたり、ビビり音がすると既にワイパーの交換時期が過ぎているのかもしれません。 見落としがちなのワイパーブレードの交換。今回は、ワイパーブレードの種類から交換方法と外し方、寿命の見分け方や交換時期についての説明と、おすすめのワイパーブレードの紹介を合わせて掲載しています。


一部の自動車に装着されている!フライホイールの役割と構造、費用は?

一部の自動車に装着されている!フライホイールの役割と構造、費用は?

一部の自動車にはフライホイールと呼ばれる部品が装着されています。今回はこのフライホイールについて、その役割や構造について紹介し、そのチューニングや交換にかかる費用についても学びましょう。


エアフィルター交換でエンジンを守る┃交換方法や時期等まとめ

エアフィルター交換でエンジンを守る┃交換方法や時期等まとめ

みなさんはエアフィルターというものを知っていますか? これを交換しないとエンジンに入ってくる空気がろ過されずに汚い空気が入ってしまい、エンジンに不具合が出てしまうことになります。今回は交換するタイミングと交換の仕方を、車だけではなくバイクの場合も見ていきましょう。


【メンテナンス&DIY】ちゃんと気にしてる?ホイールバランス

【メンテナンス&DIY】ちゃんと気にしてる?ホイールバランス

自動車のホイールのスポークの合間から見える、板状の鉛の様な物。これが何か気になった人はいないでしょうか?これは「バランスウエイト」と呼ばれる、タイヤの回転のバランスを取るための”おもり”です。今回の記事ではこのバランスウエイト(バランスウェイト)とホイールバランスについてご案内していきます。


最新の投稿


マツダの名車!初代~9代目全ファミリアを紹介!中古車市場はどうなっている?

マツダの名車!初代~9代目全ファミリアを紹介!中古車市場はどうなっている?

日本の自動車史の中でも存在感を放っている車の1つがマツダのファミリアです。ファミリアは今回はファミリーカーの代名詞として人気を博してきました。そんなファミリアについて、初代から9代目までの概要を説明します。そもそもファミリアとはどういう車であったのか、そして現在の中古車市場についても見ていきましょう。


【栃木県民おすすめ】栃木県で人気の道の駅 人気TOP10|温泉のある道の駅も!

【栃木県民おすすめ】栃木県で人気の道の駅 人気TOP10|温泉のある道の駅も!

栃木県には、餃子・いちご・日光東照宮など様々な名物がありますが、そうした栃木ならではの魅力とならんで道の駅も見所の一つです。それぞれの特色豊かな道の駅を訪れれば栃木県をもっと楽しめます。そこで、今回はそんな栃木県の人気がある道の駅TOP10を紹介します。思わず栃木に出かけたくなるランキング内容となりました。


【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット兵庫編┃デートや日帰り旅行にも

【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット兵庫編┃デートや日帰り旅行にも

関西でドライブに行くとなったらどこに行きますか?今回は、関西人の筆者が厳選した関西のドライブスポットを公開!定番スポットからちょっと穴場な場所までを一気に解説します。今回は兵庫編です。


【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット京都編┃デートや日帰り旅行にも

【関西人厳選】関西ドライブおすすめスポット京都編┃デートや日帰り旅行にも

関西でドライブに行くとなったらどこに行きますか?今回は、関西人の筆者が厳選した関西のドライブスポットを公開!定番スポットからちょっと穴場な場所までを一気に解説します。今回は京都編です。


池袋駅周辺のおすすめ駐車場 東口と北口編┃安いのは?無料もある?

池袋駅周辺のおすすめ駐車場 東口と北口編┃安いのは?無料もある?

埼玉県と東京を繋いでいる繁華街のある池袋。駅の東口も西口もにぎわっていますが、繁華街では駐車場を見つけるのも一苦労ではないでしょうか? 繁華街だけでなく、サンシャイン、labi、ジュンク堂と多くのスポットがあります。今回は池袋駅東口と北口の駐車場の最大料金や予約の有無も含めてご紹介していきます。