目次へ戻る

ポジションランプの保安基準|LEDや青、オレンジは車検に通る?交換方法も

ポジションランプの保安基準|LEDや青、オレンジは車検に通る?交換方法も

本記事ではポジションランプに関する知りたい情報をまとめています。保安基準にのっとったポジションランプの選び方や、LEDのポジションランプの注意点、自分で車をカスタマイズしたいと思い始めたらまず第一にやりたい……ともいえるポジションランプの取り換え方までをご紹介しています。


ポジションランプとは

ポジションランプとは車幅灯(しゃふくとう・しゃはばとう)のことでスモールランプと呼ばれたりもしています。

ポジションランプとはヘッドライトを点けるほど暗くないときに点けるライトで、一般的な自動車のライトは2段階あり1段階目でこのポジションランプが点灯する場合が多いです。

保安基準を満たすものを選ぶ

ポジションランプには保安基準が設けられており、この基準を満たさないと車検に通らない他、道路を走行してはいけません。

ポジションランプにかかわらず保安基準を守らないと事故を引き起こす恐れがあるため、保安基準を満たしているかの確認はとても大切です。

ポジションランプは車のカスタマイズをはじめるにあたって手を付けやすい部分ではありますが、まずは保安基準をしっかり理解してから、カスタマイズの部品などを購入することをお勧めします。

ポジションランプの保安基準

保安基準とは正式には道路運送車両の保安基準といいます。(以下、保安基準)

これは車の技術的な要件の基本となる法令です。保安基準では、車の構造や装置などが定められた基準を満たした車しか行動を走行させてはいけないと定めており、各自で行う車の点検や車検などでもこの保安基準を満たす車なのかをしっかり照らし合わせて実施するように定められています。

ポジションランプにも明るさや色、大きさや個数、位置などたくさんの保安基準がありますがそこまでややこしいものではないです。

明るさ・色の基準

明るさには光源と光度の基準があります。

光度とは点状の光源からある方向へ放射される光の明るさを表す物理量で、光束を光源を中心とする立体角による微分として表されるもので、 光度はヒトの感じる量を表す心理物理量の一つです。明るさの基準は最も重要な基準でポジションライトが暗すぎるとあたりの視界が悪くなり衝突事故や人身事故にもつながりかねないためしっかり確認することが大切です。

明るさの基準も色の基準も車の製造年月日により基準が変わっているため、ご自身の所有している車の製造年月日を確認することも大切です。

・光源
 平成17年12月31日以前に製造された車 5W以上
 平成18年1月1日以降に製造された車 5W以上~30W以下

・光度
 300 cd以下

・色
 平成17年12月31日以前に製造された車 白色、淡黄色、燈色
 平成18年1月1日以降に製造された車 白色

位置・個数・大きさの基準

次に位置、個数、大きさの基準についてです。

位置については規定を満たした位置にポジションランプを付けていないと他の基準を守っていても視界が悪くなり事故を引き起こす可能性を引き上げてしまうことになります。

個数については、いくら明るさの基準を守っていたとしても大量につけてしまったりすると明るくなりすぎて対向車など視界をくらましてしまう可能性もあります。

大きさも個数と同じで明るさや他の保安基準を満たしていたとしても大きすぎるとまぶしすぎて相手や自分の目をくらますこととなり、小さすぎても視界が悪くなり事故を引き起こす可能性を引き上げてしまうことになります。

・位置
 ①高さの基準
 平成8年1月31日以前に製造された車 ランプの中心の高さが地上より2m以下
 平成17年12月31日以前に製造された車 ランプの上縁の高さが地上より2.1m以下
 平成18年1月1日以降に製造された車 ランプの上縁の高さが地上より2.1m以下
                   ランプの下縁の高さが地上より3.5m以下
 ②横の基準
 すべての車が対象 最外側から4m以内

・個数
 平成17年12月31日以前に製造された車 規格無し
 平成18年1月1日以降に製造された車 2~4個(左右対称に取り付けること)

・大きさ
 15m²

LEDポジションランプの注意点

ポジションランプをLEDポジションランプに変えようと思っている方に注意していただきたいことは色です。LEDポジションランプの色の表記はK(ケルビン)で示されています。そのためケルビンで色の判断をしなければならないのです。

色選び

ケルビンの数値として、低い数値だと赤っぽくなり数値が上がるにつれて白っぽくなり、それ以上数値が上がっていくとどんどん青っぽくなっていきます。

保安基準としては平成18年以降の車からは白が基準です。よって白色にみえるケルビンのポジションランプを選ばなければなりません。おおよそですが白色に見えるケルビンの範囲は3000Kから6500Kと言われています。

あとは好みの問題ですが、黄色っぽい暖かい色が好みの方は3000Kに近いものを選ぶと良いでしょうし、真っ白が言い方は5500Kあたりのものを選ぶと良いでしょうし、青っぽく冷たい色が好みの方は6500Kに近いものを選ぶといいと思いますが、6500Kになると車検時、検査官によっては青色と判断される可能性がありますのでご注意くださいね。

LEDの発熱対策

LEDランプの消費電力は低いことで知られていますが、狭いカバーの中で高光度のLEDポジションランプを設置することで熱が逃げにくくこもってしまうため、ポジションランプの寿命を縮めてしまうことにもつながります。

この対策としては、LEDポジションランプを選ぶときに安いものをと言って選ばずに、熱対策としてヒートシンクと呼ばれるものが付いているものを購入することをお勧めします。

車検に通るポジションランプを選ぼう

これまでにお話ししてきたように、保安基準を満たさないと車検を通ることは不可能です。よって自分の車のポジションランプの色や明るさ、大きさや位置などをしっかり確認しましょう。特にLEDポジションランプだと色の規定に気を付けないといけないこともお話ししました。

ここではポジションランプを交換する際に注意していただきたい規格について説明します。

多くの国産車は「T10」規格

多くの国産自動車のメーターやスモールなどに用いられるランプの規格は「T10」です。

ポジションランプを選ぶ際はその車にあった規格のポジションランプを購入しないと付け替えることはできません。ですので、適当に買ってしまうと規格が合わず無駄な買い物になってしまわないように購入する前に一度規格の確認をすることをお勧めします。

規格の確認が出来たらその規格に合ったポジションランプの中で保安基準を満たすものを購入しましょう。

ポジションランプを交換してみよう!

保安基準やポジションランプの選び方が分かったところで早速交換してみましょう。

初めてでも簡単にカスタマイズできる!

ポジションランプの交換は初心者のかたにおすすめの部分と言われています。

交換方法も簡単ですし、なにより交換する前と後では違いがはっきり分かることから、カスタマイズした感がとてもありカスタマイズの楽しさを感じてもらえると思います。

ポジションランプの交換方法

まず、ボンネットを開きましょう。

車内にあるボンネットオープンレバーを最後まで引いて、ボンネットが開く音がしたら、離します。そしてポジションランプを引っ張り出します。

ポジションランプは引っ張ることで、取り外せます。そして新たな交換するポジションランプをはめ込むだけで簡単につけられます。

どうしてもわからないという時には、車の取扱説明書を参照してくださいね。

これで交換は完了です。

この時に軍手を用いると便利です。

まとめ

ポジションランプの保安基準はお分かりになりましたでしょうか。

保安基準を守らないとせっかくのカスタマイズも無駄になってしまいます。LEDのポジションランプに変更される方も特に色に注意しましょう。

ポジションランプのカスタマイズは比較的簡単に行えるため、カスタマイズをするのがはじめてな方もこの記事を読んでいただいてカスタマイズを行っていただければ幸いです。

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。


ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングとはどんなものでしょうか。具体的な意味と使用時の効果について、気になる値段を調べてワックスの上手な方法やコーティングの効果や耐久性における詳しい分析について調べてみます。メンテナンスの手入れの方法など、ポリマーコーティングの良さを見ていきます。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。


最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。