目次へ戻る

クルーズコントロールとは?使い方から後付け方法 各社の機能比較も

クルーズコントロールとは?使い方から後付け方法 各社の機能比較も

クルーズコントロールの基本的な機能や役割に使い方、後付け製品の比較までといったクルーズコントロールについてご紹介していきます。


そもそもクルーズコントロールとは?

クルーズコントロール(Cruise Control)とは、アクセル操作なしでも車が自動でスピードを一定に保ってくれる機能のことです。

車のスピードを自動的に一定に保ってくれるので、主に高速道路などで使う方が多いのではないでしょうか。

従来のクルーズコントロールは、希望する速度をドライバーが設定して、その設定速度を維持できるように車が自動的にアクセル操作を行ってくれるのが特徴で、長距離を車で移動する際、アクセル操作の負担が減るため、ドライバーの疲労軽減効果が期待されています。

アメリカなどの交通量が少ないハイウェイでは非常に有効なシステムですが、日本の場合には高速道路でも比較的交通量が多いため速度変化が大きく、前車に追いつくたびに設定がリセットされてしまうことから、なかなか浸透してこなかったというのが現状です。

しかし、最近ではホンダの軽自動車「N-BOX」にもホンダセンシングが搭載される他、スバルの「アイサイト」など、「追従型」と呼ばれるクルーズコントロールを標準装備として採用するなど、採用車種が増加しており、今後は当たり前の装備になっていくことが予想されます。

クルーズコントロールの種類・違いは

クルーズコントロールには大きく分けて2種類、機械的な「クルーズコントロール」と、先行車と一定の車間距離を保ちながらオートクルーズを行ってくれる「アダプティブクルーズコントロール:Adaptive Cruise Control: ACC(追従型クルーズコントロール)」があります。
この2つには、いったいどんな違いがあるのでしょうか。

クルーズコントロール

クルーズコントロールは、アクセルペダルを踏み続けなくても、一度セットしたらその設定した走行速度を一定に保ってくれます。

クルーズコントロールの機能はスロットルを制御し、ガソリンの噴射をコントロールすることで、結果として一定に定めた値でガソリンを噴射するように設定できるので、一定のスピードで走行することができます。

クルーズコントロールにはブレーキの制御機能がないのも特徴です。

アダプティブクルーズコントロール

クルーズコントロールにブレーキの制御機能も搭載したのが、アダプティブクルーズコントロールです。
ブレーキ制御機能が追加されたことにより、前方の車との車間距離も一定に保つことができるようになりました。

最近では、高速領域だけでなく車速0km/hまで機能する「全車速追従機能付クルーズコントロール」や、渋滞中の停車時にはブレーキを自動的にかけて停止状態を保ってくれる「停止保持機能付」を採用する車種も増え、さらに安全に配慮した機能が拡大しています。

クルーズコントロールの使い方

クルーズコントロールの操作方法を説明していきます。アダプティブクルーズコントロールの場合は、メーカーによって操作方法に違いがありますが、クルーズコントロールでは操作方法に大きな違いはありません。

クルーズコントロール操作スイッチは、ステアリングホイールの表面、もしくはステアリングコラムから突き出るように設置されていることが多く、オン・オフと走行速度の設定はこのスイッチで行います。

1:クルーズコントロールのスイッチをオンにする。オンにするとメーターパネル内のクルーズコントロールランプが点灯します。
2:例えば60km/hで走行したい場合、車速が60km/hになった時に「SET」のスイッチを押すとクルーズコントロールがセットされます。

非常に簡単になっています。
アクセルを踏むと速度は上がりますが、アクセルを戻すとセットされた60km/hに戻って走行を続けます。

さらに速いスピードでクルーズコントロールをセットしたい場合は「RES(リセット)」ボタンを押し、遅いスピードにセットしたい場合は「SET」ボタンを押してそれぞれ再調整します。

クルーズコントロールを終了したい場合には、ブレーキを踏む、「CNL(キャンセル)」ボタンを押す、もしくはクルーズコントロールレバーを手前に引いて「CANCEL」の状態にすれば解除されます。

詳しくは、各車のカタログを確認してみてくださいね。

各社のクルーズコントロールを比較

クルーズコントロールは、基本的には同じ機能ですが各メーカー毎に微妙な違いがあります。
最近搭載車が増えてきた「全車速追従機能付クルーズコントロール」についてメーカーごとに比較しながら紹介します。

トヨタ

トヨタでは「レーダークルーズコントロール」もしくは「DRCC(Dynamic Radar Cruise Control )」と呼ばれ、先行車や前方の障害物は、ミリ波レーダーとカメラによってセンシングが行われます。

前述の使い方と同じで、ドライバーが速度を設定することで定速走行を開始します。

ミリ波レーダーで先行車との距離を認識しながら、一定の車間距離を保って速度調整しながら走行。あらかじめ設定した速度よりも先行車の速度が遅い場合には、自動的に減速し所定の車間距離になるように調整します。

先行車が出口車線などから退出した場合や、他の車線に車線変更したときなど、前方があいたときにはスムーズに加速して定速走行を再開します。

先行車が減速・停止したときは、運転中の車も減速・停止しその状態を保持します。先行車が再び発進したときは、ドライバーのスイッチ操作もしくはアクセル操作により先行車追従を再開します。

スバル

スバルでは「全車速追従機能付クルーズコントロール」と呼ばれ、アイサイトがサポートしています。

アイサイトではミリ波レーダーを使わず、ステレオカメラで先行車両を検知しています。先行車両がいない場合は、あらかじめセットしたた車速で定速走行をし、先行車がいる場合には、速度に応じた車間距離を保ちながら追従走行を行います。

12分以上停止が続いた場合には、電動パーキングブレーキを使用した停止状態に切り替わります。

ホンダ

ホンダでは「アダプティブクルーズコントロール」もしくは「ACC(Adaptive Cruise Control)」と呼ばれ、あらかじめセットした車速内で車が自動的に加速を行い、先行車と車間距離を保ちながら追従走行を行います。

「渋滞追従機能付き」の場合、先行車が減速・停止したときには運転中の車も完全に停止し、前車が走り出したらスイッチ操作もしくはアクセル操作で追従を開始します。定速走行や追従走行の動作はトヨタのものとほぼ同様です。

マツダ

マツダでは「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(全車速追従機能付)」もしくは「MRCC(Mazda Radar Cruise Control)」と呼ばれ、フロントに設置されたレーダーセンサーとフォワードセンシングカメラにより先行車を検知することによってセンシングが行われます。

定速走行や追従走行の動作はトヨタのものとほぼ同様です。

日産

日産では「インテリジェントクルーズコントロール(全車速追従)」と呼ばれ、前方の障害物を検知するレーダーセンサーを利用して先行車両を認識してセンシングが行われます。

日産では、さらにハンドル支援機能を組み合わせることで、高速道路での自動運転に近い機能を実現することができました。定速走行や追従走行の動作はトヨタのものとほぼ同様です。

後付けはできるのか?

実はクルーズコントローラーは別で購入して設置することで、後付けですることができます。
全ての車種に対応可能というわけではありませんが、マイカーが対応車種であれば、クルーズコントローラーの後付けを検討してみてもいいかもしれません。

おおまかな取り付け方は、クルーズコントローラーを購入し、
1:ブレーキハーネスを取り付ける
2:アクセルハーネスを取り付ける
3:車速信号配線を取り付ける
4:アース配線を取り付ける
5:本体と設定スイッチを固定する
6:初期設定をする
と、文字にすると簡単そうですが、ほぼ配線をいじる作業ですので、間違えてしまうと大変なことになってしまいます。

DIYされる方もいますが、配線処理に詳しくない方は、工賃約10,000円~20,000程、設置時間も1時間ほどなので、無理はせずプロにお願いしたほうが安全です。

まとめ

自分の車にも付いてはいるけど、なんとなく難しそうで使う機会がなかった、という方も多いクルーズコントロール。この記事でご紹介してきたように、操作自体も簡単で、安全性も年々高くなってきています。一度使ってみれば、「もっと使っていれば良かった!」と思える機能だと思得ること間違いなしです。

関連するキーワード


技術 自動運転

関連する投稿


【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

みなさんはロータリーエンジンを知っていますか?ロータリーエンジンが搭載されていた車とは?本記事ではロータリーエンジンの仕組みとそのメリットデメリット、またロータリーエンジンを搭載していた車をご紹介します。車選びの参考にしてみてくださいね。


大ヒット!ペダル踏み間違い防止・対策に「ペダルの見張り番」

大ヒット!ペダル踏み間違い防止・対策に「ペダルの見張り番」

オートバックスセブンから発売されている、ペダル踏み間違え防止装置『ペダルの見張り番』は自動車のアフターパーツとしては異例の大ヒットとなっています。 高齢者の重大事故が社会問題となっている背景もあり、注目されるこの商品ですが、一体どんなものなのか動画も含めてご紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


マツダのロータリーエンジン|復活はいつ?仕組みや歴史、メリット等を解説

マツダのロータリーエンジン|復活はいつ?仕組みや歴史、メリット等を解説

ロータリーエンジンの仕組みから役割、メリットや燃費といったロータリーエンジンの全てを徹底解説していきます。


【まるでレーサー】ローンチコントロールの搭載車とそのやり方

【まるでレーサー】ローンチコントロールの搭載車とそのやり方

スポーツカーに乗っているなら一度は試してみたい?停止状態からすばやく発進加速できて、誰もがレーサーのようなスタートを楽しめる「ローンチコントロール」というシステム。その「ローンチコントロール」の仕組みから搭載車やそのやり方、注意点を紹介します。


最新の投稿


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

スポーツカーで有名な「デ・トマソ パンテーラ」の歴史や各モデルの特徴や紹介、そして燃費や中古価格、評価などをまとめてみました。憧れのクルマに関心のある方は是非ご覧ください。