目次へ戻る

スバルのプレオの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

スバルのプレオの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

プレオは、スバルが2018年まで販売していた軽自動車です。 そのルーツは名車として名高いスバル360に遡ります。本記事ではそんな歴史のあるプレオについて改めて見ていきます。


スバルのプレオの概要・特徴紹介

プレオは、SUBARUが2018年まで販売していた軽自動車です。
そのルーツは名車として名高いスバル360に遡ります。

初代のモデルは1998年の発売から始まり、2007年以降は商用グレードのみとなりますが、結果的に2010年のバルの軽撤退まで生産されました。
スバルが軽自動車の生産からの撤退で一旦消滅したのですが、ほどなくして ダイハツ・ミラをベースにしたOEM供給を受ける形で二代目スバル・プレオが登場しました。

このミラベースのスバル・プレオはベース車からの大きな違いは無く、デザイン的にはスバルの六連星のCIマークや車名エンブレムの変更といった程度になっています。
このミラをベースにしたOEM供給はトヨタも受けており、ピクシスエポックが発売されています。
当時は、これらミライースとピクシスエポック、そしてプレオを合わせて軽自動車「三兄弟」と言う人もいました。

スバルのプレオの基本スペック・燃費

駆動方式 FF
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3395×1475×1530mm
室内寸法(長さ×幅×高さ) 2000×1350×1265mm
車両重量 750kg
最大乗車定員 4名
燃費 24.2km/リットル
最小回転半径 4.2m
総排気量 658cc
最高出力 58ps(43kW)/7200rpm
最大トルク 6.6kg・m(65N・m)/4000rpm
燃料タンク容量 36リットル
新車価格 884,572円

プレオの実燃費

インターネットで集められているユーザーからの実燃費の報告を見てみると、レギュラーで15km/L前後、ハイオクで13km/L台半ばといった報告を多く見ることができます。

平均値だけを比べると、ベースが同じであるはずのミライース等に比べると実燃費が悪い印象がありますが、ユーザー層の違いから乗り方に違いが出てくるという点があります。

また、初代モデルからの報告も含まれる一方で、現行のミライース等は最新モデルからの報告も含まれるので、比較した場合、抑えめな数字になっていると考えられます。

プレオの新車・中古車価格

プレオ グレード別新車価格

スバル プレオ(2014年発売モデル)のグレード別価格は以下のようになっていました。
ミラと比較すると若干高めに設定されていたようです。

A(5MT) 740,571円
A(CVT) 807,429円
A(5MT フルタイム4WD) 881,485円
A(CVT フルタイム4WD) 948,343円
Fスペシャル(5MT) 884,572円
Fスペシャル(5MT フルタイム4WD) 1,025,486円

プレオの中古車価格

中古車市場でのプレオの価格は、比較的ばらつきもすくなく選びやすいものになっていると言えるでしょう。
初代と二代目の流通が多い価格帯をまとめてみると以下のような傾向が見て取れます。

初代 10万円前後~40万円台
二代目 30万円前後~50万円台

一つ注意点としては、初代プレオにはイグニッションキーシリンダーの不具合によるリコールがありました。

これは摩耗部品の消耗による不具合で、古いプレオではよく起こる現象と言われており、中古で購入する場合には少し注意が必要と指摘されています。

プレオのデザイン

初代プレオのデザインは、独立したボンネットをもつフォルムと6ライトのウインドウグラフィックが特徴的なトールワゴンとしてデザインされていました。

ただ他社の一般的な軽のトールワゴンより低めの車高となっています。
後部のやや角張ったデザインは車内容積を確保する実用的な面もありました。
一方で二代目はミラと同様流れるような曲線のラインが後部に伸びる形でボックスを意識させないデザインになっています。

エクステリア

二代目の外見はダイハツのミライースから大きな変更は無く「心地良い車」というデザインコンセプトは同じダイハツからOEMを受けているトヨタのピクシスエポックと伴に違いはありません。

一番大きな違いは前後とステアリングにあるスバルのエンブレムです。
ただスバル純正のナンバープレート台などのエクステリアパーツがあり、そこからスバルということを主張をすることもできます。

インテリア

インテリアはコンパクトにまとめられています。
特にプレオの中でも特別仕様車である「Fリミテッド」のグレードでは、レバー式運転席シートリフターやオーディオの強化など、快適性を重視した装備も導入されています。

プレオの口コミ・評価

自動車情報サイトのレスポンスでは、ジャーナリストによる試乗評価やユーザーによる口コミ情報を見つけることはできなかったのですが、二代目のOEM元になったダイハツのミラの評価が高く、ユーザーの声もそれに準ずる形で全体としての評価も高いようです。

まとめ

同じプレオでも、初代と二代目とは分けて考えた方が良いかもしれません。
「スバルらしさ」を求めるのであれば、値段もこなれている初代が選択肢になるかもしれませんが、かなり古い車になるという点には注意が必要です。

その一方で、特に「スバルらしさ」にこだわりが無く現代的な乗りやすさの方を重要視して考えると、二代目でも後期のモデルを選んだ方が無難でしょう。
ベースが同じダイハツのミラやトヨタのピクシスエポックとの比較をしてみると、お買い得なケースを見つけることができるかも知れません。

関連するキーワード


スバル 車種情報 プレオ

関連する投稿


スバルのインプレッサWRX STI |中古価格・燃費・維持費を紹介

スバルのインプレッサWRX STI |中古価格・燃費・維持費を紹介

WRX STIをご存知でしょうか。WRX STIは、インプレッサがベースにモータースポーツで培ったテクノロジーを投入した「走り追求し、極めた車」です。WRX STIは、幾度となくマイナーチェンジをしてきたのですが、どんな魅力があり、燃費・中古車価格・維持費となっているかを見ていきましょう。


人気の「スバル BRZ」の特徴や歴史、中古価格や燃費まで総まとめ

人気の「スバル BRZ」の特徴や歴史、中古価格や燃費まで総まとめ

乗るのが楽しみになる「スバル BRZ」の特徴や歴史、そして気になる燃費や中古価格などをまとめてみました。「スバル BRZ」に乗り換えをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。


実力派のスバル レガシィアウトバック|特徴や価格、スペックは?

実力派のスバル レガシィアウトバック|特徴や価格、スペックは?

スバル レガシィアウトバックは、人気のクロスオーバーSUVです。しかし、その歴史は古く、SUVとしての性能はかなり高く、実力派であると言えます。今回は歴代のレガシィアウトバックから最新モデルまで、特徴やスペック、中古価格などをご紹介していきます。


「e-BOXER」追加でさらに人気のスバルXV|スペックや燃費・価格・評価一覧

「e-BOXER」追加でさらに人気のスバルXV|スペックや燃費・価格・評価一覧

人気のクロスオーバーSUVである、スバルXV。2018年10月にハイブリッドシステム「e-BOXER」も追加され、さらなる人気を博すスバルXVの特徴やスペック、価格、そして気になる燃費を紹介します。


【ニューヨークモーターショー2019】スバルのアウトバック 新型発表へ

【ニューヨークモーターショー2019】スバルのアウトバック 新型発表へ

スバルの米国部門は4月10日、米国で4月17日に開幕するニューヨークモーターショー2019において、新型『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』に相当)を初公開すると発表しました。


最新の投稿


新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。