目次へ戻る

【まるでレーサー】ローンチコントロールの搭載車とそのやり方

【まるでレーサー】ローンチコントロールの搭載車とそのやり方

スポーツカーに乗っているなら一度は試してみたい?停止状態からすばやく発進加速できて、誰もがレーサーのようなスタートを楽しめる「ローンチコントロール」というシステム。その「ローンチコントロール」の仕組みから搭載車やそのやり方、注意点を紹介します。


ローンチコントロールとは

ローンチコントロールのやり方を説明するまえに、ローンチコントロールとは何か、まずは基本的なところから説明します。

ローンチコントロールとは車のスタート時に使用するものであり、完全に停止している状態から、スムーズに素早く発進加速させるための自動制御装置のことを指します。

通常のミッション車であれば、素早く発進加速するためには、エンジンの回転数にクラッチの繋ぎ加減など、細かい調整のテクニックが必要になりますが、ローンチコントロールがあればコンピューターのプログラムによって、誰でも簡単に急速発進が可能になるのです。

つまり、ローンチコントロールとはテクニックがなくても、自動で発進加速ができるものということです。

ローンチコントロールの仕組みと構造

ローンチコントロールとは、発進加速させるための自動制御装置のことですが、どのような仕組みと構造によって行われているのでしょうか。

車を停止状態から急発進させるとき、エンジンの回転数を上げ過ぎるとタイヤの空転が起こりますが、ローンチコントロールはエンジンの回転数を一定以上上がらないよう制御するため、タイヤの空転が起こりません。

また、エンジンの回転を制御するときに、車のスピードが設定速度以下になったときにも制御する仕組みになっています。

このような一連のシステムを自動実行する構造が備わっていることで、スムーズな急速な発進加速が実現できるのです。

ローンチコントロールの歴史

ローンチコントロールは、スムーズな急速発進が可能なため、以前はF1でも広く使われていて、開発なども盛んに行われていました。

しかし、ローンチコントロールは前述にも説明したとおり、特別な技術が必要なく、誰にでも簡単に行えるものです。そのため、F1ではスタート時のポジション争いも考慮して、ドライバーの技術力も求めるように2004年に禁止になりました。

つまり、それ以前からローンチコントロールの歴史は始まっているのですが、現在ローンチコントロールが搭載されている主な車種では、2007年に日産GTRでローンチコントロールが搭載されていました。

ローンチコントロールの搭載車と設定・実行方法

ローンチコントロールは、もともとモータースポーツ車両に搭載されていましたが、現在一般的にはハイパワースポーツカーに搭載されていて、走行性能が売りの一般車両にも搭載されています。

多くのハイパフォーマンスカーには、ローンチコントロールがほとんど標準で装備されていますが、標準装備されていない車両であっても、メーカーによってはオプションで設定が可能なものもあります。

また、ローンチコントロールは外国車に多く搭載されているイメージですが、日本のメーカーの自動車にも設定されているものがあります。

ここでは、具体的にローンチコントロールが搭載されている主な車を挙げて、設定とやり方を紹介します。

ポルシェ

ポルシェのローンチコントロールのやり方は、まずコンソール上にあるスポーツプラスのスイッチでモードを切り替えます。

次に、左足でブレーキペダルを強く踏んで、右足はアクセルをベタ踏みします。このときに必ずセレクトレバーがドライブに入っていることを確認しておきましょう。

ローンチコントロールのインジケーターが点灯すると発進体制になるので、左足のブレーキペダルを離せば急速発進が可能になります。

アルファロメオ

アルファロメオも操作のやり方によって、ローンチコントロールを作動させることが可能になっています。

まずは、車両の走行モードを切り替えるスイッチにより、ダイナミック(D)モードに切り替えます。

ギヤをマニュアルモードにして、ブレーキを踏みながらアクセルと踏み、エンジンの回転数が上がったら、ブレーキを離すと急速発進ができます。

スバルのレガシィやレヴォーグ

スバルのレヴォーグには、ローンチコントロールが搭載されていませんが、次のやり方でローンチコントロールと同じような急速発進ができます。ただし、エンジン排気量2.0L車のみ可能なやり方なので、注意が必要です。

まず、SI-DRIVEを「S#」モードに入れます。左足でブレーキ、右足でアクセルを同時に踏み込み、その後ブレーキのみを離します。このやり方で、ローンチコントロールのような急速発進が可能になります。

BMWのMシリーズ

BMWにはM3シリーズのほか、2シリーズや4シリーズにもローンチコントロールが搭載されています。

ローンチコントロールのやり方は、まずブレーキを踏み込んでおきます。次にDSCスイッチをオフにします。

続いて、ギヤをDとSにシフトして、ブレーキを踏んだままアクセルを踏み込むと、ディスプレイにフラッグのマークが表示されます。

その後3秒でブレーキペダルを離すと、急速発進ができます。

アウディ

アウディには、多くのモデルにローンチコントロールが装備されています。具体的なやり方は、まずESPスイッチをオフにしておきます。

次にギヤをDから+・-に入れ、マニュアルモードにしておきます。ここまでで、準備のやり方が完成です。

続いて、左足でブレーキを踏み込み、右足でアクセルを踏み込みます。エンジンの回転数が上がって安定したら、ブレーキを離します。

日産 GT-R

日産のGTRでは、Rモード発進を装備することで急速発進が可能になっています。そのため、やり方としては始めにRモードに切り替えることが必要になります。

最初にトランスミッションとVDC-RをRモードに切り替えます。こちらは、スイッチで簡単に切り替えられます。

続いて、他のスタートのやり方と同じように、左足でブレーキを踏み、右足でアクセルを踏み込むと発進体制になるため、ブレーキを離すと急速発進できます。

三菱 ランサーエボリューション

三菱ランエボのローンチコントロールのやり方は、まず制御モードを「S-SPORT」モードに切り替えます。

次に、ASCを1回押して、制御をOFFにします。ここまでのやり方ができたら、ブレーキを踏みながらアクセルを踏み込んで、エンジンの回転数が高まって安定したら、ブレーキを離します。

ローンチコントロールを試してみた評価

主なモデルのローンチコントロールのやり方が分かったところで、実際にローンチコントロールを試してみたオーナーがどんな評価をしているのか、ネット上での口コミを見てみましょう。

Rモードスタートでは、気温や路面状況さえ許せば、誰でも0-100km/h加速3秒という驚異的な加速性能が叩き出せるとか。米国の自動車メディア、『Automobile』が公開したGT-Rの驚異的な加速映像は、新旧比較とともに、動画共有サイト経由で見ることができる。

ローンチコントロールを作動させ、ブレーキペダルを踏んだ停車状態のままアクセルペダルを床まで踏み込むと、エンジン回転数が3,000rpmに保持されます。ブレーキペダルから足を離すと発進します。スポーツモードを選択した場合は、ESCによるトラクションコントロールのアシストにより、無用な駆動スリップも回避できます。

速さに関しては文字で見ると、なかなか想像できませんが、体感としてはかなりスピードがあるということなのでしょう。

ローンチコントロールは後付けできる?

ハイパフォーマンスカーには標準装備されていることが多いローンチコントロールですが、モデルによっては装備されていないものもあります。
ただ、ローンチコントロールは後付けで再設定が可能です。

ローンチコントロールはコンピュータープログラムによって設定されているため、後付けでエンジンの回転数を再設定することができるのです。

ローンチコントロールする際の注意点

ローンチコントロールは、スムーズは発進を可能にする魅力的なものではありますが、注意すべき点もあるので、事故を防ぐためにも予め把握しておかなければなりません。

そもそも、公道で急速発進をさせる必要性はなく、失敗すると危険が高まるだけでなく思わぬ事故にもつながるため、サーキットなどでのみ使用するのが無難です。

簡単そうであっても、急速発進のスピードに体がついていかなければ、失敗してむち打ちになる可能性も否定はできません。自分自身のみならず、人を巻き込んでしまうこともあります。

また、ローンチコントロールを多用することで、エンジンやドライブシャフトに大きな負担がかかり、故障してしまいます。

ローンチコントロールのやり方を試してみるのもいいですが、車への負担やドライバーとしての責任も念頭に置いた上で行うようにしましょう。

関連するキーワード


技術

関連する投稿


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


マツダのロータリーエンジン|復活はいつ?仕組みや歴史、メリット等を解説

マツダのロータリーエンジン|復活はいつ?仕組みや歴史、メリット等を解説

ロータリーエンジンの仕組みから役割、メリットや燃費といったロータリーエンジンの全てを徹底解説していきます。


クルーズコントロールとは?使い方から後付け方法 各社の機能比較も

クルーズコントロールとは?使い方から後付け方法 各社の機能比較も

クルーズコントロールの基本的な機能や役割に使い方、後付け製品の比較までといったクルーズコントロールについてご紹介していきます。


スバルのリニアトロニックCVT|構造・仕組みを説明。欠点や評価も紹介

スバルのリニアトロニックCVT|構造・仕組みを説明。欠点や評価も紹介

スバルの最新トランスミッション「リニアトロニック」。5代目レガシィに初搭載されてから、現行スバル車の殆どの車種で採用されています。このリニアトロニックの構造や仕組み、評価やメリットから寿命などの欠点まで紹介します。


AWDと4WDの違いって何?意味やメリット、各社の技術や代表車種を紹介

AWDと4WDの違いって何?意味やメリット、各社の技術や代表車種を紹介

車の駆動システム「AWD」。そもそもどんなものなのか、4WDとの違いはどこにあるのか?といった疑問をもたれてる方も多いのではないでしょうか。今回はAWDの意味からメリットについて、各社のAWDシステムの紹介や代表車種についての紹介を掲載しています。


最新の投稿


令和元年【2019ゴールデンウィーク(GW)】渋滞予測・混雑日・混雑する道路ほか

令和元年【2019ゴールデンウィーク(GW)】渋滞予測・混雑日・混雑する道路ほか

2019年のゴールデンウィークは4月27日~5月6日まで、最大で10日間の大型連休となります。ゴールデンウィーク期間中の渋滞予測から、最も渋滞が予測される日をご紹介します。【4月25日更新】


行ってみたい!新潟県北部の道の駅一覧 Part1

行ってみたい!新潟県北部の道の駅一覧 Part1

新潟県は甲信越地区における日本海側の自治体で、佐渡島を有しています。天然記念物の朱鷺(とき)や瓢湖の白鳥、冬になると越後湯沢などを中心にスキーのメッカとして有名です。新潟県内の道の駅は39か所と北陸エリアでは比較的多いほうですので、今回は新潟県北部エリアの道の駅を中心に紹介します。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

日産のSUV エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズまとめ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。