目次へ戻る

カタログ記載の「WLTCモード」って、いったい何?WLTPとの違いは?

カタログ記載の「WLTCモード」って、いったい何?WLTPとの違いは?

自動車情報サイトやメーカーのカタログでこれまで長らく親しんできた、燃費の参考となる「JC08モード」の項目。それと併記される形で「WLTCモード」という見慣れない項目が。これはいったいなんだ?と気になっていた方も多いのではないでしょうか? これまでの「JC08モード」との違い、導入に至った経緯、また、導入による影響などを詳しく紹介します。


最近自動車のスペック表を見ていたら、見慣れない項目が。「WLTCモード」っていったい何?

「WLTC」は、(Worldwide-harmonized Light vehicles Test Cycle)の略で、意味は「世界的に調整された自動車の試験方法」です。

「WLTCモード」の日本での導入時期は2017年夏頃からで、「WLTCモード」の燃費を計測した車種から順次「JC08モード」燃費と併記される形でカタログに記載されていますが、2018年10月からは日本国内で発売される車は「WLTCモード」での燃費の表示は"義務"となり、2020年9月以降は「JC08モード」の記載は無くなり「WLTCモード」で計測された燃費のみがカタログに記載される予定です。

WLTCモードはJC08モードとどう違う?

WLTCモードの測定試験の最大の特徴は、一車種につき、3つのモードの数値を算出することです。モードの種類は「市街地モード」、「郊外モード」、「高速道路モード」の3つです。実際の走行場面に近い状態で測定されるため、かなり正確に実燃費を予想することができると言われています。

では、「WLTP」というのは何?

「WLTP」とは、(Worldwide harmonized Light vehicles Test Procedure )の略で、意味は、「乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法」です。

国際的整合性の取れた標準試験方法を確立することで、国や地域ごとにバラバラだった排出ガスや燃費の試験方法が統一され、一度の試験で多くの国での認証に必要なデータが取得可能になると言われています。

これまでのJC08モードよりもシビアな測定値が出る為、ユーザーにとっては有益な指標となりますが、メーカーはもしかしたらこれまでより大幅に悪い数値が出はしないかと、ハラハラしながら見守っているのかもしれませんね。

WLTP燃費値の、JC08燃費値との特注的な相違点として、アイドリングストップ時間の比率が小さくなっている事が挙げられます。その為、JC08燃費値は良かったアイドリングストップ搭載車が、WLTP燃費値はイマイチな数値になる可能性があります。

相対的に非アイドリングストップ搭載車には有利で、アイドリングストップ搭載車は不利と言えるかもかもしれません。

これまでの「乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法(WLTP)」導入の流れ

2014年3月に、国連の自動車基準調和世界フォーラム(WP29)でWLTPの世界統一技術規則(GTR)が採択されました。WP29のメンバー国は、日本、中国、韓国、米国、カナダ、オーストラリア、南アフリカ、欧州諸国などです。

日本の国土交通省は、"我が国独自の制度からWLTPに速やかに移行"するとかねてから発表していましたが、EU諸国から遅れる事1年余りの2018年10月に、遂にWLTCモードの記載を義務化しました。いよいよ、という感じでしょうか。

じゃあ、米国や中国もWLTPを採用するの?

メンバー国が必ず、WLTPを採用するわけではないようです。なぜなら、メンバー国である米国が、早々にこのWLTPからの離脱を発表しているからです。"PM2.5”などで何かと話題の中国には、ぜひともWLTPを採用しもらいたいですね。

WLTCモードの測定値が良い国産車

日本を代表する二大メーカーであるトヨタと日産から、WLTCモード測定値の良い車種をピックアップしてみました。

【WLTCモードの測定値の良い日本車①】トヨタ編

『トヨタ・カローラ スポーツ ハイブリッドG“Z”』
意外にもプリウスではありませんでした。やはり新しい車種の方が性能が良いという事なのでしょうか。

トヨタカローラスポーツ(ハイブリッド)は、2006年まで販売されていたカローラランクス以来となる、カローラシリーズ久々のハッチバックです。かつて、車といえば、カローラ!庶民の味方カローラ!といったイメージが日本人には強くありました。子供の頃、家の車がカローラ(セダン)だった人は大勢いると思います。

エンジンルーム、キャビン、トランクルームの3ボックスという、”ザ・乗用車”というかたちとは異なりますが、日本の道路事情を知り尽くしたトヨタならではの必要十分な動力性能、室内の適度な広さ、トランクルームの収納力と、カローラという名前に懐かしさと安心を感じる人が乗っても、遜色ないクルマだと言えます。

カローラスポーツにとっての一番のライバルは、Cセグメントの欧州車勢でも、国内他メーカーでもなく、同じトヨタ自動車のプリウスかもしれません。

【カタログスペック】
◎燃費
・WLTCモード:25.6km/リッター
・JC08モード :30.0km/リッター
◎車両データ
・全長:4375mm
・全幅:1790mm
・全高:1460mm
・ホイールベース:2640mm
・車重:1400kg
・駆動方式:FF
・エンジン形式:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ
・モーター:交流同期電動機
・トランスミッション:CVT
・エンジン最高出力:98ps(72kW)/5200rpm
・エンジン最大トルク:142Nm(14.5kgm)/3600rpm
・モーター最高出力:72ps(53kW)
・モーター最大トルク:163Nm(16.6kgm)
・システム総合出力:122ps(90kW)
・タイヤ(前)225/40R18 88W
・タイヤ(後)225/40R18 88W(ダンロップSP SPORT MAXX 050)

【WLTCモードの測定値の良い日本車②】日産編

一方日産車でWLTCモード測定値の良いクルマは、なかなかみつからず・・・というより、日産は2019年01月まで、WLTCモードでの測定結果を発表していなかったのです。
『日産 リーフ e+(イープラス)』は、そんな日産車で初めてWLTCモード燃費を表示した車種です。気になる測定結果は・・1回のフル充電で458km走行可能となっています。満を持して登場しただけあって素晴らしい燃費ですね!


リチウムイオン電池を搭載している為、重量は結構あります。電気自動車という事で気になる動力性能ですが、最高出力:218ps(160kW)、最大トルク:340Nm(34.7kgm)と十二分なパワーを秘めていて、多くの人は運転することにストレスどころかむしろ喜びを感じられるのではないでしょうか?

【カタログスペック】
◎燃費
JC08モード  570km
WLTCモード 458km
◎車両データ
・全長:4480mm
・全幅:17905mm
・全高:1545mm
・ホイールベース:2700mm
・車重:1670-1680kg
・駆動方式:FF
・モーター:交流同期電動機
・最高出力:218ps(160kW)/4600-5800rpm
・最大トルク:340Nm(34.7kgm)/500-4000rpm
・タイヤ:(前)215/50R17 91V
・タイヤ:(後)215/50R17 91V(ダンロップ・エナセーブEC300)

WLTPの採用で大きな影響が

WLTPは規制ではなく、あくまで検査方法です。ですが、新たに導入されたWLTPで測定した車両は、CO2の排出量の数値が大きく増加していることが分かってきました。

これまでの基準と新基準であるWLTPの計測結果に乖離があることは予想されていましたが、この結果は予想以上に大きなものとなっており、影響は無視できないものになっています。

具体的には、WLTP未認証の為に自動車メーカーが在庫を抱えてしまい、値下げ販売を余儀なくされるといった事態も発生しています。

欧州では、排出ガス規制に適合しなかった自動車には、罰金排出ガス一台1gあたり95ユーロの罰金が科せられるそうです。日本、韓国、中国などのアジア諸国より、環境に対する意識が高いようですね。

【まとめ】

WLTP導入に伴う多少の混乱(未認証の車両の在庫のダブつきなど)はあるものの、新たな検査方法の導入で、実態に即した数値を消費者が知ることで、動車業界全体はより一層の環境性能の向上に自邁進していくことでしょう。メーカー各社の努力に大きく期待しつつ見守りたいところです。そして、今後はRDE(リアル・ドライビング・エミッション=実路走行排気)にも注目していきましょう。

関連するキーワード


燃費 WLTC

関連する投稿


ディーゼルにこだわるマツダ!仕組みやスペック、メリット・デメリットを徹底解剖

ディーゼルにこだわるマツダ!仕組みやスペック、メリット・デメリットを徹底解剖

燃費だけでなく、パフォーマンスも高いディーゼルエンジン。乗用車ではイメージが薄いかもしれませんが、マツダは幅広い車種でディーゼルエンジンを展開しています。不具合やリコールの話題が出ましたが、維持のポイントを押さえれば大丈夫。圧縮比の知識はもちろん、オイル交換や維持の方法、販売中の車種や中古価格についてもご紹介します。


【国交省発表】2018年末現在最も燃費の良い普通・小型乗用車ベスト10

【国交省発表】2018年末現在最も燃費の良い普通・小型乗用車ベスト10

国土交通省では、自動車ユーザーの省エネルギーへの関心を高め、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、自動車の燃費性能を評価した「自動車燃費一覧」を公表しています。今回、2018年末時点の「自動車燃費一覧」を新たに公表するとともに、燃費の良い乗用車ベスト10を発表しています。栄えある1位はいったいどのクルマ?


ダウンサイジングターボって何?燃費が良いは本当?欠点・デメリットは?

ダウンサイジングターボって何?燃費が良いは本当?欠点・デメリットは?

欧州車を中心に採用されているダウンサイジングターボは、なぜこれほどまでに人気があるのでしょう? また、デメリットはあるのでしょうか? 今回は、ダウンサイジングターボとは何か、分かりやすく掲載します。


ディーゼル車のメリット・デメリット。維持費は安い?おすすめ車種は?

ディーゼル車のメリット・デメリット。維持費は安い?おすすめ車種は?

ガソリン車やHV車に負けることのない人気と魅力が多くあるディーゼル車。本記事では、ディーゼル車のメリット・デメリットや、維持費についての情報をまとめています。更に、今おすすめのディーゼル車も合わせて掲載しています。


本当に燃費の良い、おすすめの軽自動車ランキングTOP10 !

本当に燃費の良い、おすすめの軽自動車ランキングTOP10 !

様々な機能の発達によりどんどん性能が良くなっている軽自動車ですが、中でも一番の特徴は燃費の良さです。どの車も普通車に比べると燃費の良いものばかりですが、軽自動車の中で本当に燃費の良いのは一体どの車種なのか、TOP10をわかりやすくランキング形式でお届けしたいと思います。


最新の投稿


2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

「タント」はダイハツの大人気軽トールワゴンです。そんなタントがフルモデルチェンジして2019年7月ごろ登場します。発売は?価格は?新旧で何が変わるの?他タント新型の最新情報をまとめています。また、新型タントの最新画像も多数掲載!購入検討している方、予約検討している方はぜひ本記事をどうぞ!【6月17日更新】


【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

テスラといえば、イーロン・マスクCEO率いる自動車会社であり、電気自動車の製造・販売をしています。今までにもSUVやセダン、ロードスターと様々なEVカーを作ってきたテスラ。そんな中、ついにテスラが電動ピックアップトラックに着手します!デザインの初公開は2019年夏を予定しています。


【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

気になるニュースが飛び込んできました。なんと三菱の軽クロカンパジェロミニが復活するかもしれないとのこと。三菱を代表する車のひとつ、パジェロの国内生産終了が決まって、悲しんでいる人も多い中、これは嬉しいニュースですね。本記事では三菱の軽クロカン・パジェロミニ復活の最新情報はもちろんのこと、パジェロミニとはどういう車であったのか、について触れています。


上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

上野動物園周辺のおすすめ駐車場15選!安いところは?予約はできるの?

都内で有名な動物園である上野動物園は土日は家族や恋人同士で混雑することも多いです。そんな時困る一つが駐車場が満車の場合です。 今回はそんな上野動物園周辺の駐車場事情をご紹介していきます。


ジムニーシエラ 新型!燃費・走行性能・価格・評価・中古価格は?

ジムニーシエラ 新型!燃費・走行性能・価格・評価・中古価格は?

スズキのジムニーフルモデルチェンジの期待が高まる中、ジムニーシエラも同じタイミングで発売が発表され話題となっています。新型のスペックも気になりますが、改めてジムニーのワイド版・ジムニーシエラについての基本情報・スペック・燃費・評価・新車価格を見ていきたいと思います。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング