目次へ戻る

慣らし運転は必要?それとも不要? 慣らし運転のコツとやり方まとめ

慣らし運転は必要?それとも不要? 慣らし運転のコツとやり方まとめ

新車を買った時やオイル交換をした時などに必要な車の慣らし運転。知ってるようで知らない慣らし運転のコツややり方などをご紹介しています。このページで慣らし運転の知識を身につけて安全なカーライフを送ってください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車の慣らし運転とは

慣らし運転とは、車を新車で購入して一定の期間、車の性能を抑えて車を走行させることを言います。今では「慣らし運転」と言うワードに馴染みのない方も多いと思いますが、一昔前まで新車購入時の慣らし運転は、常識レベルで浸透していました。

それぞれの車に慣らし運転の方法が書かれた説明書が付属しており、それを見て慣らし運転をするのが新車購入時の流れです。しかし今のほとんどの車が慣らし運転に関する説明書を付属しておらず、特に必要ないとも言われています。次の項目では、慣らし運転の効果について詳しく説明しています。

慣らし運転の効果について

慣らし運転の効果は、以下のようなものが挙げられます。

■ネジの緩みを引き起こさない

ネジは金属製品ですが、新車時には初期伸びと呼ばれる、伸縮が起こります。これによってネジが緩むことがあり、慣らし運転をしておくと、初期点検時に、しっかりと締め直すことが可能です。

■駆動箇所にアタリをつける

車のパーツは、多くの金属製品が擦れることで動くようになっています。納車直後は、まだ金属製品が擦れあっていないため、この時にいきなりアクセルを踏み込み回転数を上げたりすると、機械の寿命を縮めてしまうことになりかねません。なので最初は回転数の制限やアクセルの制限が設けられることがあります。

■タイヤの慣らし

プロのレースでは、タイヤを温めるためサーキットを数週回りますが、乗用車のタイヤも同じく、慣らしがあった方が本来の性能を発揮します。新品のタイヤ表面には成型時の離型剤が浸透しており本来よりグリップ力が低下してしまうのです。熱を加えることによって、タイヤ表面を摩耗させて、グリップ力を向上させます。

■新車時のエンジンのバリを取る

金属性のものは、新品時に小さなバリや細かな鉄粉が出てしまいます。それらを除去するための慣らし運転でもあります。すごく些細なことに思えるかもしれませんが、鉄粉が循環オイルの中に混ざっていると、シリンダー内を傷つけてしまいエンジンの性能を落としてしまいます。

慣らし運転の必要性

現代の車は、パーツの精度、および車の完成度が高いため、必要ないとも言われているのですが、本当に必要ないのでしょうか?また必要なのは、どのような場面なのでしょうか?この項目では、オイル交換をするタイミングや、慣らし運転が不要なケースなどを説明していきます。

新車を購入した時

慣らし運転は、新車を購入した時に必要になります。使用開始直後は初期故障期と呼ばれ一番故障が多い時期なのです。年数が経過するにつれ故障の確率はだんだんと減っていきます。

新車時は金属部品がまだ擦れ合っておらず、金属部品にアタリを付けるために慣らし運転が必要だとお話しましたが、この構造に関しては、今も昔も同じです。エンジンが機械である以上、各部品がなじむまでには、ある程度の時間が必要なのも事実。

なので本当は全ての車で慣らし運転をした方が良いのですが、昔より金属部品の精度だったり、オイルの質が向上しているため、現在の車の多くが慣らし運転が不要だとされています。と言うよりもそこまで神経質になる必要はないと考えられています。

通常慣らし運転は、〇kmまでは◯回転数を維持して走ると記載されています。例えば「走行距離が1500kmまでは4000回転を維持して走る」とされている場合、普通に法定速度を守って走行していれば、達成する内容なのです。

オイル交換をするタイミング

新車から1回目のエンジンオイル交換のタイミングは、1000km走行時が理想的です。これだけ走るとエンジン部分の金属バリが取れて、キラキラした金属片がオイルに混じっているのが見て取れます。エンジンオイルの役割はそれだけでなく、他にも以下のようなものが挙げられます。

■潤滑
■洗浄
■冷却
■防錆
■気密保持

慣らし運転が不要なケースとは

慣らし運転が必要ないケースとしては、メーカーから必要ないと記載されている場合や、購入したデイーラーに質問して、必要ないと言われた場合です。また同じメーカーでも車種が異なれば、慣らし運転が必要な場合があります。

例えば日産GTRなどは、現行モデルでも慣らし運転が必要な車です。スポーツタイプの車の多くは慣らし運転が必要なケースが多いことが見受けられます。

ディーラーで確認をして安全運転を心がけましょう

結果慣らし運転は必要ない場合が多いですが、ご自身で判断せずにプロのいる購入店できちんと確認をしておくことが重要でしょう。

関連するキーワード


カーライフ

関連する投稿


【カーセキュリティー】目的別そろえておきたいグッズとそのポイント

【カーセキュリティー】目的別そろえておきたいグッズとそのポイント

あなたの愛車を狙う卑劣な車上荒らし・盗難。愛車を守るためにどのようなカーセキュリティーグッズをそろえればよいのでしょうか。しかし、せっかくグッズを買っても、状況によってはあまり役に立たないことも。今回は、各カーセキュリティーグッズの特徴と使いどころをご紹介したいと思います!


2020年度版!ポータブルバッテリーの選び方とおすすめ商品

2020年度版!ポータブルバッテリーの選び方とおすすめ商品

これから海にキャンプにと、愛車のお供にポータブルバッテリーが欠かせない季節になってきました。しかしいざ選ぼうと思っても商品が多くて迷ってしまいますね。今回はポータブルバッテリーの選び方や2020年の傾向も交えてお伝えしようと思います!


ゴールド免許にする条件は?最短何年?更新期間以外のメリットは?

ゴールド免許にする条件は?最短何年?更新期間以外のメリットは?

優良ドライバーであることを意味する「ゴールド免許」。このゴールド免許を取得するにはどういった条件があるのか。また、最短何年で取得出来て、取得後のメリットはどういったものがあるのか。ゴールド免許を取得する際や取得後の注意点などについてここではわかりやすく解説しています。


オイルエレメントの交換は必須!交換時期や費用は?交換しないとどうなる!?

オイルエレメントの交換は必須!交換時期や費用は?交換しないとどうなる!?

エンジンオイルエレメント。車に詳しい方はご存知かもしれませんが。あまり馴染みのない方にとっては、エレメントの交換のタイミングや、交換費用、交換時期まではイマイチわからないものです。当記事ではエレメントが担う重要な役割と交換の目安に関して、交換費用に関しても解説しています。


慣らし運転は必要なの?メーカー別情報も

慣らし運転は必要なの?メーカー別情報も

新車を買った時やオイル交換をした時などに必要な車の慣らし運転。知ってるようで知らない慣らし運転のコツややり方などを紹介しています。慣らし運転の知識を身につけ、安全で快適なカーライフを送ってください。


最新の投稿


おすすめカーオーディオ5選!選び方や取り付け工賃までご紹介

おすすめカーオーディオ5選!選び方や取り付け工賃までご紹介

カーオーディオが欲しい時、どれを選べば良いのか迷いませんか?今回は、カーオーディオを購入検討している人に向けて、どんなカーオーディオがあるのか、特徴、選び方を説明していきます。


人気の原付バイク 買うべきおすすめ車種15選!値段や相場も

人気の原付バイク 買うべきおすすめ車種15選!値段や相場も

原付バイクをこれから購入しようと考えている方へ。メーカー毎にオススメのバイクの値段(新車価格、中古価格の相場など)をご紹介。男性にオススメのカッコイイ原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイク、値段も合わせてそれぞれご紹介しています。また、原付・中型・大型の違いや、そもそも原付とは何か?についても説明します!


大人も夢中に!おすすめの車のおもちゃをご紹介

大人も夢中に!おすすめの車のおもちゃをご紹介

世の中には、車のおもちゃが沢山あります。開封してすぐに遊べる完成品のおもちゃから、自分でパーツを組み立てるおもちゃ、ケースに入れて飾って愛でるだけの動かせないおもちゃまで、種類は様々です。今回はその中でも、”つくる”車のおもちゃについて解説していきます。


世界の高級車ブガッティとは?代表車種もご紹介

世界の高級車ブガッティとは?代表車種もご紹介

車好きの方なら一度は名前を聞いたことのある自動車メーカーがブガッティだと思います。この車は、普段目にする機会があるほど台数が販売されている車ではありません。ブガッティといえば高級車の代表のような印象を持っていると思いますが、仰る通りブガッティは高級市販車です。今回はそのブガッティにフォーカスしてみましょう。


バックトゥザフューチャー・デロリアン|新車・中古車情報

バックトゥザフューチャー・デロリアン|新車・中古車情報

デロリアンといえば、ほとんどの方が映画バックトゥザフューチャーを思い浮かべるのではないでしょうか?今回は、そんなデロリアンの性能や新車・中古車情報などについて詳しく解説していきたいと思います。