トップへ戻る

ポリッシャーで車を磨く方法とおすすめ商品5選!

ポリッシャーで車を磨く方法とおすすめ商品5選!

スポンジなどを使った手作業の洗車では取り戻すことが難しいあの新車時の輝き。そういうときに車が驚くほど輝きを取り戻す道具、それが(電動)ポリッシャーです。しかしポリッシャーは一言でいうと研磨機。初心者には難易度が高いことも。そこで正しいポリッシャーの使用法や、女性・初心者から中級者向けおすすめ商品もあわせてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ポリッシャーとは?

体験型工具専門店 BULLET バレット

購入時にはピカピカだった車も、経年劣化や外的要因でキズやくすみが発生し、手洗いの洗車だけではなかなか満足のいく輝きが出てこないものです。そのときに活躍するのが「車用電動ポリッシャー」

ポリッシャーとは車体を研磨し汚れを取るための電動工具です。ポリッシャーに取り付けられた円盤状のバフが高速回転して車体を研磨すると微細なキズがなめらかになります。そしてワックスをかけると塗りムラが少なくなり、輝くボディが復活するのです。

しかし、事前に十分な知識ややり方を知らずにポリッシャーをかけてしまうと、そこは研磨機ですから取り返しのつかないキズがついてしまうことも。あまりDIYの腕に自信のない方は専門店に依頼した方が無難です。

また、初めてポリッシャーを操作するという方は研磨する力の弱い(その代わり、失敗が少ない)初心者用のものから始めていきましょう。

ポリッシャーの種類

ポリッシャー画像

ポリッシャーには「ダブルアクション」「ギアアクション」「シングルアクション」の3種類があります。

ダブルアクション

「ダブルアクション」はポリッシャーが少しずつ中心をずらしながら回り円を描いていくように動きます。
研磨する力は低いですが、その分失敗した場合のキズがつきにくいので、初心者向けです。
また、ほかのギアアクションやシングルアクションで研磨した後の仕上げの研磨に使用されます。

ギアアクション

「ギアアクション」はギザギザとした動きをしながら円を描いていくように動きます。
使いやすさや研磨する力はダブルアクションとシングルアクションの間くらいで、中級者向けといえます。

シングルアクション

「シングルアクション」はバフの回転のみで、ポリッシャーへの力の入れ具合や位置の移動など、操作する本人の力量が問われます。
最も研磨力の高いものでキズもつきやすく、上級者向けです。

ポリッシャーを使った一連のコーティング・ワックスがけの作業

ポリッシャー画像

では早速ポリッシャーを使って…といきたいところですが、ポリッシャーを使った一連の作業の流れが重要になってきます。そのやり方を間違うといくら高価で高性能なポリッシャーを持っていても意味がありません。

では、その作業の流れを見ていきましょう。

下準備から入念に

東京都板橋区にあるカーポリッシュオーソリティ

作業は炎天下やホコリが舞う可能性のある風の強い日は避けて行います。車を傷つける恐れがあるので作業する服にはボタンやファスナーなどがついていないものを着用します。

また、ガレージ内で作業する場合には、ポリッシャーの研磨によって粉じんが出るのでマスクを着用しましょう。

洗車

まず車体についた泥や砂、水あかなどの汚れを落とす作業から始めます。汚れがついたままポリッシャーをかけると車体にキズをつける可能性があるからです。

洗車が済んだらきれいに水分をふき取り、さらに鉄粉や落ちなかった汚れがないかチェックし除去します。

それが終わったらポリッシャーをかけない部分(ゴムの部分など)にマスキングテープを貼っていきます。

車体のマスキング

車体のマスキング

ポリッシャーをかける作業

ポリッシャーがけの作業

下準備が終わったらいよいよポリッシャーをかけていきます。ポリッシャーでまず低回転から磨いていきます。

バフやコンパウンドの具合を見るという目的もありますし、最初から高速回転で磨いてしまうと初心者のうちはキズをつけてしまうこともありますので、状態を見ながら徐々に回転数を上げていきます。

また、コツの一つとしてポリッシャーはあくまで手で支えるくらいに考え、決して車体に押しつけないようにしましょう。「電動」ですから、その力で磨いていくと考えましょう。

カーポリッシュオーソリティの横山代表

磨いていく範囲を均一にムラが出ないようにポリッシャーをかけることが重要です。磨く部分、ボンネットやドアを一つの四角として考え、半分あるいは4分の1の範囲に分けましょう。

4分の1に分けたとして、その4つの区画「A」「B」「C」「D」をA→B、B→Cといった具合に一区画を一定の動きで同じ数だけ磨き、磨き終わったら次の区画へ…というようにしてポリッシャーをかけていきましょう。

もし区画分けをせずにやみくもに磨いてしまうと1回磨いた場所なのに2度3度磨いていたり、逆に回数が少ないところがあったりと磨きムラになっていまいます。

ポリッシャーで磨くときは細い面や、塗装のクリア層が薄いエッジ部分は気をつけましょう。たとえばピラーなどを磨くとガラス面まで一緒に削ってしまう可能性があります。

細い面を磨く専用のポリッシャーもありますが、均一に磨けそうになければ無理にポリッシャーを使わず手作業で磨きます。

ポリッシャーで磨いた後の流れ

ポリッシャーで車を磨いたら「脱脂」をします。これは、作業後にコンパウンドに含まれている油分を洗い流し、ふき取る作業です。それから最後にコーティングまたはワックスをかけ、十分に乾燥させます。

これがポリッシャーを使った磨きから仕上げまでの一連の作業となります。ポリッシャーは研磨をする道具なので、作業はあくまで半年から1年に1回くらいにとどめておきましょう。

ポリッシャーおすすめ5選!

では、これからおすすめのポリッシャーを紹介していきたいと思います。

1.プロスタッフ シャインポリッシュ S AC100V

家庭のコンセントから電源を取ることができ、軽量でコンパクト。ダブルアクションタイプで初心者でも安心して使うことができます。

両手でグリップアームを持つようになっており、振動も小さく手元がぶれたり、キズをつける心配がほとんどありません。駆動音が小さく、住宅街でも周りを気にせず作業をすることができます。

プロスタッフ 自動車塗装面用電動ポリッシャー シャインポリッシュ S AC100V

2.リョービ ダブルアクションポリッシャー PED-130KT

ダブルアクションタイプでこちらも初心者向きです。研磨前の水あか取りを行うこともできます。

そのほか、ヘッドライトのくすみ取り、専用の艶出し材で撥水加工などの作業もできるようになっています。電源コードは5mで、収納バックつきです。

リョービ ダブルアクションポリシャ PED-130KT 637011A

3.マキタ 125mm充電式ランダムオービットポリッシャ PO500D

こちらはギアアクションとダブルアクションどちらの駆動も可能です。充電式のコードレスタイプ、「仕上げモード」でムラのないきれいな仕上がりができるようになっています。

本格的に車を仕上げたいという方におすすめで、ある程度ギアアクションで研磨の調整ができることから中級者向けといえるでしょう。

マキタ 充電式ランダムオービットポリッシャ PO500DRG

4.リョービ シングルアクションポリッシャー PE-201

安定した研磨を可能にし、100Vクラスではハイパワーを誇ります。負荷をかけても回転数の落ち込みを抑えることで、ムラができづらく安定した研磨が行えるフィードバック回路を搭載。
ダイカスト製プロテクターで本体の摩耗を防ぎます。

片手で操作しやすく作業に合わせ回転数を調節できますが、シングルアクションタイプで上級者向けです。

リョービ(Ryobi) 電子シングルアクションポリッシャー PE-201

5.マキタ サンダポリッシャ 9237C

950Wのハイパワーでプロも使用する研磨力の高いシングルアクションタイプです。スピード調整ダイヤル・無段階変則スイッチ・うっかりミス防止用のロックボタンつき。

非常にパワフルなため使いこなすにはコツが必要な上級者向けです。ポリッシャー作業に慣れ、腕を上げたところで購入を検討しましょう。

マキタ サンダポリッシャ 180mm 9237C

まとめ

体験型工具専門店 BULLET バレット

ポリッシャーを上手に使用すると車のボディはピカピカになりますが、一連の作業は慣れるまでにコツが必要となってきます。どうしても機械類に自信がないという方は業者さんに頼むのが確実かもしれません。

しかし自分でボディをピカピカに磨き上げたいと思っている方であれば、作業をしながら腕を磨いていきましょう。自分で仕上げた美しい車にはいっそう愛着を持つことができるはずです。

関連する投稿


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。言葉は知っていてもその意味を理解していない方も多いと思いますので今回はガソリン添加剤についてご説明したいと思います。その効果などについても詳しく解説して参ります。これからガソリン添加剤を使ってみようという方は参考にしてみて下さい。


車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

バッテリーは、クルマの中でも、トラブルが起こりやすい箇所のひとつです。それでも、普段からバッテリーを充電しておけば、かなりの程度、トラブルを防ぐことができます。そこで今回は、バッテリー充電器についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。