トップへ戻る

【要注意】「プシュルルルルル」という謎の音。バックタービン音とは

【要注意】「プシュルルルルル」という謎の音。バックタービン音とは

信号が青になった瞬間、勢い良く駆け出した車から聞こえる、「ブーン」という加速音の後の「プシュルルルルル」という謎の音。今回はこの音の正体についてまとめました。気になる方はぜひ、本記事を参考にしてみてくださいね。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ターボ車特有の音 ~バックタービン音~

街中で「プシュルルルルル!」という音に引かれて視線を向けると、歴代ランエボや、GT-Rなどのスポーツカーが目に入る事が多いかと思います。

信号が青になると同時にブーンというエンジン音が聞こえた後、「プシュルルルルル!」という音が聞こえて、驚いた経験はないでしょうか。この音の正体は、バックタービン音と呼ばれる、ターボ車特有の音です。

ターボ車は、アクセルを踏み込むとエンジンに圧縮した空気を送り込むことで燃焼効率を高める機構になっているのですが、加速中に急にアクセルを踏み込むのをやめるとスロットルが閉じられます。

すると行き場を失った空気が逆流し、タービンブレードを振動させて音が鳴ります。これが、「プシュルルルルル!」という音の正体です。

これを防ぐ為の装置として、「ブローオフバルブ」があります。

街中で「プシュー!」という音を発する車 ~大型トラック~

こちらは大型トラックの採用されているエアブレーキが発生源です。何故音が鳴るのかを理解するには、エアブレーキのしくみを知る必要があります。

トラックに限らず大型車は、普通自動車と比べて車体が大きく、重量もかさみます。その為大型車では、より強力なブレーキが必要とされます。

普通自動車に採用されている油圧ブレーキは、倍力装置と呼ばれる装置を使ってブレーキを効かせていますが、大型車にも油圧ブレーキを採用すると、この倍力装置はとても大きなものになってしまいます。

それを避ける為に、より効率よく制動力を得られるエアブレーキが採用されているのです。エアブレーキは、エアコンプレッサー(空気圧縮機)を使って空気を圧縮し、ブレーキ弁とブレーキシリンダーの間を圧縮された空気で満たしています。

信号待ちなどで停止した時に発する「プシュー!」という音は、制動に使った圧縮空気が放出される音です。因みに、圧縮空気はギヤチェンジの際にも利用されており、またバスの扉の開閉にも利用されます。その為、ドアの開閉時にもあの「プシュー!」という音がなります。

バックタービン音を鳴らすやり方って?

スズキのアルトの場合、VSVの上のカプラーを外す事で、バックタービン音がなる様にする人が多い様です。工場出荷段階での純正ブローオフバルブは右ヘッドライトのすぐ側にある為、この作業の為には、フロントバンパーを取り外す必要があります。

配管を(タイラップ)結束バンドなどで固定する場合は、締め付けすぎない様に注意しましょう。また、この作業を行ったことでエンジンチェックランプが点灯する様です。

※しかしながら、この作業を推奨しません。

どうしても作業する場合は知識のあるショップへ依頼しましょう

目立つのは良いけれど・・

実は「プシュルルルルル!」という音がしている時は、サージングと呼ばれる、加圧された圧縮空気が逆流する現象が起きているのです。これはエンジン機関(タービンブレード)に相当な負担が掛かっている状態です。

この音が鳴る車は、何かしらかの改造を行っているか、もしくは部品が本来の役目をはたしていない状態ではないかと思われます。なぜなら、通常の工場出荷状態の車では、バックタービン音は通常、鳴らないからです。

重要!ブローオフバルブの役割

ブローオフバルブとは

この、ブローオフバルブとは部品を表す言葉です。

ブローオフバルブは、ターボチャージャー付きエンジンにおいて、ターボチャージャーのコンプレッサーとスロットルバルブに発生する圧力を解放するバルブです。

※ブローオフバルブは、スロットルが閉じられる際にコンプレッサーとスロットルバルブ間の余剰圧力を解放し、スロットルレスポンスの悪化やコンプレッサブレードの負荷の原因となるコンプレッサーサージング(空気の逆流)を防いでくれます。

サージングとは何か?

ターボチャージャーへの空気の流量が急激に少なくなった時に起こる、機械的振動のことです。タービンブレードが激しく振動する為、故障の原因になり得ます。

「プシュルルルルル!」という音を派手に鳴らしている方は、ターボ車を運転する醍醐味として、このサージングを意図的に起こしているのではないかと思われます。

気を付けて欲しいサージング

サージングが起きている状態は、エンジン機構、特にタービンに過度の負担がかかっている状態です。負担を掛けすぎるとタービンブレードを破損することになりかねないので、お薦めは出来ません。

どうしても音を鳴らしたいという方には「電子式ブローオフバルブ」を提案致します。値段も数千円と手頃で、エンジン機関を傷める事なく、「プシュルルルルル!」の音を鳴らす事が出来ます。また、この「電子式ブローオフバルブ」は、ターボ車以外にも取り付け可能な様です。

※取り付ける際には専門知識のあるショップへ依頼する事を強くお勧めします。

Areyourshop(アーユアショップ)カー・自動車用 電子式 SDT サウンド ターボ ブロー オフ バルブ レッド

ブローオフバルブ カー フェイク ダンプ 電子ターボ ブロー オフ フーター バルブ アナログ サウンド ABSプラスチック製 吸気タービン用 電子音声シミュレーション

まとめ

今回の記事では、街中で聞いたことがあるであろう「プシュルルルルル!」音の正体についてお話してきました。

ターボ車全盛期に比べて、街中で遭遇する事は少なくなったとはいえ、まだまだこの音を鳴らしたい、という人もいると思います。

バックタービン音を奏でるために、社外品の大気開放式のブローオフバルブに付け替えている状態、またはブローオフバルブ自体を取り外している状態では車検に通りません。車の為を思えば工場出荷状態の純正バルブが一番です。

「プシュルルルルル!」が鳴っている状態は、車にとっては過酷な状態であるという事を理解し、大切な愛車をどうか、労わってあげて欲しいと思います。それでも、鳴らしたいという場合は、自己責任でお願いします。

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。言葉は知っていてもその意味を理解していない方も多いと思いますので今回はガソリン添加剤についてご説明したいと思います。その効果などについても詳しく解説して参ります。これからガソリン添加剤を使ってみようという方は参考にしてみて下さい。


車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

バッテリーは、クルマの中でも、トラブルが起こりやすい箇所のひとつです。それでも、普段からバッテリーを充電しておけば、かなりの程度、トラブルを防ぐことができます。そこで今回は、バッテリー充電器についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。