目次へ戻る

ド派手なアクションならまかせろ!日産サファリ特集 復活は?

ド派手なアクションならまかせろ!日産サファリ特集 復活は?

今なお熱烈なファンを持つ日産・サファリ。その変遷の歴史から中古車がほしい人向けの情報、伝説のドラマ「西部警察」に日産が全面協力した伝説のオーダーメイドサファリ。そして復活は…?!などの情報をまとめてお伝えします!


日産サファリの変遷

日産 サファリ 画像

日産 サファリ

日産サファリのルーツをたどると、1951年発表の「4W60型、パトロール」に行きつきます。このモデルは当時の日本においてクロスカントリー型モデルの先駆的なものでした。その後、1980年に初代モデルである「160型系」が誕生したのですが、このモデルには国内仕様と海外仕様のものがあります。

まず国内仕様のものに関しては、ボディーバリエーションがいくつか用意されており、4ドアのエクストラバンと2ドアのレンジトップ、2ドアモデルのハイルーフ仕様、消防車用のキャブ車など5タイプに設定されていました。

一方海外仕様のものに関しては、サファリではなく「パトロール」という名称で販売され、エンジン系の設定が「L28型ガソリンエンジン」と「LD28-T型ターボディーゼルエンジン」のものがありました。また、これらのタイプはATへの切り替えができる仕様です。

1987年に2代目サファリが登場

1981年10月に開催された東京モーターショーにおいては、さらに新しく3タイプのモデルが発表されます。エクストラバンをベースとした「サファリ・イカルスモデル」と救急車としても使用可能だった「サファリ・災害救援車モデル」、TVドラマ西部警察に特装車として登場していた「サファリ・劇中車モデル」がそれになります。

この後もさらなるマイナーチェンジや、仕様設定の追加を経て1987年11月に「Y60型系」というサファリの2番目に当たるモデルが誕生します。

「Y60型系」と最初のモデルである「160型系」とのもっとも異なる点は、新型のフレームとサスペンションを装備し、安定した走行ができるようになったことです。

また、このタイプにも海外仕様のものがあり、海外仕様のものは、ルーフパネルがハイルーフのものやバックドアが非対称の観音開きモデルに統一されるなど変更点がありました。

海外モデルに関しては、2代目に当たる「Y60型系」の生産開始後も初代の「160型系」は継続して生産されていましたが、エンジンやトランスミッションなどは「Y60型系」のものに変更されています。

その後も80年代後半から90年代初頭にかけて、「サファリ・グランロード」や最高級グレードの「キングズロード」が2代目の新仕様として追加され、1995年にはクラシック儀礼モデルの「アデュー」が誕生しました。

1997年に3代目サファリが登場

日産 サファリ(2004)

日産 サファリ(2004)


そして、いよいよ3代目として登場したのが「Y61型」です。1997年10月に誕生したこのモデルは、オーストラリアや中東の砂漠などの悪路を高速で走れるように開発されました。

エンジンも「TB45型」や「TD42T型」、「RD28ETi」、「ZD30DDTi型」等に一新され、内外装のマイナーチェンジや5速マニュアルモード付ATの開発、ブレーキ性能の向上が行われました。

3代目サファリに関しては、2004年の最後のマイナーチェンジでフロントグリル、バンパー等のエクステリアの変更、内装色をベージュに変え、オフローダーとしての大幅な変更が加えられました。

そして最終的に2007年6月をもってサファリは日本国内での製造を終了することになります。ただ、海外モデルとしては「パトロール」の車名で現在も生産されていて、Y62型系が最新モデルとして販売されています。

戦うサファリ!

日産 サファリ(2004)

日産 サファリ(2004)

昭和50年代の中ごろから後半にかけて人気を博した刑事ドラマ「西部警察」。
この西部警察の中にもサファリが登場します。
まずは、西部警察がどのようなドラマだったのか、から見てみましょう。

伝説のドラマ西部警察

【Amazon.co.jp限定】西部警察 40th Anniversary Vol.1~6 全巻セット(ロゴ入り全巻収納BOX付) [DVD]

西部警察は石原プロモーションによる製作で、1979年の10月に始まり、1984年の10月まで5年間にわたって毎週日曜日の夜20時からテレビ朝日系列で放送されました。

主役は、警視庁西部警察署捜査課、通称「大門軍団」の刑事たち。捜査課トップの木暮捜査課長役に石原裕次郎、大門軍団の実質的指揮官である「団長」大門部長刑事には渡哲也、大門の妹役として古手川祐子、刑事役にも舘ひろしや寺尾聡、峰竜太など個性派の大物俳優がそろい、日曜夜のお茶の間をくぎ付けにしていました。

西部警察の目玉は、なんといっても派手な銃撃戦、カースタント、爆破シーンなどのアクションシーン。破壊した車両は約4680台、破壊した建物320件、使用した火薬の量は4.8トン、使用したガソリンの量も12000リットルにも及ぶそうです。

大門団長のトレードマークといえば黒のサングラスでしたが、大門を演じた渡哲也氏いわく「いい歳をした大人が拳銃ごっこをするのが恥ずかしかったから」サングラスをかけていたとか。

それくらい、アクションに特化した刑事ドラマだったのですね。また、西部警察といえば「スーパーマシン」と呼ばれる特殊な設備を搭載した大門軍団専用の特殊車両も非常に人気を集め、刑事ドラマとしては他にあまり例を見ないミニカーやラジコンの商品も発売されていました。

西部警察の中での「サファリ」

西部警察サファリ画像

ベースは初代のYRG系サファリのバン(AD)

西部警察にサファリが登場したのは第111話の「出動命令 特車“サファリ”」。

大門軍団の特殊車両といえば、木暮捜査課長がオーダーするというのが定番でしたが、このサファリだけは金塊輸送を警護する命を受けた大門団長自らがオーダーし、運転は主として苅谷俊介演じる「ゲン」こと源田刑事が担当していました。

サファリのルーフには、犯人を殺さずに制圧するための高圧放水銃が備えられており、射程距離は最大で100m、水圧は14kg/㎡にもおよび、人間はおろか、車さえひっくり返すことが可能です。

また、フロントバイパーにも散水銃が設置されているほか、潜望鏡式のレーダーカメラを装備しており無線のみならず電話の傍受もできるようになっていたり、警視総監へのホットライン専用の電話機まで備え付けられていて、文字通りの「特別機動車両」となっていたのです。

サファリ以外にも名車が

西部警察のスポンサー企業には日産自動車が入っており、特殊車両をはじめとして劇中で使用された車は日産自動車が提供していました。

木暮捜査課長の専用車としては「ガゼール・オープン」、スカイラインをベースにした架空モデルの「マシンX」、フェアレディZをベースにした後期の大門団長専用車「スーパーZ」などは、特に印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

日産 スカイライン GT タイプSP 画像

日産 スカイライン GT タイプSP

日産 フェアレディZ 50th アニバーサリー 画像

日産 フェアレディZ 50th アニバーサリー

ドラマ中のモデル車は現在も進化し続け走り続けています

サファリはどこへ消えた?!

現在名はパトロール(アルマーダ)

パトロール画像

パトロール

サファリは現在パトロール(アルマーダ)という名前になっており、海外向けにのみ生産されています。日本からは2007年に姿を消した車なのですが、現在販売されているパトロールはランクル200とは異なり、四輪独立サスで、ロールの制御ができる最新のダイナミクスが搭載されています。

そんなパトロールですが、現行モデルのパトロールY62型は2010年にデビューを果たした後、中東を中心に販売されています。2016年には北米でアルマーダという名前で販売されており、高評価を得ています。

国内外で高い人気があるパトロールは、海外と取引がある業者を利用しないと購入後に補修部品の確保に支障が出ますので注意が必要です。

Y60型系、今買うならいくら?Y61型系では…中古車情報

サファリY60型系を購入したいと考えている人は多いです。その人気ゆえかY61型系よりも割高となっており、150万円前後~250万円前後のものが多いようです。

例を挙げると、1989年式が168万円、1995年式で248万円といったものがあります。出回っている台数もあまり多くはありません。

Y61型系になるともう少し数が増え、値段の幅が広がり80万円前後~250万円前後で、販売終了年でもある2007年式ですと約170万円となっています。
※自動車情報サイトResponse中古車情報より(2019年8月現在)

サファリは維持や燃費を考えると、必ずしもコストが良いとはいえない面もありますが、そのダイナミックなドライブフィールがファンにとっては他に代えがたいものであり、現在も熱狂的な存在感を放っています。

おわりに

日産 サファリ 画像

日産 サファリ

サファリにはあのころの夢と情熱が詰まっていました。

しかし、それを夢のままで終わらせたくない人々は現在もなお愛車として乗り続け、日本販売復活の日を待ち望んでいます。

夢や情熱は時として時代を変えるほどのムーブメントを巻き起こすことをサファリを愛する人々は知っています。

さらにパワーアップして令和に登場する日も、あるいは…!

関連する投稿


日産 エクストレイルのディーゼルモデル┃スペックや中古車価格、燃費・性能ほか

日産 エクストレイルのディーゼルモデル┃スペックや中古車価格、燃費・性能ほか

日産の「エクストレイル」には2015年までディーゼルモデルが発売されていました。また、エクストレイルクリーンディーゼルは中古車も豊富にあります。そのディーゼル車の紹介と特徴などをまとめてみました、中古で購入したい方は是非参考にしてください。


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


日産 NV200バネット|タクシー仕様&車中泊・中古価格まとめ

日産 NV200バネット|タクシー仕様&車中泊・中古価格まとめ

多様な使い方が可能な日産の「NV200バネット」について、特徴からスペックやタクシー仕様、キャンピング仕様についてや中古車価格などをまとめました。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。