目次へ戻る

BMWのM8新型日本上陸!価格は2230万円から 最新情報まとめ

BMWのM8新型日本上陸!価格は2230万円から 最新情報まとめ

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、高性能モデル「Mシリーズ」のフラッグシップ新型『M8』の受注を6月25日より開始しました。 12月以降に順次納車を行うとのことです。いったいどんなスペック・仕上がりになっているのでしょうか。


BMWのM8新型日本上陸!価格は2230万円から 最新情報まとめ

BMW M8

BMW M8

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、高性能モデル「Mシリーズ」のフラッグシップ新型『M8』の受注を6月25日より開始しました。

12月以降に順次納車を行うとのことです。いったいどんなスペック・仕上がりになっているのでしょうか。

BMWのM8新型 パワートレインは?

M8のパワートレインは、BMW M社が手がけた直噴4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載しています。

2基のターボチャージャーへ排気ガスを供給するエグゾーストマニホールドはクロスバンク型を採用することで、最大限に排気エネルギーを活用しながら素早いレスポンスを実現しました。

さらにM8新型はドライブロジック付き8速Mステップトロニックトランスミッションおよび後輪駆動を重視した四輪駆動システムM xDriveを組合せ、高性能エンジンのパフォーマンスを効率的に引き出し路面に伝達します。

最高出力は600ps/6000rpm、最大トルク750Nm/1800-5800rpmを発揮。よりアグレッシブなスポーツ走行を想定した『M8コンペティション』は最高出力を625psに高め、0-100km/h加速は3.2秒を達成しています。

BMWのM8新型 ダブルバーキドニーグリルの存在感!

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

ダブルバーキドニーグリルや、ボディ側面のエアブリーザーに装備されたMギルなど、BMW Mモデルの象徴的な装備を採用しました。

「M8コンペティション」ではさらにハイグロスブラックのキドニーグリルとモデルバッチ、ドアミラー、リアスポイラーを装備し、よりアグレッシブなデザインに。

BMWのM8新型 最新エクステリア画像

美しい海とM8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

エクステリアでは、フロントサイドパネルに幅広なデザインを採用することで、ボディに光の反射による美しい帯を生み出し、高性能モデルであることをアピールすると同時に、繊細かつ優雅なラグジュアリーモデルとしての個性を演出しました。

BMWのM8新型 最新インテリア画像

しゃれてる黒の内装 BMWのM8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

《画像 ビー・エム・ダブリュー》BMW M8新型

インテリアは、アグレッシブなデザインとラグジュアリーな優雅さを兼ね備え、Mモデルの新たなフラッグシップに相応しい室内空間を実現しています。

MレザーステアリングホイールのMボタン、センターコンソールのスタート/ストップボタンには赤色を配し、新デザインのセレクターレバーには「M」のロゴを刻んでいます。

また、新開発のスポーツシートは、立体的にデザインされ、両脇のサイドボルスターや肩回りは大きくせり出す形状を採用することで、ドライバーを快適に包み込むデザインに。

BMWのM8新型 価格は約2000万円

価格はM8が2230万円、そしてM8のハイチューンモデル・M8コンペティションが2433万円という設定になっています。

関連するキーワード


BMW 車種情報 M8 8シリーズ

関連する投稿


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

次世代のBMW「M」は600馬力の電動スポーツカーに!?最高速は300km/h

BMWグループは6月25日、ドイツ・ミュンヘンで開幕した「#NEXT GEN」で、コンセプトカーのBMW『ヴィジョンMネクスト』(BMW Vision M NEXT)を初公開しました。ヴィジョンMネクストとはいったいどのような車になるのでしょうか。


BMW 7シリーズ改良新型 価格は約1090万円から

BMW 7シリーズ改良新型 価格は約1090万円から

BMWは6月24日、一部改良した『7シリーズ』の販売開始しました。外観デザインを変更した他にも、V型12気筒エンジン搭載モデルの設定、高速渋滞時ハンズフリー機能を採用したのが特徴です。最新情報をまとめています。


BMWのSUV X7新型 価格・スペック・パワートレインほか

BMWのSUV X7新型 価格・スペック・パワートレインほか

BMWは6月24日、新型SUV『X7』の販売を開始しました。本記事では価格やスペックなど、最新情報をまとめています。


【スクープ】BMWのM3 初のツーリング登場か!?

【スクープ】BMWのM3 初のツーリング登場か!?

BMWは現在、『3シリーズ』新型に設定される最強モデル『M3セダン』を開発しているとのことですが、同時にシリーズ初となる『M3ツーリング』を開発している可能性が高いことが英Autocarの調べでわかっています。これはヒットの 予感!気になる最新情報をまとめています。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。