目次へ戻る

【2019年保存版】初心者必見!BMWのSUV一覧 X1からX6まで!X7新型情報も!

【2019年保存版】初心者必見!BMWのSUV一覧 X1からX6まで!X7新型情報も!

いつか、俺もあの憧れのBMWに乗りたい。やっぱり購入するならSUVだな。そんなことを考えているそこの貴方。BMWのSUVと一言で言っても沢山ラインナップがあるんです!本記事ではそんなBMWのSUVについて改めてどんな車なのか?ボディサイズは?価格は?と言った気になる点についてまとめてみました。


いつかは僕も私もBMWに乗りたい

いつかは俺だってあの憧れのBMWに乗りたい。やっぱり購入するならSUVだな。

そんなことを考えているそこの貴方。BMWのSUVと一言で言っても沢山ラインナップがあるんです!本記事ではそんなBMWのSUVについて改めてスペックや大きさ、価格などをまとめてみました。

TIPS! 知ってるとちょっと楽しい?BMWにまつわるSUVの豆知識

知らなくても生きていけるけれど、知っていると少しだけBMWに近づける気がする…。
そんなBMWのSUVに関する豆知識をご紹介します。

車種名で大体わかっちゃう?Xの冠

BMWのSUVはその名前を聞くだけで「あっそれはSUVだね」と一発でわかるようになっています。

「X」がSUVを意味しているので、Xナントカ、とくればそれはBMWのSUVなんです。

ちなみに、Xのその後に続く数字は大きさを表しています。

つまり、X1が最も小さく、X6が最も大きいということですね。

えっ偶数モデルはクーペ風なの?

BMWのXシリーズの中で、X2、X4、X6といったいわゆる偶数モデルの車両は、スタイリングが他のXよりも個性的であると言われます。
SUVの中でも、この偶数モデルは「クーペSUV」と呼ばれる部類になるんです。

※ボディサイズを見ると明らかですが、X2、X4、X6は車高が低くなっていますよね。これはクーペスタイルだからなんです。

もし仮に、「X8」というモデルが発売されることがあれば、おそらくこのX8も、クーペ風SUVのスタイルで発売されることでしょう。

本当はSUVじゃない?BMWのこだわり

巷でも話題の「SUV」つまり「スポーツ・ユーティリティー・ビークル」ですが、この名称に対してBMWはオンロード性能をより重視した「SAV=スポーツ・アクティビティ・ビークル」または「SAC=スポーツ・アクティビティ・クーペ」という名称を積極的に使用するなどして、今までのSUVとは異なる価値を提案しています。

しかしながら、一般的にはほとんどSUVとして分類されるため、今回はSUVとして一括りにして説明しています。

お急ぎの方必見!BMWのSUV ボディサイズ×価格で一覧にしてみた

手っ取り早く、BMWにはどんなSUVがあるのか知りたい!という方向けにBMWが発売している現行SUVを一覧にまとめました。

 
【BMW SUV】 ボディサイズ×価格一覧表※
車種名 ボディサイズ(全長×全幅×全高) 価格
X1 4,455x1,820x1,610(mm) 423万円~
X2 4,375x1,825x1,535(mm) 439万円~
X3 4,720x1,890x1,675(mm) 657万円~
X4 4,760x1,920x1,620(mm) 767万円~
X5 4,910x1,940x1,760(mm) 920万円~
X6 4,925x1,990x1,700(mm) 979万円~
※2019年2月現在のデータによるもの

BMWのSUV一覧!X1からX6までの最新情報!X7新型最新情報も!

X1(エックスワン)

X1は、文字通りBMWのSUVラインナップの中で最もコンパクトサイズなSUVです。

コンパクトボディではありますが、1610mmという車高のおかげで、室内スペースを狭いと感じることはあまりないのではないでしょうか。

BMW初心者の方や、コンパクトカーなどからの乗り換えとしてもあまり違和感なく乗りこなすことができそうです。

2019年3月に行われるジュネーブモーターショーでは、X1改良新型が登場すると言われていますので、それも踏まえて購入検討することをオススメします。

価格は423万円から。

X2(エックスツー)

日本では欠番となっていたX2ですが、2018年のデトロイトモーターショーにて新型X2が公開され、同年4月より日本でも発売されました。

X2はX1をベースに、クーペ風のクロスオーバーSUVとして開発されました。

クーペ風のためSUVとしてはかなり車高が低めで、全高は1535mm。国内の立体駐車場にも収まる車高になっています。スポーティーな走りが光る一台です。

価格は439万円から。

X3(エックススリー)

X3は、X1、X2よりサイズが大きくなった、ミッドサイズの高級SUVです。

現行モデルは3代目。2017年にフルモデルチェンジを行い、発売されました。

モデルチェンジにより、プラットフォームは『7シリーズ』や『5シリーズ』をベースにした最新型に変更されました。また、ホイールベースが先代より55mmも延長されていることからも、車格が1ランクアップしたような造りに仕上がっています。

インテリアも申し分なく、走破性、オフローダーといった面で選ぶ方にもオススメの一台です。

価格は657万円から。

X4(エックスフォー)

X4は、「SUVとクーペの融合」をコンセプトに、X3をベースにしながら、よりスポ―ティーに仕上げたモデルとして2015年に発売開始されました。

そして短期間でフルモデルチェンジを行い、2018年からは2世代目となる新型X4が発売されています。

X4は逞しい走りと実用性だけでなく、スタイリッシュさも意識されています。

価格は767万円から。

X5(エックスファイブ)

X5は、BMWのプレミアムなSUVです。

2018年のパリモーターショーにて、5世代目となる新型X5が初公開されました。

新型X5には、完全デジタル化された新世代のディスプレイおよび操作システムである「BMWオペレーティングシステム7.0」を初採用したほか、前モデルに対して、36mm長く、66mmワイド、19mm背が高くなり、ホイールベースは42mmの延長となり、よりパワーアップしたラグジュアリー空間が楽しめそうです。

価格は920万円から。

X6(エックスシックス)

BMWのフラッグシップクーペ風SUV、それがX6です。
まさに、スポーティかつ美しさも兼ね備えたラグジュアリーSUVで、SUV×クーペの火付け役になった存在と言っても過言ではないでしょう。

初代X6は、全世界で累計26万台も製造されるヒットを記録しています。

X6はモデルチェンジを控えており、新型X6のデビューは2019年秋以降になるのではないかという見通しです。

価格は979万円から。

《APOLLO NEWS SERVICE》BMW X6 新型スクープ写真

【2019年ごろ発売か】ラグジュアリー性と広さを兼ね備えたX7新型!

そして、このXシリーズの中でも最もビッグサイズ、ラグジュアリー性を備えた究極SUVが2019年ごろ登場します!

大きなSUVが欲しいと思っている方は、X7新型を待つという手もありますね。

BMWは10月17日、新型フラッグシップSUV、『X7』(BMW X7)を発表した。X7は、BMWのSUV、「Xファミリー」において、『X5』や『X6』の上に位置する最上級のフルサイズSUVで、『7シリーズ』並みの広さやラグジュアリー性が追求される。

X7のエクステリアは、ブランド最上級SUVらしい堂々のデザイン。とくにフロントグリルは大型で、BMWによると、グリルの大きさはBMW史上、最大という。ヘッドライトには、最新のLED技術が組み込まれる。「BMWレーザーライト」を装備した場合、照射距離は通常のLEDの2倍の600mとなる。X7のボディサイズは、全長5151mm、全幅2000mm、全高1805mm、ホイールベース3105mm。新型X5(全長4922mm、全幅2004mm、全高1745mm、ホイールベース2975mm)に対して、X7は229mm長く、60mm背が高い。ホイールベースは130mm長い。

最後に

本記事では、BMWのSUVについてご紹介しました。

BMWのSUV以外も知りたいという方は下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


三菱のオールラウンドミニバン デリカD:5(ディーファイブ)解説!

三菱のオールラウンドミニバン デリカD:5(ディーファイブ)解説!

SUV型ミニバンの三菱「デリカD:5」は、使い勝手が良く様々なシーンで活躍してくれます。あまり知られていない「D5」の由来から、新車価格・中古価格なども網羅!デリカD:5を検討している人は、是非参考にしてみてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのクロスオーバーSUV ハリアー 中古価格まとめ

トヨタのクロスオーバーSUV ハリアー 中古価格まとめ

トヨタ ハリアーは、1997年に誕生して以来、高級クロスオーバーSUVの先駆けともいえる車です。そんなハリアーの中古車価格について本記事では紹介しています。(※情報は2019年9月現在のものです)


先代モデルなら100万円以下で購入可能!?中古のレクサス5選

先代モデルなら100万円以下で購入可能!?中古のレクサス5選

2019年で30周年を迎えたトヨタの高級ブランド「レクサス」。レクサスは当時アメリカで人気の高かったメルセデスベンツやBMWなどの高級ドイツ車に対抗できるブランドとして誕生しました。今回はそんなレクサスのなかでも100万円以下で買える!?中古のレクサス(先代モデル)を紹介します。(※情報は2019年9月現在のものです)


【ロサンゼルスモーターショー2019】トヨタのRAV4新型にPHVモデル登場

【ロサンゼルスモーターショー2019】トヨタのRAV4新型にPHVモデル登場

トヨタ自動車の米国部門は、新型『RAV4』のプラグインハイブリッド(PHV)を11月、米国で開催されるロサンゼルスモーターショー2019(Los Angeles Motor Show)で初公開すると発表しました。人気の高いSUV・RAV4のPHVモデルとあって今から期待が高まりますね。本記事では最新情報をまとめています。


欧州車風の高級感!!スバルのエクシーガ・クロスオーバー7

欧州車風の高級感!!スバルのエクシーガ・クロスオーバー7

スバルのミニバン・エクシーガが原型となっているエクシーガクロスオーバー7は2015年4月16日にフルモデルチェンジし、その頃からスバル車をこよなく愛するファンの間で話題になりました。2018年に販売産終了してしまいましたが、今なお、購入したいという人も多いのではないでしょうか。本記事ではそんなクロスオーバー7についてまとめています。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)