トップへ戻る

BMWのコンパクトSUV X2登場!スペックや燃費など

BMWのコンパクトSUV X2登場!スペックや燃費など

BMWに乗りたい!でも、コンパクトなサイズがいい。そんな要望を持った若いユーザーには今回紹介するSUVのX2が最適です。これまでのイメージを覆す小型SUV、X2の魅力をお伝えします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


BMWのコンパクトSUV X2ってどんな車?

BMW X2新型

BMW X2新型

「感動するほど素晴らしい車」に値するとして、2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーエモーショナル部門賞を受賞したBMW X2は、小型SUVの位置づけで30代の方をターゲットに2018年4月18日より受注を開始しました。

BMWはX1からX6まで発売されていて、数字が大きくなるごとに大型なモデルとなり、奇数番号の車名は通常のSUV、偶数車名の番号はそのクーペ版(SAV)と位置づけられています。

そのBMW SUVシリーズで唯一欠番となっていたのが、今回発売されたX2です。

BMWはこの車を、「走りを追求したSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)」とし、昨今で人気のカテゴリーでも一目置かれる車を創り出しました。

BMW X2 ライバルは

X2

X2

BMWとしては、競合はメルセデス・ベンツ「GLA」、レンジローバー「イヴォーク」を想定しているそうです。

しかし、同クラスのライバル車は、同門のミニ・クロスオーバーやアウディQ2、ボルボXC40あたりや、国産車ではトヨタのC-HR、ホンダ・ヴェゼル、マツダCX-3、そして、レクサスUXとも競合するのではないでしょうか。

また、BMWジャパンは、は機能性に加えて、BMWらしい「走り」の面で差別化を強調しています。

走行性能を調整できる「ドライビング・パフォーマンス・コントロール・スイッチ」により標準モードのCOMFORT、燃料消費効率を重視したECO PRO、スポーティーな走りを楽しめるSPOTモードから選択して走行できるのがドライバーにとっては魅力のひとつになりそうです。

BMW X2のスペック:ちょうどいいボディサイズ!

BMW X2新型

BMW X2新型

X2は小さいようで大きく感じる不思議な錯覚を覚えさせてくれます。それは、低くワイドに構えたグラマラスな肢体を持つX2ならではの感覚なのかもしれません。日本においては立体駐車場に入るサイズの車が求められますが、X2はその問題もクリアしています。

そのようなBMW X2sDrive 18iの基本スペックを見ていきましょう。(2018/4月発売モデル)

・ボディタイプ:SUV
・ドア数:5ドア
・乗員定員:5名
・型式:DBY-YH15
・全長:4375㎜
・全幅:1825㎜
・全高:1535㎜
・ホイールベース:2670㎜
・トレッド前/後:1565/1560㎜
・車両重量:1500㎏

BMW X2のパワートレイン・燃費

日本で発売されるBMW X2に採用されているエンジンは以下の通りです。

・1.5L 直列3気筒ガソリンエンジン
・2.0L 直列4気筒ガソリンエンジン

デザインに注目されがちなX2ですが、2リッターターボの4WDで1500㎏の車体を走らせるのですから燃費にも注目したいものです。(カタログ燃費より)

・エンジン型式:B38A15A
・最高出力:140ps(103kW)/4600rpm
・最大トルク:22.4㎏・m(220N・m)/1480~4200rpm
・種類:直列3気筒DOHCターボ
・総排気量:1498cc
・過給機:ターボ
・燃料供給装置:デジタル・モーター・エレクトロニクス
・燃料タンク容量:61リットル
・使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
・JC08モード燃費:15.6㎞/リットル

BMW X2の新車価格・中古車価格は?

X2のグレードは、標準車とM Sportの2タイプという割り切った設定になっています。「M」はスポーティーなグレードのみに使われる名前です。

標準車のFFとxDriveの価格差は38万円です。M SportのFFとDrive M Sportの価格差は34万円ですので、悩みどころと言えます。

それでは、都会派SUVと言われるBMW X2の気になる販売価格を紹介します。(2019/6/20現在)

BMW X2の新車価格

モデル: sDrive 18i
・車両本体価格(税込):4,390,000円

モデル:sDrive 18M Sport X
・車両本体価格(税込)4,840,000円

モデル:xDrive20i M Sport X
・車両本体価格(税込)5,180,000円

モデル:xDrive18d M Sport X
・車両本体価格(税込)5,340,000円

モデル:M35i
・車両本体価格(税込)6,840,000円

※価格は、消費税を除く税金、保険料、登録の諸費用、付属品価格等を含まない車両本体価格です。

BMW X2の中古車価格

Cセグメントとしては、値段はかなり高めなのは事実。しかし、X2が発売されてまだ日は浅いのですが、市場には中古車も出回っています。

新車には手が出せないが、中古車なら購入できそうという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのようなX2の中古車価格帯はどのようになっているのでしょう。

モデル: sDrive 18i
・中古車価格帯:278~435万円

モデル:sDrive 18M Sport X
・中古車価格帯:298~438万円

モデル:xDrive20i M Sport X
・中古車価格帯:339~575万円


モデル:xDrive18d M Sport X
・中古車価格帯:399~464万円

モデル:M35i
・中古車価格帯:597~629万円

BMW X2の試乗記・口コミ評価

そもそもこのクルマ、SAC、即ちスポーツ・アクティビティー・クーペだそうだ。つまりはBMWが提唱しているSUVのクーペ版。これまでも『X6』のように、なだらかにスロープしたルーフラインを持つ本当のクーペ風モデルは存在したが、X2をクーペと言いくるめられたところで、少なくとも僕はそれに反応したくはない。残念ながらこのクルマはクーペ風に見えない。

『CS』という名が付けられた、かつてのBMWクーペ同様、Cピラーの根元にBMWエンブレムをあしらうなどしているが、どう見てもチョップドルーフのSUVにしか見えないのである。ただ、普通のSUVと比較した時、明確に若々しいスタイリングとスポーティーなイメージは持っているのだから、敢えてクーペと呼ぶ必要があるのか少し腑に落ちないのである。

足まわりはしっかりとよく動くタイプで、コーナーへ向かってステアリングを切り込むと、フロントがインを向くと同時にグーッとロールが始まる。クーペの名を与えられたとはいえ、素性はSUVだからそれなりのロールは発生する。しかしそのロールをなんとも感じさせないところが、BMWの足まわりという印象だ。

ただし乗り心地はちょっと硬い。ほかのBMW同様にランフラットタイヤを採用するので、どうしても路面の継ぎ目などは拾いやすい傾向にある。しかしペースを上げていくと乗り味は安定する。やはりドイツ車は速度が速いほうが落ち着く。

BMW X2のハイパフォーマンスモデルM35i

2019年1月より発売が開始されたM35iは、最高出力302ps、最大トルク450Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒Mツインパワーターボエンジンを搭載。

専用チューニングのMスポーツ・サスペンション、Mスポーツ・ディファレンシャル、Mスポーツ・ブレーキを採用することで、より正確なトランクションコントロールや高いコーナリング性能を実現しています。

外装デザインはMパフォーマンスモデルの専用装備を組み合わせることで、ダイナミックさを強調。ヘッドライトやフォグランプ、キドニーグリル、ミラ・キャップを、Mパフォーマンスモデル専用とし、さらに、空力性能が高いMリアスポイラーを装備しました。

X2にカブリオレも登場か!?

BMWのカブリオレ登場か?予想CG

BMWX2のカブリオレ登場か?予想CG

カブリオレモデルが設定される可能性があると、今、まことしやかに噂されています。

標準モデルよりもシャープなヘッドライトや、拡大されたエアインテークなど、カブリオレ専用モデルのデザインが採用されるのではないかと、レスポンスが入手したX2 カブリオレのレンダリング画像からも予想されます。

カブリオレのライバル車は、英ランドローバーが販売する、レンジローバー・イヴォーク コンバーチブルとされています。

ただ、このイヴォークは、見た目は良いのですが重量が2020㎏と、ベース車より260㎏も重くなることから、走りの面においてはX2に軍配が上がるのではと期待があります。

ライバル車のルーフがソフトトップであるのに対して、X2 コンバーチブルでは、リトラクタブル・ハードトップを採用することで、差別化を図るのではとの噂も出てきているので、X2 カブリオレが登場する日も近いのではないでしょうか。

まとめ

本記事では、BMWのX2についてご紹介しました。

もっとBMWについて知りたいという方は、下記記事もあわせてご覧ください。

関連するキーワード


BMW 車種情報 X2

関連する投稿


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


BMW M5|Mシリーズ並外れたスポーティな車のスペック、価格は?

BMW M5|Mシリーズ並外れたスポーティな車のスペック、価格は?

BMW特有のスポーティセダンの代表格のMシリーズのM5のご紹介です。日常での走行からサーキット走行までこなせるスポーティセダンと言ってよいと思います。その上安全面にも十分な配慮がこなされたM5の紹介をします。


BMWとは?メーカーの概要から人気モデルや最新情報

BMWとは?メーカーの概要から人気モデルや最新情報

車好きが好む輸入車として、BMWを挙げる方もおられるでしょう。魅力あるセダンやSUVがラインナップされているだけでなく、Mシリーズのようにスポーティな走りが楽しめるグレードがあります。ラグジュアリーな車が好きな方から、走りを楽しみたい方まで満足できるモデルが豊富です。日本でも販売台数が多いBMWですが、どのようなブランドで人気の理由は何でしょうか?ブランドの概要から人気モデルまで詳しくご紹介します。


ただの外車じゃつまらない!最新輸入車 個性派3選!

ただの外車じゃつまらない!最新輸入車 個性派3選!

日本は国産車の人気が高く、輸入車はまだまだニッチな存在といえるかも。それでも世界中の様々に魅力的な車たちを国内にいながらにして楽しめるのは、実はかなり幸せなことですよね。そこで今回は、フランス、ドイツ、アメリカの最新輸入車の中でも、個性際立つ独自の魅力にあふれたモデルを紹介していきます。きっと輸入車が気になってくること間違いなしです。


100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

100万円以下で探す、ドヤれる中古外車! おすすめ3パターン

街中や駐車場で輸入車を見かけると、「一体どんなお金持ちが乗っているんだろう」なんて思うことはありませんか。実は輸入車は、新車価格がかなり高いモデルでも、いざ中古車になると急激にお手頃になるものなのです。周囲の羨望の眼差しを集めてしまいそうな格安中古の外車の選び方を、3パターンでまとめてみました。


最新の投稿


2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年に罰則が強化された「ながら運転」。この改正で、罰則はどのように変わったのでしょうか?また、その効果はありましたか?今回は、どんな行為が「ながら運転」に該当するのか、具体例を取り上げながら、まとめました。


トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

近年大人気の「トールワゴン」タイプであるトヨタ ルーミーは、2021年上半期の販売台数ランキングで単独車種として普通車トップクラスの販売台数を記録するなど、国民車的な人気を誇るモデル。毎日使える実用性が特徴的なルーミーだけに、燃費情報は気にしておきたいところですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバルとの比較など、ルーミーに関する燃費情報をくまなくご紹介していきます。


トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

商用バンながら、ビジネス用途だけでなくアウトドア系マルチギアとしても活用されるなど、長年様々なユーザーに愛され続けてきたトヨタ ハイエース。近年ではキャンプブームなどもあって人気が高まっています。そんなハイエース、存在は知っていても、燃費性能がどの程度なのか気になっている方も少なくないはず。この記事で、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較を通して、ハイエースの燃費情報に詳しくなりましょう。


スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

まんまるなヘッドライトがキュートなアルトラパンといえば、かわいい軽自動車の筆頭格として長期間にわたって人気を維持しているモデルです。デザインばかりが取り上げられがちなラパンですが、日々使う車だからこそ気にしておきたいのは燃費性能。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較まで、ラパンに関する燃費情報をくまなく網羅していますので、ぜひチェックしてみてください。


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。