トップへ戻る

シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

日本国内でも販売されていたシボレー「トレイルブレイザー」は、本場アメリカの5ドアSUVです。欧州のプレミアムカーとして開発が行われ、最新テクノロジーや製造方法など専用の設計になっています。見た目がカッコよく、幅広い年代から支持されるトレイルブレイザー。本記事では歴代モデルごとにご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ミドルサイスSUVのシボレー トレイルブレイザーとは

シボレー トレイルブレイザー

シボレー トレイルブレイザー

シボレートレイルブレイザーは、ゼネラルモーターズ(GM)が「シボレーブランド」で製造し販売している中型SUVです。

シボレートレイルブレイザーは、元々1999年にS-10ブレイザーの上級グレードとして登場しました。2001年から2005年の間で主に北米で販売されており、2012年から2代目が発売されています。

ボディサイズは、前身のS-10ブレイザーとタホの中間サイズでSUVの中でも一回り小さい存在でしたが日本の道路事情などからシボレートレイルブレイザーは、根強い人気が出ることになります。

アメリカでのボディサイズの認識は、「中型サイズ」になりますが当時の日本国内でのシボレートレイルブレイザーのボディサイズは国産車と比べると大きかったのは間違いないでしょう。

初代モデル 2001年~2008年

乗車定員    5人乗り/7人乗り
ボディタイプ  5ドアSUV
駆動方式    FR/4WD
最高出力    274-305馬力
寸法     全長4,890-5,300mm×全幅1,900mm×全高1,850-1,930mm
10・15モード  6.0km/L~6.5km/L
値段      377万円~481万円

2001年に登場した、トレイルブレイザーはシボレー「S-10ブレイザー」の上級グレードとしてデビューしています。
欧州のプレミアムカーの位置づけになり、「優れた乗り心地」「ハンドリング性能」に当時の最新テクノロジーによって大幅な品質向上されている車です。

ミドルサイズトラック用プラットフォームとサイドメンバーは、角パイプを水圧で成形するハイドロフォーミング法を用いた骨格になっています。

走行性能は、気持ちがいい加速でスムーズに走らせることができ小回りも利き今までにないアメリカンSUVで幅広い世代から支持されているのが特徴です。

2代目モデル 2012年から

乗車定員    7人乗り
ボディタイプ  5ドアSUV
駆動方式    2WD/4WD
最高出力    274-305馬力
排気量     2776cc
エンジン    ディーゼル
寸法     全長4,878mm×全幅1,902mm×全高1,848mm
10・15モード  6.0km/L~6.5km/L

シボレーのトレイルブレザーは一度姿を市場から消しています。2011年に開催されたドバイモーターショーで復活し新型が登場しました。本国のアメリカでの販売されず、南アフリカやインドなどの海外に向けて作られた車になっています。
右ハンドル版は、オーストラリアで「ホールデン コロラド1」の車名で販売されていますが、日本国内で販売されることはありませんでした。
市場が変わることで、エンジンはディーゼルエンジンの2種類になり排気量は2.5L直列4気筒DOCHのインタークーラーターボが採用されています。上位グレードには可変ジオメトリーターボのエンジンが搭載されています。

トレイルブレイザーのエクステリアに室内のインテリア

シボレートレイルブレイザーが、販売される際に「右ハンドル」も登場し国内で発売されるなどと言われていましたが、実際は、前型の「S-10」ブレイザーには右ハンドルは存在しましたが2001年に販売が開始されたトレイルブレイザーにはありませんでした。

トレイルブレイザーのエクステリアの特徴は、SUVの本場ならではの力強いスタイリングとシンプルなデザインが組み合わさっていますが、迫力ある雰囲気を持ち合わせています。自分好みにカスタムできるように、社外品などのアフターパーツも沢山の種類がインターネットや量販店で購入することができるので、カスタムするオーナーは多いです。

室内のインテリアは、革内装とファブリック仕様の2種類の設定になっています。グレードによって室内インテリアのカラーなどは異なっています。助手席にパワーシートが採用されリアシート専用のエアコンなど快適装備が、一部モデルで標準になっているので豪華な雰囲気を満喫することもできます。

トレイルブレイザー中古車情報 価格は?

[初代モデル 2001年~2006年]
中古車価格 20万円~500万円

[2代目モデル 2012年~]
中古車価格  無し
※車情報サイトResponse 中古車情報ページより(2019年8月現在)

初代モデルは、2008年まで日本市場で販売がされていたので中古車の台数は75台(※2019年8月時点)と多い台数では無いですが、車を選んで購入することができます。

2代目モデルからの中古車は、現在探すのが非常に困難です。アメ車の輸入販売専門店などに確認してみるなどすれば探すことも可能なので、気になれば問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

シボレー トレイルブレイザー次期型をキャッチ!

シボレー トレイルブレイザー次期型

シボレー トレイルブレイザー次期型(2019)

Mがシボレーブランドで販売するミッドサイズ・クロスオーバーSUV、『トレイルブレイザー』次世代モデル開発車両をカメラが初めて捉えた。

トレイルブレイザーは、『ブレイザー』の上位モデルとして誕生。2001年から2008年まで主に北米市場にて販売。ブレイザーと『タホ』の中間的サイズで日本でも人気となり、2012年に登場した2代目では、北米を除く世界各国へ投入、「コロラド」ピックアップをベースとし、フロントエンドを共有。パワートレインは2.5リットルと2.8リットルの直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載している。

捉えたプロトタイプは、一見改良新型のテスト車両かと思われたが、次世代型のテストミュールである可能性が高いことがわかった。第3世代では、最新世代のボディ・オン・フレームを採用、開発車輌から大型化されると予想される。

まとめ

シボレーのトレイルブレイザーは、アメ車のSUVのモデルの中でもボディサイズが比較的小さいので扱いやすい車です。

ボディサイズは、国内のSUV「ランドクルーザー」と同じサイズと言われていたので、日本の道路を走行するにも問題がありません。

広々とした室内空間に、アメ車ならではのインパクトあるエクステリアは販売当初から現代にかけて絶賛され続けていますが、排気量が国内の車より断然大きくなっているので税金や保険などが割高になってしまう傾向が多いです。

SUVが好きで、国内メーカー以外を検討するならトレイルブレイザーはお勧めな車です。

関連するキーワード


シボレー 車種情報 SUV

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。