トップへ戻る

日産 NV200バネット|タクシー仕様&車中泊・中古価格まとめ

日産 NV200バネット|タクシー仕様&車中泊・中古価格まとめ

多様な使い方が可能な日産の「NV200バネット」について、特徴からスペックやタクシー仕様、キャンピング仕様などについてまとめています。(※情報は2019 年8月現在のものです)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産のNV200バネットとは?

日産NV200バネット

日産NV200バネット

日産 NV200バネットは日本国内2009年5月に発売されました。一部海外でも発売されています。

バンのタイプとワゴンタイプが発売されています。

4年おき程度に改良やラインナップの刷新を行っており、2018年にはバンに4WD仕様が追加されました。

他にも、日産のNV200バネットは、タクシーとして使用されたこともあるほか、NV200バネットをベースにしたEVカー、e-NV200(イー エヌブイ 200)も発売されています。

日産 NV200バネットの基本スペック

日産 NV200バネット バン

日産 NV200バネット バン

NV200バネットはバンとワゴンで車両スペックが一部異なり、バンには後に4WDが追加ラインナップされました。また、バンにはMTも設定されています。

低床設計のため4WD化する際にはエンジンから後輪に駆動力を伝えるプロペラシャフトが必要になりますが、これもうまくクリアしています。

小型のリヤデフを採用し、サスペンションも独立懸架のマルチリンクを採用することで低床設計を可能な限り維持して4WD化しています。


乗車定員:バン‥2/5人、ワゴン‥5/7人
エンジン:HR16DE型直列4気筒DOHC1.6Lガソリン
     K9K型直列4気筒1.5L ディーゼル
駆動方式:FF/4WD※4WDはバン・4速AT車のみ
最高出力:HR16DE型‥80kW (109PS) /6,000rpm
     K9K型‥63kW (86PS) /3,750rpm
最大トルク:HR16DE型‥152N·m (15.5kgf·m) /4,400rpm
      K9K型‥200N·m (20.4kgf·m) /2,000rpm
トランスミッション:5MT/4AT
サスペンション フロント:ストラット式
サスペンション リヤ:2WD‥リーフリジッド式/4WD‥マルチリンク式
全長:2WD‥4,400mm/4WD‥4,410mm
全幅:1,695mm
全高:2WDバン‥1,855mm/2WDワゴン‥1,850mm/4WDバン‥1,885mm
ホイールベース:2,725mm
車両重量:バン‥1,200-1,370kg/ワゴン‥1,310-1,350kg
最大積載量‥400kg(4人乗車時)/600kg(2人乗車時)
プラットフォーム:BプラットフォームNV

日産 NV200バネット 7人乗りワゴン仕様も。荷室は?

基本的に商用車としてラインナップされているNV200バネットには5ナンバー登録の乗用ワゴングレードが存在します。
パワートレーンは共通ですがワゴンにもバン同様の2列シートの5人乗り、ワゴンだけに設定される3列シートの7人乗りがあります。
バンとワゴンの違いは非常に多く、基本的にはワゴンはより乗用車として快適性を向上する改良が施されています。
具体的にはサスペンションセッティングとスタビライザーの装備によりソフトで快適な乗り心地を実現し、シート類もより快適なものへ変更されています。
また制震遮音材も追加されドアを閉める音や車内の静粛性も一般的なミニバンレベルに改良されています。
価格帯も手ごろで欧州的なデザインと狭い日本の交通事情にマッチしたボディサイズと広大な室内空間により、一味違うミニバンとしても人気です。
特にキャンピング仕様などに改造するケースも多く、ミドルサイズのキャンパーベースとしても優秀な車両です。

日産NV200バネット タクシー仕様について

NV200といえばタクシーというイメージを持たれることが多いと思います。
その理由は日産が長きにわたって販売してきた「セドリックタクシー」などのセダンタイプのタクシー専用車を置き換える形で「NV200タクシー」などとして正式にタクシー専用車としてラインナップされたことと、世界的にも有名なニューヨークのイエローキャブと呼ばれるタクシーの車種に採用されたことが挙げられます。

世界的にも「タクシー専用車」という形で商品化される車は少なく、ミニバンタイプのボディと取り回しの良さ、高い耐久性と燃費性能などがタクシーとして要求されるスペックを充足しています。

一次的にロンドンタクシーへの導入も検討され、規定に準拠するためにオーバーフェンダーを装備し特殊な等速ジョイントを採用することで最小回転半径を3.8mまで縮小し、丸目ヘッドランプの独自の意
匠に改造されたプロトタイプが製作されました。

しかしその後に電気自動車として1回の充電で50km以上走行できる性能を備えることが要件となり、コスト面の問題で日産はロンドンタクシーへの導入から撤退となりました。

ニューヨークのタクシー「イエローキャブ」にも採用

ニューヨークの有名なタクシー「イエローキャブ」の次世代標準車種として一時は10年間の独占契約とも言われた日産NV200NYタクシー仕様は、日本仕様とは異なる大きく拡大されたボディを持っています。

ところがこの独占契約が地元タクシー団体からの反感を招き、NY市が管轄するタクシー&リムジン委員会を訴えました。

これにより車種まで独占することは権限の逸脱であるとして、契約を無効とする判決を受けてしまいます。

NV200NYタクシー仕様がまったく導入されなくなった訳ではありませんが、全体の中ではまだまだ少数派というレベルの納車にとどまっています。

実際にはトヨタのプリウスα(現地名プリウスV)やカムリハイブリッドなどが人気で日産は想定よりも大幅に納入実績を落とす形となりました。

車中泊に最適なキャンピング仕様やカスタムをご紹介

近年のアウトドアブームとも相まってNV200バネットはキャンピングカーとしても人気です。

正確にはキャンピング仕様として日産から販売されていないので、キャンピング仕様のベース車両として人気です。

キャンピングカーというのは車内にベッドがあって寝ることができたり、シンクが設置されており大型の車ではトイレやキッチンなども装備しています。
NV200バネットの場合はバンでもキャラバンやハイエースクラスと比べると室内空間は相対的には広くありません。

最大積載量も限られています。
基本的には車中泊のためのベッドを設置するとあまり容量に余裕はありません。

キャンピングカーの架装メーカーによりルーフを改造して、開閉タイプにすることでベッドを屋根上に設置して有効空間を拡大する場合もあります。
このように予めキャンピングカーとして完成された改造車を購入することもできますが、費用は高めです。

NV200バネットはスクエアな室内空間も特徴のひとつですので、DIYにてベースパネルを敷き込んでベッドを作成したり、タンクを積んで水道にするなど気軽に改造していくことが出来るのもこの車の魅力と言えます。

日産 NV200バネット 燃費について

NV200バネットは燃費性能も比較的良好です。
配送やタクシーなどビジネスで使用する車は特に燃費性能がコストに直結してきます。
ミニバンは一般的には車両重量も重く、走行抵抗も大きいことから燃費は悪化しがちです。

しかしNV200バネットはFFレイアウトを基本として乗用車的な設計がベースとなっていることから、車両重量も軽量で燃費性能の向上に非常に貢献しています。

また日産の電気自動車リーフのコンポーネンツを移植したe-NV200バネットも市販され、こちらは100%電気自動車として優れた経済性を実現しています。

満充電時の最大走行可能距離は約190kmとなります。

標準的なガソリンエンジン車の基本スペック
型式:HR16DE(直列4気筒)
総排気量 1,597cc
最高出力 80kW(109PS)/6000rpm
最大トルク 152N・m(15.5kgf・m)/4400rpm
使用燃料・燃料タンク容量 :無鉛レギュラーガソリン・55L
燃料消費率JC08モード(国土交通省審査値): 12.8km/L ~14.0km/L"

日産NV200バネット 新車価格

NV200の主なグレードの新車価格は下記の通りです。

グレード名 駆動方式 新車価格 ※メーカー希望小売価格
1.6 DX MT FF 173.4万円
1.6 DX AT FF 183.1万円
1.6 DX ルートバン MT FF 173.4万円
1.6プレミアムGX AT 218.1万円
1.6DX AT 4WD 244.4万円
※2019年8月現在

日産 NV200バネット 中古車価格

また中古車価格に関するデータは下記の通りとなります。
価格相場情報 平均価格:123.8万円
価格帯:19.8万円~398 万円
※車情報サイトResponse 中古車情報ページより(2019年8月現在)

かなり価格に開きがありますが、これは安いものはバングレードで走行距離がかない伸びたものが多いようです。

一方で400万円近い価格になっているものは基本的にキャンピング仕様となります。
頑丈な車ですが使用状況やメンテナンスコンディションにより故障の割合も大幅に変化します。
中古車を購入する際はメンテナンス状況を見極めて慎重に購入する必要があると思います。

まとめ

一度は規模が縮小したミドルクラスの商用バンとして世界中のタクシーや乗用ミニバンとして非常に人気の高い車になりました。

キャンピングカー仕様だけでなくバイクなどを運ぶトランポとしての用途にもサイズが良く、使用者の思い思いのカスタマイズや使い方が出来るのが大きなメリットです。

ハイエースやキャラバンは意外と高額で改造する場合の費用もかなりかかりますが、NV200バネットのサイズであれば気軽にDIYで仕様を変えていくことも経済的な負担が少なく、マルチに楽しめる一台かと思います。

関連するキーワード


日産 車種情報

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

1996年デビューのステージアには発売当初には、パワートレインにスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルも存在した高性能モデルもありました。まさにスポーツワゴンの最高峰として位置付けられたモデルであったことを振りかえって見てみましう。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。