目次へ戻る

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


フォルクスワーゲン ゴルフVIIの歴史

VW ゴルフ TSIハイライン

VW ゴルフ TSIハイライン

フォルクスワーゲン・ゴルフVIIは、ドイツの人気ブランドである「ゴルフ」の7代目モデルのことをさします。そもそも初代のゴルフは1974年3月に発売され、その当時人気モデルだった「ビートル」の後継車的な存在でした。そして販売されると同時にスクエアデザインとFFからなるパッケージが大人気となり、今でも変わらぬ人気を誇っています。

ゴルフVIIは2012年11月にドイツで販売され、日本では翌年2013年の6月に発売となりました。そのゴルフVIIの先代との違いは、プラットフォームが一新され、車体骨格にモジュールプラットフォームアーキテクチャ「モジュラー・トランスバース・マトリックス」を採用したことで、高い走行性能や安全性、そして生産効率の向上・部品点数の大幅削減などを実現させました。

日本国内での発売当初は全てのグレードについて5ドアのみで、グレードはTSI トレンドライン・TSI コンフォートライン・TSI ハイラインの3つとなっていました。また同年9月にはスポーツモデルであるゴルフ GTIが発売開始となり、続いて12月25日には日本でワゴンモデルであるゴルフ ヴァリアントのフルモデルチェンジが発表されました。グレード体系は1.2L車の「TSI コンフォートライン」と1.4L車の「TSI ハイライン」の2タイプで、トランスミッションは日本仕様のゴルフVIIと同じく、7速DSGのみの設定となりました。

VW ゴルフ TSI コンフォートライン テックエディション VW ゴルフ ヴァリアント TSI ハイライン テックエディション

VW ゴルフ TSI コンフォートライン テックエディション VW ゴルフ ヴァリアント TSI ハイライン テックエディション

安全面でもバッチリの「ゴルフVII」

欧州の公的自動車安全評価であるユーロNCAPにおいて、ゴルフⅦは最高レベルの5つ星を獲得しています。

ゴルフⅦは製造コストが高い熱間成形による超高張力鋼板(日本基準 1,500 MPa級)をレーザー溶接によって車体の37%に使用していることや、車体のうち高張力鋼と超高張力鋼が占める割合が70%であり、剛性の高い車体になっています。

また、ゴルフⅦは後部座席含めて9つものエアバッグを搭載しています。

さらに「フロント アシスト プラス」という設備があります。これは運転中常にレーダーで前方の車両との距離を検知し、衝突の危険が予測されると、急速ブレーキのスタンバイ状態を保持するとともに、警告音・警告灯によりドライバーに注意を喚起します。

しかしドライバーが回避操作を行わない場合には、システムが自動で車両を減速させて衝突の被害を軽減するという画期的な「フロント アシスト プラス」です。また「マルチ コリジョン ブレーキ」も重要な装置で、対向車線へのはみ出しを予防し、多重事故の危険を低減させてくれます。その他にも「ドライバー疲労検知システム」という装置もあり、安全運転の手助けをしてくれます。

2017年5月のマイナーチェンジにより「7.5」が発売される

2017年5月25日、ゴルフVIIがマイナーチェンジを実施しました。ゴルフ好きの間では通称”ゴルフ7.5”などと呼ばれ、注目を浴びました。変更された点で最も目立つのはエクステリアです。マイナーチェンジのため基本的なデザインは同じですが、従来型のバイキセノン(ディスチャージ)ヘッドライトがLEDヘッドライトに変更されました。

また5ドアハッチバックの車両後部には、ダイナミックターンインジケーターが装着され、光の帯が中央から外側に流れるアウディのような手法を採用しています。内装ではハンドルの奥に12.3インチのディスプレイが設置され、速度計とエンジン回転計、そしてこの間にカーナビのマップや各情報が表示されます。また安全面ではこれまでミリ波レーダーとカメラを併用する緊急自動ブレーキのプリクラッシュブレーキシステムが備えられていました。

ゴルフ マイナーチェンジ

ゴルフ マイナーチェンジ

その装備に車両に加えて歩行者を検知する機能も加わりました。さらに全車に速追従機能付きのクルーズコントロールを従来型から備えていましたが、マイナーチェンジでトラフィックアシストが追加されました。

通常のドライビングの時によくある、発進と停止を繰り返し行う渋滞の時に適したアクセルとブレーキの制御を行う装置も魅力的ですよ。ハンドルを持ってさえいれば、路上の白線に沿って操舵支援も行ってくれるので、渋滞時の疲労を大きく軽減してくれます。

フォルクスワーゲン ゴルフVIIの性能について詳しく知りたい!

ゴルフⅦ 評価はどうなの?

上級車『パサート』などに次いで投入されたデジタルメータークラスターは『ゴルフ』にも遂に!といったところ。Discover Pro装着車であれば、手持ちのスマホ、タブレットを無線接続させて、各種機能が活用できるのも今どきの仕様だ。Discover…の9.2インチ画面なら、ホーム画面のカスタマイズも可能。」まさに現代人には必要な性能ですね。「安全/運転支援関係の機能も強化され、より心強くなった。渋滞時追従支援やプリクラッシュブレーキに歩行者検知機能が追加されるなどしている。『ゴルフ』の場合、家族共用で乗るケースも多いだろうが、誰が運転していても手厚い予防安全機能がフォローしてくれる…そう考えられるのは大きな安心材料。Highlineは後方死角検知など、もっともハイスペックな機能が標準になっている。

上級車『パサート』などに次いで投入されたデジタルメータークラスターは『ゴルフ』にも遂に!といったところ。Discover Pro装着車であれば、手持ちのスマホ、タブレットを無線接続させて、各種機能が活用できるのも今どきの仕様だ。Discover…の9.2インチ画面なら、ホーム画面のカスタマイズも可能。」まさに現代人には必要な性能ですね。「安全/運転支援関係の機能も強化され、より心強くなった。渋滞時追従支援やプリクラッシュブレーキに歩行者検知機能が追加されるなどしている。『ゴルフ』の場合、家族共用で乗るケースも多いだろうが、誰が運転していても手厚い予防安全機能がフォローしてくれる…そう考えられるのは大きな安心材料。Highlineは後方死角検知など、もっともハイスペックな機能が標準になっている。

この点が最も高い評価を受けているところなので、非常時にはこの装置があってよかったと実感することでしょう。

ゴルフⅦ スペック

またスペックにつきましては、
ボディタイプ: 5ドアハッチバック、
エンジン:2.0L直4ガソリン(TSI)、
駆動方式:FF、
最高出力:162kW(220PS) (2.0L TSI)、
サスペンション:前 マクファーソンストラット、後 4リンク / トレーリングアーム、
全長4,265mm
全幅1,799mm
全高1,460mm、
ホイールベース:2,635mm
となっています。

フォルクスワーゲン ゴルフVIIの中古価格について

フォルクスワーゲン・ゴルフVIIの中古車価格は以下の通りです。

平均価格:206.2万円
価格帯:65万円~548万円
※車情報サイトResponse 中古車情報ページより(2019年8月現在)

中古車は場合によってはかなりお得に買える可能性もあるので、こだわりの条件を持って探してみる価値はありそうです。

フォルクスワーゲン ゴルフVII「7.5」の燃費はどれくらい?

フォルクスワーゲン ゴルフVII「7.5」の燃費は、JC08燃費が18,1km/Lから19,1km/Lで、実燃費が13,03km/Lから13.57km/Lとなっています。カタログに掲載されている数字よりいいのも、フォルクスワーゲン社の自慢だと思います。

まとめ

初代モデルから大人気のフォルクスワーゲンのゴルフVII。その人気の秘密は乗りやすさや「高級車に乗っている!」という優越感はもちろんのこと、やっぱり安全性能が徹底しているからではないでしょうか。

安心してドライブが楽しめる車は誰もが求めることで、多少価格が高くても欲しくなるのは当然です。「新車を買うのは無理無理」と思っている方でも中古でゴルフVIIを探せば、お手ごろ価格で購入することも可能です。

一度実物のゴルフVIIを見て、購入を検討されてみてはいかがですか。これからの季節のドライビングが楽しみになりますよ。

関連する投稿


200万円以下で購入できる!中古のフォルクスワーゲン5選

200万円以下で購入できる!中古のフォルクスワーゲン5選

日本には多くの自動車メーカーがあって、良い自動車をたくさん作っているけど、やっぱり一度は輸入車に乗りたい!だけど輸入車は高い!そんなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか? 今回は、そんな方の為に、200万円以下で買えるフォルクスワーゲンの中古車5選をお届けします。


フォルクスワーゲン シャラン|スペックや燃費、新型車情報など

フォルクスワーゲン シャラン|スペックや燃費、新型車情報など

フォルクスワーゲン シャランは、日本で人気のある7人乗りのミニバン(両側スライドドア・7人乗り3列シート)なのですが、どのような魅力がある車なのでしょうか。今回は、フォルクスワーゲン シャランの中古車情報・燃費・カスタムを通して人気の理由を紹介します。


フォルクスワーゲン カルマンギア|中古価格、評価等一覧

フォルクスワーゲン カルマンギア|中古価格、評価等一覧

みなさんは、フォルクスワーゲンのカルマンギアという車をご存知ですか。本記事ではフォルクスワーゲンのカルマンギアに関する歴史や概要、燃費や中古価格までまとめて一気にご紹介します。カルマンギアが気になっている方は、買い替えの参考にしてください。


VWのゴルフ新型最新情報 8世代目ゴルフはどうなる?

VWのゴルフ新型最新情報 8世代目ゴルフはどうなる?

フォルクスワーゲン(VW)のゴルフがフルモデルチェンジして10月に登場予定です。VW新型は8世代目。今回の目玉としてはPHEVのEV航続距離が最大50マイル(80km)に達すると伝えられいること。これはBMW『3シリーズ』新型に設定されるPHEVの63kmを大幅に上回る数値になります。気になる最新情報、最新画像を集めました。


【10月初公開】フォルクスワーゲンのゴルフ新型

【10月初公開】フォルクスワーゲンのゴルフ新型

フォルクスワーゲンの新型ゴルフが、10月に初公開されるという確定情報を入手しました。新型ゴルフは8世代目となります。今明らかになっている最新情報をお届けいたします!


最新の投稿


リアスポイラー|役割・効果やリアウィングとの違い、取付費用などまとめ

リアスポイラー|役割・効果やリアウィングとの違い、取付費用などまとめ

リアスポイラー。自作等で取り付けすると車検が通るのか気になりますし、取付工賃や自分で塗装をする方法も知りたいところ。 そもそもリアスポイラーにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょう。今回はそんなリアスポイラーについて、わかりやすく紹介していきます。


【おすすめ10選】愛車の鍵のために!キーケースまとめ

【おすすめ10選】愛車の鍵のために!キーケースまとめ

鍵はいつも身に付けるものなので、ケースもこだわりたいところ。様々なタイプのキーケースがある中で、オススメのものを10選まとめています。


【おすすめ10選】愛車を綺麗に!洗車スポンジまとめ

【おすすめ10選】愛車を綺麗に!洗車スポンジまとめ

車が汚れてきたなと感じたら、何をしていますか?ガソリンスタンドで洗車サービスがあるので利用する人も多いと思いますが、自分でも自宅で洗車が可能です。今回は、自宅で洗車する際に大活躍のスポンジをご紹介します。


【おすすめ10選】車を綺麗に!カーワックスまとめ

【おすすめ10選】車を綺麗に!カーワックスまとめ

愛車を綺麗にお手入れしたい方にオススメのカーワックスをまとめました。コーティングよりもお手軽にできるワックスで、ピカピカの車を目指しませんか?


トヨタのハッチバック オーリス中古車価格まとめ

トヨタのハッチバック オーリス中古車価格まとめ

2006年にデビューしたトヨタ オーリスといえば、ハッチバックタイプのコンパクトカーであり、日本だけではなく世界的に人気のある車です。ヨーロッパではプリウスよりも売れているというから驚きですね。今回は、トヨタ オーリスの中古価格をまとめましたので一緒に見ていきましょう。