トップへ戻る

マツダ プレマシーの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価に至るまで総まとめ!

マツダ プレマシーの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価に至るまで総まとめ!

マツダのミニバン・プレマシーの歴史から歴代モデルのスペックや性能、中古車価格相場をご紹介します。これから購入や買い替えをご検討の方は是非参考にしてください。(※情報は2019年8月現在のもの)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


走りにこだわるミニバン「プレマシー」ってどんな車?

マツダ プレマシー

マツダ プレマシー

マツダのミニバン プレマシーの概要

プレマシーは、マツダが1999年から2018年まで発売していた5ドアサイズのミニバン(初代モデルはワゴンも)です。

初代モデルはファミリアをベースにしたコンパクトミニバンとして発売されました。2代目は2005年~2010年まで発売され、2010年~2018年まで3代目が発売されていました。

プレマシー生産終了によって、マツダはミニバンから完全撤退となることに。実質的な受け皿は、マツダの3列シートSUVである、CX-8になっています。

マツダのプレマシーはこんな人におすすめ

プレマシーは、大きすぎず、小さすぎず、ちょうどいいサイズのミニバンであるという声が多いです。

また、販売終了のため新車では購入不可能ですが、中古でもよい方、リーズナブルにミニバンを購入したい方にもおすすめです。また、プレマシーはユーザーから走りも評価されていることもおすすめポイントです。

マツダのプレマシー 評価・口コミ・レビュー

スカイアクティブのエンジンは圧縮比が高い為力強くミッションはAT6速ロックアップ率が非常に高い為、アクセルワークにダイレクトに応答、またバドルシフトによりシフトアップ、ダウンが思いのまま、運転がチョ~楽しい車です。
またコーナーリンクの安定性、ハンドリングの応答性抜群です。不満な点はブレーキの効きが悪い訳では無いがタッチ感がいまいちかな。
総合的に良く出来た車です。

そこそこ広いミニバンですが、びっくりするくらい小回りも効き、狭い道の多い自宅の回りも安心。
適度なパワー、アクセルワーク/ブレーキングも素直でダイレクト。何よりも、カーブなどのドライビングも気持ちがいい。
次世代がないことが確定したのが寂しいですが、子供が大きくなったので、次はミニバンはないでしょうね。調度よいかも。

マツダのプレマシー 歴代モデルのスペック・中古車価格

初代プレマシーのスペックと中古車価格相場

販売期間    1999年~2005年
年式      1999年4月26日~
型式      CP8W/CPEW型
乗車定員    5人/7人
ボディタイプ  5ドアミニバン、5ドアトールワゴン
排気量     1.8L/2.0L
エンジン型式  FP-DE型1.8L/FS-DE型2.0L/FS-ZE型2.0L
エンジン    直列4気筒DOHC
駆動方式    FF/4WD
寸法     全長4,295~4,340mm×全幅1,695mm×全高1,570~1,590mm
車両重量   1,270kg-1,400kg
10-15モード燃費  11.6km/L~13.0km/L
実燃費(e燃費参照) 9.23km/L~13.22km/L
中古車価格相場 本体価格12万円~27万円
※情報は2019年8月現在のものです

二代目プレマシーのスペックと中古車価格相場

販売期間    2005年~2010年 二代目モデル
年式      2005年2月17日~
型式      CREW/CR3W型
乗車定員    7人
ボディタイプ  5ドアミニバン、5ドアトールワゴン
排気量     2.0L/2.3L
エンジン型式  LF-DE型/LF-VE型/LF-VD型/L3-VE型(2.3L)
エンジン    直列4気筒DOHC
駆動方式    FF/4WD
寸法     全長4,505~4,565mm×全幅1,745mm×全高1,615~1,650mm
車両重量   1,450kg-1,580kg
10-15モード燃費  11.2km/L~15.0km/L
実燃費(e燃費参照) 8.19km/L~9.86km/L 
中古車価格相場 本体価格9.8万円~59.9万円
※情報は2019年8月現在のものです

三代目プレマシーのスペックと中古車価格相場

販売期間    20010年~2018年 三代目モデル
年式      2010年7月1日~
型式      CWEFW/CWFFW/CWEAW型
乗車定員    7人
ボディタイプ  5ドアミニバン、5ドアトールワゴン
排気量     2.0L
エンジン型式  LF-VD型/LF-VDS型/PE-VPS型/LF-VE型
エンジン    直列4気筒DOHC
駆動方式    FF/4WD 
寸法     全長4,585mm×全幅1,750mm×全高1,615~1,650mm
車両重量   1,470kg-1,580kg
10-15モード燃費  11.2km/L~16.2km/L
実燃費(e燃費参照) 9.17km/L~11.56km/L 
中古車価格相場 本体価格19.9万円~223万円
※情報は2019年8月現在のものです

お買い得ミニバンなら マツダ プレマシー

マツダ プレマシー

マツダ プレマシー

販売が終了した事は残念ではありますが、ミニバンを中古での購入を検討している方は、一度プレマシーの検討をしてみてもいいかもしれませんね。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。


トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

トヨタ ヴェルファイア|クールな情熱を持つミニバンを徹底解説!

 アルファードが人気沸騰で過去最高の販売台数を記録する中、急速に販売台数をおとした姉妹車のヴェルファイア。ついには特別仕様車一機種のみの設定となってしまいました。しかし、これまでの人気をけん引してきたヴェルファイアが魅力をなくしたわけではありません。そこで、改めてヴェルファイアの魅力をご紹介したいとおもいます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。