目次へ戻る

【おすすめ10選】ライトの汚れを落とすヘッドライトクリーナーを紹介

【おすすめ10選】ライトの汚れを落とすヘッドライトクリーナーを紹介

ヘッドライトは車の顔の一部であり、すぐ目に入る重要なパーツです。しかし、きちんと洗車していてもいつの間にか黄ばみやくすみが気になり始めます。そうならないためにも、ヘッドライトクリーナーでヘッドライトをいつもきれいにしておきましょう!今回は、ヘッドライトクリーナーの購入時のポイントやおすすめ商品をご紹介してます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ヘッドライトクリーナーとは?

車のヘッドライト

ヘッドライトクリーナーについて知ろう!

車のフロント部分にあるヘッドライトはとても大切なパーツです。

ヘッドライトは雨天時や夜間時の走行を手助けする大切な役割を担っているわけですが、日中の運転の際の紫外線やコーティング剥がれなどで劣化していくものです。そういった場合に役立つのがヘッドライトクリーナーです。

ヘッドライトクリーナーには、研磨剤で黄ばみや汚れを落としてくれるものやコーティングが可能なものなど様々な種類があり、自身の車のヘッドライトの状態によって使い分けることができます。

ヘッドライトクリーナー購入をおすすめする理由

ヘッドライトクリーナー購入をおすすめする理由は、

・運転時の快適性向上
・車検時の対策

など複数あります。

長年乗っている車ですと、ヘッドライトの黄ばみやくすみから夜間の運転時に前が見えづらいといったこともおきます。また、そのまま放置すれば運転時の危険性が増すだけでなく、光量不足で車検に通らない、なんて事も起きてしまいます。

しかし、ヘッドライトクリーナーを使用することによってその2点が解決されます!

ヘッドライトクリーナー購入の際のポイント

ビジネスウーマン

購入のポイントを紹介!

ヘッドライトクリーナー購入時のポイントは複数ありますが、チェックすべき部分は大きく分けて3つです。

一般用か業務用か

簡単なお手入れ程度での使用ならば「一般用」を、しっかりとケアをしたいなら「業務用」のヘッドライトクリーナーを利用すると良いでしょう。

一般用のクリーナーを使用する目安としては、軽い黄ばみや汚れがある状態や小さな傷程度の場合です。この場合は問題なく対処できるでしょうし、一般用のクリーナーの方が価格帯も安く抑えられます。

一方の業務用のクリーナーは、黄ばみや汚れが目立っておりしっかりとケアをしたい場合におすすめです。業務用は容量も多く、かつ成分なども本格仕様です。

少し値段が上がってしまいますが、ご自身の車の状況を見て判断するのが良いでしょう。

液体タイプかチューブタイプか

これは単純に使用感の問題となります。

誰でも簡単に扱えるチューブタイプを選ぶか、容量が多めでたっぷりと使える液体タイプを選ぶかも車のメンテナンスのしやすさに影響を与えます。

クリーナーの性質

購入するクリーナーに研磨剤が含まれているか、コーティング効果が含まれているかなど、ご自身の求めるタイプをしっかりと確認しましょう。

有機溶剤が含まれている場合には、車の表面を溶かしてしまうケースもあるので、購入時には有機溶剤の有無なども確認するようにしましょう。

ヘッドライトクリーナー おすすめ10選

Linda(リンダ)ヘッドライトコーティングシステム HD-1 BZ60

お手軽にヘッドライトのコーティングをしたい方にとってはぴったりの商品です。

特殊洗浄効果があるので、汚れのケアが簡単にでき、コーティング効果も長期間保ってくれるので、メンテナンスされた状態をキープしたいという方におすすめです。

Linda Linda ヘッドライトコーティングシステムHD-1 BZ60

power ビッグ・ヘッドライトクリーナー

こちらのヘッドライトクリーナーは業務用タイプになっています。

研磨剤不使用ですが、汚れ落としが楽チンで簡単にプロ仕様の透明感を実現できます。

手軽にプロの技を実現したい方におすすめできる商品と言えます。

(業務用ヘッドライト黄ばみ落とし)ビッグ・ヘッドライトクリーナー/500ml 【研磨剤非配合】

スリーエム(3M))ヘッドライト用クリア コーティング剤 39173

こちらの商品は、スリーエム社の独自の研磨剤によって、ヘッドライトの黄ばみや汚れをしっかりと落とします。

コーティング剤を使えば最後の仕上げまできっちりとできるので、車の顔とも言えるフロント部分が映えます。

付属品も付いているので、手軽にメンテナンスができるのも嬉しいポイントです。

3M ヘッドライト用クリア コーティング剤 39173

リンレイ ReBirth ヘッドライト磨きクリーナー B-35

こちらのヘッドライトクリーナーの特徴は、微細な粒子構造になっているので車を傷つけることなく汚れや黄ばみを落とせる点です。

コーティング効果も含まれている分、一度磨けば長期間きれいな状態を保つことができます。

RINREI(リンレイ) ReBirth ヘッドライト磨きクリーナー 80ml B-35

ウィルソン(WILLSON)ヘッドライトクリアmini

こちらの商品は、メンテナンス初心者にもおすすめのミニタイプです。

2種類のUVカット成分によって、メンテナンス後の運転時には紫外線からヘッドライトを守ります。

また、黄ばみや汚れの元をシャットアウトするので、綺麗な状態をキープすることができるのが嬉しいポイントです。

研磨用のスポンジがセットになっているので、初めての方でも手軽に使えます。

ウィルソン(WILLSON) ヘッドライトクリアmini 02077

SOFT99(ソフト99) LIGHT ONE ヘッドライトリフレッシュ 03133 [HTRC3]

このヘッドライトクリーナーの特徴は耐久性で、使用後はおよそ6ヶ月間透明感を保てるパワフルな設計になっています。

黄ばみや曇りを落とす洗浄効果はもちろん、その後のコート仕上げが魅力となっています。研磨剤も含まれているので、優しく磨くようにしてください。

SOFT99 ( ソフト99 ) LIGHT ONE ヘッドライトリフレッシュ 03133 [HTRC3]

DreamFactory ヘッドライトコーティングお試しミニセット DF01-S

メンテナンスは大切だけど、あまり頻度はあげたくないという方におすすめなのがこのクリーナーです。

メーカーテストで6ヶ月以上もの間透明感が維持されたという結果が出ています。汚れを落とした上で表面を保護する2剤タイプになっているので、一度ケアするだけで綺麗な状態を保ちます。

お試しセットになっているので、相性がよければ大容量のものを購入する形がおすすめです。

激艶Premium DF-Zero-One-Sヘッドライトコーティングお試しミニセット DF01-S

ヘッドライトキレイ.com 洗浄・下地処理・コーティング hkcom1

こちらのヘッドライトクリーナーはシート型になっているのが特徴です。

薬液が染み込んだ形になっているので、お部屋掃除の要領で簡単に汚れを拭き取ることができます。汚れを落とした後はコーティングシートに持ち替えて磨きをかければ完了です。

手軽に済ませたい方にはうってつけです。

ヘッドライトキレイ.com 洗浄・下地処理・コーティング hkcom1

シュアラスター ヘッドライトクリーナー S-104

こちらの商品は汚れ落としの効果に優れ、簡単に元の透明感を取り戻せるようになっています。

アルカリ性の薬液で、サッと拭き取ることで黄ばみを除去でき、コーティング効果も高くヘッドライトの美しさを長期間保ちます。

シュアラスター [ヘッドライトクリーナー トリプルコーティング] ゼロリバイブ SurLuster S-104

シーシーアイ(CCI)スマートシャイン ヘッドライトコート W-138

こちらの商品はしっかりとヘッドライトをケアしたいと考えている方にうってつけです。

クリームだけでなく、マスキングテープや塗布具がセットになっているので、初めての方でも手軽に使用できます。

UVカットポリマーで1年間透明感を保つことができます。

シーシーアイ(CCI) スマートシャイン ヘッドライトコート W-138

まとめ

車のヘッドライト

ヘッドライトもメンテナンスしよう!

ヘッドライトをメンテナンスすることは見た目だけでなく、運転時の安全性を担保するためにも大切なことです。

様々な商品が出ていますので、ご自身の用途にマッチしたものを選ぶようにしてください。

車の洗車に関する記事はこちら

車のメンテナンスに関する記事はこちら

関連する投稿


エンジンオイルの交換|オイル交換費用の相場・交換時期はいつ?

エンジンオイルの交換|オイル交換費用の相場・交換時期はいつ?

エンジンオイル交換をどこで行うかで悩む方も多いと思います。ディーラーやオートバックスなどのカー用品店・専門店、ガソリンスタンドと様々な場所がありますが今回は料金や時間などからおすすめの場所を解説していきます。そして交換時期・目安も。


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


プレクサスとは?洗車やバイク、ヘッドライトへの効果から使い方まで解説!

プレクサスとは?洗車やバイク、ヘッドライトへの効果から使い方まで解説!

プレクサスはヘッドライトやプラスチック製品全般に効果的です。当記事ではプレクサスの効果や使い方、使ってはいけない箇所、注意点についてを徹底解説していきます。


Android Auto(アンドロイドオート)とは?使い方や対応アプリも紹介

Android Auto(アンドロイドオート)とは?使い方や対応アプリも紹介

「Android Auto(アンドロイドオート)対応」という言葉を耳にしたことはありませんか。一体何なのか気になるという方も多いと思います。カーナビのアプリらしいけど、他の地図アプリとはどう違うの?スマホでナビを見ながら音楽が聴けるって本当?今回はそういったアンドロイドオートの疑問にお答えします。


ETCの取り付け方法&店舗での取り付けにかかる工賃・時間も比較!

ETCの取り付け方法&店舗での取り付けにかかる工賃・時間も比較!

ETCの取り付けをどこですれば良い?そもそも自分で取り付けることは可能?ETCの取り付け方やカー用品点等で取付ける場合の料金・費用は?取り付けにかかる時間は?その他、自分でETCを取付ける際の注意点などを説明しています。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。