目次へ戻る

【初心者向け】手洗い洗車の方法や気を付けたいポイントもご紹介

【初心者向け】手洗い洗車の方法や気を付けたいポイントもご紹介

初めての愛車、初めてのドライブ、初めての給油、ときたら、その次は何でしょうか?そうです、初めての洗車です。洗車は念入りに行うほど愛車への愛着がわきますが、気を付けないと傷をつけてしまいかねません。今回は、正しい洗車方法や洗車に必要な道具などをご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


手洗い洗車の方法

洗車の様子

1番良い洗車の時間帯はいつ?

① タイヤ・ホイールを洗う

ボディからではないの?と思った方も多いはず。タイヤやホイールは落ちにくい油性の汚れ、泥などがつきやすいため先に落としておかないとボディを洗った後では、汚れが飛び跳ねてせっかく洗ったボディが残念なことになってしまいます。そのため、先に洗っておいた方が良いでしょう。

最初にシャワーモードにして軽く洗い流し、水勢は汚れを濡らす程度にします。バケツにシャンプーを混ぜジェット水流で細かい泡を作り、スポンジに泡を付けホイールの隙間まで洗います。

この時スポンジは使いやすく、小さくちぎるとよいでしょう。その後は、時間をおかずしっかりとすすぎます洗剤が残ると劣化の原因となりますので注意しましょう。

洗い流す際は、ジェットは使わずシャワーで優しく素早く洗い流しますその際、ホイール奥のブレーキローターやブレーキ・サスペンションは錆びやすいため、水が入らないように気を付けて下さい。

② ボディ・窓

水洗いから始めますが、埃やゴミなどでキズがついてしまうため極力にジェット水流で洗い流すのは避けましょう。上のほうから下へ水で洗い流していきます。

その際、ボディの前面についている「コンデンサー」にゴミや葉っぱなどがついてあれば手で取り除きます。水流で落とそうとするとフィンを壊してしまうことになります。

水洗い後は、先ほどと同じく洗剤をきめ細かい泡にします。シャンプーはスポンジとボディの摩擦を抑える意味もあり、細かい泡にするのがキズをつけずに洗うコツです。

泡ができあがったら、上から下へと洗車をしていきます。その際にスポンジは強く持たず手のひらで押さえるように優しく持ちます。

また、気温が高い場合はもう片方の手でシャワーを持ち、水で流しながら洗います。放っておくと乾いて跡になってしまうので注意しましょう。

③ シャンプー・すすぎ

全体的に洗い終わったら、上から下へ泡が残らないように念入りにシャワーモードですすぎましょう。泡が残ってしまうと水垢などの原因となります。

すすぎ残しやすいサイドミラー、トランクやボンネットの隙間、ドアノブ、ステップの裏などはきちんと確認しましょう。

④ 拭き上げ

すすぎが終わったら素早く「拭き上げ」をしましょう。その前に効率的に水気をきるために、可動部などの水が溜まりやすい部分は出来れば車を前後に動かし水滴を落とします。車を動かす場所がない場合は、可動部(ミラーやドア)を開閉します。

拭き上げは、慣れない人がすると力を入れすぎてしまいがちですが、これがキズをつける原因ともなりますので力を入れずに拭くことができるマイクロファイバークロスを使用します。

使用する際は拭き取る方向を同じにすることがポイントとなります。方向としては上から下に向け拭くことが基本です。

また、窓を拭く際は順番があり、窓枠に沿って外側を一周したら上下に拭き、横にずらし、窓の下部分を横に拭き取ります。この順番で拭き取っていくとムラや拭き残しがなく仕上がります。

タイヤを拭く時は、ボディやガラスなどを拭いたものとは別のもので拭き、タイヤの劣化を抑えるためにつやだしスプレーをしておきましょう。

ワックスは初心者にはあまりお勧めしません。塗りムラや拭きムラがあると逆にボディをくすませてしまいます。簡単なスプレータイプの物も効果はありますのでそちらを使うと良いでしょう。

⑤ 車内

車内の掃除には、コードレスの掃除機が便利です。フロアやシートには食べかすや砂・埃などがついていますので、座面などを持ち上げながらしっかり掃除機で吸い取ります。フロアマットなども外し、車外でほこりなどをはたき落とします。

マットを外したあとは床面はもちろんレール部分なども忘れずに掃除機をかけ、最後にダッシュボードなども拭き、つや出しなどをかけるととても綺麗に仕上がります。

手洗い洗車に必要な道具

車の洗車道具

洗車に必要な道具たち

バケツ

バケツに関しては使いやすさと収納を考えて大きさを選べば問題ありませんが、バケツの中にも折りたたみ式のものや大容量タイプ、踏み台としても利用できるものなど様々な種類があります。

興味のある方は下記の記事をご覧ください。

スポンジ

スポンジはボディにキズをつけないために柔らかい素材を選ぶと良いでしょう。また、ボディ用とホイール用は必ず分けて使いましょう。

おすすめ商品はこちら!

◎シュアラスターウォッシングスポンジ(キズ防止2層構造) SurLuster S-70
中央にくぼみがあり握りやすく、サイズも大きいため広範囲を一度に洗えるので初心者にも使いやすい商品です。

また、裏表でスポンジの形状が異なりフラットな面と、凸凹面の両方を使えるのも便利です。

シュアラスター ウォッシングスポンジ [キズ防止 2層構造] SurLuster S-70

クロス

拭き上げ用のクロスですが、こちらもボディ用とホイール用を分けておきましょう。

おすすめ商品はこちら!

◎アグアミライ(フチなし加工)プレミアム・マイクロファイバー洗車タオル
拭き上げの際にキズの原因となる、「フチ」を無くすことでキズの発生を抑えることができる優れモノです。

毛足の長さが裏表で異なり用途に応じて使い分けが可能になっており、一番のポイントとなる吸水性は抜群です。

AguaMirai(アグアミライ) 【フチ無し加工】 プレミアム・マイクロファイバー洗車タオル (超・吸水)【中サイズ(60x40cm)2枚セット】【ES-PT64Y2】 5035

シャンプー

カーシャンプーについては家庭用の弱アルカリ性中性洗剤での代用はできますが、ここでは専用の物をご紹介します。

おすすめ商品はこちら!

◎シュアラスターカーシャンプー(ノーコンパウンド)1000 SurLusterS-30
泡立ちが良く、研磨剤不使用なのでキズの心配もありません。

希釈して使用しますのでコストパフォーマンスもバッチリです。

シュアラスター 洗車シャンプー [ノーコンパウンド] カーシャンプー1000 SurLuster S-30

コーティング

ワックスは、初心者にはちょっと難しいのでスプレータイプをおすすめします。

おすすめ商品はこちら!

◎グラシアス 浸透性ガラス系コーティング ピュアガラスエレメント S143
新しいタイプのコーティング剤で薬剤が塗装面に浸透し、ガラス化することで劣化を防いでくれます。

スプレータイプなので効率的に作業ができる優れものです。

浸透性ガラス系コーティング グラシアス ピュアガラスエレメント S143 専用クロス2枚入り

手洗い洗車の注意点

車を拭きあげる手

ボディーに傷がついてしまう原因とは?

手洗い洗車ので気をつけなければならないのは、やはり車にキズをつけないようにすることでしょう。

キズがついてしまう大きな原因には、ボディに付いた砂や埃、水分が蒸発してこびりついたミネラル分が洗車をする際にこすれてついてしまうといったものがあります。

このような汚れをボディに付いたままスポンジなどで擦ってしまうと、わかりやすく言えば、粗目のやすりでボディを削っているような状態で洗車することになります。そんな状態にならないためには、洗車の前によく水洗いすることがとても大事なのです。

また、洗車後の拭き上げ時に普通のタオルを使用すると擦れてキズができやすくなってしまいます。拭き上げ用のタオルには、マイクロファイバーなどのクロスを使用するようにしましょう。

お店で任せる手洗い洗車と機械洗車

より綺麗に洗車したいのであればプロにお任せ。

丁寧な手洗い洗車

愛車を自分の手で洗車することも楽しみの1つではありますが、たまにはプロに任せて洗ってもらいたい、自分で洗車する時間がないといった人も多いでしょう。また、洗車機などを利用するのも大変便利です。

この2つには、どのような違いがあるのでしょうか。

手洗い洗車の特徴

手洗い洗車の大きなメリットとしては、「手間がかからない」「自分で行うよりも洗車のスピードが早い」「キズ付きや汚れを気にして洗車してくれる」「拭き上げも隅々までやってくれる」などが挙げられます。

デメリットとしては、店舗やプランによって異なりますが「料金が少しお高いこと」でしょうか。

また、スタッフの技術や経験によっても仕上がりが違ってくることもあります。

機械洗車の特徴

機械洗車のメリットは、「時間がかからないこと」が挙げられ、約5分ほどで洗車が終わります。拭き上げは自分でしなければなりませんが手洗いよりも断然早く終わります。

また、もうひとつのメリットとして「安いこと」が挙げられます。料金に関してはプランによっても違ってきますが、一番高いプランを選択しても1,000円程度でおさまります。

デメリットは「キズがついてしまうことがある」「利用不可な車種がある」「拭き上げが必要」などでしょう。

キズに関しては、最近では機械も進歩しており精度も上がってきていますが、機械自体の汚れなどが原因でキズを防ぐことが難しくなります。

まとめ

初心者の方向けの手洗い洗車についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

洗車をプロや機械にしてもらうのも効率的ですが、車好きならば洗車も一つの楽しみでしょう。大事な愛車にキズをつけないように、道具や洗い方に気を付けてマイカーライフを楽しみましょう。

洗車についてのおすすめ記事はこちら

関連するキーワード


メンテナンス 洗車

関連する投稿


エンジンオイルの交換|オイル交換費用の相場・交換時期はいつ?

エンジンオイルの交換|オイル交換費用の相場・交換時期はいつ?

エンジンオイル交換をどこで行うかで悩む方も多いと思います。ディーラーやオートバックスなどのカー用品店・専門店、ガソリンスタンドと様々な場所がありますが今回は料金や時間などからおすすめの場所を解説していきます。そして交換時期・目安も。


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


プレクサスとは?洗車やバイク、ヘッドライトへの効果から使い方まで解説!

プレクサスとは?洗車やバイク、ヘッドライトへの効果から使い方まで解説!

プレクサスはヘッドライトやプラスチック製品全般に効果的です。当記事ではプレクサスの効果や使い方、使ってはいけない箇所、注意点についてを徹底解説していきます。


ETCの取り付け方法&店舗での取り付けにかかる工賃・時間も比較!

ETCの取り付け方法&店舗での取り付けにかかる工賃・時間も比較!

ETCの取り付けをどこですれば良い?そもそも自分で取り付けることは可能?ETCの取り付け方やカー用品点等で取付ける場合の料金・費用は?取り付けにかかる時間は?その他、自分でETCを取付ける際の注意点などを説明しています。


オイルキャッチタンク 効果と取り付け方紹介 仕組みと車検時の注意も解説

オイルキャッチタンク 効果と取り付け方紹介 仕組みと車検時の注意も解説

ブローバイガスによるエンジン及び燃焼に関係する部品の性能低下を防ぐために取り付けられるのがオイルキャッチタンクと呼ばれる部品です。レースなどでは安全性の面からも装着義務が定められていますが、今回はオイルキャッチタンクについて、どのようなものか、その効果や取り付け方法、及び車検に通す際の注意点などを紹介します。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。