トップへ戻る

【豆知識】中型免許とは?取得方法や費用、乗れる車もご紹介!

【豆知識】中型免許とは?取得方法や費用、乗れる車もご紹介!

意外と知られていない中型免許の基礎知識。その中型免許の必要性や免許の取得方法など、知ってるとちょっと得した気分になる情報をお伝えします。今まであまり気にならなかった方や、初心者の方にもわかりやすい内容にまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


中型免許とは?

トヨタ コースターEX

トヨタ コースターEX

中型免許は自動車免許の中では、大型免許の次に大きい車両を運転できる免許のことで、車両総重量が11t未満・最大積載量が6.5t未満・乗車定員が29人以下の車を運転する際には必要になります。

また、中型免許は一種と二種の2種類に分けられ、バスやタクシーなど乗客から運賃をもらう場合は中型二種の免許が必要です。

現在の免許の区分は平成29年(2017年)の改正で「準中型自動車」が新設され、2007〜2017年に普通免許を取った人は「準中型で運転できる準中型車(5t)に限る」と追記、2007年以前に普通免許を取った人は「中型車は中型車(8t)に限る」と追記されるように変わりました。

もちろん限定解除すれば大型免許を取得することができます。

中型免許は何のために必要?

休憩中のトラック

必要な理由は?

中型免許が必要になるのは、ほぼ職業に関係していると言っても良いでしょう。

その他の理由も考えられますが、なんといっても普通車では到底無理なクラスの荷物などを、日常的に運搬をするには絶対に必要になります。

そのため、中型免許を取得している方の中には大きな車を運転しなければできない職業に関連している方も多いでしょう。

【必要な理由1】業務上必要な免許である

4tトラックやマイクロバスなどの運転が仕事である場合、中型免許は絶対必要になってきます。

また、消防車クラスの運転にも必要なので、免許がなければ業務に携わることはできません。

中型免許でも意外と多くの職種で必要なことがわかります。

【必要な理由2】普通車より積載量が多い

中型免許で載せられるトラックやマイクロバスなどであれば、かなり多量の荷物を運ぶことができるので、家具や家電など大きなものを一度に載せることができます。

そのため、自分の引越しや不用品の処分・ちょっとしたお手伝いなどにも重宝します。

【必要な理由3】就活時に該当する仕事の種類が増える

就活をする際、少しでも多くの資格を持っていると有利です。

そのため中型免許があれば、運送業はもちろんゴミ収集ができる公務員などにも応募することができ、一般の人より幅広い職業を探すことが可能になります。

中型免許の取得方法や費用

教習所

気になる取得方法と費用

中型免許の取り方は大きく3通りに分けられます。ですがその前に受験資格を確認しておきましょう。

中型免許はマニュアルの普通免許を持っていて2年以上経っていることと、8t中型限定免許を持っている場合に受験することができます。

免許の取得については、教習所で取得する場合、大体最短で10日前後、費用は17万円前後かかることが多いようです。

また、合宿免許で取得する場合は、最短で8日前後と短く、費用も14万円程度と教習所に比べると割安になっています。

一発試験で取得する方法だと、地域によって多少の変動がありますが、講習受講料や事務手続き費用などで5万円程度の費用が必要になります。

中型免許で乗れる車

三菱ふそうローザ

三菱ふそう ローザ

中型免許で運転できるのは、車両総重量11t未満で、最大積載量が6.5t未満の車両になります。また、乗車人数は30人未満という制限も設けられています。

この条件に当てはまる車種で人気があるのは、やはり物品の運搬に使用される「4tトラック」や、乗客を運送する「マイクロバス」などです。

中型免許があると様々な送迎などの仕事や、プライベートでレンタカーを借りて大人数を乗せて旅行することも可能になります。

このように使用の用途が広いことが特徴なので、普通車との違いがはっきりしています。

中型免許と準中型免許の違い

2017年の法改正により準中型免許が新たに設けられた免許です。準中型免許は18歳になるとすぐに取得可能で、運転できるのは車両総重量が4.5t未満・最大積載量が3t未満・乗車定員が10人以下の車です。

準中型免許の一番の特徴は、中型免許とは違い普通免許がなく、一定期間の運転の経験がなくても取得できることです。

しかも、取得1年未満の期間は準中型自動車の運転時には初心者マークが必要ですが、普通車の運転時には不要になっています。

準中型免許を取得した方が運転する車両は2tトラックがメインになっているようで、商品運送や宅配便の配達などに使用されているクルマであるため、運送業に就くためには必要不可欠な免許と言えます。

特殊な準中型5t限定免許

「準中型5t限定免許」はあまり聴き慣れない免許だと思います。それは2007年から2017年の間に、普通免許を取得した人のみが持っている免許だからです。

車両総重量5t未満・最大積載量3t未満・乗車定員10人以下の車両を運転できるので、仕事で運転しなければならない車両はかなり多く、この免許があって助かったという人も多いでしょう。

まとめ

菜の花畑の横を通るトラック

中型免許を取得しよう!

中型免許があればかなり就職に有利です。単に優越感のために取得するのもアリですが、実用的な免許なので現状ではそのような方は少ないです。

中型免許を取得して希望する職業に就けるのはとても嬉しいことですから、免許を取得して有効に利用しましょう。

関連するキーワード


運転免許 豆知識

関連する投稿


【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

違う車が欲しい、自分の車を売却して別の車が欲しいな。そんなことを思った時、まず初めに考えるのが中古車査定ではないでしょうか。しかし、何からすればいいのかわからない。そもそもどこに行くの?そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取り、より高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。


廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

免許の自主返納が増え、クルマを手放す人が増えた今、廃車に困っている方は少なくないかもしれません。多くの方にとって、クルマを購入するより経験のない手続きです。今回は、廃車の手続き方法やどんな業者に頼めるかをまとめました。


NOSって何のこと?ワイルド・スピードや実際の使われ方についても解説!

NOSって何のこと?ワイルド・スピードや実際の使われ方についても解説!

映画の『ワイルド・スピード』通称ワイスピでは、NOSという機構が登場します。NOSはワイルド・スピードの魅力の1つにもなっています。そこで今回は、ワイルド・スピードで使われているNOSや実際での使われ方について徹底解説します。


送りハンドルって何?ハンドルの正しい回し方について紹介!

送りハンドルって何?ハンドルの正しい回し方について紹介!

送りハンドルは自動車教習所で必ず習うハンドルの回し方です。しかし、送りハンドルはダメであるという教えも存在します。そこで今回は、送りハンドルについてとハンドルの正しい回し方について紹介します。


法定速度ってどういう意味?制限速度や指定速度との違いについて紹介!

法定速度ってどういう意味?制限速度や指定速度との違いについて紹介!

車を運転する際に必ず意識しなくてはいけないのが法定速度です。法定速度に似た言葉に制限速度や指定速度があります。今回は法定速度の意味と制限速度や指定速度との違いについて紹介します。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。