トップへ戻る

【豆知識】トラックレンタカーとは?

【豆知識】トラックレンタカーとは?

新生活で引っ越し費用を抑えたい。大きな荷物の運搬にどうしても使いたい。そんな希望に応えるのがトラックのレンタカーです。免許の区分で借りられる大きさや費用、運転のコツについてもご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トラックレンタカーとは?

トラック

トラック

トラックレンタカーとは、基本的にレンタカーのトラックバージョンと考えていただければわかりやすいかと思います。

しかも、一般的なレンタカーで借りられると思ってほぼ間違い有りません。

トヨタレンタカー、ニッポンレンタカー、オリックスレンタカーをはじめ、ニコニコレンタカーのようなレンタカー会社でもレンタル可能です。

いつも使っている場所や最寄りのレンタカーを検索されるのが良いでしょう。

聞き慣れないかもしれませんが、商用車専門のレンタカーもあります。

例えば、「ランドレンタカー」なら2tトラック、4tトラックも借りることができます。ランドレンタカーは月単位でも借りられるのと、陸送の問い合わせが可能なのが魅力的です。また、同じ会社の運営する「はたらくクルマ館」なら軽トラや小型車両を借りることもできます。

また、普通のトラックだけでなく、10tトラックが必要な場合はヨシノレンタカーが頼りになります。川崎、町田といった首都圏が拠点ですが、どうしても大きいトラックが必要な場合は強い味方です。

トラックレンタカーを借りる時、知っておきたいこと

個人利用では、大きな荷物の移動で、法人なら繁忙期にどうしても車両が足りないときに必要になってくることがあるかもしれません。

はじめての人が気になる借りるために準備しなければならないお金や、お得になりそうなポイント、一時的にトラックを置く駐車場を紹介します。

1.支払いは使った分

レンタルなので必要な時間だけ借りれば大丈夫です。

時間で借りるのはもちろんですが、1日単位、月単位でも借りることができます。そのレンタルサービスにもよりけりですが、

5t限定準中型免許以上で運転できるアルミコンテナつき2tショートは1日12,000~20,000円前後、

準中型免許以上で運転できるアルミコンテナ付き2tワイドロングは12,000~25,000前後、8t限定中型免許で運転できる4tアルミコンテナ付きは20,000円、大型免許で運転できる10t平ボディは54,000円ほどで借りることが可能です。(※2020年3月現在)

2.乗り捨ても可能?近場ほどお得

大手で借りるなら、普通のレンタカーと同じくトラックでも乗り捨てができる場合があります。

レンタカーの乗り捨て手数料は営業エリア内なら無料、エリア外・県境を越えると有料とするところが多いです。つまり、近場で使うほど費用が抑えられてお得というわけですね。

また、手数料がかかる場合、例えば、東京都内の23区→23区外なら1,000円、東京→神奈川なら約5,000円、東京→大阪なら約40,000円程度です。

3.トラックの時間貸し駐車場が予約可能

一日で積み下ろしと配送を終わらせる自信がない場合も、トラック用の駐車場を借りれば大丈夫です。

タイムズ駐車場予約サービスを使用すれば、トラックがとめられる駐車場をネットで探せます。会員登録は無料ですので、使ってみてもいいかもしれないですね。

トラックレンタカーのメリットとデメリット

メリット

先ほど述べたとおり、全国展開しているレンタカー会社なら、搬送先の拠点でトラックを返却可能。

手数料さえ払えば、返しに行く手間がかかりません。また、余計な人件費が一切かからずお得です。自分で借りて自分で運転するなら、支払いは車両代とガソリン代だけです。

搬入も自力で行うならその分の人件費もさらにお得です。

デメリット

不慣れな人には乗り心地が悪いこともあり疲労がたまりやすいかもしれません。

慣れない車両を操るため、疲れも普段よりたまりやすく感じるでしょう。また、荷物の積み下ろしも自分と知人の力を借りて行うことになります。

日程にはゆとりを持って十分な休息がとれるようにスケジュールを立てましょう。

トラックの借り方

借りられるトラックの種類は免許の種類に準拠します。

まずは免許証を取り出して下の真ん中あたりを確認しましょう。免許の種類で借りることのできる車両の総重量は以下のようになっています。


免許区分車両総重量最大積載量乗車定員
普通免許3.5トン未満2トン未満10人以下
準中型免許7.5トン未満4.5トン未満10人以下
中型免許11トン未満6.5トン未満29人以下
大型免許11トン以上6.5トン以上30人以上


自分の免許の種類を見たら、レンタカーのサイトを確認しましょう。

トラックの種類が並んでいるページで、車体のサイズと並んで「準中型免許以上」のように免許の種類が必ず併記されているのでそれを探します。

上位免許は下位免許を兼ねています。

このとき、トラックの種類や名前だけ見て予約をしないように気をつけましょう。例えば、「2tショート」を借りたいとき、荷物は2tまで積めます。2tの名前からして普通免許で運転できそうですが、2tショートは普通免許では借りられません。

トラックの種類

予約するときに、気をつけていただきたいトラックの種類を3項目ご紹介します。おすすめはアルミコンテナのマニュアル車で、つめるかどうかわからないギリギリよりもちょっと広めで借りるのがおすすめです。

アルミと平

簡単に言うと、アルミコンテナタイプは屋根付き、平ボディタイプは屋根なしです。

平の方が後方確認が簡単で運転しやすいです。

しかし、濡れると困るものを運ぶ場合はアルミの方がおすすめです。値段はアルミの方がやや高くなりますが、作業が天候に左右されづらいのはメリットと言えます。

マニュアル車(MT)がある

近年トラックでもオートマ車が増えているのは確かですが、古い車種にはマニュアル車が残っています。自信がない場合は予約するときに「オートマ車」を希望しましょう。

レンタカーのクラス

「トラック レンタカー 業者名」で検索すると、様々なトラックが並ぶページにたどり着きます。その中に、荷台の内寸が書かれている場所があるので借りる前に確認しましょう。

積みたいものの外寸と梱包材だけでなく、積み方に応じて人が作業するスペースも確保する必要があることを忘れないようにしましょう。また、過積載にならないように、大きさにゆとりを持ちましょう。

トラックの運転で気を付けるべきこと

内輪差が大きい(車体が大きい)ので、普通乗用車の感覚で曲がろうとすると巻き込んでしまう可能性があります。運転するときは巻き込みに気をつけましょう。

また、アルミコンテナタイプでは、後方はミラーではなくカメラのモニターで確認します。
乗用車とは勝手が違うので、いつも以上に安全運転で取り組みましょう。

トラックで事故を起こしてしまったら?

事故を起こすとトラックを借りたレンタカー会社からNOC(ノンオペレーションチャージ)を請求される可能性があります。NOCとは事故や故障等でメンテナンスが必要な場合に、利用者がレンタカー会社に支払うべき補償金を指します。

こちらは、車両保険や免責保証制度とは別です。なぜなら、NOCは対人・対物事故の損害補償ではなくて「営業補償費」の扱いとなっているためです。念のため保険の内容を確認しておきましょう。

引っ越しで荷物の量がわからないときは?

引っ越しでどれくらい荷物が出るか不透明な場合は「引っ越し トラック 業者名」で検索すると、各業者が部屋の大きさでおすすめのクラスを提示してくれます。迷ったらそのページを指標にするのがおすすめです。

このとき、1部屋用だとバンが勧められることが多いですが、荷物が多い人にはバンでは足りないことが多いです。

ワンルームマンションなどで家具家電も運びたい場合は、1tトラック以上をレンタルしましょう。物件によっては、建物を傷つけないために自力での引っ越しを禁止していることもあるので、計画する前に管理会社に必ず確認をとりましょう。

また、自力で運ぶのが難しいような荷物だけ「単身引っ越し」や「宅配便」を利用するという手もあります。くれぐれも無理はしないように計画的に動きましょう。

まとめ

以上トラックのレンタル方法やそのポイントについて説明しました。トラックをレンタルする場合はくれぐれも安全運転でお願いします。

関連するキーワード


豆知識 運転免許 トラック

関連する投稿


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコートとは、ワコーズが開発した非常に効果のあるコーティング剤のひとつ。本記事では、ワコーズのバリアスコートの使用方法、使用時の具体的な効果を紹介します。また、その際の注意点もわかりやすく解説。さらに、バリアスコートを実際に使用した方による口コミを、よい評価はもちろん悪い評価も同時にお見せします。バリアスコートとガラスの相性についても触れます。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。