トップへ戻る

トラックメーカーについて知ろう!それぞれの特徴を解説

トラックメーカーについて知ろう!それぞれの特徴を解説

国内には、4大トラックメーカーを筆頭に複数のトラックメーカーがあります。乗用車を製造しているメーカーとはまた違ったメーカーがトラック業界ではシェアを占めています。今回は、各トラックメーカーに関して特徴や違い、主要トラックをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トラックメーカーとは?

並ぶトラックの画像

トラックメーカーについて知ろう

トラックメーカーと言われると日野やいすゞなどのメーカーが思い浮かぶかもしれませんが、これらのメーカーは主にシャシーと呼ばれる車体部分を製造しています。

ボディと呼ばれる架装・荷台部分は、別のメーカーが製造していることがしばしばあります。

基本的にトラックメーカーといえばシャシーを製造しているメーカーを指しますが、ボディを専門に扱っているメーカーもあることを覚えておくといいかもしれません。

トラックメーカー各社の特徴や違い

シャシーを製造してるメーカーをいくつかご紹介します。

有名なメーカーが多いので知っている方も多いと思いますが、各社の特徴や違いを見ていきましょう。

日野

日野レンジャー FG

日野レンジャー FG

日野のCMを見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。

日野の愛称で親しまれている日野自動車株式会社は、トヨタグループの連結子会社で常にトラックの国内シェア1、2位を争うメーカーです。

日野のトラックには、大型トラックの「プロフィア」、中型トラックの「レンジャー」、小型トラックの「デュトロ」があります。

日野の特徴としては、エンジン馬力の凄さと故障の少なさが挙げられます。

また、ディーラーも多いため、車体のメンテナンスをしやすいことやメンテナンスの費用も安いことから非常に人気があります。

車体の価格が高めになってしまうのも特徴の一つですが、故障が少なくメンテナンス費も安いことから総合的に見ると価格が高すぎるということもないでしょう。

顧客満足度はトップに輝いており、多くのドライバーから愛されています。

日野のトラックの購入をご検討されている方は、以下から中古車情報を詳しく見ることができます。

いすゞ

いすゞ フォワード

いすゞ フォワード

現在いすゞは乗用車の製造を行っていないため普段はあまり名前を聞きませんが、トラックメーカーとしては、常にトップシェアを争っています。

実は、いすゞは国内最古の自動車メーカーであり、かなりの歴史があります。

また、乗用車の製造を廃止しトラックやバスの製造に絞ったことで、収益の高さもずば抜けたメーカーとなっています。

いすゞのトラックには、大型トラックの「ギガ」、中型トラックの「フォワード」、小型トラックの「エルフ」があります。

いすゞの特徴としては、優れたディーゼルエンジンの技術と、値引きの幅も大きいことでしょうか。そのため、コストパフォーマンスを求める運送会社からはかなりの人気があります。

いすゞのトラックの購入をご検討されている方は、以下から中古車情報を詳しく見ることができます。

三菱ふそう

三菱ふそう キャンター4WD

三菱ふそう キャンター4WD

三菱ふそうは、2003年に三菱自動車工業から独立し、現在はドイツのダイムラーグループの傘下になっています。

三菱ふそうのトラックは国内より海外での販売比率が高く、アジアを中心にそのブランドを確立しています。

ダイムラーグループに所属していることもあり、実は世界でのトラックシェア率はトップを誇っているメーカーです。

三菱ふそうのトラックには、大型トラックの「スーパーグレート」、中型トラックの「ファイター」、小型トラックの「キャンター」などがあります。

特徴としては、車体価格が比較的安く、エンジンのバランスも良い所でしょう。さらに、ダイムラー製のエンジンは振動や騒音が少ないこともあり、長距離運転にも適しています。

エンジンだけではなく、シートも快適に過ごせるよう空されており、長距離ドライバーの中には三菱ふそうのトラックを愛用している方も少なくありません。

三菱ふそうのトラックの購入をご検討されている方は、以下から中古車情報を詳しく見ることができます。

UDトラックス

UDトラックス クオン

UDトラックス クオン

UDトラックスもトラックメーカーとしては有名で、国産4大トラックメーカーの1つです。

元々は、日産ディーゼル工業株式会社として日産自動車の傘下にありました。現在は、ボルボの完全子会社となっていますが、2019年12月にいすゞの傘下となることも発表されています。

UDトラックスの特徴としては、エンジン馬力とクラッチが強く、坂道発進も楽に行える点が挙げられます。

また、排出ガスを低減させる「尿素SCRシステム」を世界初で導入しており、燃費が良くランニングコストを下げられる点もあります。

UDトラックスは、大型車に力を入れており、特に大型トレーラーに関しては、国内シェアトップを誇っています。

ラインナップには、大型トラックの「クオン」、中型トラックの「コンドル」、小型トラックの「カゼット」などがあります。

UDトラックスのトラックの購入をご検討されている方は、以下から中古車情報を詳しく見ることができます。

日産

日産 アトラス ディーゼル

日産 アトラス ディーゼル

日産といえば、乗用車のイメージも強いのではないでしょうか。

実際に、トラックを販売していますが、製造をしている訳ではなく代表的な日産のトラックであるアトラスもOEM車になります。

日産でトラックを買うことはできますが、基本的にOEM車であることを覚えておいた方が良いでしょう。

ライナップには、中型トラックの「アトラス ディーゼル」「アトラス ガソリン」「NT450アトラス」と軽トラックの「T100クリッパー」があります。

日産のトラックの購入をご検討されている方は、以下から中古車情報を詳しく見ることができます。

マツダ

マツダ タイタン

マツダ タイタン

マツダも乗用車のイメージが強いかもしれませんが、実はトラックも製造しています。

マツダのトラックには、「タイタン」「ボンゴトラック」と軽トラックの「スクラムトラック」などがあります。

国内向けというよりは欧州の市場をターゲットにしたトラックのため、国内での認知度は低めとなっています。

マツダの特徴としては、高速でのハンドリング性能や運転のしやすさ、乗り心地の良さがあります。

欧州での人気が非常に高く、特にドイツのアウトバーンを走るドライバーからは根強い人気があります。

マツダのトラックの購入をご検討されている方は、以下から中古車情報を詳しく見ることができます。

トヨタ

トヨエース ダンプ

トヨエース ダンプ

実はトヨタもトラックの製造を行っています。過去に遡れば、トラックの製造をメインに行っていた時もありました。

トヨタのトラックには、「ダイナ」「トヨエース」「タウンエース」などがあります。

国内外トップクラスの自動車メーカーと言われるだけあるトヨタのトラックの特徴としては、故障が少なく、信頼性も高いことが挙げられます。

中古車として売る場合も価格の低下がそこまでないので、高額で買い取ってもらうことが出来ます。

トヨタのトラックの購入をご検討されている方は、以下から中古車情報を詳しく見ることができます。

まとめ

新東名高速道路を走行中のトラック

トラックについて詳しくなろう

実は、かなり歴史のあるメーカーもあったりするので、調べてみるとかなり奥が深いのがトラックです。

これからトラック関係の仕事に携わる、あるいは自分のトラックを購入する際は、各メーカーの特徴を意識してみるのも良いのではないでしょうか?

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。