トップへ戻る

【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

日産にはコンパクトSUVから本格的SUV までラインナップされています。人気があるSUVですが、「日産のSUVにはどんな特徴があるのか」と迷う方もいるかもしれません。e-POWERやプロパイロットなど魅力的な機能を備えた日産のSUVをまとめてご紹介します!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産のSUVの特徴は?

日産のSUVの特徴といえばe-POWERやプロパイロットを搭載していることです。 新しいハイブリッドシステムとして注目され、ノートで大成功を収めたe-POWERがあります。最先端の安全技術であるプロパイロットが搭載されているので、新しい走り心地だけでなく低燃費も魅力です。

e-POWER搭載車種も

e-POWER

新発売されたキックスにはe-POWERが搭載されています。e-POWERは日産が開発した次世代の電動パワートレインで、エンジンは発電のみに使用しモーターで走行することが特徴です。

ハイブリッド車の先駆けであるプリウスなどのハイブリッドシステムでは、ガソリンエンジンで走行させて、モーターでアシストする形になりますが、e-POWERはモーターで走行させます。

EVと同じような静寂性や高いトルクがもたらす加速性が魅力ですが、EVのように充電を気にせずに走れることから、EVとガソリンエンジン車のよいことを合わせ持っています。

ドライブモードに応じて、アクセルペダルを戻すことで強めに減速するので車速の調整がペダルの踏み換えなしで可能になる、ワンペダル感覚のe-POWER Driveによって、ブレーキペダルを踏む回数が減少しており運転が楽になるのが特徴です。またエンジン効率がよい回転数を使用できるので低燃費なことも特徴です。

エクストレイルにハイブリッド

エクストレイルハイブリッド

エクストレイルには、ハイブリッドモデルも設定されています。直噴エンジンにハイブリッドシステムが組み合わせており、走行シーンに合わせて効率のよい走りを選択することが可能です。

発進から高速域までモーター走行領域が幅広くなっており、モーターの加速性能を活かします。中高速域になるとエンジンで走行しながら、モーターで発電してエネルギーを効率よく使います。

モーターとガソリンエンジンの特性を活かすことで、優れた低燃費性と走行性を両立しているのです。

プロパイロットを搭載

プロパイロット

単純な渋滞走行のときや長時間の巡航運転で負担を軽減できるように、アクセルやブレーキ、さらにステアリングまでサポートしてくれるのです。

例えば、車間距離をキープするために前の車をモニターし、自動でアクセルやブレーキをコントロールして車間距離を保ちます。

白線もモニターできるので、ステアリングをコントロールして、直線やカーブで走行車線の中央を走行できるようにします。

日産の新型SUV情報

日産の新型SUVの情報を見てみましょう。2020年6月にキックスが発売されています。また2020年7月には、EVクロスオーバーのアリアが発表されると予想されています。

新型SUVのキックス発売

キックス

日産の普通車では、約2年9か月ぶりに発売された新型車です。キックスは2016年にブラジルでの発売を皮切りに、中国、北米、インドで発売されており、その後日本での発売がスタートしました。

日産の特徴的なエクステリアである「ダブルVモーショングリル」で力強さが表現されているデザインです。

またパワートレインがe-POWERということも特徴的です。コンパクトでありながらも、力強く走れるコンパクトSUVとして注目です。下の見出しでさらに詳しくご紹介します。

2020年7月にEVクロスオーバー「アリア」

日産アリア

日産の米国部門は、2020年7月にEVクロスオーバーのアリアを初公開することを発表しています。すでに発表されているコンセプトモデルでは、幅広いフェンダーやLEDヘッドライト、また新しいデザイン言語など特徴的なデザインが見てとれます。

EVなのでバッテリーの配置位置を最適化しており、フラットな内装が特長です。パワーユニットはツインモーターの4輪制御システムが搭載されています。どんな路面状況でも前後のモーターを制御して優れたトラクション性能を発揮します。

コンセプトモデルは発表されていますが、どんなエクステリアになるのか、また搭載されるモーターの詳細にも注目です。

現行の日産のSUVを紹介!

現行の日産のSUVを見ていきましょう。2020年7月時点で発売されている日産のSUVは、エクストレイルとキックスです。どのような特徴を持ったモデルなのかご紹介します。

【エクストレイル】本格派SUV

日産エクストレイル 20X HYBRID

日産エクストレイル 20X HYBRID

エクストレイルは2リッタークラスのSUVとして国内最大級の室内空間と本格派アウトドアにぴったりな装備が特徴のモデルです。

広いラゲッジスペースがあるので、アウトドアに出かけるときにたくさんの荷物を積むことができます。

シートやラゲッジボードには、完全防水処理を施しているグレードもあるので、海でサーフィンをしたり、冬山でのスキーやスノーボードの荷物を載せても汚れが気になりません。

濡れたまま座っても汚れを拭き取るだけで簡単です。シートは透湿性を向上させているので、夏場のムレも軽減させています。

エクストレイル

グレードによってはリモコンオートバックドアが搭載されているので、荷物を持って手が動かせないときでも、リアバンパーの下に足を入れて引くだけでドアが自動でオープン・クローズします。

3つの走行モードから選択することができ、どんな路面でも走破可能です。4WDロックモードであれば、雪道や悪路で確実に4つのタイヤにトルクを伝えます。

また乾いた舗装路では、低燃費で走行するために2WDモードで走行。さらに自動で調節するAUTOモードと、前後50:50でトルク配分するLOCKモードから選択可能です。

居住性の高さだけでなく、本格SUVとして高い走破性、さらにスタイリッシュなデザインでアウトドアにも街乗りにもマッチするモデルです。

 【 日産 エクストレイル 20Xi】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,690mm×1,820mm×1,740mm
ホイールベース2,705mm
最大乗車定員5名
車両重量1,510~1,610kg
燃費JC08モード燃費:16.4km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力108kW (147PSPS)/ 6,000rpm
最大トルク207N・m (21.1kg・m)/4,400rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッションエクストロニックCVT(無段変速機)
2020年7月現在 日産公式サイトより

【キックス】新型コンパクトSUV

キックス

2020年6月に発売された新型コンパクトSUVのキックス。 日産の特徴的な「ダブルVモーショングリル」や「フローティングルーフ」を採用しており、存在感のある1台となっています。

特に注目なのはキックスのパワートレインはe-POWERのみの設定になっていることです。キックスに搭載されているのは、最大出力を約20%向上させたパワートレインで、これまでよりも力強い走りが可能です。

また発電用エンジンの作動タイミングが最適化されていることから、エンジン作動頻度が低くなり静寂性も高まっているのも特徴です。

WLTCモード燃費で21.6km/Lの燃費を誇っておりSUVながら低燃費です。

キックス

これまで日産で販売されていたコンパクトSUVはジュークですが、比較すると誰でも受け入れやすいデザインに変化しています。またキックスの全長は4,290mmで、ジュークの4,135mmと比較して155mm長くなっています。

リアシートが大きくなっており、クラス最大級のヴェゼルに迫る車内空間を実現しているのです。ラゲッジスペースが広いことも魅力的で、荷室容量は423Lになります。これは、ヴェゼルの404LやCX-3の350L、さらにC-HRの318Lと比較しても大きなものです。


コンパクトSUVへの注目が高まっていますが、デザイン性と同時に実用性も求められています。日本の道路事情でも取り回ししやすく、リアシートやラゲッジスペースが広いキックスは、今後の人気を集めそうなパッケージです。

【 日産 キックス X】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 4,290mm×1,760mm×1,610mm
ホイールベース2,620mm
最大乗車定員5名
車両重量1,350kg
燃費WLTCモード:21.6km/L
エンジン種類交流同期電動機
最高出力95kW(129PS)/4,000-8,992rpm
最大トルク260N・m(26.5kgf・m)/500-3,008rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッション-
2020年7月現在 日産公式サイトより

中古で日産のSUVを探すなら?

中古で日産のSUVを探したい方にジュークとデュアリスをご紹介します。

ロングセラーのエクストレイルも中古で探しやすいですが、販売が終了したこの2モデルも特徴的なスタイルを持っておりおすすめです。

【ジューク】

ジューク

日産のコンパクトSUVで、革新的なデザインで注目を集めたモデルです。2010年から発売されてきたジュークですが、国内での販売は10年で幕を下ろすこととなりました。

発売されるやいなや、その後コンパクトSUVのカテゴリに競合車種がひしめくようになりました。

2019年には欧州で新型ジュークが発売されており、日本でもフルモデルチェンジするのではと期待されていましたが、日本でモデルチェンジすることはありませんでした。

ジュークの後継車種として発売されたのはキックスです。

ジューク

ジュークの特徴は個性的なデザインです。コンパクトSUVながらクーペを連想させるデザインや16または17インチの存在感あるホイールが魅力でした。また丸形のヘッドライトも他のモデルとは異なる雰囲気を感じさせるデザインでした。

ジュークには1.5Lエンジンだけでなく、1.6Lターボエンジンを搭載したグレードもありました。最高出力は190PSとハイパワーで、加速感と俊敏なレスポンスが特徴です。コンパクトなボディにターボエンジンを組み合わせることで、力強い走りができたのです。

また16GTというグレードには、専用チューニングの足回りが採用されており、高剛性と接地性が向上していることから、スポーティなハンドリングが楽しめます。SUVながらもオンロードでの高い性能が特徴となっているモデルです。コンパクトSUVとして高い走行性能を持っています。

【ジュークの中古価格相場】

23.0万円〜249.8万円


*2020年7月時点でのカーセンサーの中古車検索によるものです。

【デュアリス】

デュアリス

エクストレイルよりも一回り小さいSUVとして登場したのがデュアリスです。2007年から2014年まで発売されたモデルで、スマート&コンパクトクルーザーとして開発されたSUVです。

欧州の開発によってデザインされたエクステリアは、ハッチバックのような軽快さとSUVらしさを合わせ持ったもの。都会的なイメージを与えながらも、最低地上高も205mmと悪路を走破するのに十分なロードクリアランスがあります。

インテリアはブラックが基調になっており、実用的かつスポーティなスタイルが採用されています。丸形デザインのベンチレーションやメタリック調のシフトノブなど、細かな加飾がスポーティさを演出。

ラゲッジルームはスーツケースが2個積載でき、6:4分割式のリアシートを倒すことで大きな荷物も積載できました。室内にも小物入れが充実しており、ドライブの際にも便利です。

デュアリス

デュアリスのエンジンは、同時期のエクストレイルにも搭載されたMR20DEエンジンで、2Lの力強い走りで低速域から高速域までフラットなトルク特性を持ったものでした。

欧州仕込みのしなやかな足回りで快適なドライビングを提供しています。

欧州では石畳や荒れた路面も多いのですが、このような路面状況でも快適に走行でき、高速域でも安定して走行できると日本だけでなく世界中で高い評価を集めたモデルです。

【デュアリスの中古価格相場】

9.8万円〜139.0万円

*2020年7月時点でのカーセンサーの中古車検索によるものです。

まとめ

日産のSUVは、エクストレイルとキックスという2車種がラインアップしています。本格派SUVとコンパクトSUVとして、国内でのニーズを満たすモデルです。

中古市場では、ジュークやデュアリスといった個性的だったり、高い走行性能を誇るモデルもありますので、予算や好みに合わせてSUV選びができますね。

関連する投稿


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

大変だった2020年が終わり、遂にやってきた2021年。今年から新たに社会人となられる方は、これまでとは異なったさまざまな困難にも遭遇するかもしれません。せめて車選びだけでもお手伝いさせていただきたく、新社会人の方にもぴったりなおすすめ車をタイプ別にまとめてみました。お値段は控えめでも充実したカーライフが送れること必至ですので、ご参考にしてみてください。


【今こそ買いたい】最新ハイブリッドSUV 厳選3選!個性満点なエコSUV

【今こそ買いたい】最新ハイブリッドSUV 厳選3選!個性満点なエコSUV

今やSUVはアウトドア向けのニッチな用途だけでなく、毎日の足として利用されることも多いファミリーカー。世界的なブームを背景に、日本国内でも販売台数がグングン伸びていますが、それによって結構ご近所でも車種がかぶりやすくなってきていますよね。そこでおすすめしたいのが、個性際立つ最新ハイブリッドSUV。高い魅力を備えつつ低燃費でおサイフにも優しい3台をご紹介します。


最新の投稿


【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

車が欲しいと思った時、マイカーローンで購入する人は多いですよね。しかしながらローンは価格に金利を上乗せした状態で支払うため損ではないかという意見も。ローンを利用してでも購入すべき時はある?そもそもローンを利用すると、どれくらい余分に支払わなければいけないの?今回は気になるカーローンの特徴と注意事項についても解説します。


おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

今や、世の中のクルマのほとんどがオートマ車になってしまいました。でも、まだまだマニュアル車も様々なモデルが発売されています。 運転を奥深く、知的なゲームにしてしまう、おすすめのマニュアル車をご紹介いたします!


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

エンジンオイル交換を安く済ませるため、自分で交換したいという方のために、エンジンオイルの種類、粘度、規格についてと選び方についてを紹介しています。さらに粘度別のおすすめのオイルもご紹介します。エンジンオイルを賢く選びたいという方はぜひ本記事をご覧ください。