トップへ戻る

【厳選】人気の軽SUV5選!スペック、価格も

【厳選】人気の軽SUV5選!スペック、価格も

軽自動車は今や、日本市場ではなくてはならない存在と言えます。日本国内は道路事情も狭く、軽自動車が重宝されており、販売も伸び続けています。そこに、SUV人気も重なり、軽SUVの人気も続いています。人気軽SUVを5選を厳選し、詳しい情報をお届けしていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


軽SUVとはどんな車?

軽SUV

SUVとはそもそも、スポーツ・ユーティリティー・ビークル(Sport Utility Vehicle)の略で、日本語では、多目的スポーツ車として、ふだん使いからレジャーまでと幅広く使える利便性の高い車両として重宝されており、近年人気を博しています。

軽SUVとは、軽自動車とSUVが掛け合わされて作られた車ということになります。燃費自体はとても悪くなってしまいますが、レジャーなどには最適な車としてオールマイティに使用できることや、他のSUVと比較して価格も安くなっていることも人気がある理由の一つです。

では、そんなたくさんの車種が発売されている軽SUVですが、おすすめしたい車種を5選、選りすぐってお届けしていきます。車選びで悩んでいる方の参考になればうれしいです。

軽SUVでおすすめしたい5選

軽SUV

スズキ ジムニー

スズキ・ジムニー新型

まず1台目に注目したい車はスズキのジムニーです。ジムニーはスズキが1970年(昭和45年)から販売している軽自動車のオスロード四輪駆動車になります。

現行車は4代目で2018年から販売されています。発売当初からとても人気のある車種で納期も約1年待ちと言われる程でした。

■ジムニーをおすすめしたい人
ジムニーは、アウトドア好きに特におすすめしたい車です。四駆ですので、雪道や悪路走行にも適していますので、アウトドアレジャーでも大活躍すること間違いなしです。

また、カスタマイズもおすすめで、様々なカスタマイズのグッズも市販されていますので、存分にカスタマイズを楽しみ、自分だけの1台をつくりあげることも可能です。

気になった方は、ぜひ、ジムニーのカスタマイズもしてみてくださいね。

【スズキ ジムニーXG】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,725mm
ホイールベース2,250mm
最大乗車定員4名
車両重量1,030~1,040kg
燃費WLTCモード:13.2~16.2km/L
価格(消費税抜き)1,350,000~1,440,000円

(2020年8月現在スズキ公式サイトより)

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

2台目にご紹介するのは、スズキ ハスラーです。ハスラーはスズキが販売しているクロスオーバーSUVの軽自動車になります。2014年から初代が販売開始されており、初代は普通車登録の小型クロカン車でしたが、2代目となる現行型は軽自動車に変わります。

ラフロードを軽やかに走る、活き活きと走るイメージから名づけられたハスラー。街中でも丸い目が特徴のハスラーを良く見かけます。

■ダイハツ ハスラーをおすすめしたい人
ハスラーはハイブリッドも出ていますので、4WD好きだけど、燃費のいい車に乗りたいと考えている人にとっておすすめしたい車です。

外観もかわいいので、おしゃれな女性の方にもおすすめです。特に丸い目のランプは何ともいえないかわいさが感じられますよね。


【スズキ ハスラー HYBRID X フルタイム4WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,680mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量870kg
燃費WLTCモード:23.4km/L
価格(消費税抜き)1,502,000円

(2020年8月現在スズキ公式サイトより)

ダイハツ タフト

ダイハツ・タフト新型

ダイハツ・タフト新型

3台目にご紹介するのは、ダイハツ タフト。タフトはダイハツが販売しているクロスオーバーSUVの軽自動車になります。現行型は2代目となり、2020年6月10日より販売開始されています。

キャッチフレーズも「ジブン、オープン。青空SUV」としており、ボディカラーもアースカラーと呼ばれる「レイクブルーメタリック」他、全9色を展開しています。

■ダイハツ タフトをおすすめしたい人
タフトをおすすめしたい人は、特に内装にこだわりたい人におすすめしたい車となっています。室内についている大きな窓。運転しながら気分も良くなること間違いなしですよね。

そして、カクカクした外観もかわいらしい車となっています。女性におすすめしたい1台となっています。

【ダイハツ タフト・4WD・Gターボ】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,630mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量890kg
燃費WLTCモード:19.6km/L
価格(消費税抜き)1,575,000円

(2020年8月現在ダイハツ公式サイトより)

スズキ スペーシアギア

スズキ スペーシアギア

4台目にご紹介するのは、スズキ スペーシアギアです。スペーシアギアは、スズキが2018年12月20日から販売している軽トールワゴンになります。

キャッチフレーズは「遊びゴコロにギアを入れろ」で、とても遊び心が散りばめられた楽しい車という印象を強く受けます。

ボディカラーはモノトーンは共通カラーとして設定されています。ボディカラーの設定から、細部に渡るこだわりを感じる車に仕上げることができるのも、うれしいところです。

■スズキ スペーシアギアをおすすめしたい人
スペーシアギアは、外観にこだわりたい方やスライドドアをチョイスしたい方におすすめしたい車になります。

ボディカラーも2トーンカラーを選べるので、ご自身の気に入った1台に仕上げることも可能です。おしゃれな女性の方が乗っているイメージもありますよね。

【スズキ スペーシアギア・HYBRID XZターボ・フルタイム4WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,800mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量940kg
燃費WLTCモード:19.2km/L
価格(消費税抜き)1,713,000円

(2020年8月現在スズキ公式サイトより)

三菱 eKクロス

三菱 eKクロス

5台目は三菱のeKクロスになります。eKクロスは三菱が販売するクロスオーバーSUVの軽自動車となります。現行型が初代となるeKクロスは、eKワゴンベースのクロスオーバーSUVとなります。デザインコンセプトはキュート・ビースト。

見た目のかわいさをキュっと凝縮したデザインとなっています。イメージカラーもイエローと元気な印象を与えてくれる軽SUVです。

■三菱 eKクロスをおすすめしたい人
コンパクトでかわいいSUVをお好みの方にはeKクロスはおすすめです。フロント部分のインパクトもかわいいとかっこいいを融合させたようなデザイン性の高さを表現しています。

正直、見た目の好みもわかれるかもしれませんが、ご自身の好みに合ったデザインやカラーを選んでみてくださいね。

三菱 ekクロス 4WD T】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,660mm
ホイールベース2,495mm
最大乗車定員4名
車両重量930kg
燃費WLTCモード:16.8km/L
価格(消費税抜き)1,655,000円

(2020年8月現在三菱公式サイトより)

軽SUVは、コンパクトでかわいい見た目のモノがたくさんありますよね。見ていると、それぞれに特徴があり、どれも欲しくなっていまいます。

気に入った車があったら、ぜひまずは試乗に出かけて見てくださいね。

まとめ

本記事では、軽SUVのおすすめ5車種についてまとめてお伝えしてきました。近年のSUVブームと軽自動車の人気が重なり、軽自動車の需要も拡大しています。

日本の道路事情にもマッチしたかわいい軽SUVを選ぶ方の参考になればうれしい限りです。ぜひ、ご自身に合ったかわいいSUVをチョイスして、ステキなカーライフを楽しんでくださいね。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。