トップへ戻る

自動車のステアリングとは?交換しても車検は通る?

自動車のステアリングとは?交換しても車検は通る?

ステアリングとは乗り物の操舵装置のことを指しますが、車のステアリングは通称ハンドルと呼ばれる部分を指します。今回は、このステアリングについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ステアリングとはなにか

レクサスGS

レクサスGS

一般的にステアリングとは、乗り物の進行方向を変えるための操舵装置のことを指します。自由に進行方向を変えることが出来る乗り物にはステアリングが取り付けられています。自動車もタイヤの向きを変えることで操舵を行うためステアリングを備えています。

自動車を運転する場合には、ハンドル(ステアリングホイール)を操作することで操舵装置を制御して車輪の向きを変える仕組みになっています。ただし、自動車の車輪の向きを変えるためには大きな力が必要となります。

昔の車は車輪重量が軽量だったので、運転者の腕力だけで車輪の向きを変えていました。これに対して現代の乗用車は操舵に大きな力が必要で、油圧や電動モーターの力でハンドルを軽くするためのパワステ(パワーステアリング)を備えています。

ステアリングの交換

警告機能付きハンドル(レクサスRX)

警告機能付きハンドル(レクサスRX)

自動車を購入すると、運転席には純正品のステアリングホイール(ハンドル)が取り付けられています。ステアリングホイールのサイズやデザインは、車のタイプや内装ごとに異なります。

ステアリングホイールは、運転のしやすさや車内のインテリアに大きな影響を及ぼすパーツの一つになります。ドレスアップをしたり使い勝手を良くしたい場合には、純正品のハンドルを社外品に交換する方法があります。

社外品に交換することで、車内のインテリアを大きく変えることが出来ます。スポーティに見えるようにしたり、スポークの角度を変更して持ちやすくすることが出来ます。

ステアリング交換のメリット

純正のステアリングのままでももちろん車を運転する事は出来ますが、ステアリング交換をすることにはいくつかのメリットがあります。一番のメリットは純正品よりも見た目をかっこ良くすることが出来ることになります。

純正品だと無難なデザインに仕上げられていることが多く、気に入ったデザインに替えることでドレスアップが出来ます。 純正品のステアリングホイールは考慮して設計されていますが、手の大きさやハンドルの持ち方は人それぞれとなります。

持ちやすい商品に交換することで操作性を改善することが出来るでしょう。例えば樹脂製の純正品を本革製の社外品に交換すれば、しっくりと手に馴染む感触を体感出来ます。

ステアリングホイールを外径の小さなものに交換することで、素早い操舵が出来るようにすることも可能となります。軽いステアリングに交換すれば純正品よりも軽い力で操作をすることが出来ます。

ステアリング交換のデメリット

ステアリングを純正品から社外品に交換することにはいくつかのメリットがありますが、デメリットも存在します。パーツを交換する場合はデメリットも考慮することが大切となります。

社外品のステアリングのデザインやサイズによっては、ドライビングポジションが悪くなってしまいます。純正品のステアリングはシートやメーターの配置を考慮して設計されています。

社外品に交換すると、操作位置が変わったり操作性能が悪くなる恐れがあります。 小さなステアリングに交換すると機敏な運転が可能になりますが、リングの直径が小さくなることで重くなってしまいます。

見た目を重視した社外品のステアリングは太く作られていることが多く、手が小さい人だと握りにくくなる恐れがあります。 社外品のステアリングに備え付けられている機能は、クラクションボタンのみでシンプルになっています。

すっきりとした見た目にすることが出来ますが、一部の機能が使用出来なくなるというデメリットもあります。最近の乗用車のステアリングホイールには、エアバッグや各種切り替えスイッチが取り付けられています。

一部の高級スポーツカーには、ハンドルに運転モードやシフトチェンジボタンが付いています。大衆車でもオートクルーズ機能やその他の便利機能のスイッチを備えている車があります。

社外品のステアリングホイールに交換することで、エアバッグや便利な機能の切り替えスイッチの使用が出来なくなってしまうでしょう。乗用車のステアリングを交換すると、最新の便利機能が使えなくなるというデメリットがあります。

ステアリング交換をしても車検は通るのか?

reproducibleNISMO、φ360汎用「ステアリングホイール」

reproducibleNISMO、φ360汎用「ステアリングホイール」

ステアリングホイールは自動車の安全に関わる重要な部品の一つで、交換すると自動車の安全性能が変わることがあります。社外品のステアリングに交換すると、エアバッグなどの安全装置の使用が出来なくなってしまいます。

社外品のステアリングホイールを交換しても、一定の基準を満たしていれば、車検は通ります。車検の基準をクリアするために確認されるのは、操作性(直径)・ホーンマーク・エアバッグの3点となります。

ハンドルを交換して操作性が著しく悪くなると、車検を通すことが出来なくなります。例えば、小径タイプのハンドルに交換してハンドル操作が重くなりすぎる様なケースが該当します。

小さなハンドルに交換しても一定の操作性が確保出来れば問題はないので、整備工場の方に相談すると良いでしょう。 車検を通過させるためには、ホーンボタンにホーンマークが付けられていることが求められます。

ホーンマークが付いていない海外製のハンドルを使用する場合は、シールを貼り付ける必要があります。 エアバッグは保安基準に定められていないので、エアバッグ無しでも車検を通すことは可能になります。

ただし、平成29年2月以降はエアバッグの警告灯が点灯・点滅していると車検に通らないので注意が必要となります。社外品のハンドルに交換してエアバッグを取り外した場合は、警告灯を消しておく必要があります。

メーターや警告灯などがハンドルで隠れてしまうと、車検を通らない場合があるので注意が必要となります。社外品のステアリングに交換した場合は、公道に出る前にメーター類が見えることをチェックしておきましょう。

昔は多かったステアリング交換

昔は高級車など特にスポーツカーで、ドレスアップや操作性向上の為に社外品のステアリングに交換するケースが多く見られました。最近はスポーツタイプの車でもステアリングを交換せずに、純正品を使用する方が多く見られます。

以前の様にステアリング交換が行われなくなったのはいくつかの理由があります。 ステアリング交換をしなくなった大きな理由の一つは、エアバッグの普及が上げられます。

エアバッグは事故の際に命を守るための大切な装置となります。また、エアバッグ搭載車だと自動車保険料が割引になりますが、取り外してしまうと保険料が高くなってしまいます。

昔は操作性を向上させる目的で、社外品の軽いハンドルに交換するケースがありました。現在はパワステが普及したおかげで純正品でもハンドル操作が軽くなり、交換する必要性がなくなりました。

ハンドルを交換することでパワステ機構との相性が悪くなり、かえって操作性が悪くなる恐れもあります。

まとめ

レンジローバースポーツの2019年モデル

レンジローバースポーツの2019年モデル

自動車マニアの間でも、最近はステアリングホイールを交換するケースが少なくなりました。ハンドルを交換すると、エアバッグやその他の便利機能が使えなくなるというデメリットがあるからです。

内装をドレスアップしたりスポーティな走りを追求する場合は、社外品のステアリングに交換することが可能ですが、ステアリングを交換する場合はグリップ感覚やデザインだけではなく、メーター類の視認性やハンドルの操作性を考慮して選ぶことが大切となります。

関連するキーワード


豆知識 メンテナンス 車検

関連する投稿


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。


縁石とは?車で乗りあげてしまったときの対処方法

縁石とは?車で乗りあげてしまったときの対処方法

歩道と車道の間に設置されている縁石は、歩行者が行き来する歩道と車道を明確に分けるために必要なものです。しかし縁石があるために駐車場から出られない場合や、縁石に乗り上げてしまうなどのケースに遭遇することもあります。そこでこの記事では、縁石の概要から切り下げ工事について、また車で乗り上げてしまったときの対処法を解説します。


クリープ現象ってなに?なぜあるの? 覚えておきたい車のキホン!

クリープ現象ってなに?なぜあるの? 覚えておきたい車のキホン!

いまや販売される車のほとんどに搭載されているオートマチックトランスミッション。マニュアル車のような忙しない操作が必要ない簡単さから人気となっていますが、オートマ特有の現象「クリープ」に関して深く考えてみたことはありますか。なぜクリープは発生するの?どうやって車が動いているの?トランスミッションのない電気自動車でもクリープするの? この記事で学んでいきましょう。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。