トップへ戻る

【スズキの現行SUV】徹底比較!最新情報&口コミは?

【スズキの現行SUV】徹底比較!最新情報&口コミは?

スズキには現7種類のSUVが販売されています。みなさんはその詳細な種類をご存知でしょうか。今回は、スズキのSUV一覧を解説しながらご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


SUVとはどんな車?

SUVとは、Sport Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の略であります。日本語に訳すと「スポーツ用多目的車」となります。

大型の荷物も積みこんで、不整地走行を想定した車で、大きめの段差なども乗り越えられる最低地上高が特徴的になります。

アウトドアに適した車であり、キャンプ・スキー・スノーボードなど、降雪路を走行する場合などには、特に適しています。

近年、流行しているアウトドアブームもSUV人気を後押ししています。

スズキのSUV全7車種一覧!

スズキのSUVは現在、全7車種用意されています。スズキはコンパクトSUVを得意としていますので、SUVも比較的コンパクトでリーズナブルな車が多いようです。

スズキのSUV選びで悩んでいる方に、お気に入りSUV選びのヒントになれば嬉しいです。

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー 新型(ハイブリッドXターボ)

スズキ ハスラーは2014年にデビューしました。見た目のかわいらしさとアウトドアやレジャーにも適した装備で大ヒットを記録し、2020年にはフルモデルチェンジを果たしました。このフルモデルチェンジでは、更に安全装備や使いやすさを充実させました。

また、個性的なデザインを残しつつのフルモデルチェンジは、いかにこのデザインが人気があるかがより明確になっています。

スズキ ハスラーのスペック

【スズキ ハスラーHYBRID X・フルタイム4WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,680mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量870kg
燃費WLTCモード:23.4km/L
価格(消費税抜き)1,502,000円
(2020年8月現在 スズキ公式サイトより)

口コミや評価

ロールのしかたがつかめればワインディングでもコーナリングは楽しい!!
ターボ付きなので本気を出せばまるでパグの皮を被った狼。

通勤に使用しててリッター21キロ出てます。
少し段差での突き上げが気にはなりますが、13年前のワゴンRと比べると、とても乗り心地は良いと思います。

走りにおいては 加速はthe普通でした
ただ一昔前の軽に比べればかなりまともに走ります
一番気になったのが少しの段差での突き上げ!
これはかなり不快でしたね…他の軽と比べでもダントツで悪いかと。

軽ワゴンならではの積載量も多く、魅力的などの口コミも多くみかけました。また、燃費がよくないとの口コミも多数見受けられました。かわいい見た目も好き嫌いがわかれるようですね。

女性ユーザーには人気のある外観になります。

ハスラーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

スズキ ジムニーは1970年に発売され、その歴史は50年にもなる車です。軽自動車でコンパクトながら、その見た目と悪路走行に優れたコンパクト4WDの伝説を築き上げてきました。

2018年には20年ぶりのフルモデルチェンジを果たし、その人気は再燃し、納車も1年待ちが続出しました。

現代的なデザインに様変わりし、これまでの魅力も残しつつ、魅力的に進化を遂げ続けています。

スズキ ジムニーのスペック

【スズキ ジムニーXC 4AT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,725mm
ホイールベース2,250mm
最大乗車定員4名
車両重量1,040kg
燃費WLTCモード:13.2km/L
価格(消費税抜き)1,705,000円
(2020年8月現在 スズキ公式サイトより)

口コミや評価

JA11とJB23から乗り換えました
乗り心地がかなり良くなってビックリしています
釣り、プチキャンプメインの使用のためか燃費が結構いいです(リッター18くらい)

外観がかわカッコイイ、コンパクトなまとまりがいいなどの良い口コミが多くみられました。また、カスタムを楽しんでいる方の投稿も目立ちました。

カスタマイズすると、自分好みにの1台に仕上げることができますから、楽しみのひとつでにもなりますよね。

ジムニーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

スズキ スペーシアギア

スズキ スペーシア ギア ハイブリッド XZハイブリッド

スズキ スペーシアギアは、ファミリーカーとして人気が高いモデルになりますが、SUVのカテゴリーには該当しないのですがSUVテイストということで、SUV一覧に付け加えておきます。

スペーシアの前身となるパレットは2008年から販売されているなど歴史が深く、スズキのスーパーハイトワゴンへのノウハウが詰まっているスペーシア。スペーシアギアはアウトドアやレジャーでも活躍できるアクティブなデザイン性を兼ね備えています。

ファブリックシートに汚れなどを落としやすい撥水加工が施されています。パーソナルテーブルが付属しており、車中泊やキャンプなどでも大活躍します。

スズキ スペーシアギアのスペック

【スズキ スペーシアギア HYBRID XZ 2WD CVT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,800mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量880kg
燃費WLTCモード:21.2km/L
価格(消費税抜き)1,534,000円
(2020年8月現在 スズキ公式サイトより)

口コミや評価

乗り心地や外観が気に入って購入したとの口コミもありました。HUDが見やすく運転も楽にできるなどの口コミも。

燃費があまりよくないや、好き嫌いがはっきりと分かれるなどの口コミもありました。

スペーシアギアについてもっと詳しく知りたい方はこちら

スズキ イグニス

スズキ イグニス ハイブリッドMF

軽自動車よりもすこし大きめな5ナンバーサイズコンパクトSUVとして2016年に登場したスズキ イグニス。全長3.7mのイグニスは、軽自動車を除いてシエラに続き、日本で2番目に小さいSUVとなります。

見る限りSUVらしいシエラやクロスビーとは異なり、イグニスは一見、背高のハッチバックとの印象を持つ方も多いのではないでしょうか。

イグニスの最低地上高は180mmで「「ハーテクトA」プラットフォームを共有するクロスビーと同寸になります。ちなみに両車両はホイールベースも共有しています。

そして、同じくハーテクトAを共有するソリオより40mm大きくなっています。ですので、イグニスのハードウエアはSUVのつくりとしてちゃんとしている訳です。

スズキ イグニスのスペック

【スズキ イグニス HYBRID MF 2WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,700mm×1,690mm×1,605mm
ホイールベース2,435mm
最大乗車定員5名
車両重量880kg
燃費WLTCモード:19.8km/L
価格(消費税抜き)1,672,000円
(2020年8月現在 スズキ公式サイトより)

口コミや評価

イグニスの口コミをチェックすると、外観に関しての口コミをいくつか発見。コンパクトカーをお好みの方にとっては重宝するサイズですね。

イグニスについてもっと詳しく知りたい方はこちら

スズキ ジムニーシエラ

スズキ・ジムニー・シエラ 新型(日本仕様)

ジムニーシエラは、ジムニーよりあとの1977年に発売された「ジムニー8」が基盤になっています。運転席&助手席シートヒーターと、電動格納式&ヒーテッド ドアミラーが全グレード標準装備となっており、もちろん運転や操作もしやすくなっています。

ジムニーシエラはジムニーに比べてワイドトレッドになっていますが、その差はフェンダー部の拡幅によるものなので、室内スペースはジムニーと変わりません。

インテリアもどこか無骨でシンプルなデザインに仕上げています。飽きのこないデザインとも言えますよね。

シートも快適でヒーターがついているため、使い慣れてくるとその扱いやすさもより増してきます。純正アクセサリーのナビゲーションシステムではアップル・カープレイに対応し利便性も高くなっています。

現時点でも人気があり、納期は1年ぐらいかかるとの情報も。

スズキ ジムニーシエラのスペック

【スズキ ジムニーシエラJC 4WD 4AT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,550mm×1,645mm×1,730mm
ホイールベース2,250mm
最大乗車定員4名
車両重量1,090kg
燃費WLTCモード:13.6km/L
価格(消費税抜き)1,870,000円
(2020年8月現在 スズキ公式サイトより)

口コミや評価

ジムニーと比較すると、普通車なので力もあり乗りやすい、内装は狭いなどの口コミも多く見受けられました。またエクステリアに関して、形、色など最高にカッコイイなどの口コミも見られました。

メルセデスベンツのGクラスに激似などの口コミも見られました。

ジムニーシエラについてもっと詳しく知りたい方はこちら

スズキ クロスビー

スズキ クロスビー ハイブリッドMZ(タフカーキパールメタリック ブラック2トーンルーフ)

パッと見、ススキのハスラーにしか見えませんよね。しかし名称は「クロスビー」という車名がついています。そのくらい外観が似ており、発売当時、ハスラーの普通車タイプの登場かと話題にもなりました。

2020年10月15日には、車線中央付近の走行維持をサポートする車線維持支援機能をスズキで初めて採用し、一部仕様を変更し販売開始しました。

一部仕様変更の主な内容

○新ボディカラーを追加

○ハイブリッドMZにブラックインテリアパッケージをメーカーオプション設定

○後席左右のパーソナルテーブルやシート座面撥水加工など人気機能を装備したハイブリッドMVを新設定

○ハイブリッドMVとハイブリッドMZの2グレードで安全装備を下記の通り改良
・スズキ初の「車線維持支援機能」の追加
・アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)の追加
・デュアルカメラブレーキサポートが夜間歩行者検知に対応

スズキ クロスビーのスペック

【スズキ クロスビーHYBRID MZ 4WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,760mm×1,670mm×1,705mm
ホイールベース2,435mm
最大乗車定員5名
車両重量1,000kg
燃費WLTCモード:17.0km/L
価格(消費税抜き)2,007,000円
(2020年8月現在 スズ公式サイトキより)

口コミや評価

フロントが丸目で愛嬌のある顔という口コミも多く、ハスラーよりも大きめなボディーを気に入っている方もいるようです。

クロスビーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

スズキ エスクード

スズキ・エスクード改良新型

スズキ エスクードは1988年から発売されているコンパクトSUVになります。現行車は2015年から販売されており、4代目です。

外観はコンセプトモデルの「iV-4」や歴代エスクードから引き継がれている貝殻形状のクラムシェルフードやフェンダーガーニッシュを採用しています。

「SUVとしての力強さと高品質設計」をデザインテーマにしているので、スタイリッシュなデザインに仕上がっています。スズキの他のSUVとは一味違う雰囲気を醸し出しています。

スズキ エスクードのスペック

【スズキ エスクード】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,175mm×1,775mm×1,610mm
ホイールベース2,500mm
最大乗車定員5名
車両重量1,220kg
燃費WLTCモード:16.0km/L
価格(消費税抜き)2,462,000円
(2020年8月現在 スズキ公式サイトより)

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトにはどんなグレードがあるの?おすすめのグレードについて紹介

スズキ スイフトは種類が多く、人気の高い車種です。現在販売しているグレードの種類は豊富にあるのでどれを選べばいいかわからない方も多いでしょう。この記事では、スズキ スイフトのグレードの種類とおすすめグレードを比較しながらご紹介していきます。


スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStってどんな車?走行性能やコスパについて紹介!

スズキ スイフトRS、RStは人気の高い車です。コスパがよく、走行性能を重視している人であっても満足できる性能を有しています。この記事では、スズキ スイフトRS、RStの基本情報や走行性能、コスパについて詳しくご紹介します。


スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキ スペーシアの魅力は?基本スペックやメリットを徹底解説

スズキのスペーシアは個性豊かで快適性も重視したい人におすすめの一台です。そこで今回は、スペーシアの基本スペックやメリット、カスタムやギアとの違い、ライバル車との比較などについて解説します。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。