トップへ戻る

ダイハツの軽 タント|他のスーパーハイトワゴンとの違いは?

ダイハツの軽 タント|他のスーパーハイトワゴンとの違いは?

2003年よりダイハツから発売されているタントは、広い室内長と軽自動車の中でも長いホイールベースが最大の魅力でした。またスーパーハイトワゴンというジャンルを確立させたのもタントが最初ではないでしょうか。今回はN-BOXやスペーシアなどの他のスーパーハイトワゴンと比較してみます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スーパーハイトワゴンとは?

ダイハツ タント、スズキ スペーシア、ホンダ N-BOX

ダイハツ タント、スズキ スペーシア、ホンダ N-BOX

全高が1,700mm以上のリヤがスライドドアタイプの車のことを、「スーパーハイトワゴン」と言います。高さがあることで車内の空間が広くなるため、荷物なども積みやすくファミリー層にも人気があります。

ダイハツタントという車

ダイハツ タント 新型

ダイハツ タント 新型

車名になっているタントはイタリア語で「沢山の・とても広い」という意味で、車の特徴と合致し日本語のたんと(たくさん)とも意味合いが一緒のため命名されました。

日本語の「たんと」は日本全国幅広い地域で使われており、タントは広々感・大きさを表現した正にうってつけのネーミングになります。

ダイハツ タント 新型

ダイハツ タント 新型

スライドドアの便利さや、2代目以降ではセンターピラーレス構造による助手席ドアと左側リヤドアを組み合わせた大開口の「ミラクルオープンドア」によって、荷物の出し入れやお子さんを抱っこしたまま乗り降りもしやすいことから、子育て中のママたちに支持され、「ママワゴン」と呼ばれ大ヒットとなりました。

DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の方針で基本的な性能が底上げされ、その結果ただ役に立つだけではなく、乗る人ひとりひとりの心を満たしてくれます。

タントの特徴

ボンネットが短く先端を把握しやすいため運転がしやすく、車高が高く車内空間は車中泊ができるほど広く荷物をたくさん載せることができます。

歴代タントの特徴である室内空間の広さと、使い勝手の良さをさらに向上させ、新世代スマートアシストとして充実した先進・安全装備を採用しています。

タントのスペック

【ダイハツ タント L(スマートアシスト非装着車)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,755mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量880kg
燃費WLTCモード:21.2km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHC横置
最高出力38kW(52PS)/6,900rpm
最大トルク60N・m(6.1kg・m)/3,600rpm
駆動方式FF(前2輪駆動)
トランスミッションCVT
(2020年9月現在 ダイハツ公式サイトより)

タントの新車価格


X ターボ “セレクション”
1,495,000円(2WD)
1,605,000円(4WD)
X ターボ
1,445,000円(2WD)
1,560,000円(4WD)
X “セレクション”
1,355,000円(2WD)
1,470,000円(4WD)
X
1,355,000円(2WD)
1,470,000円(4WD)
X “スペシャル”
1,280,000円(2WD)
1,395,000円(4WD)
L
1,210,000円(2WD)
1,325,000円(4WD)
L(スマートアシスト非装着車)
1,130,000円(2WD)
1,245,000円(4WD)
カスタムRS “セレクション”
1,685,000円(2WD)
1,795,000円(4WD)
カスタムRS
1,620,000円(2WD)
1,735,000円(4WD)
カスタムX “セレクション”
1,565,000円(2WD)
1,675,000円(4WD)
カスタムX
1,545,000円(2WD)
1,660,000円(4WD)
カスタムL
1,435,000円(2WD)
1,550,000円(4WD)

ダイハツ公式サイトより(2020年9月現在)
※価格は消費税抜きの価格となっています。

グレードが豊富で価格も200万を超えることはなくお求めやすくなっています。

タントの中古車価格



X ターボ “セレクション”
120万円台~160万円台
X ターボ
90万円台~170万円台
X “セレクション”
110万円台~170万円台
X
80万円台~180万円台
X “スペシャル”
110万円台~140万円台
L
80万円台~160万円台
L(スマートアシスト非装着車)
80万円台~110万円台
カスタムRS “セレクション”
130万円台~220万円台
カスタムRS
120万円台~220万円台
カスタムX “セレクション”
120万円台~190万円台
カスタムX
100万円台~190万円台
カスタムL
100万円台~150万円台

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年9月現在)
※価格は車両本体価格となっています。

平均価格は140万円台で価格帯は80万円台~220万円台とかなり幅広く、オプションや装備によっては新車価格より高くなる場合があります。

グレードも豊富で好みに合った一台が見つかるでしょう。

タント以外のスーパーハイトワゴン

ホンダ N-BOX カスタム G N-BOX カスタム G・EXターボ

ホンダ N-BOX カスタム G N-BOX カスタム G・EXターボ

N-BOXはタント同様、子育て世代のファミリーをメインターゲットとしていました。新型スペーシアは外観をよりアクティブなテイストに強め、若者にもアピールしています。

ホンダ N-BOX

ホンダ N-BOX カスタム

ホンダ N-BOX カスタム

価格ではタントよりも高価でありつつも、その優れた質感や機能で人気のN-BOX。新型N-BOXでは安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」が装備されています。

ホンダN-BOXの特徴

ホンダ N-BOX ノーマル

ホンダ N-BOX ノーマル

座面が高い位置にあり、前方の確認がしやすく乗り降りがとても楽です。アイドリング音も静かで、騒音が気になることはありません。

ホンダN-BOXの動力性能

高い走行性能で長時間運転しても疲れない上、ストレスが無い操作性も注目されています。ACCシステムを導入している事も見逃せないポイントと言えます。

ホンダN-BOXのスペック

【ホンダ N-BOX G Honda SENSING】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395mm×1,475mm×1,790mm
ホイールベース2,520mm
最大乗車定員4名
車両重量890kg
燃費WLTCモード:21.8km/L
エンジン種類水冷直列3気筒横置
最高出力43kW(58PS)/7,300rpm
最大トルク65N・m(6.6kgf・m)/4,800rpm
駆動方式FF
トランスミッション無段変速オートマチック(トルクコンバーター付)
(2020年9月現在 ホンダ公式サイトより)

ホンダN-BOXの新車価格

N-BOX G・Honda SENSING
1,283,000円(FF)
1,404,000円(4WD)
N-BOX G・L Honda SENSING
1,403,000円(FF)
1,524,000円(4WD)
N-BOX G・Lターボ Honda SENSING
1,580,000円(FF)
1,701,000円(4WD)
N-BOX G・EX Honda SENSING
1,493,000円(FF)
1,614,000円(4WD)
N-BOX G・EXターボ Honda SENSING
1,630,000円(FF)
1,751,000円(4WD)
N-BOX Custom G・L Honda SENSING
1,588,000円(FF)
1,709,000円(4WD)
N-BOX Custom G・Lターボ Honda SENSING1,765,000円(FF)
1,886,000円(4WD)
N-BOX Custom G・EX Honda SENSING
1,638,000円(FF)
1,759,000円(4WD)
N-BOX Custom G・EX ターボ Honda SENSING
1,815,000円(FF)
1,936,000円(4WD)

ホンダ公式サイトより(2020年9月現在)
※価格は消費税抜きの価格となっています。

グレードは豊富ですがタントよりも価格は高めに設定されています。

ホンダN-BOXの中古車価格


N-BOX G・Honda SENSING
60万円台~160万円台   
N-BOX G・L Honda SENSING
100万円台~230万円台 
N-BOX G・Lターボ Honda SENSING
100万円台~250万円台
N-BOX G・EX Honda SENSING
80万円台~180万円台
N-BOX G・EXターボ Honda SENSING
70万円台~210万円台
N-BOX Custom G・L Honda SENSING
100万円台~230万円台
N-BOX Custom G・Lターボ Honda SENSING100万円台~250万円台
N-BOX Custom G・EX Honda SENSING
100万円台~180万円台
N-BOX Custom G・EX ターボ Honda SENSING
110万円台~210万円台 

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年9月現在)
※価格は車両本体価格となっています。

平均価格は150万円台で価格帯は50万円台~250万円台とかなり幅広く、オプションや装備によっては新車価格より高くなる場合があります。

タントのライバル スズキ スペーシア

スズキ スペーシア

スズキ スペーシア

広く使いやすい車内や低燃費でスムーズな走りなど、毎日が楽しくなるよう様々な工夫が盛りだくさん!

インパネ等は「旅行用のスーツケースをイメージし、お出かけ気分を盛り上げる」というコンセプトで作られています。

スーツケースをイメージしたデザインになっていてボディが四角くなっています。

スペーシア カスタムは、メッシュを多用した迫力のある大きなフロントグリルのデザインが人気があり、大型ミニバンのヴェルファイアやアルファードを思い起こさせます。

スズキ スペーシアの動力性能

モーターによりキュルキュル言わず静かに再始動ができ、加速する際はエンジンをパワフルにアシストします。

いつもの様に運転するだけで電気が貯まり、モーターのアシストによりガソリンの消費を抑える賢くてパワフルな走行性能となっています。

スズキスペーシアのスペック

【スズキ スペーシア HYBRID G】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高) 3,395mm×1,475mm×1,785mm
ホイールベース2,460mm
最大乗車定員4名
車両重量850kg
燃費WLTCモード:22.2km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒
最高出力38kW(52PS)/6,500rpm
最大トルク60N・m(6.1kg・m)/4,000rpm
電動機種類直流同期電動機
最高出力2.3kW(3.1PS)/1,000rpm
最大トルク50N・m(5.1kg・m)/100rpm
駆動方式2WD(前2輪駆動)
トランスミッションCVT
(2020年9月現在 スズキ公式サイトより)

スズキスペーシアの新車価格


HYBRID X
1,386,000円(2WD)
1,498,000円(4WD)
HYBRID G
1,255,000円(2WD)
1,367,000円(4WD)
スズキ セーフティ サポート非装着車
1,180,000円(2WD)
1,292,000円(4WD)


【カスタム】

HYBRID XS TURBO
1,669,000円(2WD)
1,781,000円(4WD)
HYBRID XS
1,604,000円(2WD)
1,716,000円(4WD)
HYBRID GS
1,499,000円(2WD)
1,611,000円(4WD)

スズキ公式サイトより(2020年9月現在)
※価格は消費税抜きの価格となっています。

他のスーパーハイトワゴンに比べ、価格は低めになっています。

スズキスペーシアの中古車価格


HYBRID X
80万円台~180万円台
HYBRID G
70万円台~150万円台


【カスタム】

HYBRID XS TURBO
110万円台~250万円台
HYBRID XS
110万円台~210万円台
HYBRID GS
90万円台~190万円台

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年9月現在)
※価格は車両本体価格となっています。

平均価格は140万円台で価格帯は70万円台~250万円台とかなり幅広くなっています。

ダイハツタントの評判

ダイハツ タント カスタム RL

ダイハツ タント カスタム RL

たくさんの荷物を載せることができるほど室内空間が広いため、大人の男性が乗る場合でも窮屈さは感じません。また、フロントガラスが広く大きいという点から、視認性に優れていることや小回りも利くなどの理由で、運転がしやすいという評判があります。

まとめ

ダイハツ タント カスタム RS”SA”

ダイハツ タント カスタム RS”SA”

スーパーハイトワゴンは、N-BOXをはじめ人気の一途をたどる一方です。新車販売台数1位を獲得した『タント』のこれからの進化は更に注目されていくでしょう。

関連する投稿


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

2020年の軽自動車販売台数ランキングを紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


ホンダ N-BOX|人気の理由は?ライバル車種を抑えるほどの魅力とは?

ホンダ N-BOX|人気の理由は?ライバル車種を抑えるほどの魅力とは?

ホンダのN-BOXは軽自動車の販売台数で2020年にトップになるなど、安定した人気を誇っているモデルです。後発の軽自動車が多く発売されているのにも関わらず、なぜこれほど人気があるのでしょうか?この記事では、N-BOXの人気の理由を徹底的に解説します。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。