トップへ戻る

レクサス LCの最新情報まとめ!今しか買えない特別なLCはこれだ

レクサス LCの最新情報まとめ!今しか買えない特別なLCはこれだ

街中で見かけて、そのまま見惚れてしまうような車に、最近出会いましたか? 最近そんな魅力的な車に出会っていないなあとお思いの方も、きっとレクサス LCを見かけた際は、目で追ってしまうこと間違いなしでしょう。レクサスのフラッグシップクーペにしてレクサスデザインの極致の一つともされるLCの、2020年の最新情報をまとめました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


羨望の眼差しを感じちゃう? 国産車随一の高級感、レクサス LC

レクサス LC500

レクサス LC500

ここまでの上級クーペは、日本車にはとんと存在しませんでした。2ドア 2+2の豪奢なインテリアに、余裕たっぷりのハイパフォーマンス、何より未来からやってきたかのような目を惹きつけて離さないスタイリングなど、LCはフラッグシップクーペたるに相応しい魅力に溢れていますね。

レクサスでは、毎年細やかな改良を重ねてその車種を熟成させていくイヤーモデル制を敷いているほか、LCでは特別仕様車の設定が相次いでいるなど、2020年も話題に事欠かないLC。

そんなLCの最新情報をまとめましたので、ご覧ください。

レクサス LCの魅力をおさらい!フラッグシップクーペの世界

似たもののない、先鋭のエクステリアデザイン

レクサス LC500 インスピレーションシリーズ

レクサス LC500 インスピレーションシリーズ

遡ること2011年、デトロイトモーターショーにて、純粋なコンセプトカーとして発表された「LF~LC」。そのデザインの官能性の高さは非常に話題を呼び、これこそレクサスが作るべきフラッグシップクーペだ!との声に圧倒されたレクサスは、急遽市販化に向けた開発を始めました。

そして2016年、ついに市販仕様が姿を現すと、LF~LCの魅力がそのままの形で実現されていることに、世界は再び驚きました。

ワイドに構えたスピンドルグリルから低く伸びていくフロント部、FRの魅力を視覚的にも存分にアピールするワイドなリヤフェンダー、どこかフラッグシップスーパーカー「LFA」との関連も感じさせるテール部など、レクサスらしさと斬新さが詰まったそのデザインは、世界的に高い評価を受けています。

レクサスのおもてなし極まるインテリアデザイン

レクサス LC500h インテリア(ブリージーブルー)

レクサス LC500h インテリア(ブリージーブルー)

2段構成で水平基調のレクサスらしいデザインが貫かれたLCのインテリアは、もちろんレクサスのフラッグシップクーペたるに相応しい高級感が持ち味。

ドアから突き出したオブジェのようなドアノブ、流れを感じさせるエンボス加工など、高級車らしくディテールまでこだわり抜いた室内は、快適性もさることながら眺めていても飽きないデザイン性の高さも特徴的です。

また、レクサスの常でカラーバリエーションの豊富さもうれしいところ。オーナーの個性を存分に発揮できる、美しいキャンバスとなっています。

圧倒的パフォーマンスを備えるV8とV6ハイブリッド

レクサス LC500h(左)、LC500 コンバーチブル(右)

レクサス LC500h(左)、LC500 コンバーチブル(右)

Fシリーズ車などに搭載されてきた5.0リッター V型8気筒ガソリンエンジンと、LSと同じく新たに「亜マルチステージ」機構を備えた3.5リッター V型6気筒ガソリンハイブリッドエンジンの2種類が選択できるLCは、どちらでも余裕のハイパワーと高トルクが魅力的。

大排気量V8エンジンの咆哮は近年もはや絶滅危惧種とでも呼べるほどで、LCのダイナミックな動力性能とサウンドは愛好家から寵愛を受けていますし、マルチステージハイブリッドによるモーター駆動領域の拡大によって、静粛性とパンチ力、さらに低燃費まで実現したハイブリッドもレクサスらしい魅力がありますね。

2020年からはコンバーチブルも新登場!優雅すぎ!

レクサス LC500 コンバーチブル

レクサス LC500 コンバーチブル

クーペの登場時から追加が期待されてきたコンバーチブル。欧州などのライバル車には基本的に設定されていることから、LCのコンバーチブル仕様も登場必至と思われていましたが、期待を裏切らない美しさで、2020年についに発売されました。

クーペよりも、ルーフオープン時にエクステリアの一部となる内装のクオリティアップにさらに磨きがかけられたほか、なんとオーディオシステムではルーフのオープン時とクローズ時で響き方を変更するという、ディテールまでこだわり抜いた仕上がりは、LCの美しいスタイルにふさわしい完成度の高さとなっています。

トランクスペースが相変わらず狭いなど、LC共通の弱点も持ちつつも、そんなことはどうでもよくなってしまうほどに優雅さが溢れ出る、LC コンバーチブルです。

レクサス LCの2020年最新情報まとめ 限定車、一部改良

待望のコンバーチブル発売!限定車「ストラクチュラルブルー」も

レクサス LC500 コンバーチブル "ストラクチュラルブルー"

レクサス LC500 コンバーチブル "ストラクチュラルブルー"

LCのコンバーチブル仕様は、2017年のクーペ発売以降もずっと要望と市販の噂が渦巻いていた、期待のかかったモデル。2019年のデトロイトモーターショーで公開された「LCコンバーチブルコンセプト」がほぼそのまま、2020年7月にLC500 コンバーチブルとして、車名の通りV8ガソリンエンジン仕様のみで待望の発売が開始されました。

ソフトトップ仕様となるルーフは、遮音性能や防熱性能を完璧にすべく4層構造となっており、オープン時の優雅なスタイルと、15秒という短時間かつ移ろいを楽しめるルーフ開閉時間、動き出しや留めなど開閉動作の調子、クローズ時のクーペらしいルーフラインと、レクサスらしいこだわりが詰まったルーフとなっています。

レクサス LC500 コンバーチブル ルーフ

レクサス LC500 コンバーチブル ルーフ

なんとクローズ時のソフトトップのシワの少なさにもこだわったとのことで、確かにピンと張られつつも内部のフレーム構造を意識することのない、美しいフォルムが実現されていますね。

レクサス LC500 コンバーチブル ”ストラクチュラルブルー”

レクサス LC500 コンバーチブル ”ストラクチュラルブルー”

そのLC500 コンバーチブルをベースにわずか60台限定として設定された特別仕様車が「LC500 コンバーチブル ”ストラクチュラルブルー”」。

クーペでも先行して特別仕様として設定された、モルフォ蝶の輝きを分析した特別色「ストラクチュラルブルー」のボディカラーに、海底に見立てた白と青の鮮烈なコントラストが美しいインテリアカラー「ライムストーン」、専用カラー「マリーンブルー」のソフトトップ、CFRP製専用スカッフプレートなど、青を基調とした特別な仕上がりとなっています。

限定の60台のうち、40台は既存オーナー向けの先行商談に供されたため、一般販売枠はわずか20台という厳しい倍率に。60台すべてすでに完売しているものと思われるので、実車を拝める機会はもはやないかもしれませんね。

コンバーチブルの設定と同時に、クーペにも一部改良が入り、なんとフロントサスペンションのロアアームをアルミ化するなど徹底した軽量化を実施。その他制御面での改良も加わって、LC全体での完成度がさらに向上しています。

最新の限定車「アビエーション」は、特別装備のエアロに注目

レクサス LC500h ”アビエーション”

レクサス LC500h ”アビエーション”

2020年はLCの改良や特別仕様車ラッシュとなっていますが、10月には特別仕様車「アビエーション」の設定と、2021年1月の発売が発表されています。

エクステリアでは、スピンドルグリル、ランプガーニッシュ、ドアミラーなどに精悍なブラック塗装が施されるなど追加装備は多数あるものの、一番の注目ポイントとなるのは大型の専用CFRPリアウィングの追加でしょう。

レクサス LC500h ”アビエーション” イメージ

レクサス LC500h ”アビエーション” イメージ

鳥や航空機が大空を鋭くかつ優雅に舞う様にインスピレーションを得て開発されたというどうリアウィングは、2019年で残念ながらシリーズ終了となってしまった「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」にアジア人初となる参戦、2017年には年間総合優勝にも輝いたエアロバティック・パイロット、室屋義秀選手との技術交流から生まれたとのこと。

レクサスは室屋選手との2016年のスポンサー契約以降から深いつながりを持っており、今回のLCにも航空機に用いられている空力技術を応用しているとのことです。

ウィング端が車両側面まで伸びた独特な形状は存在感がありつつ、ボディ後方の気流の巻き込みを抑制するという技術的なメリットに基づく形状とのことです。

レクサス LC500h ”アビエーション” インテリア

レクサス LC500h ”アビエーション” インテリア

専用インテリアカラー「アビエーションブラック」による、黒基調ながらサドルタンのアクセントが利いたシックな仕上がりや、専用となるスプリット5本スポーク・ブラック塗装の21インチ鍛造アルミホイールなど、デビュー3年目にして色褪せないLCのスタイリングに、こんな発展性が残されていたのかと驚くほどのまとまりです。

限定台数は、LC500 アビエーション、LC500h アビエーション合わせて70台と発表されているほか、2020年内に成約した場合には室屋選手との特別なイベントに招待してもらえるとのこと。LCを狙っていたけれど踏ん切りの付かなかった方は、今こそ決断の時でしょう。

レクサス LC 新車・中古車価格まとめ

レクサス LC500h ”アビエーション”

レクサス LC500h ”アビエーション”

2020年11月現在のレクサス LCの税込新車価格は、LC500が1,350〜1,450万円、LC500hが1,400〜1,500万円、LC500コンバーチブルは1,500万円となっています。

国産車かつ最上級モデルだけあり標準装備は充実しているのですが、カラーヘッドアップディスプレイが全車メーカーオプション扱いとなっているなど、標準でないことが不思議に感じる装備もありますね。

また、LC500/LC500hともにSパッケージでは標準装備となるトルセンLSDや、高級クーペとはいえ走りの性能も重視している点が感じられるオプションも。

また、レクサス車でお馴染みのハイエンドオーディオオプション「マークレビンソン リファレンスサラウンドサウンドシステム」では、フロントツィーターにセラミックコートを施した超軽量アルミ振動板CMMDが採用されるなど、それ以前のモデル向けのものとは世代が変わっているとのこと。実車でぜひ体感してみたいオプションの一つですね。

レクサス LC500h ”アビエーション”

レクサス LC500h ”アビエーション”

2020年11月現在の中古車市場では、クーペのLCでも106台、コンバーチブルに至ってはわずか1台の在庫しか確認できないという稀少ぶり。

その上LC500 コンバーチブルの在庫車は、デビュー直後に設定された特別限定車「ストラクチュラルブルー」となっており、美しい青と白のカラーコーディネートが確認できます。価格は応談となっていますが、60台限定販売時の新車価格である1,650万円よりも高くなることも覚悟がいるかもしれません。

クーペでは、モデル全体での中古車平均価格は1041.6万円と、さすがの1,000万円越えを維持。デビュー直後の2017年型を中心に、廉価な在庫車両では800万円台から確認できますが、いずれにしても高値が維持されている印象ですね。

まとめ

レクサス LC500

レクサス LC500

レクサスのフラッグシップクーペ、「LC」の最新情報をお伝えしてきました。

スポーツカーやGTカーは、登場当初こそ爆発的に人気を得ますが、それ以降の販売成績が続かないのが世の常。しかしレクサスは、イヤーモデル制による毎年の細やかな改良や、積極的な特別仕様車の設定などが行われるので、逆にいつ買えばいいのかわからないという嬉しい悲鳴も聞こえてきそうですね。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

国産車の中でも一際高いブランドイメージで憧れの「レクサス」。高級ホテルのようなその販売店に並べられる新車たちはお高めの価格設定になっていますし、中古車であっても高い人気を背景に値段が下がらない車種もあります。そこでこの記事では、レクサスバッジの優越感を味わえるのにおトクな「安いレクサス」の選び方を、実例もまじえてご紹介していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

最近発売されるクルマはSUVばかり!もう、どんなSUVがあるのかなんて、わからないですよね。今回は、数あるSUVのなかから、ああ、いいなぁ。そのうち欲しいなぁと思えるようなモデルをご紹介します!


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


最新の投稿


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

家族が増えて、車の買い替えをお考えの方に、おすすめの一台としてホンダのN-BOXがあります。軽自動車でも安心して乗れる車で、ホンダの提案するN-BOXの安全設計であるタフネスボディは、軽自動車に普通乗用車並みの全方位衝突安全性能を搭載しました。このN-BOXで安心してご家族と自動車ライフを楽しむという提案をします。


DS 3クロスバックってどんな車?気になるコンパクトSUVを徹底解説

DS 3クロスバックってどんな車?気になるコンパクトSUVを徹底解説

シトロエンのプレミアムブランド、DSが販売している、コンパクトなSUV・DS 3クロスバック。今回は、その魅力と実力を探ってみたいと思います。日本での評判はどうなのでしょうか?


MINI クラブマンに乗りたい!性能は?価格は?中古車情報も紹介!

MINI クラブマンに乗りたい!性能は?価格は?中古車情報も紹介!

新型MINIの中でも抜群の実用性を兼ね備えたMINIがクラブマンです。家族での少し遠出の際やレジャーの際にその大きなラゲッジ・ルームが威力を発揮します。今回はこのMINIのクラブマンを見てみましょう。


【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。