トップへ戻る

日本発のプレミアムブランド レクサス|その歴史や魅力をご紹介!

日本発のプレミアムブランド レクサス|その歴史や魅力をご紹介!

レクサスは、トヨタが展開する日本発プレミアムブランドです。現在、日本はもちろん、北米、欧州、中国、中近東等、世界中で展開するグローバルブランドに成長しています。レクサスはトヨタの1ブランドではありますが、クオリティや製造品質等で、トヨタとは一線を画すプレミアムなユーザー体験をオーナーに提供します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レクサスとは?

レクサスは、トヨタが展開する日本発のプレミアムブランドです。現在、日本はもちろん、北米、欧州、中国、中近東等、世界中で展開するグローバルブランドに成長しています。

トヨタの1ブランドではありますが、クオリティや製造品質等で、トヨタとは一線を画すプレミアムなユーザー体験をオーナーに提供します。

レクサスの歴史

初代GS(日本市場)

初代GS(日本市場にて)

レクサスブランドは、既に多くの人に浸透していますが、その歴史がわずか30年余りである事を知れば、驚く方が多いのではないでしょうか。

レクサスの歴史は、約30年前の1989年に北米でスタートしました。当時、北米市場でトヨタは大きな成功を手にしていました。製造品質と信頼性に大きな問題を抱えていた当時のアメリカ車に比べ、極めて高い信頼性を備え、品質も高いトヨタ車は多くのユーザーの支持を集め、人気ブランドとなっていました。

一方、当時のトヨタは小型車が中心で、ブランドイメージも「安価だが信頼性の高いクルマ」と言うものでした。そのため、より利益の見込める大型車・高級車を北米市場に投入したくても、トヨタブランドでは成功が難しい、という事情をトヨタは抱えていました。

そこで、トヨタは北米で新しいプレミアムブランドを立ち上げる事を決意し、1980年代前半から入念な準備をはじめました。それはクルマの開発だけに留まらず、クルマを開発・試験するためのテストコースを北海道に作ってしまうほど徹底したものでした。

そして、1989年にレクサスブランド初のクルマ初代LS(日本名:セルシオ)が北米で発売されました。

世界を驚愕させた初代LS

初代LS

初代LS

1989年に発売された初代LSは、GMやフォードのようなアメリカの自動車メーカーだけなく、ベンツやBMWのようなヨーロッパのプレミアムブランドにも大きな衝撃を与えました。実質、トヨタが初めて開発したプレミアムカーであるにも関わらず、圧倒的な静粛性と快適性という高い完成度を持っていたからです。

新開発のV8エンジンはあくまでも滑らかに回り、精度を徹底的に追求したトランスミッションやプロペラシャフトは、一切の振動を感じさせず、入念に設計されたボディは室内を極めて静かに保ちました。このような快適性は、ベンツやBMWのようなライバルが備えていない性能でした。

また、レクサスは北米での販売方法にも工夫を凝らしました。当時の北米の自動車ディーラーは、「歯医者の次に行きたくない場所」と言われる程、消費者から嫌われていました。レクサスは、他の自動車ディーラーとは一線を画した、心地よい「おもてなし」を提供する専売ディーラーを展開し、そのサービス品質の高さでも北米の消費者の心を掴みました。

極めて完成度の高いクルマ、そして、サービスの品の高いディーラー網。この2つを備えた備えたレクサスは、たちまち北米No.1の人気高級車ブランドとなり、販売成績でベンツやBMWを凌駕する大成功を収めたのです。

日本でのレクサスブランドの展開

日本展開当時(2005面)のレクサスディーラー

日本展開当時(2005面)のレクサスディーラー

北米でのレクサスは、大型セダンであるLSに続き、中型セダンであるES(日本名:ウインダム)、SUVであるRX(日本名:ハリアー)など、年々ラインナップを拡大。特に、RXは北米市場初の高級SUVとして、空前の大ヒットを記録しました。

北米での大きな成功を受け、日本でもレクサスブランドを展開する事をトヨタは検討し始めました。トヨタは、日本のモータリゼーションの成熟に伴い、目の肥えた消費者がクラウンのようなトヨタの高級車を卒業し、ベンツやBMWのようなヨーロッパのプレミアムブランドに移行する流れが強まっている事に危機感を持っていました。

そこで、トヨタは、日本市場にレクサスブランドを投入する事で、ヨーロッパ車に流出してしまう消費者を、少しでも食い止めようとしたのでした。

 日本でのレクサスブランドの展開は、2005年にスタートしました。当時発売されたのは、中型セダンであるGS、小型セダンであるIS、スペシャリティカーのSCの3車種。旗艦であるLSは、一年遅れの2006年に発売されました。

既存のトヨタディーラーでの併売は一切行わず、徹底的にデザインに拘った巨大な店舗を全国各地に新たに建設。レクサスディーラーの豪華な内装は、大きな話題になりました。

 以来15年、レクサスは日本市場で3車種のセダン、2車種の2ドアクーペ、1車種のハッチバック、4車種のSUV、そして1種類のクルーザー!を発売するまで、ラインナップを拡充させています。

レクサスの特徴

挑戦的なデザイン

スピンドルグリル

スピンドルグリル

 レクサスのこだわりは多岐に渡りますが、最も注力しているのはクルマのデザイン。クルマの第一印象は、デザインで決まります。ヨーロッパのプレミアムブランドは、伝統を最大限に活かしつつ、新しく魅力的なデザインを消費者に提案し続けています。

 レクサスも同じプレミアムブランドとして、彼らに負けるわけにはいきません。そこで、レクサスは「挑戦するデザイン」を掲げ、従来の日本車やトヨタ車の枠に囚われない大胆で個性的なデザインを模索しています。そのレクサスデザインの特徴は、グリルにあります。「スピンドルグリル」と名付けられた巨大なグリルは、ひと目でレクサスとわかる大胆な個性を、レクサスの各車に与えています。

 スピンドルグリルの是非ついてはいろいろな意見がありますが、このような強い個性を身に纏わないと、プレミアムブランドの厳しい戦いには勝ち残って行けないのだ、というレクサスの強い意志を感じるデザインと言えるでしょう。

最先端の技術

 レクサスブランドには、トヨタグループが持つ先端テクノロジーのショーケースとしてのミッションも付与されています。トヨタの最先端の技術は、常にレクサスに最初に搭載されます。

 2020年冬にマイナーチェンジされたLSには、トヨタの運転支援システム「Lexus Teammate(レクサス・チームメイト)」が搭載されました。レクサス・チームメイト最新のセンサーとAI技術を活用し、ハンドルとアクセルの操作からドライバーを開放する「ハンズオフ」を実現しています。

 このように、レクサスは、常にトヨタテクノロジーの最先端技術=日本の自動車産業技術を搭載しています。

選択肢の豊富なパワーユニット

レクサス マルチステージハイブリッドユニット

レクサス マルチステージハイブリッドユニット

レクサスは、世界で最も多彩なパワーユニットを選べるプレミアムブランドでもあります。

 パワー志向の3.5リッターV6ツインターボや2.0リッターターボ、高効率で低燃費の各種ハイブリッドユニット、そして、5.0リッターV8自然吸気ユニットまで、よりどりみどりです。

 ヨーロッパのプレミアムブランドが、平均燃費規制に対応するために、軒並みパワーユニットがダウンサイジングターボ化されているのに比べると、レクサスの選択肢の豊富さはユーザーにとって大きなメリットとなります。

 言い方を変えると、レクサスは世界で最もハイブリッド化が進んだプレミアムブランドでもあります。フラグシップセダンのLSから、コンパクトSUVのNXまで、幅広いモデルでハイブリッドシステム搭載車をラインナップしています。逆の言い方をすれば、ハイブリッドユニットを選択できないのは、最高級SUVのLXのみです。

匠の技

手のひらでのボディの合わせ目のチェック

レクサスの最高級セダンであるLSやSVUのNXを生産するは、愛知県豊田市にある田原工場で8,000人がレクサスの生産に携わっています。その8,000人の中から選ばれた、わずか9人の「レクサス技能師」は、プレス加工やボディ組立、塗装のような各工程のエキスパートです。

彼らは広大なレクサスの工場の様々な生産工程の全てに目を凝らし、製造品質をチェックします。

もともと、日本車なかでもトヨタ車は、製造品質の高さを評価さえていますが、レクサス車はボディパネルの組付け精度を一般的なトヨタ車よりもさらに0.5mm向上させるという驚異的な製造品質を実現しています。

その生産品質を担保するために、生産に携わるスタッフは、「手感チェック」というトレーニングを日々繰り返して、目や指先の感覚を研ぎ澄ましています。

指先と手のひらの触感をトレーニングする、「手感チェック」

手感チェックとは、生産ラインに入る前と後に、ボディの段差や隙間をチェックするための練習用の器具を手のひらで触って、その値が何ミクロンなのかを感じるというトレーニングです。

このトレーニングを繰り返す事で、わずか数ミクロンの差を手のひらで正確に感じ取れるようになれ、その感覚はレクサスの生産品質の工場に活かされます。

レクサスは、このような「匠の技」で生産された高い品質で、世界の高級車市場にチャレンジしています。 

最新のレクサス セダン3車種

LS

LS

LS

レクサスブランドの原点にして頂点のフラグシップセダン、それがLSです。

LSのミッションは明快で、ベンツSクラスやBMW7シリーズに引けを取らない世界に通用する高級車である事です。

11月にマイナーチェンジが実施され、「Lexus Teammate(レクサス・チームメイト)」と呼ばれる最先端の運転支援システムを新たに搭載。トヨタグループの最先端技術のショーケースとしての役割を果たしています。

西陣織のドアトリム

プラチナ箔と西陣織のドアトリム

また、ドアトリム部分の装飾としてプラチナ箔と西陣織のドアトリムを採用。銀糸やプラチナ箔の輝きにより、月明かりに照らされた水面の揺らぎを表現しているとの事。

プラチナ箔は、ひとつひとつが職人の手作業のため、箔の表情や貼り方の違いでそれぞれが世界で一つしなかい一品ものだそうで、最先端のテクノロジーと日本の伝統を組み合わせた、日本発のプレミアムブランドであるレクサスを象徴するインテリアとなっています。

メカニズム的には、3.5リッターV6+ハイブリッドと3.5リッターV6ターボの2つのエンジンを用意。動力性能と燃費を両立するハイブリッドモデルと、10段ATとの組み合わせでよりパフォーマンスを志向したターボモデルで、幅広いユーザーのニーズを満たすラインナップとなっています。

【レクサス LS500h EXECUTIVE 2WD 】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,235mm×1,900mm×1,450mm
ホイールベース3,125mm
最大乗車定員5名
車両重量2,290kg
燃費JC08モード 15.0〜15.8km/L
エンジン種類3.5L V6 + ハイブリッド
最高出力220kW(299PS) /6,600 rpm
最大トルク356N・m (36.3kgf・m) /5,100rpm
駆動方式FR
トランスミッション電気式無段変速機

2020年11月現在 レクサス公式サイトより

LS について詳しく知りたい方はこちら

ES

ES

ES

レクサスESは、LSの弟分になる大型セダンで、ベンツのEクラスやBMWの5シリーズがライバルとなります。

日本市場への導入は2018年ですが、北米市場ではレクサスブランドが発足した1989年にLSと同時に発売され、長らくレクサスの屋台骨を支え続けてきた主力モデルとなっています。

LSとの最大の違いは、駆動方式がFFである事と、現状ではハイブリッド専用モデルとなっている事です。また、LSがグローバル市場での存在感を増すためにボディが大型化し、日本ではやや扱いづらいサイズになってしまった結果、ESの日本の標準的な車庫に入るボディサイズが従来のレクサスユーザーから支持されているとのこと。

JC08モード燃費が25.1km/Lと極めて良好で、かつ、レギュラーガソリン仕様というランニングコストの安さは、ハイブリッドモデルが少なく、プレミアムガソリン仕様のヨーロッパのライバルにはない特徴と言えます。

LSに比べて扱いやすいボディサイズ、よりお求め安い価格、2.5リッターハイブリッドの充分な性能と低燃費等、日本で使うには「ちょうどいい」レクサスのセダンと言えるかもしれません。

【レクサス ES 300h version L】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,975mm×1,865mm×1,445mm
ホイールベース2,870mm
最大乗車定員5名
車両重量1,720kg
燃費JC08モード 25.1km/L
エンジン種類2.5L 直列4気筒 + ハイブリッド
最高出力131 kW(178PS) /5,700rpm
最大トルク221N・m (22.5kgf・m) /3,600~5,200rpm
駆動方式FF
トランスミッション電気式無段変速機

2020年11月現在 レクサス公式サイトより

ES について詳しく知りたい方はこちら

IS

IS

IS

レクサスISは、レクサスのセダンモデルの末っ子となり、ベンツのCクラスやBMWの3シリーズがライバルとなります。

ISは2020年秋に大規模なマイナーチェンジを実施しました。マイナーチェンジとはいえ、その内容はフルモデルチェンジに近い大規模なもの。マイナーチェンジの主な狙いは、走りを徹底的に磨いて、ライバルのベンツCクラスやBMW3シリーズに走行性能で負けないようにすることです。

トヨタテクニカルセンター下山

過酷なレイアウトの「トヨタテクニカルセンター下山」

そのため、愛知県豊田市に2019年4月に開設したテストコース「トヨタテクニカルセンター下山」の過酷なカントリーコースで、徹底的なシャシーの改良を実施しました。

パワーユニットは、2.5リットルハイブリッド、2.0リットル直噴ターボ、V6型3.5リットルの3タイプを用意。

注意すべきは、V6型3.5リットル自然吸気ユニット。ヨーロッパのライバルが軒並みダウンサイジングターボに移行する中、人間の感性にマッチした、魅力的な大排気量の自然吸気エンジンを選択できるISは貴重な存在です。

ビッグマイナーチェンジで磨かれた走りと魅力的なパワーユニットを備えるISは、走りにこだわるドライバーにお勧めのスポーツセダンです。

【レクサス IS 350】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,710mm×1,840mm×1,435mm
ホイールベース2,800mm
最大乗車定員5名
車両重量1,660kg
燃費WLTCモード 10.7km/L
エンジン種類3.5L V型6気筒
最高出力234 kW(318PS) /6,600rpm
最大トルク380 N・m (38.7kgf・m) /4,800rpm
駆動方式FR
トランスミッション8速AT

2020年11月現在 レクサス公式サイトより

ISについて詳しく知りたい方はこちら

まとめ

初代LS(日本市場にて)

初代LS(日本市場にて)

100年以上の歴史を誇るヨーロッパのプレミアムブランドに、果敢に挑戦するレクサス。

レクサスには、日本発の世界に通用するプレミアムブランドを作り上げたい!と言う、強い情熱があります。

この記事を読んでいただいた方が、レクサスのファンになっていただければ嬉しいです!

関連するキーワード


レクサス 車種情報 LS ES

関連する投稿


高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

国産車の中でも一際高いブランドイメージで憧れの「レクサス」。高級ホテルのようなその販売店に並べられる新車たちはお高めの価格設定になっていますし、中古車であっても高い人気を背景に値段が下がらない車種もあります。そこでこの記事では、レクサスバッジの優越感を味わえるのにおトクな「安いレクサス」の選び方を、実例もまじえてご紹介していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

最近発売されるクルマはSUVばかり!もう、どんなSUVがあるのかなんて、わからないですよね。今回は、数あるSUVのなかから、ああ、いいなぁ。そのうち欲しいなぁと思えるようなモデルをご紹介します!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。