トップへ戻る

【日本の知らない日産】インフィニティ車種まとめ 日本でも乗れるの?

【日本の知らない日産】インフィニティ車種まとめ 日本でも乗れるの?

トヨタに対するレクサスは日本でも有名ですが、日産に対するインフィニティは、日本では知っている方が少なく、知る人ぞ知る高級車ブランドかもしれませんね。レクサスと同じく1989年に誕生したインフィニティは、日本にはブランドとしては導入されていませんが、車種としては馴染みのあるものもチラホラ。高級感のある最新ラインナップと、日本での入手方法について、ご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


日産の高級ブランド「インフィニティ」 国際派で魅力的な車たち!

インフィニティ ラインナップ

インフィニティ ラインナップ

Infiniti(インフィニティ)という名前をお聞きになったことはあるでしょうか。

なんと、我らが日本の自動車メーカー、日産が展開する高級車ブランドの名前なのです。

導入されていない日本では馴染みがないのですが、世界では名の知れた高級車ブランドとして高い知名度があります。

現在日本国内では、廉価な軽自動車からフラッグシップセダンまで、日産の車は全て「日産」ブランドで販売されていますが、北米をはじめとする海外においては、高級セダンと高級SUVはインフィニティブランドで販売されています。

インフィニティ Q50 オー・ルージュ コンセプト(デトロイトモーターショー2014 出展車両)

インフィニティ Q50 オー・ルージュ コンセプト(デトロイトモーターショー2014 出展車両)

例えば、現在では日本向け仕様は独自の進化を遂げているスカイラインは、V型6気筒エンジンを初めて搭載した11代目は元々インフィニティ用の車種として開発された成り立ちを持つとされますが、日本では日産 スカイラインとして販売されたのは有名な話。

もっと昔では、日産 インフィニティQ45という上級車種を日本に導入していたりなど、日本と関わりの深いインフィニティ車もいくつかあるのですが、国内では全て日産ブランドで販売されてきました。

しかし、市場規模などの問題があってか、日本には導入されていない魅力的なインフィニティ車ももちろんたくさんあるのです。

手が届きそうで届かない、海の向こうの特別な車「インフィニティ」のラインナップと魅力をまとめてみました。

インフィニティ 北米での現行ラインナップをまとめました

【セダン】 インフィニティ Q50

インフィニティ Q50 レッドスポーツ400

インフィニティ Q50 レッドスポーツ400

日本では日産 スカイラインとして展開されているQ50。日本向けスカイラインも、デビュー当初はインフィニティのエンブレムを装着して販売されるなど、販売戦略がやや迷走している印象もありました。

現在のスカイラインは、日産 GT-R風の大型グリルを持ち、「プロパイロット 2.0」という飛び道具を備えた独自の車に進化していますが、Q50は基本的にマイナーチェンジ前のスカイラインと同等の車です。

インフィニティ Q50 レッドスポーツ400 インテリア

インフィニティ Q50 レッドスポーツ400 インテリア

もちろんQ50には、世界でも稀な完全ステアバイワイヤ式の「ダイレクトアダプティブステアリング」や、スカイライン 400Rに相当するQ50「レッドスポーツ400」グレードの設定、新鮮な使い心地の上下2段式ツインディスプレイナビなど、スカイラインと共有される魅力的な特徴も多数あります。

むしろ、Q50 レッドスポーツ400では、スカイライン 400Rには設定のないAWD仕様も選択できるなど、一部スカイラインよりも上位な部分も見られます。

大幅なスタイルチェンジを敢行したスカイラインに比べ、やや古さも感じられるデザインにはなっていますが、インフィニティの主力車種として人気の車種です。

インフィニティ Q50のスペック

【インフィニティ Q50 レッドスポーツ400 AWD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)189.6in×71.8in×57.2in
ボディサイズ(メートル法換算・参考値)4,815.8mm×1,823.7mm×1,452.9mm
ホイールベース112.2in
ホイールベース(メートル法換算・参考値)2,849.9mm
最大乗車定員5名
車両重量3,998lbs
燃費EPAコンバインド:22MPG
エンジン種類V型6気筒ツインターボ 2,997cc
エンジン最高出力400hp/6,400rpm
エンジン最大トルク350lb-ft/1,600-5,200rpm
駆動方式全輪駆動(AWD)
トランスミッション7速AT
新車価格(MSRP)57,750米ドル(約612.3万円)
(2020年10月現在 インフィニティUSA公式サイトより)

スカイラインについて詳しく知りたい方はこちら

【クーペ】 インフィニティ Q60

インフィニティ Q60 レッドスポーツ400

インフィニティ Q60 レッドスポーツ400

先代スカイラインベースのCV36型を最後に販売を終了したスカイラインクーぺですが、インフィニティでは現行Q50ベースのクーペ、Q60がラインナップされています。

その優美なスタイリングで一斉を風靡したCV35型スカイラインクーペと同様、滑らかなルーフラインを持ち、セダンのQ50と共通イメージながら独自のローアンドワイドなボディパネルを持つQ60のエクステリアデザインは非常に魅力的ですよね。

インフィニティ Q60 レッドスポーツ400

インフィニティ Q60 レッドスポーツ400

Q60でもセダンのQ50同様、ダイレクトアダプティブステアリングや、ツインターボのレッドスポーツ400が選択でき、走行性能も文句ありません。

日本でのクーペ市場、特に大型クーペの販売規模は非常に小さなものになっているとはいえ、ぜひ新型スカイラインクーペとして導入してほしかったものです。

インフィニティ Q60のスペック

【インフィニティ Q60 レッドスポーツ400 AWD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)184.4in×72.8in×54.9in
ボディサイズ(メートル法換算・参考値)4,683.8mm×1,849.1mm×1,394.5mm
ホイールベース112.2in
ホイールベース(メートル法換算・参考値)2,849.9mm
最大乗車定員4名
車両重量4,047lbs
燃費EPAコンバインド:21MPG
エンジン種類V型6気筒ツインターボ 2,997cc
エンジン最高出力400hp/6,400rpm
エンジン最大トルク350lb-ft/1,600-5,200rpm
駆動方式全輪駆動(AWD)
トランスミッション7速AT
新車価格(MSRP)59,150米ドル(約627.2万円)
(2020年10月現在 インフィニティUSA公式サイトより)

【SUV】 インフィニティ QX50

インフィニティ QX50

インフィニティ QX50

見るからに日本でも人気が出そうな中型SUVが、QX50です。2017年の製造開始から、世界的に売れ筋のサイズのSUVということもあって人気があります。

1.9m越えの全幅はやや大きめではありますが、約4.7mの全長と合わせて、爆発的人気を誇るトヨタ ハリアーと同等のボディサイズ。

実は初代QX50は、2009年から2016年の間に日本にも日産 スカイライン クロスオーバーとして導入されていたため、現行となる2代目QX50でも日本導入が期待されていましたが、現在まで実現していません。

インフィニティ QX50

インフィニティ QX50

その上、売れ筋のSUVというだけが魅力ではなく、なんと世界初となる可変圧縮比エンジン「VCターボエンジン」を搭載するなど、機能面でも先進的です。

このエンジンは、加速などの高負荷時と巡航などの低負荷時で刻々と変わっていく理想の圧縮比に対し、8:1から14:1の間で無段階に圧縮比を変更できる優れもの。パワフルな走りと、優れた低燃費を両立した、世界トップレベルの技術。

今からでも遅くないので、ぜひ日本へ正規導入してほしいほどの魅力的なSUVとなっています。

インフィニティ QX50のスペック

【インフィニティ QX50 オートグラフ AWD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)184.7in×74.9in×66in
ボディサイズ(メートル法換算・参考値)4,691.4mm×1,902.5mm×1,676.4mm
ホイールベース110.2in
ホイールベース(メートル法換算・参考値)2,799.1mm
最大乗車定員5名
車両重量4,178lbs
燃費EPAコンバインド:25MPG
エンジン種類直列4気筒VCターボ 2.0L
エンジン最高出力268hp/5,600rpm
エンジン最大トルク280lb-ft/1,600-4,800rpm
駆動方式全輪駆動(AWD)
トランスミッションCVT
新車価格(MSRP)56,850米ドル(約602.8万円)
(2020年10月現在 インフィニティUSA公式サイトより)

【SUV】 インフィニティ QX60

インフィニティ QX60

インフィニティ QX60

先ほどご紹介したQX50よりも一回り大きく、3列シートを備えたSUVがQX60です。

QX60は当初JXという車名で2012年に登場しておりかなりの長寿モデル。そこかしこで旧態化が著しくなってきてはいますが、3列目頭上まで伸びるパノラミックムーンルーフや、ハンズフリーテールゲートなどの便利装備を備えており、使い勝手の良いSUVとなっています。

インフィニティ QX60 モノグラフ コンセプト

インフィニティ QX60 モノグラフ コンセプト

SUVとはいえエンジン排気量ではダウンサイズ傾向が世界的に続いていますが、QX60は現在では大きめといえる3.5リッター V型6気筒を搭載。効率の良い回転数を使い切れる日産お得意のCVTとの組み合わせです。

しかし、2020年9月に新型のコンセプトモデル「QX60 モノグラフ」が公開済で、現行型を手にできるチャンスはあまり長くはなさそうです。

弟分のQX50譲りのアグレッシブさを備えつつ、現行モデルのエレガントさも感じられるQX60 モノグラフのスタイリングは魅力的ですね。新型モデルでも、発売の折にはヒットが予想されます。

インフィニティ QX60のスペック

【インフィニティ QX60 リュクス AWD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)200.6in×77.2in×68.8in
ボディサイズ(メートル法換算・参考値)5,095.2mm×1,960.9mm×1,747.5mm
ホイールベース114.2in
ホイールベース(メートル法換算・参考値)2,900.7mm
最大乗車定員7名
車両重量4,551.6lbs
燃費EPAコンバインド:22MPG
エンジン種類V型6気筒 3.5L
エンジン最高出力295hp/6,400rpm
エンジン最大トルク270lb-ft/4,800rpm
駆動方式全輪駆動(AWD)
トランスミッションCVT
新車価格(MSRP)48,150米ドル(約510.5万円)
(2020年10月現在 インフィニティUSA公式サイトより)

【SUV】 インフィニティ QX80

インフィニティ QX80

インフィニティ QX80

まるでベヒーモスという巨大サイズのSUV「QX80」は、現在のスタイリングになったのは2017年とはいえ、車両のデビュー自体は2010年と、既に10年目に突入している高級クロカン四駆。

日本では販売が終了しているフルサイズクロカン車「日産 サファリ」をベースに高級化したQX80の成り立ちは、トヨタ ランドクルーザーに対するレクサス LX570の関係にも似ていますね。

サファリについて詳しく知りたい方はこちら

インフィニティ QX80

インフィニティ QX80

広々とした室内を活かし、8人乗りまで選択できるQX80は、搭載するエンジンも5.6リッター V型8気筒の本格派。

北米市場で重要視される牽引能力も8,500ポンド(約3.86トン)と充分な数値を有しており、インフィニティのフラッグシップに相応しい余裕と高級感を兼ね備えています。

インフィニティ QX80のスペック

【インフィニティ QX80 センサリー 4WD】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)210.2in×79.9in×75.8in
ボディサイズ(メートル法換算・参考値)5,339.1mm×2,029.5mm×1,925.3mm
ホイールベース121.1in
ホイールベース(メートル法換算・参考値)3,075.9mm
最大乗車定員8名
車両重量5,813lbs
燃費EPAコンバインド:15MPG
エンジン種類V型8気筒 5.6L
エンジン最高出力400hp/5,800rpm
エンジン最大トルク413lb-ft/4,000rpm
駆動方式四輪駆動(4WD)
トランスミッション7速AT
新車価格(MSRP)57,750米ドル(約612.3万円)
(2020年10月現在 インフィニティUSA公式サイトより)

過去モデルには知った顔も?インフィニティ お馴染み車種まとめ

インフィニティ M45 コンセプト(ニューヨークモーターショー2004 出展車両)

インフィニティ M45 コンセプト(ニューヨークモーターショー2004 出展車両)

ここまでは現行モデルをご紹介してきましたが、我らが日産の海外ブランドという親近感もあり、過去のインフィニティ車には日本とのつながりの強いものもいくつかありました。

代表的な車種をご紹介します。

インフィニティ Q45:日本でもインフィニティの名前を知らしめた

日産 インフィニティQ45

日産 インフィニティQ45

1989年、インフィニティ部門の北米立ち上げとともに販売されたフラッグシップカーが、Q45でした。

当時、日産の国内市場におけるオーナーカー最高峰はシーマがあり、「シーマ現象」を巻き起こすほどの人気を誇っていましたが、さらに上級なモデルとしてこのQ45を国内投入。

インフィニティブランド自体は日本に存在していませんでしたので、車名は「日産 インフィニティQ45」とやや長めのものが与えられました。

グリルレスで七宝焼エンブレムを据え付けた無表情なフロントや、日本らしい漆塗り仕上げの内装を用意するなど従来の高級車像を打ち壊したインフィニティQ45は、4.5リッター V型8気筒エンジンを搭載するなど性能面でも特出。

カルト的な人気を誇りましたが、海外向け2代目Q45からはシーマと統合され、1代のみで日本から姿を消しました。

インフィニティ FX:時代先取りのクーペSUVは並行輸入が大人気!

インフィニティ FX50

インフィニティ FX50

現在でこそひとつのボディスタイルとして定着した感もある「クーペSUV」の先駆けの一つが、インフィニティ FXでしょう。

サイドウィンドウの描く優美な曲線はまさにクーペそのものの絞り込みの効いたキャビン、睨みを効かせる小型のヘッドライトとテールライトを持つスポーティなエクステリアと、V6/V8エンジンの力強い走行性能を組み合わせたFXは、登場するやいなや大人気車種へと上り詰めました。

その魅力は海を越えて日本にまで伝わり、国内に北米仕様車などを並行輸入する好き者のオーナーが続出したほど。現在でも日本の路上を元気に走り回るFXの姿を時折見かけますよね。

2代目FXはモデルライフ途中でQX70へと改名したのち、北米市場では販売終了していますが、その魅力と高まり続けるSUV人気を背景に、復活が望まれている車種です。

インフィニティに日本で乗りたい!方法はあるの?

インフィニティ QX50

インフィニティ QX50

さて、ここまでご紹介してきたインフィニティのラインナップは、日本で乗っても楽しめそうな魅力たっぷりの車種ばかりですよね。

残念ながらインフィニティブランドの日本展開は非常に考えにくい状況となっていますが、インフィニティの車を日本で手に入れる方法はいくつかあります。

詳しくご紹介していきます。

1. 並行輸入の在庫車を探す/輸入を依頼する

インフィニティ QX50 インテリア

インフィニティ QX50 インテリア

これまで一般的な手法だったのが、並行輸入車を取り扱うショップで購入すること。

新車の輸入を取り扱うショップもありますし、もちろん予算の都合上や廃止モデルをこだわって乗りたい場合などは中古車を輸入してくれるショップもあることでしょう。

自動車という大型・重量のある物を運ぶわけですので、ネットショッピングのように即座に配送、とはいかず、やや納期は長め、輸入費用もかさみがちですが、日本国内でのインフィニティ車の稀少性を思えば甘んじて受ける!という方も多いのでは。

インフィニティは1989年ブランド開業と歴史が長いこともありますので、並行輸入された車は、中古車市場でも容易に見つけることができます。

お好みの仕様にこだわって新たに輸入するもよし、日本国内で中古車をじっくり探すもよし。インフィニティ車を国内で手に入れるハードルは、意外と低めとなっています。

2. 伝説的なインパルでの購入も可能に!

東京オートサロン2019 ホシノインパルブース

東京オートサロン2019 ホシノインパルブース

なんと、2019年末からは、日産車のチューニングやレース活動で有名な株式会社ホシノインパルでも、北米インフィニティ車と北米日産車の並行輸入が始まっています。

こちらは、もちろん全車左ハンドル仕様ながら、並行輸入後に灯火類やボディサイズに応じてサイドアンダーミラーを装着するなどの国内法規対応をしっかり行なって販売してくれるという安心感の高いもの。

ご紹介したインフィニティ現行ラインナップのほか、日本ではモデル廃止となっている日産 ムラーノの現行モデルや、日産 タイタンXDといったフルサイズピックアップトラックまで取り扱うインパル。

日本国内向け車とは一味違う日産車をお探しのあなたにはぴったりかもしれませんね。

まとめ

インフィニティ コンセプト ビジョン・グランツーリスモ

インフィニティ コンセプト ビジョン・グランツーリスモ

日本の知らない日産、インフィニティのラインナップと魅力についてご紹介してきました。

最近は暗いニュースもしばしば聞かれる日産ですので、レクサスに対抗してインフィニティを国内導入します!という未来はもはや絶望的ではありますが、それでも魅力的なインフィニティ車を国内で手に入れる方法もお伝えしてきました。

日産を応援する気持ちを込めて、国際派の魅力を持つインフィニティ車をご検討してみてくださいね。

関連する投稿


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産GT-R|日産の名車を紐解く!

日産のGT-Rは名車と名高い一台です。最新のGT-Rはスカイラインの名前が外れ日産GT-Rとなり、よりサーキットを意識した車へと進化し続けています。今回はこの日産 GT-Rについて見ていきましょう。


ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

ワゴン車のGT-Rステージア!気になる中古車価格も!

1996年デビューのステージアには発売当初には、パワートレインにスカイラインGT-Rのエンジンを搭載したモデルも存在した高性能モデルもありました。まさにスポーツワゴンの最高峰として位置付けられたモデルであったことを振りかえって見てみましう。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。