トップへ戻る

レクサス RC F、将来の伝説を新車で買えるのは今だけ!

レクサス RC F、将来の伝説を新車で買えるのは今だけ!

後世になって真の評価が下されるという点では、車は芸術品の要素もあるのかもしれません。レクサス RC Fは、大排気量自然吸気エンジンのフィナーレを飾るにふさわしい魅力たっぷりのスポーツクーペです。将来振り返った時に、その稀少性から当時手に入れておけばよかったと悔やまれること間違いなしのRC Fの魅力を、じっくり解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


Fモデルならではの豪快さと洗練の融合、レクサス RC F

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ

レクサスのスポーツブランド、F。その名を車名に冠する車は、街中でのレクサスらしい扱いやすさと乗り心地を持ちながら、そのままサーキットに持ち込んで本気のラップを重ねることができるという、二面的な魅力を融合させた、レクサスらしいスポーツカーなのです。

現在ではRC Fただ一台しか設定されていませんが、Fモデルは、頂点となるV10エンジンのスーパーカー「LFA」の魅力を引き継ぎ、レクサスラインナップで広く設定されている「Fスポーツ」車よりも広範に手の入った研ぎ澄まされたスポーツ感が魅力です。

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ

日本車でスポーツカーの選択肢がグッと減ってから早数十年。とはいっても、現在でも各メーカーから独自の魅力を備えたスポーツカーが登場しています。

しかし、時代の流れに逆らうかのような大排気量・自然吸気スポーツエンジンを搭載したRC Fの魅力は、現代のスポーツカーラインナップの中でも一際輝いて見える、特別な存在なのです。

そんなRC Fの魅力を4点まとめてご紹介していきます。

【RC Fの魅力その1】消え行く運命!?自然吸気スポーツエンジン

レクサス RC F トラックエディション(北米仕様) エンジンルーム

レクサス RC F トラックエディション(北米仕様) エンジンルーム

もはや年々厳しくなる環境規制や騒音規制に対応するには、車の電動化や、せめて排気量や気筒数のダウンサイズは避けることができない自動車の未来です。

世界中の自動車メーカーが、それまでラインナップしていたV12やV8の選択肢をどんどんと削っている中、RC Fでは5.0リッター V型8気筒自然吸気のスポーツユニットを搭載。

その研ぎ澄まされた回転フィールや排気音、アクセル操作へのレスポンスの良さは、自然吸気エンジンならではのもので、世界中のエンスージァストから称賛の的となっています。

もはや5.0リッターという大排気量、しかも過給機をつけないエンジンがこれから新開発される見込みは世界的に見ても薄いので、もしかすると、レクサスの5.0リッター V8エンジンは、自然吸気エンジンのフィナーレを飾る歴史に残るエンジンかもしれませんね。

【RC Fの魅力その3】「本物」の迫力のエクステリア

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ

ベースとなっているスポーツクーペ、「RC」の洗練されたスポーティさを残しつつ、ボディ各部に追加されたエアロパーツは、効果の裏付けのある機能的なデザイン。

より開口部が拡大されたアグレッシブな形状のフロント、フロントフェンダーに追加されたダクトやロッカーモール、リヤのディフューザーまで、空力を味方につけるデザインは、本物のスポーツカーらしい迫力を感じさせます。

Fの証である台形配置の4連マフラーや、大幅にワイド化されたリアフェンダーなど、スポーツカーらしく後ろ姿にも抜かりがない点もポイント。

その優れた動力性能で抜き去った相手に対して、Fのイメージを強烈に植え付けることでしょう。

【RC Fの魅力その3】レクサスらしいおもてなしのインテリア

レクサス RC F インテリア(ブラック&ホワイト/シルバースターリングファイバー)

レクサス RC F インテリア(ブラック&ホワイト/シルバースターリングファイバー)

スポーツカーらしい迫力を感じさせるエクステリアに呼応しつつも、レクサスらしい高品質なインテリアも忘れていません。

カラーコンビネーションの豊富さや、素材の高品質さはレクサス車そのもの。それでいて、オーナメントパネルではスポーティなカーボンを用意しているなど、演出にも余念がありません。

F専用デザインのシートは、ステッチの入れ方まで工夫してドライバーやパッセンジャーをよりしっかりホールドできる優れもの。

同じくF専用デザインとなるメーターパネルも合わせて、乗り込んだあとも期待がどんどん高まっていく、高級スポーツカーらしいインテリアとなっています。

【RC Fの魅力その4】先進技術でサーキットの楽しさを全ての人に

レクサス RC F(2014年型) インテリア

レクサス RC F(2014年型) インテリア

RC FのV8エンジンは、最高出力 481PS、最大トルク 535N・mという、レクサスラインナップ内でもトップクラスの高出力エンジン。

ひと昔前のスポーツカーでは、技術レベルの高いドライバーですら運転が難しかったレベルの高出力なのですが、RC Fでは、先進デバイスを多数活用することで、誰もがスポーツ走行の奥深さを楽しめるようになっています。

トランスミッションは8速ATのSPDS(スポーツ ダイレクト シフト)を採用。オートマチックの簡易性を備えながら、Mモードではロックアップ領域を拡大。よりドライバーの意思に忠実な駆動力を実現しています。

また、後輪左右に振り分ける駆動力を電子制御するTVD(トルク ベクタリング ディファレンシャル)の用意がある点もRC Fならでは。

これはコーナリング中、コーナー外側の後輪により多く駆動力を与えることで、車両挙動を安定させるとともに、タイヤのグリップ力を最大限に活かした高速コーナリング性能を実現しています。

レクサス RC Fのスペック

【レクサス RC F “パフォーマンスパッケージ”】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,710mm×1,845mm×1,390mm
ホイールベース2,730mm
最大乗車定員4名
車両重量1,720kg
燃費WLTCモード:8.5km/L
エンジン種類V型8気筒 4,968cc
エンジン最高出力354kW(481PS)/7,100rpm
エンジン最大トルク535N・m(54.6kgf・m)/4,800rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション8速AT
(2020年9月現在 レクサス公式サイトより)

RC Fとライバルを比較してみました!

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ

2019年の改良によって、よりシャープなエクステリアデザインや研ぎ澄まされた動力性能だけでなく、新たにサーキット走行向けのハードコア仕様「パフォーマンスパッケージ」が設定されるなど、進化の歩みを止めないRC F。

世界中のライバルと比較して、レクサス随一のスポーツモデルがどのような実力を備えているのか確認してみましょう。

BMW M4

BMW M4 CS(2017年型)

BMW M4 CS(2017年型)

RC Fのライバルとして有力なのが、BMW M4でしょう。ベースの4シリーズでも走る喜びを追求しているBMWは、現行型のM4ではダウンサイジングターボを採用。

3.0リッターの直列6気筒ツインターボエンジンは、RC Fには最高出力で劣るものの、最大トルクでは逆転する現代のパワートレインらしい味付け。その最大トルクが低回転から広い回転数域で維持される点も、ターボらしい特徴でしょう。

M4のポイントは、RC Fに比べた軽量性。より軽量化が進んだRC F パフォーマンスパッケージ比でも約100kgほど軽いM4は、トルク値の大きさも相まってより軽快に加速できそうです。

また、M4にはカブリオレが用意されているのも特徴的。こちらはメタルルーフを折り畳んで収納する方式なこともあり、先ほどご紹介した軽量性が損なわれてしまうのですが、風を感じながらスポーツカーを操る喜びを感じられるのは、M4の強みでしょう。

既に本国では新型M4が発表されており、詳細は未公開ながらもパワートレインは現行同様の3.0リッター 直6ツインターボで、出力値は大幅に向上してをRC Fを抜き去る模様。また、今後4WDシステムも選択可能になるということで、四輪のタイヤ性能を使い切るハイパフォーマンスが予想されます。

特に新型M4とRC Fを並べてしまうと、RC Fのデビュー年度の古さを感じてしまいそうですね。しかし、RC Fのいわば古典的とも言える大排気量スポーツクーペの成り立ちに魅力を感じる方もいらっしゃるのでは。

また、内外装のデザインは、どちらのメーカーも近年どんどん先鋭化しているのですが、レクサスの精緻な印象をお好みの方もいらっしゃることかと思います。

特に先進安全装備では、RC Fにも弛まぬアップデートが入っていて最新鋭のものが備わっていることもあり、どちらを選んでも後悔せずに済みそうです。

BMW M4のスペック

【BMW M4 クーペ コンペティション MT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,685mm×1,870mm×1,385mm
ホイールベース2,810mm
最大乗車定員4名
車両重量1,610kg
燃費JC08モード:11.7km/L
エンジン種類直列6気筒ツインターボ 2,979cc
エンジン最高出力331kW(450PS)/7,000rpm
エンジン最大トルク550N・m(56.1kgf・m)/2,350-5,500rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション6速MT
(2020年9月現在 BMW公式サイトより)

日産 GT-R

日産 GT-R

日産 GT-R

国産車のライバルとしては、3モーターハイブリッドのホンダ NSXよりも、長寿モデルの日産 GT-Rの方が適当でしょう。

570PSというハイパワーを誇る3.8リッター V6ツインターボエンジンと、きめ細やかな前後トルク配分制御が特徴の四輪駆動システム「ATTESA E-TS」を備えたGT-Rは、2007年デビューでもう10年以上も継続的に販売されているにもかかわらず、いまだに第一線級の動力性能を誇ります。

GT-Rのターボエンジンならではの低回転から太いトルクと、四輪駆動のトラクション性能の高さで、加速性能では置いてきぼりにされそうなRC F。

しかし、その加速中の官能性という部分においては、RC Fには大排気量自然吸気エンジンならではの魅力があるのも確か。高回転でいよいよ勢いづいていくそのフィールは、今やターボ全盛のスポーツカー界において味わうことの難しくなった部分でしょう。

日産 GT-R NISMO(2020年型)

日産 GT-R NISMO(2020年型)

インテリアの仕上げでも、GT-Rが上質ではありますが事務的とも言えそうなデザインなのに対し、RC Fのシンプルながらレクサスらしい仕上げが光る部分。

RC Fのセミアニリン本革の前席には、GT-Rでは選べないベンチレーション機能も備わるなど、プレミアムブランドならではのホスピタリティはRC Fのお手の物といったところでしょう。

GT-RとRC F、どちらもサーキット志向のハードコアグレードが備わることは一緒なのですが、GT-Rのそれは値段からしてケタ違いの存在。GT-R NISMOは、ベーシックなGT-R プレミアムエディションが2台買えてしまう2,420万円という価格が設定されています。

これは、RC Fが大排気量自然吸気スポーツのフィナーレとなりそうなことと同様に、GT-Rも電動化しないターボスポーツのフィナーレとなることが予想されており、10年以上続いたGT-Rの集大成として専用パーツがこれでもかと奢られた仕上がりになっているため。

通常販売モデルとなるRC F パフォーマンスパッケージと異なり、GT-R NISMOは台数限定販売のため注文が殺到。GT-R NISMO 2020年モデルは既に完売済となっています。

日産 GT-Rのスペック

【日産 GT-R NISMO(2020年型)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,690mm×1,895mm×1,370mm
ホイールベース2,780mm
最大乗車定員4名
車両重量1,720kg
燃費- km/L
エンジン種類V型6気筒ツインターボ 3,799cc
エンジン最高出力441kW(600PS)/6,800rpm
エンジン最大トルク652N・m(66.5kgf・m)/3,600-5,600rpm
駆動方式四輪駆動(4WD)
トランスミッション6速DCT
(2020年9月現在 日産公式サイトより)

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ

レクサス RC F カーボンエクステリアパッケージ(2014年型)

レクサス RC F カーボンエクステリアパッケージ(2014年型)

まとめ

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ

レクサス RC F パフォーマンスパッケージ

レクサスのFブランドをたった一人で背負っているRC F。そんな重責ながらも、雰囲気だけのなんちゃってスポーティクーペではない、本気の仕上がりのRC Fは、将来は2010年代の名車の1台として記憶されていくことでしょう。

新車で買える期間はもういつ終わってしまってもおかしくありません。今のうちに、レクサス販売店へ向かわれては。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 RC F

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

高級車「レクサス」に安く乗りたい? 安いレクサスの探し方を伝授!

国産車の中でも一際高いブランドイメージで憧れの「レクサス」。高級ホテルのようなその販売店に並べられる新車たちはお高めの価格設定になっていますし、中古車であっても高い人気を背景に値段が下がらない車種もあります。そこでこの記事では、レクサスバッジの優越感を味わえるのにおトクな「安いレクサス」の選び方を、実例もまじえてご紹介していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

いつかは手に入れたい、憧れのSUV 6選!

最近発売されるクルマはSUVばかり!もう、どんなSUVがあるのかなんて、わからないですよね。今回は、数あるSUVのなかから、ああ、いいなぁ。そのうち欲しいなぁと思えるようなモデルをご紹介します!


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。