トップへ戻る

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


セダンとは?

トヨタ クラウン RS

トヨタ クラウン RS

車の購入を検討する上で重要となるのは、メリットとデメリットの両方をしっかりと把握することです。そこで、続いてはセダンのメリットとデメリットをご紹介します。

セダンの歴史

セダンという言葉の由来はラテン語で腰掛けるという意味の言葉にあるとされています。かつてイタリアで広まったセダンチェアと呼ばれる乗りカゴから転じて車のことをセダンと呼ぶようになったという説が有力です。

日本において、大衆車として普及が進んだニッサンのブルーバードやサニー、トヨタのコロナやカローラといった車がセダンであったことから人気が高まったと言われています。セダンは車の基本的な車の形のひとつとして世界的にも広がっており、現在でも多くのメーカーがセダンを作り続けています。

自動車=セダンだった時代

セダンとは車の分類としては3ボックスで4ドアの車のことを指します。ここで言うボックスとはエンジンルーム、車室、トランクルームのことを指します。つまり、4ドアでトランクルームが独立しているものがセダンだと考えるとわかりやすいでしょう。

現在では車室とトランクルームが一体化したハッチバックタイプの乗用車が高い人気を誇っています。

セダンが高い人気を誇っていた時代からハッチバックも存在していましたが商用車といったイメージが強いものがほとんどでした。そのため、家庭用や個人で使用する車はセダンというイメージが強かったのです。

これが、多くの人が車といえば真っ先にセダンをイメージしていた理由でしょう。

現代のセダンの立ち位置は?

前述の通り、かつては家庭用や個人で使用する車といえばセダンが主流でしたが、最近ではハッチバックの普通乗用車が増えています。特に、近年ではファミリーカーとしてのミニバン人気や、SUVブーム、さらに気軽に乗ることのできるハッチバックのコンパクトカーの人気が高まったこともあり、セダン以外の選択肢も広がっています。

では、現在のセダンの立ち位置とはどういったものなのでしょうか。当然、現在でも多くの自動車メーカーがセダンを作り続けています。ですが、近年の傾向としてはセダンは高級車に採用されるケースが増えています。トヨタのクラウンなど、現在セダンというと高級車をイメージする方が多いでしょう。

実際、セダンは別でトランクルームを作る必要がありますし、サイズ的にも大きくなるのでコストがかかります。なので、大衆車ではなく高級車に限定して採用されるケースが増えたのかもしれません。

セダンならではの魅力

セダンならではの魅力といえば、やはりデザイン面での高級感です。シルエットも全体的に大きくなりますので、存在感があります。現在でもセレブの乗る車といえばセダンをイメージする方が多いでしょう。それだけ高級感があり、車をステータスアイコンと考える方にとって魅力的な選択制であるといえます。

また、重心が低くなりますので走行時の安定感も高くなります。ボディの剛性など、性能面でもセダンならではのアドバンテージは少なくありません。

セダン風ハッチバックとは?

近年、シルエットはセダンのように見えるものの、実際にはトランクルームは独立しておらず、構造としてはハッチバックになっているモデルも登場しています。

これらの車は分類上はハッチバックですが、セダンのように見えますのでセダン風ハッチバックと呼ばれることがあります。

セダンのメリット・デメリット

トヨタ クラウン Sエレガンススタイル

トヨタ クラウン Sエレガンススタイル

車の購入を検討する上で重要となるのは、メリットとデメリットの両方をしっかりと把握することです。そこで、続いてはセダンのメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

セダンのメリットは先ほども少しご紹介しましたが、車室をより快適にしやすいという点が挙げられます。車室とトランクルームが別になっていますので、ノイズなどが入りにくく静粛性に優れています。また、車内の機密性も高くなりますので、エアコンが効きやすいという点もメリットとして挙げられます。

また、車室とトランクルームが独立しているという点はボディの剛性にも大きく影響します。当然、セダンは剛性が高くなりますので、走行時の安定感もより高まります。セダンは低重心のものが一般的で、空力性能に優れているという点もメリットです。

スポーツタイプの車の多くがセダンやクーペスタイルを採用しているのは、この空力性能も考慮してのことです。

デメリット

セダンのデメリットは、トランクルームを区切ってしまうことから空間効率が低くなってしまうという点です。結果として荷物の収納スペースなどが狭くなったり、車のサイズの割に車内空間が狭くなってしまいがちです。また、セダンはその構造上どうしてもエンジンルームとトランクルームが長く突き出た形状となります。

これは大型のエンジンを搭載しやすい、整備がしやすくなるといったメリットもありますが、運転面では小回りがきかず、慣れるまで運転が難しく感じられます。このように、セダンにはメリットとデメリットの両方があるので購入を検討する際にはその両方をしっかりと頭に入れておく必要があります。

セダンの最新おすすめモデル

すでにご紹介しました通り、現在でも多くの自動車メーカーがセダンを販売し続けています。そこで、最後にセダンの最新おすすめモデルをご紹介します。

トヨタ クラウン

トヨタ クラウン

トヨタ クラウン

国産セダンといえば真っ先にトヨタのクラウンをイメージする方が多いのではないでしょうか。

トヨタを代表する名車であると同時に、高級セダンの代名詞的な存在でもあります。長い歴史の中で進化し続けてきた現在のクラウンは、セダンの完成形のひとつであるといえるでしょう。

日産 スカイライン

日産 スカイライン 400R

日産 スカイライン 400R

日産を代表するセダンといえば、スカイラインです。スポーティな走行を楽しめるスタイリッシュなセダンとして世代を問わず高い人気を誇ります。

自動運転機能など最新の技術が真っ先にこのモデルに搭載されることからも、日産がいかにスカイラインという車に力を入れているかがわかるでしょう。

レクサス ES

レクサス ES300h

レクサス ES300h

トヨタが2005年から日本でも展開しはじめたラグジュアリーブランドのレクサス。同ブランドのミドルクラスセダンがESです。

ベースはカムリとなっていますがパーツのひとつひとつからブラッシュアップし、高級車として高い完成度のセダンに仕上がっています。まさに、日本を代表する高級セダンです。

まとめ

トヨタ カムリ WS レザーパッケージ

トヨタ カムリ WS レザーパッケージ

SUVなどのハッチバックモデルの人気が高まっていることから、セダンの存在感は薄くなっているというイメージを抱いている方も多いかもしれません。

しかし、セダンの魅力は現代においても十分に通用します。改めてその魅力をチェックしてみると、あなたもセダンが欲しくなってしまうのではないでしょうか。

関連する投稿


トヨタの北米戦略車「アバロン」ってどんな車?日本でも購入は可能?

トヨタの北米戦略車「アバロン」ってどんな車?日本でも購入は可能?

トヨタが北米を中心に販売している高級セダン「アバロン」。2021年モデルがアナウンスされました。今回はこのアバロンについてどんな車なのかをご紹介していきます。


プリウスPHVが欲しい方必見!豊富なグレードからどれを選ぶか徹底解説

プリウスPHVが欲しい方必見!豊富なグレードからどれを選ぶか徹底解説

もともと低燃費なプリウスをさらに進化させた話題のバリエーション「プリウスPHV」は、その環境性能だけでなく、プリウスと差別化された外観も人気の理由のひとつ。魅力的なエコカーなプリウスPHVですが、その豊富すぎるグレード選びに苦労してしまっている方も多いのではないでしょうか。この記事ではそれぞれのグレードの特徴と、選び方のコツをご紹介していきます。


トヨタ プリウスが欲しい?多すぎるグレードからどれを選ぶか徹底解説

トヨタ プリウスが欲しい?多すぎるグレードからどれを選ぶか徹底解説

やっぱり低燃費なハイブリッドカーを選びたいあなたなら、ハイブリッドを世に広めた張本人であるトヨタ プリウスが愛車候補に入っているはず。しかしそのプリウス、需要の多さもあってかグレード展開が豊富なので、1つのグレードを選ぶことが難しいと感じられる場合も。この記事を読めば、現行プリウスのグレード間の違いが分かって、きっとあなたにぴったりのグレード選びができるはずです。


【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

【実はコスパが良い?!】マツダ3 セダンの魅力やライバル車との比較!

コンパクトなセダンが欲しい、そうお思いのあなた!マツダ3がおすすめです!ライバルのカローラとも比較して見ていきましょう。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


最新の投稿


エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

エアクリーナーのメンテナンス忘れてない?おすすめ商品もご紹介!

車のエンジンはガソリン・軽油などと空気を混合して動力となります。この時、取り入れる空気をクリーンな物にするためには、エアクリーナーと呼ばれる装置を使用します。本記事ではエアクリーナーやその選び方やおすすめ商品を紹介します。


ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

ファミリーカーにも最適!ホンダ N-BOXの車内の広さは?荷物はのる?

家族が増えて、車の買い替えをお考えの方に、おすすめの一台としてホンダのN-BOXがあります。軽自動車でも安心して乗れる車で、ホンダの提案するN-BOXの安全設計であるタフネスボディは、軽自動車に普通乗用車並みの全方位衝突安全性能を搭載しました。このN-BOXで安心してご家族と自動車ライフを楽しむという提案をします。


DS 3クロスバックってどんな車?気になるコンパクトSUVを徹底解説

DS 3クロスバックってどんな車?気になるコンパクトSUVを徹底解説

シトロエンのプレミアムブランド、DSが販売している、コンパクトなSUV・DS 3クロスバック。今回は、その魅力と実力を探ってみたいと思います。日本での評判はどうなのでしょうか?


MINI クラブマンに乗りたい!性能は?価格は?中古車情報も紹介!

MINI クラブマンに乗りたい!性能は?価格は?中古車情報も紹介!

新型MINIの中でも抜群の実用性を兼ね備えたMINIがクラブマンです。家族での少し遠出の際やレジャーの際にその大きなラゲッジ・ルームが威力を発揮します。今回はこのMINIのクラブマンを見てみましょう。


【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

【ホイールナット】おすすめ5選を紹介!材質・形状の違いも要チェック

タイヤの交換やローテーションは自分でおこなう、という方は少なくないでしょう。そんなとき、必ず扱うのがホイールナットです。実は、ホイールナットにはさまざまな種類や形状があり、適切なものを使用しないと、緩んでしまうことさえあります。今回は、ホイールナットについてまとめました。