トップへ戻る

暖機運転って必要なの?現代の車に必要な暖機運転の方法とは?

暖機運転って必要なの?現代の車に必要な暖機運転の方法とは?

寒冷地では、車を発進させる前にエンジンを暖める暖機運転をしている人もいます。以前では寒冷地での運転に必要とされていた暖機運転ですが、今でも必要でしょうか?暖機運転の意味や目的、どのようなケースで暖機運転が必要か解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


暖機運転とは?

《写真提供:response》アイドリングストップ

そもそも暖機運転とは、機械の温度が温まっていない状態で負荷の低い運転をすることです。アイドリング状態で暖機運転をして、エンジンの温度が上がるのを待つことが多いです。

暖機運転をすることで、エンジンが本来の性能を発揮できるようにするのが目的となっていました。5分から10分ほどアイドリングを行い、エンジンの温度を上げていたのです。しかしエンジンの性能も向上した今では、暖機運転はほとんど必要ありません。

暖機運転が必要だった理由

《写真提供:response》ハイブリッド用1.5リットル・ダイナミックフォースエンジン

暖機運転が必要だった理由は、昔の車はキャブレーターを使用していたこと、また金属加工精度の低さでした。

キャブレターを使用していた時代に必要だった

暖機運転が必要だった理由は、1980年代までは主流だったキャブレターを使用したエンジンでは、エンジンの始動が難しい冷間時には、手動で燃料と空気の比率を変える必要があったからです。チョークレバーを使って、燃料が濃い混合気を噴射してエンジンがかかりやすくし、エンジンがしっかりと温まるのを待つのが暖機運転でした。

しかしその後、自動車のエンジンにおける燃料供給システムは電子制御によるインジェクターに変化していきます。電子制御で燃料を噴射するようになると、チョークを使用しなくても冷気に合わせて燃料噴射してくれるようになっています。

パーツ間のクリアランスの問題

燃料噴射装置以外の理由では、ひと昔前の車ではエンジンが適温にならなければ本来のパフォーマンスが発揮できない精度だったからです。エンジンなどの金属部が冷えていると、パーツ間のクリアランスが広くなってしまいますし、エンジンオイルも必要な部分に行き渡りにくくなります。

現代のエンジンは精度が向上しているので、エンジンが冷えている状態でも適度なクリアランスが確保されています。またエンジンオイルも粘度が低いものを使用しているので、冷えている状態でもしっかりとパーツ間にオイルが入ります。

現代の車でも、エンジンや各部品が冷えている状態ではオイルも冷えているのには変わりません。エンジンやパーツが温まらなければベストな状態ではありませんが、問題なく走行できるだけの精度はあるのです。

暖機運転は二酸化炭素を排出してしまう

《写真提供:response》森(イメージ)

現代の車では暖機運転は推奨されていない理由に、二酸化炭素の排出があります。暖機運転をした場合には、アイドリングを行う時間が発生するので、どうしても二酸化炭素の排出量が多くなります。

エンジンをかけたときから電子制御によって適切な燃料の濃度が確保されているので、暖機運転の必要性が薄れているだけでなく、長時間の暖機運転は環境への悪影響も増してしまいます。

仮に、暖機運転を10分間行ってから走行した場合には、暖機運転をしなかった場合と比較して燃費が25%も悪化するという調査結果もあります。

近年に長時間暖機運転をする人は少ないものの、長時間のアイドリングは燃費の悪化を招くのは間違いありません。

アイドリングが禁止されている地域もある

駐車中にアイドリングをすることは、大気汚染や騒音の問題を引き起こすとして、禁止されているエリアもあります。

東京都や埼玉県、神奈川県などでは環境保全の観点で駐・停車時のアイドリングストップを義務付ける条例が定められています。

たとえ暖機運転のためであっても、これらの地域では長時間のアイドリングは控えるべきでしょう。

積雪があった場合には、車内を暖めたり、フロントガラスの凍結を解除するのにアイドリングが必要なこともあります。しかし凍結防止カバーなどを利用するなどして、アイドリングを最小限に抑えておきましょう。

コンディションを保つためには「暖機走行」

《写真提供:response》マツダ3 セダン(1.8 SKYACTIV-D)

車の精度の向上から、暖機運転は必要ではなくなりました。しかしエンジンをよい状態に保つためには「暖機走行」は欠かせません。

エンジンの温度を向上させるために、走行しながら暖機運転をするのが「暖機走行」。エンジンが冷えている状態で、いきなり負荷が高い運転をするとエンジンの不調にもつながります。

運動のときでも、いきなり高負荷の運動をするのではなく、ウォーミングアップをするように、エンジンも低回転で走行するようにします。

「急」がつかない運転をするようにしておき、エンジンが温まるのを待ちましょう。無駄な暖機運転をしなくても、暖機運転をするだけでもエンジンのコンディションを維持できます。

暖機運転が必要なケースとは?

《写真提供:response》エンジン オイル交換

車の使用環境によって、暖機運転の必要度が異なります。毎日使っている車と久しぶりに車を使った場合に分けてみてみましょう。

毎日乗っている車

暖機運転の目的は、ガソリンがしっかりと気化してエンジンのかかりがよくなり、オイルを循環させることです。昔の車であれば燃料の噴射がうまくできないこともありましたが、現代の車では電子制御されているので暖機運転の必要はありません。

オイルが冷えていたり、下部にたまっていますが、近年のオイルは性能も高くなっています。エンジンを始動させると、薄い膜があるので金属の摩耗を防いでくれるので、少しの暖機走行で問題ありません。

久しぶりに車を使う場合

久しぶりに車を運転する場合には、オイルの膜が薄くなっています。始動させたときには金属パーツ間のオイルの膜が少ないことを考慮して、少しの暖機運転があるとよいでしょう。

しかしエンジンの回転数が落ち着く1分程度で問題ありません。エンジンの精度やオイルの高性能化が進んでいるので、少しの暖機運転で問題なく走行できる状態になります。

走行を始めたときも、暖機走行を行ってゆっくりと走行するようにします。エンジンやミッションなど各部分の温度が向上すれば、通常通り運転して問題ないでしょう。

番外編:大型車

トラックなどの大型車の場合には、暖機運転が必要です。というのも、エンジンの温度の他に大型車の場合には空気ブレーキが採用されているからです。

エアタンクの空気を排出してしまっているなら、エンジンを始動させて十分な空気圧になってから走行しなければブレーキが利かないという状態になります。近年の大型車の場合には、空気圧が不足していると駐車ブレーキも解除できません。

いずれにしても、大型車の場合には空気圧が十分になければ安全に走行できないという理由で暖機運転が必要です。

まとめ:現代の車は暖機走行で十分

現代の車では、以前のように暖機運転は必要ありません。エンジンの精度向上やオイルの高性能化によって低温状態でも問題なくエンジンを始動させることが可能だからです。

しかし低温状態では、パーツ各部の温度は上昇していません。走行を始めたときには、暖機走行をするようにして、急発進や急加速を避けるようにします。

エンジンを労わりながら走行するなら、よいコンディションを維持することができるでしょう。

関連する投稿


【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

違う車が欲しい、自分の車を売却して別の車が欲しいな。そんなことを思った時、まず初めに考えるのが中古車査定ではないでしょうか。しかし、何からすればいいのかわからない。そもそもどこに行くの?そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取り、より高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。


廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

廃車に困っている人必見!廃車手続きから、業者に依頼する方法まで

免許の自主返納が増え、クルマを手放す人が増えた今、廃車に困っている方は少なくないかもしれません。多くの方にとって、クルマを購入するより経験のない手続きです。今回は、廃車の手続き方法やどんな業者に頼めるかをまとめました。


リムジンに乗りたい!ぶっちゃけ個人でも乗れるのか?

リムジンに乗りたい!ぶっちゃけ個人でも乗れるのか?

一言でリムジンと言っても、実はリムジンには色々な種類のリムジンがあります。なかなかリムジンを購入する方は少ないと思いますが、一度は乗ってみたいのがリムジンではないでしょうか?今回はリムジンについて詳しく見ていきましょう。


Bluetoothオーディオトランスミッターとは?操作時の注意点も

Bluetoothオーディオトランスミッターとは?操作時の注意点も

Bluetoothと言う言葉は聞いたことがあるかも知れませんが、オーディオトランスミッターと言う言葉はあまり聞き慣れないかも知れません。有線ではなく無線で繋ぐこのBluetoothオーディオトランスミッターについて今回は解説していきます。慣れればとても便利なBluetooth接続についても説明しますのでぜひご一読ください。


NOSって何のこと?ワイルド・スピードや実際の使われ方についても解説!

NOSって何のこと?ワイルド・スピードや実際の使われ方についても解説!

映画の『ワイルド・スピード』通称ワイスピでは、NOSという機構が登場します。NOSはワイルド・スピードの魅力の1つにもなっています。そこで今回は、ワイルド・スピードで使われているNOSや実際での使われ方について徹底解説します。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。