トップへ戻る

暖機運転って必要なの?現代の車に必要な暖機運転の方法とは?

暖機運転って必要なの?現代の車に必要な暖機運転の方法とは?

寒冷地では、車を発進させる前にエンジンを暖める暖機運転をしている人もいます。以前では寒冷地での運転に必要とされていた暖機運転ですが、今でも必要でしょうか?暖機運転の意味や目的、どのようなケースで暖機運転が必要か解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


暖機運転とは?

《写真提供:response》アイドリングストップ

そもそも暖機運転とは、機械の温度が温まっていない状態で負荷の低い運転をすることです。アイドリング状態で暖機運転をして、エンジンの温度が上がるのを待つことが多いです。

暖機運転をすることで、エンジンが本来の性能を発揮できるようにするのが目的となっていました。5分から10分ほどアイドリングを行い、エンジンの温度を上げていたのです。しかしエンジンの性能も向上した今では、暖機運転はほとんど必要ありません。

暖機運転が必要だった理由

《写真提供:response》ハイブリッド用1.5リットル・ダイナミックフォースエンジン

暖機運転が必要だった理由は、昔の車はキャブレーターを使用していたこと、また金属加工精度の低さでした。

キャブレターを使用していた時代に必要だった

暖機運転が必要だった理由は、1980年代までは主流だったキャブレターを使用したエンジンでは、エンジンの始動が難しい冷間時には、手動で燃料と空気の比率を変える必要があったからです。チョークレバーを使って、燃料が濃い混合気を噴射してエンジンがかかりやすくし、エンジンがしっかりと温まるのを待つのが暖機運転でした。

しかしその後、自動車のエンジンにおける燃料供給システムは電子制御によるインジェクターに変化していきます。電子制御で燃料を噴射するようになると、チョークを使用しなくても冷気に合わせて燃料噴射してくれるようになっています。

パーツ間のクリアランスの問題

燃料噴射装置以外の理由では、ひと昔前の車ではエンジンが適温にならなければ本来のパフォーマンスが発揮できない精度だったからです。エンジンなどの金属部が冷えていると、パーツ間のクリアランスが広くなってしまいますし、エンジンオイルも必要な部分に行き渡りにくくなります。

現代のエンジンは精度が向上しているので、エンジンが冷えている状態でも適度なクリアランスが確保されています。またエンジンオイルも粘度が低いものを使用しているので、冷えている状態でもしっかりとパーツ間にオイルが入ります。

現代の車でも、エンジンや各部品が冷えている状態ではオイルも冷えているのには変わりません。エンジンやパーツが温まらなければベストな状態ではありませんが、問題なく走行できるだけの精度はあるのです。

暖機運転は二酸化炭素を排出してしまう

《写真提供:response》森(イメージ)

現代の車では暖機運転は推奨されていない理由に、二酸化炭素の排出があります。暖機運転をした場合には、アイドリングを行う時間が発生するので、どうしても二酸化炭素の排出量が多くなります。

エンジンをかけたときから電子制御によって適切な燃料の濃度が確保されているので、暖機運転の必要性が薄れているだけでなく、長時間の暖機運転は環境への悪影響も増してしまいます。

仮に、暖機運転を10分間行ってから走行した場合には、暖機運転をしなかった場合と比較して燃費が25%も悪化するという調査結果もあります。

近年に長時間暖機運転をする人は少ないものの、長時間のアイドリングは燃費の悪化を招くのは間違いありません。

アイドリングが禁止されている地域もある

駐車中にアイドリングをすることは、大気汚染や騒音の問題を引き起こすとして、禁止されているエリアもあります。

東京都や埼玉県、神奈川県などでは環境保全の観点で駐・停車時のアイドリングストップを義務付ける条例が定められています。

たとえ暖機運転のためであっても、これらの地域では長時間のアイドリングは控えるべきでしょう。

積雪があった場合には、車内を暖めたり、フロントガラスの凍結を解除するのにアイドリングが必要なこともあります。しかし凍結防止カバーなどを利用するなどして、アイドリングを最小限に抑えておきましょう。

コンディションを保つためには「暖機走行」

《写真提供:response》マツダ3 セダン(1.8 SKYACTIV-D)

車の精度の向上から、暖機運転は必要ではなくなりました。しかしエンジンをよい状態に保つためには「暖機走行」は欠かせません。

エンジンの温度を向上させるために、走行しながら暖機運転をするのが「暖機走行」。エンジンが冷えている状態で、いきなり負荷が高い運転をするとエンジンの不調にもつながります。

運動のときでも、いきなり高負荷の運動をするのではなく、ウォーミングアップをするように、エンジンも低回転で走行するようにします。

「急」がつかない運転をするようにしておき、エンジンが温まるのを待ちましょう。無駄な暖機運転をしなくても、暖機運転をするだけでもエンジンのコンディションを維持できます。

暖機運転が必要なケースとは?

《写真提供:response》エンジン オイル交換

車の使用環境によって、暖機運転の必要度が異なります。毎日使っている車と久しぶりに車を使った場合に分けてみてみましょう。

毎日乗っている車

暖機運転の目的は、ガソリンがしっかりと気化してエンジンのかかりがよくなり、オイルを循環させることです。昔の車であれば燃料の噴射がうまくできないこともありましたが、現代の車では電子制御されているので暖機運転の必要はありません。

オイルが冷えていたり、下部にたまっていますが、近年のオイルは性能も高くなっています。エンジンを始動させると、薄い膜があるので金属の摩耗を防いでくれるので、少しの暖機走行で問題ありません。

久しぶりに車を使う場合

久しぶりに車を運転する場合には、オイルの膜が薄くなっています。始動させたときには金属パーツ間のオイルの膜が少ないことを考慮して、少しの暖機運転があるとよいでしょう。

しかしエンジンの回転数が落ち着く1分程度で問題ありません。エンジンの精度やオイルの高性能化が進んでいるので、少しの暖機運転で問題なく走行できる状態になります。

走行を始めたときも、暖機走行を行ってゆっくりと走行するようにします。エンジンやミッションなど各部分の温度が向上すれば、通常通り運転して問題ないでしょう。

番外編:大型車

トラックなどの大型車の場合には、暖機運転が必要です。というのも、エンジンの温度の他に大型車の場合には空気ブレーキが採用されているからです。

エアタンクの空気を排出してしまっているなら、エンジンを始動させて十分な空気圧になってから走行しなければブレーキが利かないという状態になります。近年の大型車の場合には、空気圧が不足していると駐車ブレーキも解除できません。

いずれにしても、大型車の場合には空気圧が十分になければ安全に走行できないという理由で暖機運転が必要です。

まとめ:現代の車は暖機走行で十分

現代の車では、以前のように暖機運転は必要ありません。エンジンの精度向上やオイルの高性能化によって低温状態でも問題なくエンジンを始動させることが可能だからです。

しかし低温状態では、パーツ各部の温度は上昇していません。走行を始めたときには、暖機走行をするようにして、急発進や急加速を避けるようにします。

エンジンを労わりながら走行するなら、よいコンディションを維持することができるでしょう。

関連する投稿


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。


縁石とは?車で乗りあげてしまったときの対処方法

縁石とは?車で乗りあげてしまったときの対処方法

歩道と車道の間に設置されている縁石は、歩行者が行き来する歩道と車道を明確に分けるために必要なものです。しかし縁石があるために駐車場から出られない場合や、縁石に乗り上げてしまうなどのケースに遭遇することもあります。そこでこの記事では、縁石の概要から切り下げ工事について、また車で乗り上げてしまったときの対処法を解説します。


クリープ現象ってなに?なぜあるの? 覚えておきたい車のキホン!

クリープ現象ってなに?なぜあるの? 覚えておきたい車のキホン!

いまや販売される車のほとんどに搭載されているオートマチックトランスミッション。マニュアル車のような忙しない操作が必要ない簡単さから人気となっていますが、オートマ特有の現象「クリープ」に関して深く考えてみたことはありますか。なぜクリープは発生するの?どうやって車が動いているの?トランスミッションのない電気自動車でもクリープするの? この記事で学んでいきましょう。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。