トップへ戻る

ダブルウィッシュボーン式サスペンションとは?乗り心地も変わる?

ダブルウィッシュボーン式サスペンションとは?乗り心地も変わる?

車のサスペンションの方式の一つであるダブルウイッシュボーン式サスペンションとはどのような仕組みで、どんな特徴があるのかを今回は見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


サスペンションとは?

《写真提供:response》無限、ヴェゼルハイブリッド用スポーツサスペンション

クルマに乗る人ならば、ほとんどの方が耳にした事があるはずのサスペンションですが、どのような仕組みになっているかというときちんと説明できる方は少ないかもしれません。では、サスペンションとは何か?

タイヤと車体をつなぐ部品で主にショックアブソーバー、スプリングの2つの部分とサスペンションアーム・アッパーマウント・ブッシュなどの部品で構成されています。その役割とは、車軸位置を決定する「サスペンションアーム」。

クルマの重さを支え衝撃を和らげる「スプリング」・スプリングの振動を少なくする「ショックアブソーバー(ダンパー)」となっています。また、スプリングとショックアブソーバーが合わさった物を「コイルオーバー」と呼ぶこともあります。

一言でサスペンションといっても、使用する部品によってその特性が異なります。乗り心地の良さを重視するなら、サスペンションが柔らかい方が衝撃を吸収しやすく反対に加速・減速時のクルマ挙動を抑えるためには硬いほうが適しています。

ダブルウイッシュボーン式サスペンションとは?

《写真提供:response》OVEC-TWOのダブルウィッシュボーン式サスペンション

名前の由来から見てみるとダブル=2つ(2組)・ウィッシュボーン=鳥類の胸元にある叉骨という骨となります。

チキンの丸焼きを食べた後に2叉状の胸骨を外して、二人で両端を持ち引っ張って割ることで胸骨の頂点がついている方が願いが叶うという言い伝えからウィッシュボーンと呼ばれています。その2叉状の胸骨の形に似たアームを二対使用するサスペンション形式であることから「ダブルウィッシュボーン」と呼ばれています。

ダブルウィッシュボーン式サスペンションは、A字型のアッパーアームとロワアームが上下2組になっているサスペンションで、この2組のアームの長さが異なる点が特徴となります。上下のアームをきっちり同じ長さ・平行にしてしまうと例えば、高速で左右に曲がる際に車体の傾斜と同角度でタイヤが傾いてしまいます。

この状態を和らげるためには、ロワアームを長く・アッパーアームを短くすることで解消されるというわけです。

ダブルウィッシュボーンを採用する車

上質な走りを実現するHKSハイパーMAX G走行会レポート

どんな車が採用してる?

ダブルウィッシュボーンを採用しているクルマは、基本的に高級ラインやスポーツカーが多く見受けられます。コスト面などを考えると採用するには高級ラインなどになってしまいます。ざっくりと現行車種の代表例を挙げてみると。

〇トヨタ
トヨタ86(ZN6)・カローラ・カローラスポーツ・カローラツーリング(210系)・アルファード・ヴェルファイア(30系)・ハイエースバン・ハイエースワゴン・カムリ・プリウス(50系)・C-HR(10系)・ハイラックス(125系)・ハリアー(80系)

〇スバル
インプレッサSPORT・XV・フォレスター・レヴォーグ・WRX S4(VA系)・

〇日産
・GT-R(R35)・フェアレディZ(Z34)・スカイライン(V37)・シーマ(Y51)・フーガ(Y51)

〇ホンダ
・NSX(NC1)・レジェンド

〇マツダ
ロードスター/RF(ND)

ダブルウィッシュボーン式サスペンションのメリット

《写真提供:response》トヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型

ダブルウィッシュボーンの主なメリットとしては、タイヤが上下に動いた際のキャンバー角(正面から見た場合の路面との角度)の変化が小さい。このことからグリップ力が安定し乗り心地が良くなります。

また、上下のアームで保持することからしっかりとした剛性の確保ができ、操縦する際の安定性があがります。さらに、チューニングやサスペンションの細かな設計が自由にできるというメリットがあります。

ダブルウィッシュボーン式サスペンションのデメリット

ダブルウィッシュボーンの主なデメリットは、沢山の部品を使用するためコストが掛かってしまうことです。さらに、部品が多い分重量も増えてしまいます。

また、複雑な構造のためにダブルウィッシュボーンそのものを積む多くのスペースを確保しなければなりません。

ダブルウィッシュボーン以外のサスペンション

《写真提供:response》マクファーソンストラット式フロントサスペンション

ダブルウィッシュボーン以外のサスペンションは、主に2つの形に分類されます。1つは、「独立懸架」で左右のサスペンションがそれぞれ伸縮できるものになっています。2つ目は、「車軸懸架(車軸式)」と呼ばれるもので片方が伸びるともう片方が縮む仕組みとなっています。

主な分類では、リジッドとド・ディオンが「車軸懸架(車軸式)」でそれ以外は「独立懸架式」として分類されます。次の項ではダブルウィッシュボーン以外のサスペンションをそれぞれご紹介しましょう。

ストラット式サスペンション

「独立懸架式」に分類される「ストラット式サスペンション」は、ショックアブソーバー自体がサスペンションアームを兼ねており、ダブルウィッシュボーンよりもシンプルな構造となっている点が特徴です。

ショックアブソーバーの周りをコイルスプリングが囲むような形になっており、シェルケースがアブソーバーと一体になる形でショックアブソーバーの下あたりに付いています。一体化したサスペンションが軸となる役割を担っています。

マルチリンク式サスペンション

《写真提供:response》リアマルチリンクサス

「独立懸架式」に分類される「マルチリンク式サスペンション」は、2本のアームとなっているダブルウィッシュボーンに対して、複数のアームがついているのが特徴です。

ダブルウィッシュボーンでのデメリットであるスペース不足を多少解消し、さらに細かい設定が可能です。例えば横方向の剛性を上げたいなどの細かな要求に対しても、アームを追加することで柔軟に対応ができる点がメリットとなります。

トーションビーム式サスペンション

メーカーによって車軸懸架式として分類されたりもする「トーションビーム式サスペンション」は、シンプルで廉価な車軸懸架式の特徴を活かしつつ、独立懸架のような優れた乗り心地を追求できる仕組みです。

仕組みとしては、自動車の進行方向に付くトレーリングアームが左右の車輪をそれぞれ支えており、そのアーム同士をクロスビームと呼ばれる横棒が繋ぐ形状になります。

主にFF車の後輪に採用される形式になっており、部品点数が少ないことや室内空間を広く取れる点が特徴となっています。

特に有名なのはF1

《写真提供:response》F1スペインGP

ダブルウィッシュボーン式サスペンションを使用している事で有名なのはF1マシンでしょう。市販車のサスペンションとしては、乗り心地などを考えるとマルチリンク形式などが良いのではないか?と思われますがF1で求められる操縦性には不要とされます。

コントロール性をあげる設定をしたダブルウィッシュボーンで十分に対応できるためです。普通の乗用車と異なり、サーキット内でパフォーマンスを引き出す事が求められるため、構造がシンプルかつ設定や変更がしやすいダブルウィッシュボーンが使用されています。

ダブルウィッシュボーン式サスペンションの乗り心地

《写真提供:response》リアはダブルウィッシュボーン

乗り心地としては、コストのかけられる高価格な高級車やスポーツカーなどに使用されるぐらいですのでやはり、操縦性の安定や剛性・上下動によるキャンバー角などが少ない面から言っても安定したグリップ力となり、乗り心地の良いものであることが言えるでしょう。

まとめ

《写真提供:response》HKS ハイパーマックス G

ダブルウィッシュボーン式サスペンションの仕組みや特徴をご紹介してきました。その他の
サスペンション式との違いや特性を理解する事で、自分のクルマに求めるものがわかってくるのではないでしょうか。

関連するキーワード


豆知識 メンテナンス

関連する投稿


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。言葉は知っていてもその意味を理解していない方も多いと思いますので今回はガソリン添加剤についてご説明したいと思います。その効果などについても詳しく解説して参ります。これからガソリン添加剤を使ってみようという方は参考にしてみて下さい。


車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

バッテリーは、クルマの中でも、トラブルが起こりやすい箇所のひとつです。それでも、普段からバッテリーを充電しておけば、かなりの程度、トラブルを防ぐことができます。そこで今回は、バッテリー充電器についてまとめました。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。