トップへ戻る

フォグランプとは?使い方を徹底解説!

フォグランプとは?使い方を徹底解説!

近年、フォグランプを正しく使えていないドライバーが増えています。そこで今回は、フォグランプの使い方や特徴、注意点をご紹介。正しくフォグランプを使えれば、質の高いドライバーになれますよ。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


フォグランプとは?

フォグランプ

フォグランプって何?

まずはフォグランプについて、点灯方法と使うタイミングを解説します。また、車に搭載されている3種類のライトもそれぞれご紹介します。

フォグランプの点灯方法

フォグランプスイッチは、ハンドルの横のライトスイッチに搭載されています。ライトスイッチの右端は、通常のヘッドライトを操作する部分です。

その内側にフォグランプのスイッチがあります。フォグランプを点灯させるには、スイッチのライトオンマークにフォグランプマークを持っていきましょう。

フォグランプのつけ方や調整方法は車種によって異なるので、ぜひ自分の車をチェックしてくださいね。

フォグランプはいつ使う?

フォグは日本語で霧をあらわします。つまりフォグランプは、霧の中で点灯させるランプということです。進行方向の路面を照らしつつ、対向車などに自分の車を知らせるために、強烈な光を発するためのランプといえます。

そのため通常時に点灯させてしまうと対向車が眩しく感じ、場合によっては事故を引き起こしてしまうこともあるのです。そのため、フォグランプは通常時には使わず、かなり見通しの悪い状況で使用するようにしましょう。

3種類のライトの特徴

車のライトにはフォグランプの他にもヘッドライトとスモールランプがあります。3種類の特徴と役割をご紹介します。

フォグランプ

フォグランプは、霧などで見通しが悪い場合に点灯させるライトです。

役割は、進行方向の路面を照らしつつ、対向車や前方にいる車へ自分の存在を伝えること。強烈な光を発するため、通常時につけるとかなり眩しいです。

ヘッドライト

ヘッドライトは前照灯とも呼ばれる、車の前方にあるメインのライトです。
ヘッドライトの役割は夜の暗い車道やトンネルの中など、視界が悪い際に周囲を照らし見やすくすることです。

明るく照らして安全に走行するとともに、周りの人や対向車に自分の存在を知らせる役割も担っています。

車のライトといわれて多くの人がまず思いつくのは、このヘッドライトではないでしょうか。

スモールランプ

スモールランプは車幅灯やクリアランスランプとも呼ばれています。停車中に、自分の車の存在を周りに知らせるために使うライトです。

スモールランプとヘッドライトは、同じスイッチで切り替えができます。ヘッドライトを点灯させようとする際に1段階薄い明かりがつくライトがあるのですが、まさしくそれがスモールランプです。

フォグランプの注意点

夏タイヤからスタッドレスタイヤに変えて冬に備える

注意することは?

3種類のライトの使い方をご紹介しました。どれも正しく使うことで安全性を高めてくれるものです。

しかしフォグランプをはじめ、それぞれの機能を正しく使えてない方も多くいます。そこでここでは、フォグランプを使う上での注意点を解説していきます。

常時点灯は違反?

フォグランプを常時点灯させることは、特に違反ではありません。
ただし夜間、フォグランプのみで走行するのは道路交通法違反になるので注意しましょう。

道路交通法には、「夜間は前照灯、車幅灯、尾灯その他のライトをつけなければならない」とされています。つまり、ヘッドライトと車幅灯とその他のライトをつけるべきと書かれているのです。

しかし、フォグランプはその範囲に入っていません。つまり、ヘッドライトの代わりにスモールランプとフォグランプのみで走行していると違反行為となります。取り締まりを受けた場合は、違反点数1点と反則金6,000円が科せられますので注意しましょう。

フォグランプはかなり明るいライトですが、夜間はヘッドライトを使うことが義務づけられています。
常時点灯自体は違反ではありませんが、ヘッドライトの代わりにすると違反ですので気をつけるようにしましょう。

フォグランプを常時点灯している車が増えている

フォグランプを常時点灯させている車が増えています。考えられる理由としては、運転者自身が気づいていないパターンと、フォグランプをつけていた方が明るいためということが考えられます。

フォグランプは昼間点灯しませんが、スイッチが何らかの拍子に入った場合、スモールランプと連動して点灯します。フォグランプの点灯状態は運転手に表示されますが、フォグランプのスイッチをオンにした状態でランプスイッチをオートにしていると、周りが暗くなった場合に自動的にフォグランプを点灯させてしまうのです。

また、「フォグランプをつけていた方が明るい」という方もいます。フォグランプは低い場所を広範囲に照らします。フォグランプの点灯に気づき、消灯してみると死角になる部分ができてしまうのです。

そのため、わかっていながらあえてフォグランプを使っている方も多くいます。
こうした使い方は決して正しいものではありませんが、現状の法律では違反にはなりません。しかし周りの車に迷惑をかけますので、注意して消すようにしましょう。

フォグランプのファッション化

もう一つ注意したいのは、フォグランプのファッション化です。フォグランプに関するアンケートによると、ヘッドライトの補助灯としてだけでなく「かっこいいから」という理由で点灯させている方もいました。

また、車体後方に設置されているリアフォグランプをつけっぱなしにしている場合も多いようです。しかし前後関係なくフォグランプを通常時につけていると、その周りの車は迷惑をこうむることになります。

「かっこいいから」という理由で、フォグランプを点灯するべきではないということを知っておきましょう。

車検時の注意点

フォグランプを正しく装着していないと、車検に通らないこともあります。ドレスアップをするあまり査定に通らない基準のフォグランプを選んでしまう可能性もあるので、しっかりと把握しておきましょう。

車検に通るフォグランプの条件は、明るさが7,000ケルビンを超えない程度といわれており、フォグランプの色は保安基準で白色か淡黄色と定められています。ちなみにヘッドライトは車の年式によって黄色だと車検に通らないおそれもありますので、なるべく白色のものを使いましょう。

これらの機種を守ってさえいれば、フォグランプが理由で車検に通らないということはまずありません。初期状態を保って改造をしなければ、クリアできるでしょう。

フォグランプの選び方

車のフォグランプ

選ぶポイントをチェック

ここでは、フォグランプの選び方についてご紹介します。基本的にはデフォルトでついているもので十分ですが、電球が切れたなどの理由で交換が必要な場合があります。

以下の内容を基準に、選んでみてください。

LEDかHIDか

フォグランプを選ぶ際にまず直面するのは、LEDとHIDの問題です。LEDはHIDに比べて発熱が少なく、故障の可能性を抑えられます。しかし、HIDに比べると若干ですが暗くなる傾向にあります。

一方でHIDは、強烈な明かりを発することができます。しかし発熱の可能性が高く、思わぬトラブルを引き起こすこともあるので注意が必要です。

明るさでHIDを選ぶか安全性を考慮してLEDを選ぶのか、よく考えて決めるようにしましょう。

バルブをチェックする

フォグランプを選ぶ際は、バルブの種類にも着目しましょう。基本的にバルブはフォグランプの種類によって異なり、フォグの種類はバルブの後方に書かれています。

バルブの種類は年代によっても異なり、それぞれ消費電力が異なります。合わないものを使うと思わぬトラブルにつながる可能性があるため、フォグランプを交換する際には必ずバルブの種類を確認するようにしましょう。

まとめ

オートエクゼ 新型ロードスター用LEDフォグランプ

オートエクゼ 新型ロードスター用LEDフォグランプ

フォグランプついて理解せずに運転しているドライバーは、ベテランやルーキーに関係なく数多くいます。

そのため、フォグランプをつけっぱなしにする、ヘッドライトの代わりにフォグランプを利用するというケースも多発しています。しかしこれは周りの車に迷惑をかけるだけでなく、道路交通法違反で検挙されることにもつながります。

前方視界を確保するほか、周りに自分の存在を知らせる重要な役割を担うものです。いざという時に困らないためだけでなく、周りの車の迷惑にならないように、正しい知識を持って利用するようにしましょう。

関連する投稿


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。


縁石とは?車で乗りあげてしまったときの対処方法

縁石とは?車で乗りあげてしまったときの対処方法

歩道と車道の間に設置されている縁石は、歩行者が行き来する歩道と車道を明確に分けるために必要なものです。しかし縁石があるために駐車場から出られない場合や、縁石に乗り上げてしまうなどのケースに遭遇することもあります。そこでこの記事では、縁石の概要から切り下げ工事について、また車で乗り上げてしまったときの対処法を解説します。


クリープ現象ってなに?なぜあるの? 覚えておきたい車のキホン!

クリープ現象ってなに?なぜあるの? 覚えておきたい車のキホン!

いまや販売される車のほとんどに搭載されているオートマチックトランスミッション。マニュアル車のような忙しない操作が必要ない簡単さから人気となっていますが、オートマ特有の現象「クリープ」に関して深く考えてみたことはありますか。なぜクリープは発生するの?どうやって車が動いているの?トランスミッションのない電気自動車でもクリープするの? この記事で学んでいきましょう。


最新の投稿


軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

軽自動車と普通自動車の違いは?あなたに合うのはどっち?

ボディサイズも大きく、装備も充実した軽自動車が増えてきた現在、普通自動車との境界線が以前ほどははっきりとしなくなってきました。では、軽自動車と普通自動車の違いは何でしょうか。今回は、法律上の定義から、それぞれの特徴やメリットをまとめました。


ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェの代名詞カレラ|最新のカレラ情報も解説!

ポルシェと言えばカレラと言うほど名前のインパクトは強いですが、カレラは車種名ではなくポルシェの作る車のグレード名です。カレラにはいくつかのモデルが存在しています。今回は、このポルシェ・カレラの各モデルの違いや特徴についてご説明していきましょう。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

車がスタックした!?焦らないためにも、原因と対処法を知ろう

積雪を紹介するニュース映像などでよく見かける、道路上でスタックしてまった車。これは雪国だけの問題ではなく、近年では普段雪が降らない地域であってもドカ雪が降ってしまうような異常気象も多発しており、車がスタックしてしまう原因や対処法について温暖な地域の方でも知っておきたいところです。起こってほしくはないですが、落ち着いて対処するためにも、この記事で予習しておきましょう。