トップへ戻る

車の警告灯の意味って何?主な原因と対処方法とは?

車の警告灯の意味って何?主な原因と対処方法とは?

自動車を運転していると、メーターパネル内に警告灯や表示灯が点灯することがあります。赤のランプが点灯すると何事か心配してしまうものです。すべての警告灯で点検が必要になるわけではありませんが、種類によっては点検が必要です。この記事では、車の警告灯にはどのような意味があるのか、一覧や対策方法をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


車の警告灯とは何?

キーフリーシステム(キーフリー電池残量警告灯)

キーフリーシステム(キーフリー電池残量警告灯)

車の警告灯とは、エンジン制御もしくは車内の異常を検知して点灯する赤色やオレンジ色のランプです。正しい操作をしていないときに運転者に警告や注意を促す役割があるランプです。

複数の種類がありますが、基本的に国際規格で色や記号が決められているので、どの車に乗っていても同じです。

警告灯の種類や原因を覚えておくと、輸入車に乗っていても問題ありません。車種によってはついていない警告灯があっても、基本的な警告灯を覚えておくと点灯したときに慌てることもないでしょう。

警告灯の色による危険性の違い

三菱 ランサーエボリューションX メーター

三菱 ランサーエボリューションX メーター

車の警告灯は、色の種類によって危険性が見分けられるようになっています。

・赤色:すぐに停車する必要がある異常
・オレンジ色:速やかな点検が必要
・緑色:正常な状態

車の運転をしていて、赤色の警告灯が点灯したのであれば、すぐに停車をしてチェックを行いましょう。必要であれば、修理工場に依頼をして、該当箇所を修理しなければいけません。

ブレーキの警告灯やドアの警告灯のように、解除したり、正しく開閉すると警告灯が消えるものもあります。いずれにしても、赤色の警告灯が点灯したのであれば、速やかに安全に停車できる場所を探しましょう。

警告灯が点灯するタイミング

警告灯が点灯するときは2種類に分けられます。

まずエンジンをかけるときに、スイッチを押すとメーターの警告灯が点灯します。異常が発生しているのではと思ってしまいますが、走行前に警告システムの不具合をチェックするためですので点灯していて正常です。

エンジンが正常に作動すると、点灯していた警告灯も消えるでしょう。点灯していない警告灯があるなら、問題が発生している可能性もあるので点検してもらいましょう。

また走行中に警告灯が点灯することがあります。センサーなどが車両の異常を検知してドライバーに知らせてくれるものです。安全な場所に停車して確認するか、ロードサービスに依頼してレッカー移動の後に点検してもらいましょう。

警告灯の一覧

トヨタ ラウム メーター

トヨタ ラウム メーター

ここからは警告灯の種類や点灯するタイミングをご紹介します。こちらで紹介するものは、すぐに点検の必要がないものです。停車してから点灯した警告灯に該当部分する箇所をチェックしましょう。

シートベルト非装着警告灯

シートベルトが装着されていないと点灯するランプです。シートベルトが正しく装着されているかを確認しましょう。走行するときのシートベルトの装着は法律で義務化されているだけでなく、万が一のときに身を守りますので、再度確認しておきましょう。

半ドア警告灯

運転席や助手席、さらに後部座席のドアが完全にしまっておらず半ドア状態で点灯するものです。速やかに停車してドアの開け閉めをして確認をしましょう。衣服が挟まって半ドアになってしまうこともあるので、よく確認します。

点灯したまま走行していると、場合によってはドアが開いてしまう危険性があります。安全に停車できる場所を探して、ドアを開閉させましょう。

ガソリン残量警告灯

ガソリンがなくなってくると点灯する警告灯です。早めにガソリンスタンドを探して給油しましょう。特に高速道路を走行しているときに警告灯が表示されたなら、素早くパーキングエリアなどを探して給油しましょう。

ガス欠で停車してしまうと、ロードサービスに費用がかかるだけでなく、危険性が増えるので注意します。

セキュリティ表示灯

セキュリティシステムが作動しているときの表示灯です。登録されている鍵でエンジンを始動させると消灯します。乗車したタイミングでは消灯されず、エンジンをかけたタイミングで消えます。

正しくイモビライザーが作動している証ですので、安心できるランプです。もしこれまで点灯していたランプが正しく点灯していないなら、セキュリティシステムに異常がある可能異性があります。

水温警告灯(青)

水温警告灯が青く光ることがあります。青くなっているなら水温が低い証です。エンジンが暖気されて、温度が向上すると消灯します。冬の期間なら外気温が低いので、暖気が必要です。

エンジンが温まって青い警告灯が消灯してから走行するとよいでしょう。エンジンを始動させてしばらくが経過しているのに消灯しないときには、故障が考えられます。

スリップ警告灯

タイヤがスリップをしているときに、制御システムが作動すると点灯します。一時的に点灯しますが、通常時に点灯するようであれば、点検が必要でしょう。

上記の警告灯は、すぐに故障が発生するものではないですが、停車をして確認が必要になります。また通常走行時に点灯して、消灯しないときには故障が考えられるので、修理工場に相談すると安心して走行できるでしょう。

またスリップ警告灯やセキュリティのランプであれば、正常に作動している証拠ですので、点灯していても安心できます。

車の点検が必要な警告灯

ラウム センターメーター 警告灯

ラウム センターメーター 警告灯

ここからは車の点検が必要な警告灯をご紹介します。すぐに停車して点検が必要なものや、停車したタイミングで点検が必要なものまであります。いずれにしても、車の異常を把握して対処が必要な種類の警告灯です。

エアバッグ警告灯

エアバックなどに異常が発生したときに点灯します。走行に影響を与える部分ではありませんが、エアバッグが作動しなかったり、走行中にエアバッグが異常作動してしまう可能性があります。安全装置が作動しないことは安全性に大きな影響を与えるので、すぐに修理を依頼しましょう。

ウォッシャー警告灯

フロントガラスの汚れを取る際に必要なウォッシャー液が少なくなると点灯します。ウォッシャー液がないと走行できないというわけではありませんが、視界がさえぎられるような状態になったときに汚れが取れません。

すぐに修理が必要な異常ではありませんが、停車したタイミングでウォッシャー液をつぎ足しておきましょう。

エンジン警告灯

エンジン警告灯が点灯したときには、複数の原因が考えられます。車によってセンサーの数や種類が異なりますが、排気系と吸気系の異常が考えられるでしょう。黄色の警告灯が点灯したなら、修理工場で点検してもらいましょう。

エンジン警告灯が点灯していても、運転して問題がないという場合があります。しかしディーラーでの整備を行って問題がないことが判断されてからにしましょう。エンジン始動時には点灯しておらず、走行している間に点灯したのであれば、すぐにディーラーなどに相談します。

ブレーキ警告灯

ブレーキ警告灯は、赤色もしくはオレンジ色で点灯したり点滅します。警告灯が点灯している理由として、パーキングブレーキが解除されていないことがあります。しかしパーキングブレーキが完全に解除されていない他に、異常が発生することもあるので注意しましょう。

例えば、ブレーキの油圧系統が故障していること、またABSの異常なども考えられます。パーキングブレーキを完全に解除しても、警告灯が点灯しているなら、整備工場に相談して原因を追及しましょう。場合によってはレッカー車での移動が必要です。

ABS警告灯

ABSは急ブレーキをかけたときに、タイヤがロックしたままにならないようにする機構です。ABSが作動したとき以外にも、システムに異常があると点灯します。

通常のブレーキに問題があるわけではありませんが、急ブレーキをかけたときのABSの機構に異常が発生している可能性があるので、速やかに整備工場に相談することをおすすめします。

油圧警告灯

油圧警告灯は、油圧が下がっているときに点灯します。エンジン内のオイルが少なくなっているだけでなく、エンジンの焼き付きの危険性が高くなります。エンジンオイルがエンジン内に漏れているオイル下がりやオイル上がり、またオイル漏れによってエンジンオイルが少なくなっているかもしれません。すぐに停車して整備工場にオイル漏れなどの故障がないか確認をしてもらいましょう。

充電警告灯充電警告灯

バッテリーに異常が発生すると点灯します。充電系統に異常が発生している可能性があり、放置しているとバッテリー上がりの可能性があるでしょう。またバッテリー以外が故障している可能性もあり、早めに修理しなければいけません。

水温警告灯(赤)

エンジンの冷却水が高温になってしまうと、水温警告灯が赤く点灯します。無視して走行を続けると、オーバーヒートを起こして、エンジンに重大な故障を引き起こす原因となりかねません。車を安全な場所に停車させて、異常がないか確認しましょう。冷却水がなくなっている可能性もありますし、センサーに異常が発生している可能性もあるでしょう。

電動パワーステアリング警告灯

電動パワーステアリングに異常があるときに点灯する警告灯です。パワーステアリングは女性や高齢者でも簡単にハンドル操作できるための機構です。正常に動作しないと、ハンドルが重くなり正しいハンドル操作ができない可能性があります。重大な事故につながる可能性があるので、整備工場に確認してもらいましょう。

マスターウォーニング

車に何らかの異常が発生すると点灯するのがマスターウォーニングです。特定の箇所ではなく、各システムに異常が発生したときに点灯します。緊急性が高い故障の可能性もあるので、すぐに停車して修理工場にチェックを依頼しましょう。

警告灯が点灯したときには速やかに整備工場に相談を!

デジタルメータークラスター

デジタルメータークラスター

車に表示される警告灯の一覧と、故障の可能性があるパーツをご紹介してきました。すべてのマークの意味を覚えるのは難しいかもしれませんが、赤色のランプが点灯しているなら、重大な故障の可能性があると覚えておきましょう。警告灯が点灯したのであれば、すぐに安全な場所に停車して、ディーラーや修理工場に相談することをおすすめします。

関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

ミニバンは何故ミニがつく?燃費性能や乗り心地を解説

国内でもファミリー層に人気なミニバンですが、家族が乗れるほど大きいのに何故ミニが付くのでしょうか。よく聞くバンとの違いはあるのか気になる方も多いと思います。そこで今回はミニバンの大きさに関してから人気車種まで徹底解説します。


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

インタークーラーの役割や種類、メンテ法を解説!ターボパワーを支えるクールな部品!

ターボ(過給機装置)装着車によく聞く、インタークーラーという言葉ですが、そもそもインタークーラーってなんなのでしょうか?今回はこのインタークーラーはどの様な役割を果たしているのか、またその効果についてもご紹介します。


バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコートとは、ワコーズが開発した非常に効果のあるコーティング剤のひとつ。本記事では、ワコーズのバリアスコートの使用方法、使用時の具体的な効果を紹介します。また、その際の注意点もわかりやすく解説。さらに、バリアスコートを実際に使用した方による口コミを、よい評価はもちろん悪い評価も同時にお見せします。バリアスコートとガラスの相性についても触れます。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。