トップへ戻る

マツダ キャロルはどんな車?歴代のモデルから解説!

マツダ キャロルはどんな車?歴代のモデルから解説!

ちょっとした買い物などに便利な車は主婦であれば誰でも欲しいもの。見た目もキュートな軽自動車マツダ キャロルという車をご存知でしょうか。セカンドカーとしても、様々な使い方のできるキャロルの魅力をその歴史とともに解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


マツダ キャロルとはどんな車?

≪写真提供:response≫マツダ キャロル

マツダ キャロルという車をご存知でしょうか。丸みを帯びた愛らしいフォルムが特徴で、愛らしさのある車種です。小さなボディで道幅の狭い日本の道路でも取り回しの良さがあります。おしゃれな色が展開されているので、セカンドカーとしてや女性にも人気の車種です。今回はそんなマツダ キャロルの歴史や、各グレードの性能についてご紹介します。

歴代のマツダ キャロル

マツダ キャロルには、1962年に登場した初代モデルから数えると60年ほどの歴史があります。1960年頃まで、当時は東洋工業と呼ばれたマツダはオート三輪が主力として有名な会社でしたが、この頃から乗用車の販売に乗り出しました。このように歴史の深いマツダ キャロルについて初代から解説していきます。

初代マツダ キャロル(キャロル360)

≪写真提供:response≫初代キャロル

マツダ キャロルの歴史は、なんと1961年の東京モーターショーにまでさかのぼります。このモーターショーでは、マツダ700というコンセプトカーが展示されました。これは現在の基準で言うセダンに該当しますが、1962年に一般販売される時には排気量が360cc以下の軽自動車規格として生まれました。

当時軽自動車として絶大な人気を誇ったスバル360に対抗すべく、この初代マツダ キャロルは誕生しました。当時の軽自動車としては異例の水冷の4気筒・4ストロークOHVを使用しているのが特徴です。見た目もRR車ならではのノッチバックスタイルで、ボンネット部分も前へ大きくせり出した外国の車のようなオシャレさがあります。

発売当初は2ドアでしたが、1963年には4ドアのモデルが発売され人気を博しました。

二代目マツダキャロル

≪写真提供:response≫オートザム キャロル

初代キャロルの生産は1970年に終了し、1972年に後継車としてマツダ シャンテという車種が発売されました。軽自動車の中でも大きなホイールベースを搭載し、コンパクトカー並みの室内空間を保持していました。この頃から現在のマツダ キャロルに近い形となってきました。

シャンテが市場に出てから時間が経ち、1989年にようやく二代目キャロルが発売されました。このモデルからスズキ製のエンジンやサスペンション等をベースにし、インテリアとエクステリアが独自設計で作られています。

初代キャロルからは打って変わり、ボディやライトなど全体的に丸みを帯びたデザインで女性にも人気が出ました。また、開発コンセプトは「楽しいスニーカー」であり、国産車としては珍しい電動キャンバストップが用意されていたり、ターボモデルを出したりと独自性のある車となりました。

三代目マツダキャロル

1995年に発売された三代目キャロルは、スズキからのOEM供給モデルに切り替わる前の最後のモデルになります。愛らしい姿が人気だった二代目キャロルとは異なり、軽自動車としての性能を重視したモデルとなりました。軽自動車では初めてSRSエアバックを標準装備し、3点式ELRシートベルトを全席に装備するなど安全面にも大きく配慮されたモデルとなりました。

近頃でこそ、環境性能に配慮ある車が当たり前となりつつありますが三代目キャロルはリサイクル性の高いバンパーを採用するなど、この頃から環境も考えられた車として幅広い層から人気を集めています。

四代目以降のマツダキャロル

≪写真提供:response≫マツダ キャロル

この代から5ドアのモデルを選択できるようになり、より軽自動車としてのリーズナブルさと快適性が高められました。

5代目からは5ドアモデルのみの販売となり、丸みと直線を備えたエクステリアで近未来感のあるルックスとなっています。その後六代目でフルモデルチェンジを行い、現在でも見かける馴染みある見た目になりました。

この代から、環境志向がより高まり、エコカー減税の対象になるなどリーズナブルかつ、エコな車として販売されました。現在は六代目までが販売終了し、2014年から七代目として販売されています。

マツダ キャロルの性能は?

≪写真提供:response≫マツダ キャロル 内装

現在販売されている七代目ですが、その走行性能が気になっている人も多いのではないでしょうか。現行のキャロルには2タイプのR06A型のエンジンが搭載されています。R06Aは、キャロルのOEM供給元であるスズキの軽自動車に搭載されているエンジンで、ロングストロークかつ高トルクを実現し力強い走りをすることができます。

また、マツダ キャロルはヴィンテージな雰囲気のオシャレなボディをしていますが、そのボディは高い空力性能を備えています。車体のまわりの空気をスムーズに受け流すことで、軽い車体でありながらも空気抵抗を軽減して走ることができます。

マツダ キャロルの走行性能と特徴

マツダ キャロルの走行性能は、ボディ形状やエンジンのパワフルさだけではありません。燃費性能の良さも欠かせない要素となっています。幅広いグレードに共通する性能としては、アイドリングストップがあります。信号などで停止するときに、ブレーキを踏んで停止する直前に時速が約13km/h以下になると、エンジンを停止します。このおかげで、余分なガソリンの消費を抑え、低燃費を実現します。

では次に、各グレードの燃費性能をご紹介します。

GF

GFはマツダ キャロル唯一のマニュアル車となっています。先ほど説明した新アイドリングストップ機能はGFには標準装備されていません。燃費としては、WLTCモードで24.8km/L、市街地、郊外、高速道路でそれぞれ21.5km/L、26.6km/L、25.3km/Lとなっています。

GL、GS、GX

GLからオートマ仕様になり、アイドリングストップなど環境に優しくエンジンにも優しい機能が搭載されます。燃費としては、2WDのモデルがWLTCモードで25.8km/L、市街地、郊外、高速道路でそれぞれ22.1km/L、27.1km/L、26.9km/Lとなっています。4WDのモデルがWLTCモードで24.2km/L、市街地、郊外、高速道路でそれぞれ21.2km/L、25.3km/L、25.0km/Lとなっています。

マツダ キャロルはどんな人に向いてる?

≪写真提供:response≫マツダ キャロル 内装

マツダ キャロルは見ての通り小型の軽自動車です。最近の流行りであるスーパーハイトワゴンのように全高が高く、荷室も広々としているようなタイプではありません。しかし価格の面での魅力と優れた燃費性能や走行性能を総合的にみると魅力的なモデルです。もう少し小回りの利く車が欲しいという方、女性の方で買い物や送り迎えだけに使いたいという方など、セカンドの車としても選ぶ価値のある車種といえます。

マツダ キャロルと似た車

≪写真提供:response≫スズキ アルト

マツダ キャロルと似た車として、スズキ アルトがあります。キャロルはアルトのOEM供給を受けているモデルなので似ていて当然で、エンブレム類以外はほぼ同じ車となっています。アルトでは、廉価グレードでセミATの「5AGS」が選択できる点が特徴的です。

マツダ キャロルの維持費

マツダ キャロルを買うに当たり、選ぶうえでの大きなポイントはやはりその価格です。車の価格以外にもキャロルは軽自動車なので年間の維持費用が、乗用車に比べても安いということがあります。キャロルの排気量は658ccなので、自動車税は10,800円です。これに重量税がかかってきたりしますが、軽自動車一律の3,300円から買う時期によってはエコカー減税がされさらに安くなります。それでは、キャロルの各グレードの本体の値段を紹介していきます。

GF

唯一のマニュアル車であるGFは2WDのみの販売で785,000円(税抜き)です。他のグレードと比べても一番安く、軽自動車の中でもかなり安い部類に入ります。その代わり、GL以降のグレードと比べると機能は最低限となってしまいます。ただ、セカンドカーとしてマニュアル車が欲しい方にはとても手の出しやすい車といえます。

GL

GLは2WDが890,000円(税抜き)、4WDが990,000円(税抜き)となっています。このグレードからは燃費配慮にかかせないアイドリングストップや、安全性能のデュアルセンサーブレーキサポートなどが搭載されます。各グレードの中でも価格と機能のバランスが非常に良いモデルとなっています。

GS

Gは2WDが998,000円(税抜き)、4WDが1,091,000円(税抜き)となっています。GLとの主な違いは、運転席のシートリフターやリアシートのヘッドレストが装備されたポイントにあります。実際に人を乗せた時の快適さにも影響する部分ではあるので、使い方を考えて選ぶのが良いでしょう。

GX

キャロルの最高グレードである、GXは2WDの使用のみで1,085,000円(税抜き)となります。車のキーを身に着けておくだけで、ドアを開閉できるアドバンストキーレスエントリーやキーレスプッシュボタンスタートシステムはこのグレードのみになります。また、ディスチャージヘッドランプが装備されることで、夜間のドライブもより安心できます。

まとめ

≪写真提供:response≫マツダ キャロル

マツダ キャロルは愛嬌のある見た目ながらとても長い歴史を持った車です。コンパクトで、走行性能に燃費性能も十分な車でありながら、とてもリーズナブルな価格帯であるため二台目や初めて車を買うといった方にもオススメできる車種です。

関連するキーワード


マツダ 車種情報 キャロル

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


CX-30って運転しやすいの?室内の広さは大丈夫?ガッツリ解説!

CX-30って運転しやすいの?室内の広さは大丈夫?ガッツリ解説!

マツダ CX-30って、最近はやりのSUVの中でもダントツにかっこいいですよね!CX-30の使い勝手って、どうなんでしょう?運転しやすいのでしょうか?ちゃんと人を乗せられるんでしょうか?一緒にチェックしていきましょう!


マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダ CX-30の燃費はいい?オーナーさんに聞いてみた結果!

マツダのCX-30、超カッコいいSUVですよね!ですが、CX-30の燃費ってどんな感じなんでしょうか。特に、CX-30にはスカイアクティブXとディーゼルとガソリンと言う3種類のエンジンがあって、その比較も気になります。今回は、実際の燃費はどうなのかユーザーさんの声を拾ってみます!


マツダ CX-30の評価は?オーナーさんは満足してる?SNSで探ってみた!

マツダ CX-30の評価は?オーナーさんは満足してる?SNSで探ってみた!

ぶっちゃけ、マツダ CX-30を購入したオーナーさんは、クルマに満足してるんでしょうか?オーナーさん達の本音が見えるSNSを探って見ましょう!


マツダ ボンゴが長い間愛される理由は?特徴や性能を徹底解説

マツダ ボンゴが長い間愛される理由は?特徴や性能を徹底解説

昭和の時代から令和に至るまでマツダ ボンゴは長い期間その人気を誇ってきました。広い室内と高い居住性は、物を運ぶだけでなくレジャーや車中泊でも大活躍です。今回はそんなマツダ ボンゴについて詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタ センチュリーとは?トヨタの誇る最高級車の魅力に迫る

トヨタの最高級車であるセンチュリーについて紹介します。圧倒的な高級感を誇る内外装の質感や、専用オプション、走行性能などについて解説します。また、高級モデルなので気になる価格などについても紹介します。


米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国トヨタの新型シエナは日本にも上陸する?大型ミニバンの実態とは

米国を中心とした海外で販売されている大型ミニバンのシエナについての紹介記事です。歴代モデルの紹介や、2020年に発売された新型モデルの日本上陸の可能性などについても紹介します。


【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

【2021年最新版】車中泊におすすめの人気軽バン3選!

軽バンは、宅配便や郵便局、そして様々な運送に使われているボックスタイプの軽貨物車です。その日常のあらゆる荷物を運んでくれる軽バンが、実は流行の車中泊には最適な車種なのです。そこで、なぜ軽バンが車中泊に最適なのかを含めて、車中泊におすすめの人気の軽バンをご紹介します。


トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

トヨタ MIRAIとは?水素燃料電池自動車について徹底解説!

化石燃料の使用を抑えるという世界的な動きの中、トヨタが提案した未来の自動車である水素燃料電池自動車、MIRAIについての紹介記事です。初代モデルと現行モデルの違いや、水素燃料電池自動車の仕組み、実用性などについて紹介します。


トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

トヨタ エスクァイア|気になる新車・中古車価格、燃費は?

運転しやすいサイズ感と広い車内空間で人気のミニバンであるトヨタ エスクァイアについて紹介します。車としての特徴や魅力のみでなく兄弟車であるノアやヴォクシーなどとの比較なども行います。